GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言


映画、読書、ワイン、旅、駅伝、柔道、スポーツ観戦、趣味の世界
by zoompac

カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
歴史探偵の気分になれる ..
by omachi at 19:18
突然のコメント、失礼いた..
by 本が好き!運営担当 at 22:42
情報、ありがとうございま..
by zoompac at 16:14
村尾選手の居た灘中は姫路..
by yy at 13:17
お読みになってなかったの..
by machi at 19:34
コメント、ありがとうござ..
by zoompac at 08:00
南陽からの移籍組は渡邊、..
by 田中 at 12:45
どういたしまして! ブ..
by zoompac at 09:58
情報ありがとう
by 駅伝ファン at 00:51
tarukosatoko..
by zoompac at 06:43
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:映画 ( 113 ) タグの人気記事

映画 「冬のライオン」_簡単な中世イギリス史のおさらい!

f0090954_09095545.jpg映画「冬のライオン」(The Lion in Winter)、は1968年にイギリスで制作されたイングランド王室の争いを描いた映画で、アカデミー賞7部門にノミネートされ、主演女優賞(キャサリン・ヘップバーン)、脚色賞、作曲賞の3部門受賞した名作です。

1183年のクリスマス・イブの夜、イギリス国王ヘンリー2世は、後継者を決めるために一族を召集しました。そしてその中には、王の居城から離れて軟禁されていた王妃エリノア(キャサリン・ヘップバーン)の姿もありました。

国王と王妃の二人はそれぞれの思惑をかかえ、別々の後継候補の後押しをする……王位継承をめぐる争いを描いた歴史ドラマです。

1183年といえば、日本では木曽義仲が倶利伽羅峠で平氏を破った年です。 1180年に源頼朝が挙兵し、1185年に平氏が壇ノ浦の戦いで滅亡し、1192年に頼朝が征夷大将軍になり鎌倉幕府を創設します。

そんな時代、フランスの大諸侯がフランスに領地を保持しつつイングランドの国王も兼ねるという時代でした。

9世紀頃、人口増加とそれに伴う耕地の不足からノルマン人のヨーロッパにおける大移動が起きます。 北方人であるノルマン人はスカンディナビア半島に住んでおり、別称ヴァイキングと呼ばれていました。

その一部はフランスに侵攻し、西フランク国王のシャルル3世からフランス北西部でイギリス海峡に臨む地方のノルマンディーの支配を認めさせました。 これが911年に成立したノルマンディー公国です。 この国はノルマン人進出の新たな出撃基地として大きな意味を持ちました。

1066年にはノルマンディー公ウィリアム(征服王)がイングランドを征服しそこにノルマン朝を開き、ノルマンディーはイギリス領になりました。

というよりフランスという大企業の取締役が、イギリスという子会社の代表取締役を兼任していると考えた方が近いかもしれません。

しかし12世紀半ばにこのノルマン朝も断絶してしまいます。 そのあとを継いで1154年に成立した王朝がプランタジネット朝でその初代の王様がこの「冬のライオン」の主人公ヘンリー2世でした。

ノルマン朝と同じくこの王家もフランス西部アンジュー地方支配していたフランス大諸侯アンジュー伯でした。

ノルマンディー公国はセーヌ川河口から下流を持っていましたが、アンジューはロアール川とその三つの支流が流れる肥沃な河川流域地帯です。 ですから、「冬のライオン」の舞台はアキテーヌにあるシオン城です。

冒頭でも申し上げましたが、「冬のライオン」ではイングランド国王ヘンリー2世と王妃エレノア、二人の間の3人の息子たちとの後継争いと愛憎を描いています。主な登場人物と配役をご紹介します。。
・ヘンリー (イングランド王ヘンリー2世):ピーター・オトゥール
・エレノア(イングランド王妃エレアノール、前夫はフランス王ルイ7世):キャサリン・ヘプバーン
<息子たち>
・リチャード(後のイングランド王リチャード1世):アンソニー・ホプキンス
・ジェフリー(ブルターニュ公ジョフロワ2世): ジョン・キャッスル
・ジョン(後のイングランド王ジョン):ナイジェル・テリー
<その他>
・アリース(フランス王ルイ7世の娘):ジェーン・メロウ
・フィリップ(フランス王フィリップ2世、アリースの異母弟):ティモシー・ダルトン

映画を見ているとヘンリー2世と王妃エレノアの夫婦間の圧倒される迫真の論争と、その合間に見える人間味を深く感じる愛憎に、ググッと映画の中に引き込まれていきます。この二人の対決だけでも大いに見る価値があると思います。

特にアカデミー主演女優賞を生涯4度受賞した(1933年「勝利の朝」、67年「招かれざる客」、68年「冬のライオン」、81年「黄昏」)キャサリン・ヘップバーンの演技が白眉です。 心理描写の表情が素晴らしいです。
ヘンリー2世とエレノアは心の底では昔ひかれあった心を残しているものの、ヘンリー2世は若いアリースを愛してエレノアと別れようとします。
そんな中、ヘンリー2世の3人の息子たちは、我こそが次期王に相応しいとヘンリー2世や王妃に詰め寄り言い争いになります。そこに愛人アリースやフランスのフィリップが絡み、様々な策略が張り巡らされていきます。
イングランド王室の家庭が崩壊していく様子が感じ取れます。

ちなみにブランタジネット朝の2代目の国王はリチャードⅠ世、そしてその弟ジョン王に引き継がれていきます。

ジョンは当時のフランス国王フィリップ2世と争って、ロワール川流域のアンジュー地方を失ったため「失地王」とか「欠地王」と呼ばれました。またローマ教皇から破門され、また戦費を増税によって賄おうとしたため、貴族の反発を買い、国王の課税には高位聖職者と大貴族の承認が必要となる文書(マグナ=カルタ)を認めることになってしまいました。1215年のことです。マグナ=カルタはイギリスの憲法のようなものです。大憲章と訳される基本法典です。

その後、1339年~1453年に英仏間で100年戦争、1445年~1485年の王位継承をめぐるランカスター家(赤バラ)とヨーク家(白バラ)の内乱が起きます。(日本で言うところの応仁の乱1467~1477年のようなものですね、時代も重なっています。)

バラ戦争を終結させ頂点にたったのはテューダー家でした。ヘンリー7世が1485年にテューダー朝を開きます。諸侯の勢力が弱体化し国王権力が強まりました。

by zoompac | 2017-12-24 09:46 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

映画 「風とライオン」_未見の男同士の意気を描いた映画

f0090954_07422476.jpgWOWOWかNHKBS1かどちらか忘れましたが、録画で観ました。録画の在庫がたまってきていて消化不良気味です。

「風とライオン」(かぜとライオン、原題:The Wind and the Lion)は、1975年のアメリカのモロッコを舞台とした歴史アクション映画です。

20世紀初頭のアフリカ・モロッコを舞台に、「血とコーランからなる」砂漠の王者ライズリーと、アメリカ第26代大統領セオドア・ルーズヴェルトが互いにまみえぬ仲ながら威信を賭けて激突します。

ちなみに、イスラムの守護者を自認する主人公のライズリー(英語版)は実在したベルベル人の族長であり、1904年に誘拐事件を起こしたそうです。

映画の冒頭でその誘拐事件が発生します。 場所はモロッコの港町タンジール。

白昼堂々と街を駆け回った馬賊の群れが高台にあるアメリカ人富豪のペデカリス家の豪邸に押し入り、次々と家人を皆殺しにした後、女主人イーデン・ペデカリス(キャンディス・バーゲン)とその12歳の長男ウィリアム(サイモン・ハリソン)と9歳の娘ジェニファー(ポリー・ゴッテスマン)の3人を誘拐して去っていきました。盗賊一味の首領は預言者ムハンマドの血を引く砂漠の王者を自認するムレー・アーメッド・ムハメッド・ライズリ(ショーン・コネリー)です。

ライズリ一がイーデン母子を誘拐した目的は、欧米列強の言いなりになるライズリの甥でモロッコ太守のサルタン・アブデルアズィーズ(マーク・ズーバー)をけしかけて武力紛争を起こし、列強を撃ち払うためでした。

一方、イーデス親子誘拐の知らせを聞いたセオドア・ルーズベルト大統領(ブライアン・キース)は、さすがに政治家ですね。 この事件を国威の昂揚に利用すべくイーデス親子の救出を高々と宣言します。

その頃、ライズリ一味はイーデン親子と共に砂漠と海が見える台地を進んでいました。 やがてイーデン夫人は母子に紳士的に接し野蛮ながら男らしく誇り高いライズリに惹かれていき、二人の子供もライズリーの一味と仲良くなっていきました。

セオドア・ルーズベルトは日露戦争の停戦を仲介したアメリカの大統領です。 その功績でアメリカ人として初のノーベル平和賞を受賞しています。 彼の愛称はテディです。 熊狩りが趣味でしたが、その熊狩りをしていたある日瀕死の熊に出会い、その熊を助けたことがニュースになり、そのちょっといい話に乗っかってお菓子屋さんがクマのぬいぐるみを作り、テディ・ベアと名付けたのが現在世界中で人気を博した熊のぬいぐるみの発端だそうです。

映画では、可愛いテディ・ベアではなく、グリズリーが立ち上がって攻撃的な姿勢を取る剥製がルーズベルト大統領の誘拐事件を起こしたモロッコに対する姿勢を象徴していました。
モロッコに展開していたアメリカ大西洋艦隊から海兵隊を上陸させモロッコ太守のサルタンを拘束し、ライズリに対してイーデン母子を解放すれば自由を保障すると取引を持ち掛けます。まさに目には目をですね。

これは罠だと主張する地元の首長とイーデン夫人の警告にも関わらず、ライズリは取引に応じてイーデン母子の身柄を海兵隊に引き渡しますが、ライズリはドイツ軍に捕らえられてしまいます。

映画では欧米同盟軍の中での力関係で、米軍はライズリとの取引の約束を守りたかったもののモロッコで強い立場を保つドイツの思惑に不本意ながら従わざるを得なかったようです。

約束を違えるだまし討ちに怒りを覚えたイーデン夫人は映画とはいえ典型的なヤンキー娘でした。海兵隊もまたはねっかえりのイーデンのヤンキー魂に同調し共に、収監されたライズリ奪還のためドイツ軍の砦に乗り込んでいきました。

激戦の末にライズリは救出され、混乱に紛れてアメリカ軍はドイツ軍やフランス軍相手に武力行使を開始、ライズリ救出に駆け付けたライズリの手下たちも加わって壮絶な死闘へと発展し、戦いはアメリカ軍とライズリ一味連合の勝利に終わり、ライズリは仲間と共にイーデン母子に見送られて荒野へと去っていきました。

後日、ホワイトハウスのルーズベルトの元にライズリから手紙が届きました。手紙には「あなたは風のごとく、私はライオンのごとし。あなたは嵐を巻き起こし、砂塵は私の眼を刺し、大地は乾き切っている。私はライオンのごとく己の場所に留まるしかないが、あなたは風のごとく己の場所に留まることを知らない」と書かれており、読み終えたルーズベルトは何かを考え込むように立ち尽くしていました。

互いに会ったことはありませんが、真の男は真の男を知る・・・・といった感じの映画でした。 キャンディス・バーゲンのイーデン夫人もなかなかの「男前」ぶりでした。

よき日のアメリカやヤンキー魂も描かれていました。ライズリの相手がトランプ大統領だったらこうした映画のような(映画ですが)エンディングにはならなかっただろうなと思わされた映画でもありました。

by zoompac | 2017-12-23 07:44 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

映画「オリエント急行殺人事件」_ケネス・ブラナーの押し出しの強い名探偵「ポワロ」!

f0090954_07462209.jpg冒頭のシーンはエルサレムの「嘆きの壁」から始まりました。

12月6日にお騒がせ大王・トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都をエルサレムに承認し米大使館をエルサレムに置くと発言したばかりで、世界中が大騒ぎになっています。

偶然の一致とはいえ、2017年の重大な出来事を象徴する場所であるエルサレムの「嘆きの壁」の大写しが印象的でした。

ケネス・ブラナーが制作・監督・主演の映画です。

それでなくても押し出しの強いケネス・ブラナーが前作のA・フィニーの髭に比べてやたら立派な大きな口髭でさらに目立っていました。

映画「ダンケルク」でもやたらアップで撮影された海軍中佐役のケネス・ブラナーのイメージがまだ記憶に新しく、並み居る豪華キャストの陰を薄くするかのようなこれみよがしの口髭を誇るケネス・ブラナーの私立探偵「エルキュール・ポワロ」に少々食傷気味になってしまいました。

オリエント急行内のスタイリッシュなセットや外からの俯瞰撮影はよかったですが、個人的には。シードニー・ルメット監督作品の方が好きです。

ポワロ役のアルバート・フィニーの(ケネス・ブラナーと比較して)抑えた演技が、豪華キャストの華やかさを引き出したように思えました。 イングリッド・バーグマンがアカデミー助演女優賞を受賞した1974年版を2016年の新・午前十時の映画祭で観たばかりでしたので記憶にまだ新しく残っていました。

1974版は同年度アカデミー主演男優賞など6部門でノミネートされ、イングリッド・バーグマンが神経質な下層階級(元メイド)出身の宣教師役で助演女優賞を受賞しました。

自作の映画化に乗り気でなかったアガサ・クリスティもこの映画の出来には満足だったようで、その後次々と彼女の小説の映画化の転機となった記念すべき映画が1974年版「オリエント急行殺人事件」でした。

映画に出てくる「アームストロング事件」は1930年代という時代設定から、誰しも想像がつく「リンドバーグ事件」が下敷きになっています。

オリエント急行の起源は国際寝台車会社「ワゴン・リ」社)により1883年に運行がはじめられたパリ ~ コンスタンティノープル(イスタンブル)間の列車(当時は一部船舶連絡)のことですが、1930年代にはフランス北部のカレーにまで伸びていたようです。

私は、約10年前に、ベルモンド社がバンコクとシンガポールの間で運行を行っている「イースタン・オリエント急行」(E&O)に乗ったことがあります。 3拍4日の旅でした。

1920年代から30年代の国際寝台車会社の車両を復元した観光列車というだけあって、映画の「オリエント急行殺人事件」のコンパ―トメントも食堂車も、まさにE&Oでの車内風景の記憶を呼び起こしてくれました。 社内のインテリアには優美な寄木細工とチーク材のパネルがふんだんに使われていました。 コンパートメント/キャビンは冷房完備で、シャワー、トイレ、洗面台に大きな車窓がありました。

私が乗ったときは映画とは違ってさすがに蒸気機関車ではなく電車でしたが、映画を観ながらそうした薄れかけた記憶の甦りも楽しめました。

ちょっと押し出しの強さが鼻に突きますが、灰色の脳細胞を誇るポワロは元々鼻持ちならないキャラクターです。 オリエント急行殺人事件の一作で終わってしまったA・フィニーに対して、ケネス・ブラナー版ポワロの活躍はシリーズ化しそうです。 次回作品(ナイル殺人事件/ナイルに死す?)も楽しみです。

by zoompac | 2017-12-18 07:48 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

映画 「否定と肯定」_感情抑え難し!

f0090954_06453282.jpgTOHOシネマズシャンテでやっているレイチェル・ワイズ主演の「否定と肯定」を観ました。 考えさせられるところがあってなかなかよかったです。

「ホロコーストはねつ造」と声高に主張するイギリスの歴史家が起こした裁判の被告となるユダヤ人歴史学者をレイチェル・ワイズが演じていました。

なんだか、ティモシー・スポール演じるホロコースト否定論者のイギリス歴史学者が平気で差別発言を繰り返すトランプ大統領に重なって見えて仕方なかったです。

裁判というゲームに勝つ戦略と主人公の犠牲となったユダヤ人のための思い入れが微妙に食い違う様が面白かったです。 主人公を弁護するチームの戦略にとって一番のリスクがその主人公の思い入れだったのです。

大学で生徒を相手に弁論をかます歴史学者が、口を閉ざし、弁護団という他人に裁判の舵取りを全て任すことの困難さもよく描けていました。それにしても一流の弁護士の仕事ぶりの見事さにうっとりしてしまいました。

裁判で有効なことは情に訴えることではなく、理詰めで相手の論述の根拠を叩くことだということがよくわかります。

弁舌を生業としている被告が戦略のためとはいえ何も主張しないということに異様な感じは否めないのですが、偏見まみれの虚説に立ち向かうには、感情的になることは相手の思う壺。 言論のあり方や解釈に関して考えさせられる映画でした。

この映画のホロコースト否認もそうですが、否認の背景にはやっかいながら差別感情があります。

お隣韓国との慰安婦問題も、日本側は差別感情を排除し、韓国側は感情に訴えることを抑え、この映画の弁護士チームのように理性的な対応はできないものかと思ってしまいました。感情だけは簡単に理性で押さえ込むことも敵いませんが 感情で互いを誹謗している限り歩み寄りは難しいですね。

ふと、坂本龍馬の斡旋で、薩長同盟に歩み寄ろうとする西郷隆盛に対し、彼を禁門の変(蛤御門の変)で幕府側に立って長州藩を京から追い出した主犯とみていた長州の桂小五郎(木戸孝允)は、薩長同盟こそ受け入れましたが、西郷に対する個人的な恨みつらみの感情を、維新後の新政府となった後も拭い去ることはできなかったことが思い浮かびました。 言うは易しですが、感情抑えがたしですね。

トランプ大統領の北朝鮮への誹謗のトーンが上がる度、ヒヤヒヤします。

by zoompac | 2017-12-17 06:45 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

映画 「グロリア」_1994年の映画「レオン」(仏・米合作)の原型となった1980年のアメリカ映画!

f0090954_05562922.jpg11月の終わりに午前十時の映画祭@TOHOシネマ新宿で観ました。

最近、シャリ姐の「アトミック・ブロンド」やジェシカ姐の「女神の見えざる手」っていう男前の姉御映画を観ましたが、元祖男前映画と言えばこの「グロリア」でしょう。

ジーナ・ローランズが渋いですね。この映画製作時点で50歳だったそうですよ。

元マフィアのボスの情婦というか日本式に言うと姉御だったグロリアが、ニューヨークのサウス・ブロンクスにある同じアパートに住む組織の会計係を担当していた男の妻から子供(6歳の男児フィル)を託されます。

会計係の一家はグロリアが庇護したフィルを除いて全員爆殺されてしまいます。

アパートを脱出した2人は組織から追われる羽目になります。子供嫌いのグロリアですが、昔の仲間を敵に回してまでも少年フィルを守り抜くことを決意します。

はじめはお互い毒づき合っていたわだかまりのある二人が、数々の危機を切り抜けていくうちに次第に心を通わしていく様がなかなかいいです。

そしてやがて逃げ切れないと悟ったグロリアは、フィルと別れ、捨て身で単身組織に乗り込みます。

3時間たっても戻って来なかったら、ピッツバーグへ行けというグロリアの指示に従って約束の墓地でフィルは待ちますが、グロリアは現れません。

諦めたフィルが適当な墓に向かってお別れの挨拶をしていると、1台のイェロー・キャブが止まり、そこから老婦人が降り立ってきました。 変装したグロリアでした。

男女は入れ替わりますが、映画「レオン」のレオン(ジャン・レノ)とマチルダ(ナタリー・ポートマン)とこの映画のグロリアとフィルが合わせ鏡のように思える映画でした。製作は「グロリア」(’80)の方が「レオン」より14年早いです。

by zoompac | 2017-12-13 05:56 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

映画「アトミック ブロンド」_シャリーズ・セロンが見せてくれた身体能力の高さ!

f0090954_06051117.jpg舞台は1989年の壁が崩壊する直前・直後のベルリンです。

簡単にベルリンの歴史を振り返っておきます。この歴史がわかっていると何故アメリカ、イギリス、フランス、ソ連(1991年に崩壊、今はロシア)のスパイ達がこの映画で跋扈しているのか理解できます。

1945年に敗戦国ドイツの首都ベルリンはアメリカ、フランス、イギリス、ソ連の4ヶ国によって分割統治されていたのです。

日本がGHQによって統治されたのと同じです。ただベルリンの場合は4ヶ国の共同統治だったのです。

日本は1951年のサンフランシスコ条約でGHQの統治から独立できましたが、ベルリンは一筋縄ではいかず、社会主義国家のソ連とその他自由主義国の対立が深刻になり1961年に東ドイツが築いた壁によりベルリンが東西に分断され、その壁はアメリカ(イギリスとフランスも含めて)とソ連の東西冷戦の象徴とされました。

その壁を取り払おうとする抗議活動の若者のエネルギーがうねる中、4ヶ国のスパイもそれぞれの複雑な事情を抱えて入り乱れて騙し騙されの諜報合戦が続きます。

そしてシャリーズ・セロン姉御がマッドマックス・怒りのデスロードでお馴染みとなった派手な暴力アクションをここでも披露してくれています。

彼女の所属はイギリスのM16です。 Lorraine Broughton(ロレーン・ブロートン)がセロン姉御が演ずるスパイの名前です。 M16が誇る最強の女スパイでロシア語にも堪能、窮地からの脱出、情報収集、戦闘能力に長けています。 彼女は、M16の諜報員がKGBの殺し屋(KGBを裏切った一匹狼)に奪われた世界中で暗躍する各国機関のスパイの名前が記録されたリストを奪還するためベルリンに入ります。

英語でのこの映画の謳い文句を引用します。

Sensual and savage, Lorraine Broughton is the most elite spy in MI6, an agent who's willing to use all of her lethal skills to stay alive during an impossible mission. With the Berlin Wall about to fall, she travels into the heart of the city to retrieve a priceless dossier and take down a ruthless espionage ring. Once there, she teams up with an embedded station chief to navigate her way through the deadliest game of spies.

謎の二重スパイ・サッチェルの存在や英国諜報機関幹部の役を演じていたトビー・ジョーンズの存在がジョン・ル・カレの「裏切りのサーカス」を彷彿させていましたが、そこまでの複雑性はなく、派手なアクションがトレードマークのジェイムズ・ボンドの女性版という感じでした。

諜報員のリストが埋め込まれた腕時計の争奪戦(そのリストを見れば誰が二重スパイか判明する)がテンポがよく演じられます。そのドサクサの中シャリーズ・セロン姉御の威風堂々の背面ヌードも登場します。(冒頭の痛んだ体を氷水の風呂でアイシングした後、鏡に向かうシーンです)。

最後の最後まで何回ひねるの白井君って感じで息着く暇もないストーリーの展開にも驚かされました。そして2重スパイどころか驚きの3重スパイの正体が明かされて幕となります。

CIAの大物エージェント役のジョン・グッドマンの渋い演技も光っていました。

私は結構好きなタイプの映画です。セロン姉御はこの映画のアクションで肋骨を折ったとか聞いておりますが、女ジェームズ・ボンド(ロレーン・ブロートン)のシリーズものとして定着してくれたら嬉しいです。

by zoompac | 2017-11-30 06:06 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

映画 「不都合な真実2」

f0090954_07043131.jpg第79回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞、主題歌賞の2部門を受賞し、ドキュメンタリー作品としては異例のヒットを記録した2006年製作の環境ドキュメンタリー「不都合な真実」の第2弾でした。

前作ほどのインパクトはありませんでしたが、異常気象は確かに10年前に比べて地球上のここかしこで目撃することが頻繁になってきたことを実感させられており、相変わらず強い共感を覚える映画でした。

「ブレードランナー2049」にも象徴される白い靄のかかった空は、何も映画の中のロサンゼルスの未来図ではなく、今の北京やムンバイでは現実のことなのですね。

パリ協定(COP21)締結までのプロセスが、パリのテロ事件というハプニングに遭遇しながらも見ごたえのあるサスペンス調にまとめられていました。

国を豊かにするために石炭をこれから大量に使用したいと主張するインドに対して太陽光のエネルギーをビジネスを度外視してインドに誘致するアル・ゴアの懸命の努力には頭が下がりました。

このインド批准にこぎつけるまでのる駆け引きがスリリングで面白かったです。

それにしてもこの期に及んでちゃぶ台返しをしたトランプ大統領が、アメリカの良心と指導力を象徴しているアル・ゴアの前に大きく立ち塞がった現実をどう受け止めたらよいものやらまことに複雑な心境です。

前作で地球環境問題の啓発に貢献したとしてノーベル平和賞を受賞したアル・ゴア元アメリカ合衆国副大統領のナレーションで見入った映画でしたが、温暖化現象の悪化と共に、ゴア氏の肥満化もかなり進んでいました。省みて、私の温暖化防止努力は、まず自分の体の管理(肥満化防止)をすることから始めようと思いました。

by zoompac | 2017-11-21 07:10 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

映画 「女神の見えざる手」_米国の銃社会に鉄槌を下した女ロビイストの毒!

f0090954_05543148.jpgトランプ大統領の決定にもロビイストの「見えざる手」が影響していたのだろうなと思わされた映画でした。

良くも悪くもアメリカの政治の一部で欠かせないロビイストの存在を「ゼロ・ダーク・サーティ」(オサマ・ビンラディンを追跡するCIA分析官役)で男前(女前?)の演技を見せてくれたジェシカ・チャスティンがここでも男前の敏腕ロビイストを演じました。

真っ赤な口紅、黒いネイル、黒いスーツが、男社会を象徴する銃社会に鉄槌を下すために闘う戦闘服に見えました。

冒頭、所属する会社から銃規制法案を潰す仕事を依頼された敏腕ロビイストエリザベス・スローン(ジェシカ・チャスティン)がその大手ロビイ会社を辞め、部下共々小規模ながら銃規制を掲げる会社に転職することからこの2時間12分の映画が始まります。

なんというタイミングなのでしょう。 この映画が日本で公開される10月20日にはまだ記憶が生々しいラスベガスの銃乱射事件が10月初めに起きたばかりでした。

メガホンをとったのは、「恋におちたシェイクスピア」のジョン・マッデン監督です。

「恋におちたシェイクスピア」といえば、これまた10月に過去30年に渡ってのセクハラが炎上したハービー・ワインスタインがプロデュースした作品としても有名ですね。

大物ではメリル・ストリープ、シャリーズ・セロンの名が、若い世代ではこのジェシカ・チャスティンの名もハービーのセクハラ犠牲者のリストにありました。 激しい口調で非難したメリル・ストリープやシャリーズ・セロンに対してジェシカ・チャスティンは告発しなかったことを非難されていましたが、そのセクハラを知っていた男優達(「グッドウィルハンティング」のベン・アフレックやマット・ディモンの名等が挙がっていました)は何をしていたんだと切り返して反論していました。

この映画のテーマである銃規制にも、女性有権者の影響力に目をつけたスローンの戦略が展開されます。

異性交遊はコールボーイを金で買うというスローンの男前ぶりには恐れ入ります。

目的達成のためには正義まで手段にしかねない彼女の手法には驚かされますが、やがてチームごと移動した際に1人だけ元の会社に残った元部下(TVドラマ「ニュースルーム」のアリソン・ビル)の探し当てた彼女(スローン)の過去の仕事ファイルにあった書類から不正ロビー活動が暴露され大ピンチに陥ります。

丁々発止の駆け引きに有利・不利の攻防が目まぐるしく変わりますが、最後に笑ったのは果たして・・・・。

最後の大どんでん返しに驚かない人はいないと思います。

天才的な戦略を駆使してというか、それ以上にCIA顔負けの諜報活動まで取り入れてのロビイ活動には唖然とさせられますが、彼女の勝利の方程式のフレーズを最後に紹介しておきましょう。 日本語は映画を見たとき字幕で確認してください。

Lobbying is about foresight, about anticipating your opponents moves, and devising counter measures.
The winner walks one step ahead of the opposition.
It's about making sure you suprise them, and they don't suprise you.

将棋の勝負にも適用できそうなフレーズですね。 opponent、opposition、themを映画鑑賞客に置き換えれば映画作りにも適用できるし、仕事や資格勉強などにも幅広く活用できそうです。

この映画は声を大にしてお勧めです。 ただし、今週中に終映予定している映画館もありますので、早目に見ることを勧めます。

by zoompac | 2017-11-19 05:55 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

映画 オペレーション・クロマイト_朝鮮戦争での北朝鮮軍大攻勢の流れを変えた仁川上陸作戦の諜報活動を描いた戦争アクション!

f0090954_05454098.jpg新宿シネマートで観ました。

ダグラス・マッカーサーの伝記作家ジェフリー・ペレットがマッカーサーの生涯における最後の大成功となった仁川上陸作戦を評してこう言っています。

「マッカーサーの生涯に軍事的に天才だったといっていい日が一日あった。 1950年9月15日である。 すべての偉大な司令官の生涯には傑出した戦闘がある。 統率力の最高の試練の場となる戦闘である。 この戦いを制してはじめて、不朽の名声に輝く将軍の列に加わることができる。 マッカーサーの場合、それは仁川だった。」

連合国軍最高司令官マッカーサーは開戦当初北朝鮮軍の戦力を見くびるミスを犯しました。 1950年、6月25日に国境線とされていた38度線を越えて南への侵攻を進めた北朝鮮は10万もの兵力で電撃的にソウルを陥落し、朝鮮半島の大部分を支配下に収めてしまいました。 韓国軍将校のほとんどが元日本軍に所属していましたが、ベテラン兵はほぼ退役し実戦経験を積んでいない世代が将校の地位についたことや兵器も旧日本軍の九九式小銃などが中心で、当時の最新重火器・装備等をソ連から供給されていた北朝鮮軍とは雲泥の差でした。

仁川はソウルとの距離約30キロの外港で、韓国の空の玄関・金浦空港にはソウルより近い場所で、ソウル奪還にはまたとない地の利がありました。 しかし仁川はマッカーサーが第二次世界大戦で日本軍を相手に多用した水陸両用上陸作戦には極めて不利な自然条件を備えてもいたのです。

砂浜はなく、あるのは海岸堤防と埠頭だけであったこと、月尾島という港のど真ん中に鎮座する小島が港をよく防御し、上陸ゾーンを分断していたこと、そして何より難題は潮の干満差が10m弱もあり、干潮時の上陸となればヘドロ状の泥沼に1キロ~4キロ足を取られてしまう可能性が高く国連軍・アメリカ軍の死地となる可能性が高かったのです。

しかも港にはソ連の支援で機雷が敷設されていました。

成功の確率5000分の1という予則の中で、計画立案の幹部や統合参謀本部の意向を向うに回してマッカーサーが乾坤一擲の大バグチを打って、 勝利の栄光を彼ひとりに帰したのがこの仁川上陸作戦でした。

その後のソウル奪還にも繋がるこの上陸作戦は、作戦コード「Operation Chromite(クロマイト作戦)」と名付けられ、韓国海軍本部情報局長等8人(実際は17名構成)が諜報活動に携わり、陰ながら上陸作戦成功に貢献したという歴史の裏面を取り扱った韓国製戦争アクション映画に仕上がっていました。

映画冒頭のスクリーンに、史実に基づいたフィクションだとの説明がありました。

その諜報活動で隊長以下8人が丸々北朝鮮軍本部から派遣された査察の一団にすり替わって仁川の北朝鮮軍に入り込んで、機雷の位置を示した地図を盗み出そうというストーリーでした。 医療施設で働く看護婦でその潜入捜査団の隊長といい仲になる女性を韓ドラ「オクニョ」役のチン・セヨンが演じていました。

マッカーサー役は「シンドラーのリスト」のリーアム・ニーソンでした。

北朝鮮の脅威が大きくなっている今日この頃です。学校で習うことのなかった朝鮮戦争のことをもっと詳しく知りたいと思い、「ザ・コールでスト・ウインター 朝鮮戦争」という本を購入しました。

by zoompac | 2017-10-11 05:53 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

映画 「ハイドリヒを撃て!ナチの野獣暗殺作戦」_割に合わない代償を払わされた暗殺劇

f0090954_05474190.jpgチェコ=英=仏の合作映画です。

この映画はナチの野獣ことラインハルト・ハイドリヒ暗殺作戦の中心的役割を果たしたヨゼフ・ガブチークとヤン・クビシュの二人を英雄視していません。

クライマックスでこの映画が示唆したものは、この二人によって成し遂げられたハイドリヒ暗殺がいかに大きい代償をチェコの人々に強いたかということでした。そこにこの映画の、そしてこの事件に関わる歴史の重みを感じさせられました。

ヒトラー、ヒムラーに次ぐ、ナチス第3の男で”金髪の野獣”とか”プラハの屠殺者”として恐れられたラインハルト・ハイドリヒの暗殺事件を、史実をもとに描いた暗殺サスペンス劇でした。

第2次世界大戦直下、占拠地域をヨーロッパのほぼ全土に広げていたナチスで、ヒトラーの後継者と目されていたナチス高官ラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていました。

ハイドリヒ暗殺計画を企てたイギリス政府とロンドンを拠点としたチェコスロバキア亡命政府は、1941年の冬にヨゼフ、ヤンら7人の暗殺部隊をパラシュートによってチェコ領内に送り込みます。

プラハの反ナチス組織や家族との接触など計画は進みますが、ロンドンのチェコスロバキア亡命政府と現地のチェコ・プラハにいる反ナチス組織の間には微妙な考え方の相違がありました。

そんなこと(ハイドリヒ暗殺)をすれば報復によって世界地図からチェコの国が抹消されてしまうと恐れる反ナチス組織の高官もいたのです。(そこまではいかずとも犯人たちを匿った疑いをかけられたチェコのある村が壊滅の憂き目にあってしまう結果となりました。)

素早い対応を要求される作戦を実行に移す一方で、ロンドンの亡命政府に確認の連絡が取られます。亡命政府からは、送り込んだ暗殺部隊には「計画通り実施!」の、そして現地の反対派には「計画中止」の返事が戻ってきます。

まるで、大東亜戦争時の日本軍の大本営の戦略と、インパールや沖縄での現場の戦略の齟齬をみているような感じでした。

暗殺は必ずしも計画通りの実施とはいかず、不首尾に終わったと思われた暗殺のミッションは、結果的にハイドリヒの死によって成功してしまいます。

しかし、ハイドリヒへの襲撃に憤慨したナチスは、常軌を逸した報復を展開することになり、結局5000人とも10,000人ともいわれる数のチェコ人が暗殺者捜索の名の下に殺害されるという悲惨な結果を招きました。ある村は、村ごと消滅させられてしまいました。

ヨゼフ役は、最近観た映画「ダンケルク」でマーク・ライランス演じる小型プライベートボートの船長が助ける謎の英国兵を演じていたキリアン・マーフィ、ヤン役は「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」でグレイを演じたジェイミー・ドーナンが演じていました。

眼鏡を忘れてしまって字幕を読むのに余計なエネルギーを使ってしまいましたが、それでも画面の映像はメリハリが効いていて素晴らしいと思いました。

ナチス兵の冷徹非情さが際立つ拷問シーンから始まって(ヨゼフやヤンを匿ったチェコ人レジスタンスのおばさんがいきなり鼻の骨を折られてしまいます)、通報によって暗殺部隊が隠れ潜む協会での銃撃戦となる一連のクライマックスのシーンの恐怖も半端ではありませんでした。

新宿武蔵野館の劇場席の椅子は個別に別れていないので、横に座った観客が腰を浮かせてそこからドシンと座り込む振動が感じられたというか、連続する拷問から銃撃のシーンで一番腰を浮かしていたのは私だったかもしれません。

仏作家ローラン・ビネのゴンクール賞最優秀新人賞受賞作「HHhH (プラハ、1942年)」を2014年に読んでいましたので、同じテーマ(ハイドリヒ暗殺)を扱った映画「HHhHプラハ 1942年」(米国映画)を楽しみにしていました。

「HHhH (プラハ、1942年)」の映画化作品が公開される前にこの「ハイドリヒを撃て!ナチの野獣暗殺作戦」が先行公開されてしまいました。

ある意味、イギリス映画の風味に富んだ良質の映画だったと思います。

by zoompac | 2017-10-06 05:54 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC