GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言


映画、読書、ワイン、旅、駅伝、柔道、スポーツ観戦、趣味の世界
by zoompac

カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
歴史探偵の気分になれる ..
by omachi at 19:18
突然のコメント、失礼いた..
by 本が好き!運営担当 at 22:42
情報、ありがとうございま..
by zoompac at 16:14
村尾選手の居た灘中は姫路..
by yy at 13:17
お読みになってなかったの..
by machi at 19:34
コメント、ありがとうござ..
by zoompac at 08:00
南陽からの移籍組は渡邊、..
by 田中 at 12:45
どういたしまして! ブ..
by zoompac at 09:58
情報ありがとう
by 駅伝ファン at 00:51
tarukosatoko..
by zoompac at 06:43
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:本屋大賞 ( 3 ) タグの人気記事

本屋大賞2018候補作_私の一押し本命は「かがみの孤城」!

f0090954_07011566.jpg2018年本屋大賞ノミネート10作が発表されました。(作品名五十音順)

『AX アックス』(伊坂幸太郎/KADOKAWA)
『かがみの孤城』(辻村深月/ポプラ社)
『キラキラ共和国』(小川糸/幻冬舎)
『崩れる脳を抱きしめて』(知念実希人/実業之日本社)
『屍人荘の殺人』(今村昌弘/東京創元社)
『騙し絵の牙』(塩田武士/KADOKAWA)
『たゆたえども沈まず』(原田マハ/幻冬舎)
『盤上の向日葵』(柚月裕子/中央公論新社)
『百貨の魔法』(村山早紀/ポプラ社)
『星の子』(今村夏子/朝日新聞出版)

気になった作品のコメントです。

本屋大賞2018の最有力候補は辻村深月の「かがみの孤城」だと思います。和製ナルニア国物語って感じで、いい年こいたおっさんが読む本じゃないよなと思いつついつも間にかかがみの向う側の世界に引きずり込まれていました。ふと我に戻ったときには読み終わっていたという不思議な体験をさせてもらいました。まあ、昨年の「王様のブランチ」の一押し小説だけのことはありました。まだ読んでいない本も多いのですが、今年の本屋大賞の大本命だと確信しています。

伊坂幸太郎は2008年に「ゴールデンスランバー」で本屋大賞を受賞しているのでとりあえず外します。

小川糸の「キラキラ共和国」は、去年の本屋大賞4位の「ツバキ文具店」の続編のようです。「ツバキ文具店」は多部未華子主演でNHKのドラマ10でドラマ化されました。同じ鎌倉で文具店を営む代書屋のポッポちゃんのお話です。今回は雨宮鳩子から守景鳩子に姓が変わっています。幼稚園児QPちゃんのパパのミツローさんと結婚したんですね。

巻を措く能わず、とはまさにこのこと――。鮎川哲也賞を受賞し話題沸騰の新人・今村昌弘の「屍人荘の殺人」も気になっています。 デビュー作にして前代未聞のミステリー国内部門ランキング3冠に輝いています。(『このミステリーがすごい!2018年版』第1位、『週刊文春』ミステリーベスト第1位、『2018本格ミステリ・ベスト10』第1位) とんでもない理由の密室殺人を理論的に解き明かす本格推理小説の傑作のようです。

「罪の声」で2017年本屋大賞第3位の塩田武士が、 俳優・大泉洋を主人公に「あてがき」した挑戦作!が「騙し絵の牙」です。「斜陽の一途を辿る出版界に、圧倒的リアル筆致でメスを入れる!」という宣伝文句です。

「楽園のカンヴァス」や「暗幕のゲルニカ」等の絵画ものを得意とする原田マハが、今度は「誰も知らない、ゴッホの素顔」に迫ります。「天才画家フィンセント・ファン・ゴッホと、商才溢れる日本人画商・林忠正、この二人の出会いが、〈世界を変える一枚〉を生んだ。」という謳い文句の本です。「1886年、栄華を極めたパリの美術界に、流暢なフランス語で浮世絵を売りさばく一人の日本人がいた。彼の名は、林忠正。その頃、売れない画家のフィンセント・ファン・ゴッホは、放浪の末、パリにいる画商の弟・テオの家に転がり込んでいた。兄の才能を信じ献身的に支え続けるテオ。そんな二人の前に忠正が現れ、大きく運命が動き出す――。」と続きます。

オランダ人ゴッホに関しては司馬遼太郎氏が「街道をゆく オランダ紀行」でまとまった枚数を割いて取り上げていました。小林秀雄もゴッホが好きですね。「人生について」や「考えるヒント3」等でゴッホに関するエッセイを書いています。昨年秋に「ゴッホ、最期の手紙」という映画公開もあったのですがこちらは見逃しました。

昨年の前半は、藤井聡太四段のプロデビュー以来の連勝記録更新(29連勝)で盛り上がり、後半は羽生善治が初の永世七冠(永世竜王、十九世名人、永世王位、名誉王座、永世棋王、永世王将、永世棋聖)を達成したことで盛り上がった将棋界でした。この「盤上の向日葵」にも出ていますよ、羽生善治をモデルとした棋士が。そしてもちょっとだけゴッホの「ひまわり」も登場します。
「実業界の寵児で天才棋士。本当にお前が殺人犯なのか!? 埼玉県天木山山中で発見された白骨死体。遺留品である初代菊水月作の名駒を頼りに、叩き上げの刑事・石破と、かつてプロ棋士を志していた新米刑事・佐野のコンビが調査を開始した。それから四ヶ月、二人は厳冬の山形県天童市に降り立つ。向かう先は、将棋界のみならず、日本中から注目を浴びる竜昇戦会場だ。世紀の対局の先に待っていた、壮絶な結末とは――!? 日本推理作家協会賞作家が描く、渾身の将棋ミステリー!」という宣伝文句です。松本清張の「砂の器」を彷彿させる小説でした。ベテランと若手刑事の聞き込み調査の足跡を追って読んでいるうちにだんだん事件の全容と犯人の動機が見えてきます。犯人は最初からわかっているのですが、何故というところが謎のまま物語の時間が前後しながら全容が見えてくる仕組みになっています。

今村奈津子氏の「星の子」もいろいろ書評での評判が良かったと記憶しています。「主人公・林ちひろは中学3年生。出生直後から病弱だったちひろを救いたい一心で、両親は「あやしい宗教」にのめり込んでいき、その信仰は少しずつ家族を崩壊させていく」って内容のようです。前作『あひる』が芥川賞候補となった著者の新たなる作品です。

以上10作品の中で、私がすでに読んだのは「AX アックス」、「かがみの孤城」と「盤上の向日葵」の3冊です。

気になるので読んでみたいのが、小川糸の「キラキラ共和国」、今村昌弘の「屍人荘の殺人」、原田マハの「たゆたえども沈まず」、そして今村夏子の「星の子」の4冊です。 「キラキラ共和国」と「屍人荘の殺人」はすでに購入済みです。

本屋大賞の発表は4月10日火曜日です。


by zoompac | 2018-01-20 07:07 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

本屋大賞2017_初物尽くしの恩田陸の「蜜蜂と遠雷」

f0090954_06034893.jpg「全国書店員が選んだいちばん!売りたい本_2017年本屋大賞」の発表会が、4月11日(火)明治記念館で行われました。

一次投票には全国の446書店より書店員564人、全国の446書店、書店員564人もの投票があり、1月18日に10作品がノミネートされていました。 その中には、19日に直木賞を受賞した恩田陸の「蜜蜂と遠雷」、去年7月の第155回芥川賞を受賞した村田沙耶香の「コンビニ人間」他、原田マハ「暗幕のゲルニカ」、小川糸「ツバキ文具店」、西加奈子「i(アイ)」、塩田武士「罪の声」、森絵都「みかづき」等が含まれていました。

二次投票ではノミネート作品をすべて読んだ上でベスト3を推薦理由とともに投票しました。

その結果、2017年本屋大賞に「蜜蜂と遠雷」恩田陸(幻冬舎)が決まりました。

ちなみに、私が受賞予想一押しの塾経営の三代の物語を綴った森絵都の「みかづき」が2位、グリコ・森永事件を掘り起こした塩田武士の「罪の声」が3位でした。

恩田陸(52)の「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎)は、今年2月に直木賞を受けたばかりで、同賞との2冠は初ですし、恩田陸は05年に「夜のピクニック」で第2回本屋大賞を受けており、同賞を2回受賞したのも初めてでした。

本屋さんの思惑としては、恩田陸の作品群をキャンペーンでもっと売りたいのかもしれませんね。

ピアノコンクールを扱った「蜜蜂と遠雷」と似たようなジャンルでは、演劇オーディションを扱った「チョコレートコスモス」があります。 「蜜蜂と遠雷」にも天衣無縫の天才少年が登場していましたが、こちらも演劇天才少女が2人でてきます。 「蜜蜂と遠雷」も少女漫画っぽかったですが、「チョコレートコスモス」も美内すずえの「ガラスの仮面」のノリです。

その「チョコレートコスモス」の続編で、「ダンデライオン」という小説を近々発刊する予定があるようです。

彼女にはもうひとつ超能力者バトルを扱った作品もあります。 「夜の底は柔らかな幻」とか「終わりなき夜に生まれつく」等ですね。 私は、彼女の以前の本屋大賞作品「夜のピクニック」の後、「蒲公英草紙」を読み始めて、そのジャンルのあまりにも大きなギャップに驚いて未読のままその本を置いたことがあります。

これを機会に、恩田陸作品をいろいろ読んでみたいと思っています。

by zoompac | 2017-04-12 06:04 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

2017本屋大賞ノミネート作品発表と私的コメント、本命は「みかづき」か?

f0090954_07221686.jpg全国の書店員が一番売りたい本を選ぶ「2017年本屋大賞」の候補作が1月18日水曜日に発表されました。

去年7月の第155回芥川賞を受賞した村田沙耶香さんの「コンビニ人間」他、今年1月というか19日木曜日発表の直木賞候補作、恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」と森見登美彦の「夜行」等を含む10作がノミネートされています。

「本屋大賞」は、新刊書の書店(オンライン書店含む)で働く書店員が、過去1年間で「面白かった」「お客様にも薦めたい」「自分の店で売りたい」と思った本を選び投票するものです。そのほか、既刊本市場の活性化を狙った「発掘部門賞」、日本で翻訳された小説から選ぶ「翻訳小説部門賞」も選ばれます。

今後は書店員が2月28日までに全ノミネート作品を読んだうえで、2次投票を実施し大賞を決定する。大賞作品は4月11日に発表される予定となっています。

私なりの10作品の分類です。

すでに読んだ本と簡単なコメント(4冊)
①原田マハ「暗幕のゲルニカ」(新潮社) 原田マハの作品としては、個人的に美術モノより、映画モノの「キネマの神様」や沖縄モノの「風のマジム」のほうが読んで楽しいし、共感できます。 「暗幕のゲルニカ」での本屋大賞はぴんと来ない。
②村田沙耶香「コンビニ人間」(文芸春秋)芥川賞などメジャーな賞を獲った作品が本屋大賞に選ばれることはその主旨からしてないと思っています。
③塩田武士「罪の声」(講談社)週刊文春の2016年ミステリーベストテンの国内部門1位に選ばれた本。今更ながらの「グリコ森永事件」を掘り下げるという話題性にはやや疑問ですな。
④恩田陸「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎)これは本日19日発表の直木賞の私なりの大本命イチオシ! 直木賞に選ばれれば本屋大賞には選ばれないでしょう。

読もうと思って買っている本と何故買ったかについてのコメント(3冊)
①森絵都「みかづき」(集英社)2016年の王様のブランチ大賞受賞作品です。学校教育の裏側の「塾」にスポットライトを当て塾という切り口から戦後の昭和から平成に及ぶ三世代の塾に関わった一家と日本の教育界の編纂を描ききったと評判の小説のようです。 まだ読んでいないのですが、これが本屋大賞の大本命の予感がしており興味津々です。
②小川糸「ツバキ文具店」(幻冬舎)今、WOWOWドラマで放送中の「本日はお日柄もよく」は原田マハの原作で政治家等のスピーチライターの活躍を描いたものですが、その言葉を扱う専門家のお仕事小説関連で手紙等の代筆を請け負う人達のドラマを描いた小川糸の「ツバキ文具店」にも興味をもってとりあえず購入しました。 「ツバキ文具店」より先に「本日はお日柄もよく」を先に読みたいです。 バラク・オバマの「Yes, We can」演説の陰に名スピーチライターがいたように、安倍首相や小池百合子都知事の演説の裏にもこうしたスピーチライターが知恵を絞っているって考えるだけでも愉快です。 そしてやはり言葉は力です。
③森見登美彦「夜行」(小学館) 直木賞候補作の1つとして、恩田睦の「蜜蜂と遠雷」、垣根涼介の「室町無頼」、須賀しのぶの「また、桜の国で」と共に買いました。 結局並行読みで、途中から「蜜蜂と遠雷」に夢中になり、「室町無頼」と2冊だけ読み切りました。「夜行」と「また、桜の国で」では、私が興味を持っているのは圧倒的に「また、桜の国で」です。 結局、まったくの手つかずとなった「夜行」ですが、森見登美彦の独特なファンタジー感あふれるちょっと怖い話を、お化け屋敷に行くような感覚で4月までに敗戦処理のような感じで読んでみたいと思っています。私は、「明」の万城目学、「暗」の森見登美彦で、両作家の作品は結構好きです。ただ両作家とも好き嫌いに分かれそうな気がして書店員一般に支持されにくいような気がします。

ちょっと気になる本だけどたぶん買わないし読まないと思う本3冊
①村山早紀「桜風堂ものがたり」(PHP研究所)これぞ、本屋大賞の精神を謳った小説のようで、書店員さんが感情移入しやすい、ちょっとズルイって感じのテーマを扱っていますね。去年、漫画が原作の重版出来(しゅったい)って黒木華が主役のドラマがありましたが、そのイメージと被っています。百貨店のブックコーナーに働く青年が、万引き事件をきっかけに、運命が変わり、一冊の売りたい本を巡って街の本屋の老書店員さんと出会うって感じの筋のようですが、よほど余裕がない限り読まないと思います。
②川口俊和「コーヒーが冷めないうちに」(サンマーク出版)「4回泣けます」とかの謳い文句で気になっていましたが、かえってその言葉が胡散臭くて最後まで手が出ませんでした。 この本で読む時間があれば、司馬遼太郎、塩野七海、山崎豊子、浅田次郎、佐藤賢一の著作を読みたい。
③西加奈子「i」(ポプラ社) 一時、相当はまった西加奈子ワールドですが、彼女の天才性は、「ふくわらい」、直木賞受賞作の「サラバ」でも垣間見ることができましたが、私にとって衝撃だった彼女の「通天閣」の読後にじわじわとそれこそ通天閣の背景に輝く花火を観るような高揚感を超える作品ではありませんでした。ちょっと奇天烈な大阪弁のネーチャンの作品は興味はあるのですが、「通天閣」のような読んだ後に広がる感覚に対する期待値が高すぎる今は彼女の新作は封印しておきたい。 彼女の作品は、活字を追っている時より、読み終えたときに絵画感覚で立ち上がるイメージの余韻が素晴らしい。

by zoompac | 2017-01-19 07:22 | 読書・映画・音楽 | Comments(1)
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC