GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言


映画、読書、ワイン、旅、駅伝、柔道、スポーツ観戦、趣味の世界
by zoompac

カテゴリ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2018年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

映画「ファントムスレッド」_1950年代のイギリスのオート・クチュール界のカリスマ仕立て屋と服飾モデルが繰り広げるスリリングで倒錯的な愛の物語!

f0090954_17355025.jpgこれもシネスイッチ銀座で観ました。

共に完璧者として評判の高い「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のポール・トーマス・アンダーソン監督とダニエル・デイ=ルイスが2度目のタッグを組み、1950年代のロンドンを舞台に、有名デザイナーと若いウェイトレスとの究極の愛(ちょっと倒錯的ですが)を描いてくれました。

こだわり屋で凝り性のポール・トーマス・アンダーソン監督は自らカメラマンとして昔ながらの35ミリと70ミリのフィルムでわざわざ撮影までしたそうです。

脚本を手掛けたのもアンダーソンで、オートクチュールについてのリサーチを徹底的に行い、多くのデザイナーの伝記を読みました。主人公レイノルズ・ウッドコックのモデルはスペインのクリストバル・バレンシアガともパリのクリスチャン・ディオールとも言われています。

第90回アカデミー賞で作品賞、主演男優賞等全6部門にノミネートされ、受賞を果たしたのは衣装デザイン賞でした。

衣装デザイン担当のマーク・ブリッジスがこの映画のために作ったドレスの数は50着です。しかも全て1950年代に使われていた生地で作りました。

2007年の「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」をはじめ、1989年の「マイ・レフトフット」と2012年の「リンカーン」で3度のアカデミー賞主演男優賞に輝いたダニエル・デイ=ルイスも徹底的な役作りをすることで有名です。

撮影前の1年間、彼は膨大な数の仕立てに関する本を読み、ニューヨークのメトロポリタン美術館で歴代のデザイナーのドレスを観察し、ニューヨーク・シティ・バレエ団の衣装監督マーク・ハッペルのもとで洋裁を学び、実際に服作りができるまでになりました。(しかも、この映画を最後すると引退宣言までしてしまいました。60歳にして引退とはもったいないと思われて仕方ありません。)

そんなダニエル・デイ=ルイスが演じるのが、デザイナーのレイノルズなのですが、レイノルズもこだわりやさんなのです。

人から感情をかき乱されることを好まず、自分のドレス作りに没入するという人物像なのです。役者としてのダニエル・デイ=ルイスも100%自分が演じる役に全てを注ぐという点で重なるところが面白いですね。

レイノルズの関心はドレス作りにしかないのです。趣味も全く無く、女性への関心も創造力への刺激だけで、朝から晩までドレスのことを考えていて、それ以外のことは考えたくないんです。

それでも関係を持つと女性は、「私と仕事、どっちを取るの?」っていう二者択一の選択を迫りますよね。

映画の冒頭にそのようなシーンがあって、高級服飾店「ハウス・オブ・ウッドコック」の運営を仕切っているレイノルズの姉(独身)のシリルがそんなモデルに手切れ金を渡して弟の不始末を片付けるのです。

この店はカリスマデザイナーの弟とその弟の作品を売りさばく社交的で如才ない姉の手腕で繁盛していました。

そんな弟が創作でスランプに墜ち、姉の勧めでロンドンから郊外の別荘に向かいます。

そこでカフェのウエイトレス・アルマ(ヴィッキー・クリーブス、私が最近観た「マルクス・エンゲルス」でカール・マルクスの奥さん役を演じていました。地味な中にも存在感を持つ女優さんです。)と出会い、レイノルズはロンドンに連れ帰り、アルマはウッドコックハウス住み込みのモデルになります。

姉のシリルは、これまで同様弟が飽きたら手放す女の1人だと思っていました・・・・・。

最初は、レイノルズに支配される田舎の小娘のようにみえたアルマでしたが、徐々にレイノルズを包み込んでしまうようになり、姉のシリルも一目置くようになります。

えーっと思う展開が毒キノコという強烈な小道具を使って描かれていくラストには他人からうかがい知ることのできない男女の不思議な結末が待っていました。

ぼんやりとですが、これまで仕事に熱中するあまり配偶者との時間をおろそかにし素直に感謝の気持ちを伝えることのできなかったポール・トーマス・アンダーソン監督やダニエル・デイ=ルイスが、それぞれの配偶者に「毒を喰らわば皿までも」と強烈な恋のメーッセージを贈るとともにこれまでの彼女たちに対する態度に懺悔の意を表するために作った映画のように思えました。

そうであれば、この映画を最後にダニエル・デイ=ルイスが引退宣言したのも腑に落ちますね。



by zoompac | 2018-05-31 05:35 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

映画 「モリのいる場所」_森の仙人のような画家熊谷守一氏の日常を切り取った味わい深い映画でした!

f0090954_17360007.jpgシネスイッチ銀座で観ました。

山崎努と樹木希林というともに日本映画界を代表するベテラン俳優が初共演を果たし、伝説の画家・熊谷守一夫妻を演じた人間ドラマでした。

余分な線のない究極にシンプルな絵画を描き、昭和天皇から「これは何歳の子供が描いた絵ですか」と言わせた熊谷守一さんは1977年に97歳で亡くなりました。その飾らない人柄に憧れていた山崎努がなりきりの熱演をしていました。

高齢で脚が悪く、二本の杖を持って、東京豊島区にある広い庭を毎日散策し、虫などの小さな命を飽くことなく眺め、夜は「学校」と称する画室で絵を描き続け、30年間ほとんど外出しなかったという森の妖精のようなモリカズさんを演じた山崎さんでしたが、ふと1987年の公開映画の「マルサの女」を思い出しました。

伊丹重蔵監督、宮本信子主演の映画の中で、山崎努がラブホテルの経営者で巨額の脱税を行っていた大金持ちを演じていました。そしてその山崎演じる男の歩行が不自由で普段は杖をついて歩いていたシーンが何故かこのモリカズさんの杖を持っての散策と重なりました。

そのキンピカ役だった山崎努も今や御年81歳脂っ気がすっかり取れて幼児帰りしたような枯れ役の似合う仙人のような役者さんになっていました。

何という映画でもないのです。75歳の樹木希林演じる妻秀子との日常がユーモラスに語られているだけなのです。

少し悪ふざけが過ぎてドリフの天井から金だらいが落ちてくる懐かしいシーンや、宇宙人まで出てきていました。

蟻、かまきり、尺取虫や蝶等自然に満ちている庭の中では、寝っころがってそれを眺めるモリカズさんと対等な相方の役者さんのようでした。

お金や名声などには背を向け文化勲章の受賞を断ったエピソードも痛快でした。

起承転結も何もない映画でしたが、日の光と影に彩られた森のような庭に棲息する夫婦と絶えることなく外から訪ねてくる人たちの交流も独特な雰囲気があってすっかり魅せられてしまいました。

この映画に登場する加瀬亮が演じたカメラマンには実在のモデルがいます。晩年の守一さんを撮った「独楽(どくらく)」という写真集を出された藤森武さんです。監督の沖田修一氏はその写真集に感化されてこの映画のメガホンを取ったとのことです。

by zoompac | 2018-05-30 05:54 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

映画「オー・ルーシー!」_仏頂面のOL寺島しのぶの別人格ルーシーが弾けます!

f0090954_13064105.jpgテアトル新宿で観ました。

新鋭・平栁敦子(ひらやなぎあつこ)監督による寺島しのぶ主演作です。

平栁監督は、高校2年で渡米し、サンフランシスコ州立大で演劇の学位を取得の後、ニューヨーク大学大学院映画学科で映画製作の修士を習得し、現在サンフランシスコ在住だそうです。

本作「オー・ルーシー」は平栁敦子氏がニューヨーク大学院の修了作品として制作した短編が下敷きになっています。その2014年作の短編は桃井かおりを主演としたものでカンヌ国際映画祭の学生映画部門で第2位でした。

桃井かおり主演の同名短編映画を、寺島しのぶを主演に迎え、平柳監督自身が長編作品として再映画化したものがこの「オー・ルーシー!」です。

43歳の独身OL節子(演じた寺島しのぶは現在46歳)は、職場では一通りの仕事はこなしますが、仏頂面で回りから浮いているベテラン事務員です。ちなみに「オー・ルーシー」のタイトルはOLと連動した韻を踏んでいます。

ひょんなことから通うことになった英会話教室の授業で節子は、教室内では金髪のカツラをかぶり「ルーシー」というキャラになりきることを強いられます。アメリカ人講師ジョン(ジョシュ・ハートネット)によるこの風変わりな授業によって節子は日本人OLという肩の凝る呪縛から解き放たれ別人格のアバターに変身した心地にさせられます。そして永らく封印していた感情までが蘇り、節子はジョンに恋をしてしまいます。そんな幸せな時間も長くは続かず、ジョンは節子の姪の美花(忽那汐里_くつなしおり)ともに日本を去ってしまいます。

不仲な節子の姉(=美花の母役の南果歩)と、ジョンと美花を探す米国西海岸の旅のシーンも楽しかったですし、節子の恋が破れて帰国し、会社からも仕事を奪われどん底に落ち自暴自棄になった節子には英会話教室の生徒仲間だったトム(役所広司)と新たな関係が生まれました。

アメリカ在住の日本人監督の鋭い観察眼を通して、環境と考え方を変えることで、人は変わるということをコミカルに(真面目な顔をして演じているから余計コミカル)表現してくれた映画作品でした。なんだか仏頂面の寺島しのぶに愛嬌を感じた作品でもありました。

by zoompac | 2018-05-29 05:54 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

読書「翔ぶが如く(七)」司馬遼太郎_「あたかも、四斗樽に水を盛って、腐れ綱で縛っているような」鹿児島の私学校の若者たちが、大警視川路の挑発に乗って暴発してしまいました!

f0090954_15281362.jpg西郷が帰郷後作った私学校は、学校とはいうものの、実際には、鹿児島における独裁政党とでもいうものでした。そこの若者たちがしきりに暴発しようとするのを、幹部たちが必死に抑えていました。

村田新八の言葉を借りるなら、「あたかも、四斗樽に水を盛って、腐れ綱で縛っているようなもの」だったのです。

わずかな刺激で、縄が切れ、四斗樽の水が奔流しそうなとき、東京警視庁の川路利良は大久保の内命を受け、警視庁にいる薩摩出身者を郷里に送り情報収集を図ります。

彼らを私学校側は密偵とはみなさず、東京獅子(あずまじし)と呼び刺客と見なして獅子狩りをはじめます。

「川路大警視が、大久保の内意を受け、西郷を暗殺すべく刺客二十余人を鹿児島県に送った」という風説がまことしやかに流れていたためです。

そこにもうひとつ刺激が加わります。

幕末から薩摩藩に据え置かれていた兵器・弾薬は元々薩摩藩が所有していたものですが、維新後その持ち主は明治国家になっていました。

それを鹿児島に置いたままでは私学校が暴発した時に大変なことになると案じた政府がそれらを夜陰に紛れて藩外に運び出し始めたのです。

私学校の連中は、元々自分たちの藩の兵器・弾薬だと思っていますので逆に火薬庫を襲ってそれらを確保してしまうという事件が起きてしまったのです。

事ここにいたって西郷は「自分は何も言うことはない。一同がその気(決起するということ)であればそれでよい。自分の身は預けるので、好きなようにしてくれ」と言ったのです。

いよいよ西南戦争勃発です。西郷、桐野、篠原は「政府に尋問の筋これあり」という名目で多数の兵を連れて出立することを県令の大山綱良に申し渡しました。まずは熊本城を血祭りにして一日で抜くとまるで物見遊山のような出陣でした。

今年は1868年の明治維新から数えて150周年です。それでその維新の最大の功労者である西郷隆盛に注目が集まり、NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」が日曜日の茶の間を賑わしています。

ところが、司馬遼太郎の「翔ぶが如く」で描かれる西郷隆盛には、役者鈴木亮平が演じるまっしぐらでエネルギッシュな西郷像とはかけ離れた印象を持ってしまいます。

書いている司馬遼太郎氏自身が、あまり晩年の西郷隆盛を高く評価していないですね。

たとえば、

「西郷が好むところはいわゆる薩摩型の好漢なのである。この型に最も適うのが、桐野利秋であり、篠原国幹であった。さらには、辺見十郎太であり、別府晋介であった。辺見などは要するに水滸伝中の遊侠に過ぎず、木強にして剽悍 、親分である西郷のためには水火も辞さないという好戦的な壮漢だが、しかし、それ以外に、かれには人間の世の中に役立つような属性は何もなかった。国家観も世界観のなく、それをもつために必要な知性も教養もなかった。好戦家としてのかれには敵を攻撃するための勘はあったが、それだけの人物であった。西郷は陸軍創設のときにこういう人物を重要な位置につけ、私学校を始めたときもかれらを幹部にし、とくに辺見を愛した。」

等と言っています。

司馬遼太郎氏の目からすれば西郷隆盛も逸見十郎太も五十歩百歩に見えていたのかもしれないと考えさせられる一文でした。西郷の「人を見る目」についての記述が続きますが、この巻における司馬氏の西郷を評する表現もまた好き嫌いの感情が前面に出ている気がしてなりません。

「西郷はその性癖として、人を可愛がることが並外れて好きで、そういう可愛がる対象としては、永山や村田などの熟慮型は年寄りくさくもあり、そういう好みにふさわしくなかった。可愛がるには、桐野、というより端的な対象としては、若い辺見十郎太や別府伸介こそそうであったであろう。犬好きの西郷が、狩猟に強い猛犬を可愛がるような気持ちとやや似た気持ちで、というよりその気持ちが、彼の偏奇の一要素になっていたかもしれない。」

「”西郷には人を見る目がなかった”というのは西郷嫌いの大隈重信の言葉だけに多少の斟酌は要る。しかし多少は当を得ている。」

西郷には人物に対する好悪の念があるとしながら、実は司馬遼太郎氏にも似たようなところがあることが文脈から匂ってきます。言葉の端々にそのことが露見しています。

桜州中村弘の口を借りて、「西郷の資性は軍人には不適きで、戦なども知らなかった。そのことは十年の役でもわかる」と言っていますし、県令大山綱良を通しても次のように語っています。「西郷については世間は錯覚をしている。結局のところ愚物ではなかったか」と(大山は)おもったかと思えるし、実際大山がそう思ったとしても当然であったであろう。」

大山が西南の役の勝算を西郷に聞いたときの西郷の返事が自分の世間像について過大評価しているような発言であまりにも楽観的だったことをとらえての評価ですが、それは征韓論決裂のときに土佐の板垣退助がそれを感じたことと同じで、それ以降西郷への友情と評価をつめたくしてしまったということまで司馬氏は書き添えていました。

司馬遼太郎氏は、大久保利通が好きなんだと思います。

この「翔ぶが如く」の第五巻で描いた大久保利通の征台の後始末について対清交渉の八方塞がりの苦境下で脅威の粘り勝ちを収める活躍は印象に残りました。

司馬氏は、あまり前面にその感情(大久保好きの)を出したくないので、川路利良を表に立てて大久保を描いているように思えます。

一方、西郷に関しては、ダミーになる人物が桐野、篠原、辺見十郎太くらいでは人物が卑小すぎてどうにもならなかったというところでしょう。

こうした司馬氏の西郷への好悪の感情が露骨に出てくるこの七巻あたりから、読み進める気力が大きく削がれる経験を2度しています。一度目はこの巻以降を読み続けられませんでした。

司馬遼太郎氏が「翔ぶが如く」で描く西郷隆盛像が「竜馬がゆく」の剽軽な好人物「西郷隆盛」のイメージとかけ離れてたんなる愚鈍な人物に思えここから読み続けるのがつらくなるからです。

講演会で評論家の縄田一男さんから、海音寺潮五郎さんは同郷の西郷隆盛を愛してやまなかったと聞きました。そしてその思いが彼の「西郷隆盛」という作品からよくわかるそうです。

そのあたりのこともあってでしょうか、作家の丸谷才一さんも、「なるべくならば、司馬さんの書いた(「翔ぶが如く」の)西郷ではなく、海音寺さんの書こうとした(作者の死により物語は上野戦争で終わり、西南戦争まで描くという当初の目的は果たされませんでした)西郷とつきあいたいね。」と言っています。

でも、私は読みます。去年の年末か今年の正月か忘れましたが里見浩太朗が西郷隆盛を演じた「田原坂」を観ました。堀内孝雄の主題歌「遥かな轍」が耳からしばらく離れませんでした。その「遥かな轍」を聴きながら第八巻、第九巻に進んでいきたいと思っています。


by zoompac | 2018-05-28 06:09 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

映画「マルクス・エンゲレス」_マルクス生誕200年にあたってマルクスとエンゲルスの友情と成長の物語

f0090954_13061776.jpg久しぶりの神保町「岩波ホール」で観ました。

私の姪がドイツのトリアで働いていた日本人男性と結婚したため、約10年前に、そのトリアの姪の住む家を訪ねたことがありました。

ライン川からモーゼス川が分離する駅からモーゼス川に沿って西に向かう列車に乗って隣国ルクセンブルクに一番近い駅がトリアでした。

ローマ時代の遺跡が多く残る、歴史のある街という印象を持ちましたが、この映画を観るまで、その古都トリアにカールマルクスの生家があったことは知りませんでした。

映画の中で、マルクス役の役者(アウグスト・ディール)がそう語っていました。字幕は「トリーア」になっていました。

マルクスは共産主義を説いたこともあり、トリアにある何の変哲もない彼の生家には、冷戦体制崩壊以降、ほぼ唯一の共産国となった中国の旅行者が「聖地」として多く訪れており、そこには中国語で「熱烈歓迎」と書いてあるそうです。

今年は、マルクス生誕200年に当たるそうで、5月5日の彼の誕生日に合わせてトリアでは記念イベントが目白押しだったそうです。(中国からトリアの生家の広場ににマルクスの高さ5.5mのブロンズ像が贈られたとか)

共産主義の理念を確立したカール・マルクスと、彼の盟友フリードリヒ・エンゲルス(シュテファン・コナルスケ)の20代のお話で、彼ら経験の浅い若造が労働運動団体の1つである「正義者同盟」(後の「共産主義者同盟」)の中で頭角を現し、1948年の名著「共産党宣言」が生まれるまでの過程を描いていました。

1840年代のヨーロッパは産業革命が社会構造の歪ませ経済格差を生み出していました。貧困の嵐が吹き荒れ、不当な労働条件が蔓延る社会にいらだちを覚えていた26歳のカール・マルクスは独自の経済論を展開しまするが、その過激な言動により妻イェニー(トリアの貴族階級出身、役者はヴィッキー・クリーブス・・・5月26日からシネスイッチ銀座等で公開予定の「ファントムスレッド」にダニエル・ディ=ルイスと共演しています)とともにドイツ政府から国を追われます。フランスへとたどりついたマルクスは、パリでフリードリヒ・エンゲルスと出会います。それはのちに、これまでになかった新しい労働運動を牽引していく2人の運命的とも言える出会いでした。

彼らにとって資本家とか権力者だけが敵ではなく、理論を弄んでいるだけの労働運動の幹部や啓蒙家なども議論で負かしてしまう様子が描かれており痛快でした。

マルクスの妻のイェニーが貴族階級の出身者であったこと、マルクス夫妻に経済的援助を惜しまなかったエンゲルスの父は紡績工場の経営者だったこと、そのエンゲルスの妻がアイルランド出身の女工という設定もそのアンバランスさが小気味で印象的でした。

エンド・クレジットで流れるボブ・ディランの「ライク・ア・ローリング・ストーン」に乗って20世紀の様々な事件・時代を象徴する人物(チェ・ゲバラ、ムルンバ等)が映し出されたのも印象に残りました。

監督は「ルムンバの叫び」のラウル・ペックです。5月12日からヒューマントラスト・シネマ有楽町で公開されている「私はあなたのニグロではない」の監督でもあります。

近代革命といえば、1789年のフランス革命と1917年のロシア革命の間に、1848年革命があります。

1848年革命は、フランスの2月革命を皮切りに、オーストリアやプロイセンなどヨーロッパ各地で相次いだ、君主制国家に対する民衆の革命運動です。

ヨーロッパの革命的情勢がますます切迫したものになっていたにもかかわらず、マルクスの「共産党宣言」の執筆は遅々としていたシーンも映画に出てきていました。

そしてこれは映画には出てきていませんでしたが、「共産党宣言」は発行された直後に1848年革命が起きたために、長らく入手が困難な状況におかれたそうです。

マルクス・エンゲルスの「共産党宣言」が1848年革命の起爆剤となったというよりも、1848年革命に向けての社会運動の広がりを反映して二人の若者が「共産党宣言」を著したというところが実態だと思います。

共産主義運動は時代は少し離れますが、ロシア革命を生み多くの社会主義国を誕生させました。こうした動きにこそ「ヨーロッパに幽霊が出るー共産主義という幽霊である」という有名な書き出しで始める「共産党宣言」は大きく影響を及ぼしたのだと思います。(1848年に生まれた「共産党宣言」は、その後ドイツ語版(1872年、18883年、1890年)、ロシア語版(1882年)、英語版(1888年)、ポーランド語版(1892年)、イタリー語版(1893年)と版を重ねていきました。)

しかし、マルクス達が思い描いた階級も搾取もない社会の実現には至っていません。 (人間の心に潜む権力欲、所有欲を抑制する術はないのでしょうか?)

一方、資本家 vs 無産階級の図式も19世紀以来何も変わっていません。

面白い映画でしたが、マルクス生誕200年にして、彼らの成果物はその後の世界を大きく変えたものの理想には程遠い現実を突きつけられた感じもしました。


by zoompac | 2018-05-25 05:44 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

映画「孤狼の血」_広島弁炸裂の「仁義なき戦い」の警察官版映画誕生!

f0090954_05553081.jpgいやいやびっくり、柚月裕子原作のイメージが吹き飛びました。それだけ強烈なインパクトの映画でした。

主人公こそ、警察官ですが、これは東映のヤクザ映画の金字塔「仁義なき戦い」の復活作品といっていいでしょう。

私は個人的に、「仁義なき戦い」での小林旭の切れのある広島弁と金子信雄の得体のしれない下品な演技が大好きでしたが、この映画では役所広司が1人で切れのある広島弁と得体のしれない下品さを演じていて感激しました。

昭和63年の広島が舞台です。あの「仁義なき戦い」から20年後の物語となっています。舞台となった呉原市のモデルは呉市です。繁華街のロケ地は呉市の中通り商店街だそうです。

血で血を洗う抗争は終息したものの、火種がまだ燻ぶっていました。地場の暴力団「尾谷組」(組長尾谷_伊吹吾郎は鳥取刑務所に服役中、若頭一ノ瀬を江口洋介)と巨大組織(仁成会の五十子(いらこ)会、会長は石橋蓮司)を後ろ盾にするこれまた地場の暴力団「加古村組」(若頭_竹ノ内豊)の対立があったのです。

そんな緊張した対立構図の中で、加古村傘下の金融会社の社員が失踪したことから、マル暴のベテラン刑事大上(オオガミ=狼)と新人刑事日岡(松坂桃李)が事件解決に奔走することになります。パチンコ屋で大上からけしかけられて加古村組の組員に”いちゃもん”をつけにいった日岡が片手にコーヒを持ち、パチンコをしながら牛乳を飲んでいた組員にぶつかるのですが、コーヒーと牛乳が合わさってコーヒー牛乳になった様には笑えました。

話が進むにつれ、この大上という刑事はヤクザ顔負けのとんでもない悪徳警官であることが浮き彫りになってきます。

「警察じゃけえ、何をしてもええんじゃ!」

「奴ら(ヤクザ)を生かさず殺さず、飼い殺しにしとくんがわしらの仕事じゃなーの。飼い主に逆らいよったら、力づくで手なずけりゃええんじゃ。」

彼の常識外の行動は、暴力団の抗争と相まって警察組織を揺るがすものになっていきます。そして広大出の学士警官日岡には広島県警警視役の滝藤賢一から内偵目的で大上の相棒に任命されたいきさつがありました。

しかし、「ヤクザをやらせりゃみな名優!」というのもまんざら的外れではないですね。

底知れぬ迫力をもった暴れまくりの役所広司、切れ味鋭い生一本さをみせた江口洋介、既存イメージを覆した竹野内豊、既存イメージといえば爽やか系二枚目俳優の殻を脱ぎ捨てて「不能犯」「娼年」に続いて「孤狼の血」に挑んだ松坂桃李の演技にも脱帽でした。この映画の中の日岡と共に、松坂桃李の成長ぶりに感服させられました。

東映の60年代は、私が大学生でしたが、高倉健を中心とする「任侠映画」の全盛期でした。

その後の70年代は、「仁義なき戦い」が大ヒットしました。その頃の東映を知る石橋蓮司が、小狡いヤクザの代名詞のような金子信雄を彷彿させる演技をしていました。

原作者の柚月裕子が、この映画の、クラブ「梨子」(ママは巨乳「真木よう子」)でのシーンのホステスの後ろ姿が映ったワンカットに言及し、金子信雄だったら「えぇ、ケツしとるのぉ!」の台詞が入るところだと言って笑っていました。卑猥さという点ではまだまだという感じの石橋蓮司ですが、それでも「びっくり、どっきり、XXXXX」という下品な決め台詞はさまになっていました。

余談ながら、広島弁で女の人は自分のことを「うち」、男の人は「わし」といいます。助詞をつけると女の人は、「うちゃー」、男の人は「わしゃー」です。

「わしゃー、冒頭の養豚場での惨劇に胸糞悪ぅなったでよ~!」というくらいこの映画の暴力シーンには歯止めがかかりません。豚のアップされた肛門から糞がひり出されます。その糞が暴力を振るわれている人間の口に詰め込まれるんですよ。

「今の日本映画は、やり過ぎくらいがちょうどええんじゃ! ぼけーっ!」という白石和彌(かずや)監督の声が聞こえてきそうです。

ブレーキ無しの暴走ヤクザX警察官映画「孤狼の血」は平成版「仁義なき戦い」といっても過言ではないでしょう。

原作者柚月裕子は、「孤狼の血」の続編として、すでに「凶犬の眼」を書き上げています。日本橋「丸善」に平積みされていました。

by zoompac | 2018-05-24 05:56 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

映画「君の名で僕を呼んで」_青年同士のいわゆる「ひと夏の恋」@北イタリア

f0090954_18203628.jpg渋谷のBunkamuraのル・シネマで観ました。

長い間劇映画のクレジットに現れませんでしたが、アンドレ・アシマンの同名小説を原作とする2017年公開の「君の名前で僕を呼んで」で脚本を担当したのは、名画「日の名残り」「眺めのいい部屋」等のメガホンをとった名匠ジェームズ・アイボリーでした。

この「君の名で僕を呼んで」は、本年度のアカデミー主演男優賞に22歳のティモシー・シャラメがノミネートされて話題になりました。

他に、作品賞、脚色賞、歌曲賞にノミネートされていましたが、結果を出したのは、ジェームズ・アイボリーで、見事脚色賞を受賞しました。

監督は「胸騒ぎのシチリア」などで知られるシチリア生まれのルカ・グァダニーノです。

1980年代の北イタリアを舞台に、17歳と24歳の青年が織りなすひと夏の情熱的な恋の行方を、美しい風景とともに描いたラブストーリーです。

ティモシー・シャラメは6月1日公開予定のシアーシャ・ローナン主演の「レディ・バード」にも出演しています。ティモシー演じるエリオとのカップル役オリヴァーを演じたアーミー・ハマーは、2015年の「コードネーム U.N.C.L.E.」でイリヤ・クリヤキンを演じていたのが記憶に残っています。

映画の終わりに、エリオの両親、特に父親がエリオとオリヴァーの特別な感情に理解があった理由が判別します。わかる人にはわかるのでしょうが、私にはちょっとした驚きでした。

一緒に泳いだり、自転車で街を散策したり、本を読んだり音楽を聴いたりして過ごすうちに、互いに特別な思いを抱くようになっていくという、いわゆる「ひと夏の恋」の物語が描かれていました。

by zoompac | 2018-05-23 05:39 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

午前十時の映画祭「地獄の黙示録」_ヘリーの爆音とワグナーの音楽の重なりが戦争の愚かさと狂気を強調して耳から離れない映画!

f0090954_06531671.jpgTOHOシネマズ日本橋で観ました。

舞台はベトナム戦争後期(1969年)のベトナム奥地から川でさかのぼったカンボジア奥地です。目的地まで川のぼりのロードムービーともいえます。そのカンボジアジャングル地帯には元グリーンベレー隊長のカーツ大佐(マーロン・ブランド)が米軍との一切の連絡を絶ち独立王国を築いているというのです。

アメリカ陸軍空挺将校のウィラード大尉(マーティン・シーン)は、妻と離婚してまで再びベトナムの戦場に戻ってきました。彼は、CIAによる要人暗殺の秘密作戦に従事してきた経験が豊富でした。その実績を買われて、サイゴンのホテルに滞在中、アメリカ軍上層部に呼び出され、元グリーンベレー隊長のカーツ大佐の暗殺指令を受けたのです。

ベトナム戦下、失踪したカーツ大佐の暗殺を命じられたウィラード大尉は、海軍の河川哨戒艇に乗り込み、乗組員に目的地を知らせぬまま大河を遡行していきます。そして、一行はその途上で戦争の狂気を目の当たりにするのです。

彼らの行き先の途上に南ベトナム解放民族戦線の拠点となっている海辺の村落があり、そこを突破して進む必要のあったウィラードからの攻撃要請に消極的だった前線の第一騎兵師団の指揮官が、その海がサーフィンに適していると知るや否や、俄然やる気を出します。9機の戦闘ヘリを飛ばして村落への攻撃を仕掛けた上、ナパーム弾をぶちこんで拠点を壊滅するのです。このときこの映画で有名となる台詞が発せられます。「朝のナパーム弾の臭いは格別だ」("I love the smell of napalm, in the morning.")といったものです。ナパーム弾の臭いとは引火したガソリンの匂いのようです。

この戦闘へりの出撃に指揮官がワグナーの「ワルキューレの騎行」という音楽をヘリの轟音にまさる最大ボリュームで鳴らし続けたのです。

その他、ジャングルに突如として出現したプレイメイトのステージでの観客が舞台に殺到する乱痴気騒ぎ。指揮官抜きで戦い続けるしかない最前線に置き去りにされた幽鬼のような兵士達。そして、麻薬に溺れ、正気を失ってゆく哨戒艇の若い乗組員たち。やがてカーツの王国に近づくにつれて、その乗組員たちも敵の銃弾や土人の槍の犠牲となりウィラード自身も少しずつ心の平衡を保てなくなっていきます。

哨戒艇の乗組員を何人も失いながらも、何とか王国にたどり着いたウィラードは、王国の支配者カーツと邂逅し、その思想や言動に動揺させられます。一時は監禁されたものの、改めて自由を与えられたウィラードは、水牛を生贄にする祭りの夜にカーツの暗殺を決行するといったストーリーでした。

ウィラードの任務遂行を通じてカーツに纏わる物語と戦争によって生じる狂気を浮き彫りにする構成となっていました。

ジョゼフ・コンラッドの小説「闇の奥」が原作とされていますが、原作はベトナム戦争とは関係ありません。ベルギー王の私有地であったアフリカのコンゴを舞台に、船乗りの体験を描いたもので、「闇の奥」というタイトルはアフリカ奥地の闇でもありますが、人間の心の闇、西欧文明の闇をも示唆していたようです。

西洋植民地主義の暗い側面を描写したこの小説は、船乗りのマーロウの体験談を通して、コンゴ川を遡って、コンゴの奥地で象牙取引を一手に仕切っているものの会社本部との連絡を絶ち現地人に神と崇められているクルツ(Kurtz、英語読みでカーツです)なる人物に出会うまでのいきさつが語られるというものです。

なお、詳しいいきさつはわからないのですが、この地獄の黙示録で描かれるカーツは、日本が占領統治されたときの連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサーがモデルだという説もあります。

当時のマッカーサーには大統領ハリー・S・トルーマンから米国史上空前の全権が与えられていました。

天皇と日本政府の統治権はマッカーサーに隷属しており、その権力を思う通りに行使できるとされ、必要であれば、直接行動してもよいし、出した命令は武力行使も含め必要と思う方法で実施できるとされていました。

アメリカ史上、後にも先にも、一人の手にこれほど巨大で絶対的な権力が握られた例はなかったため、しかもその権力を笠に着て大統領にも逆らい、自ら米国大統領に立候補しようと目論んだため、地獄の黙示録カーツのイメージと重なったのかもしれません。

そうなると、日本人はカーツを崇めたジャングルの土人ということになりますね。

ヘリコプターの轟音とワグナーの「ワルキューレの騎行」という音楽の重なりが耳から離れない、土人の祭りでの牛の屠殺場面とウィラードのカーツ殺戮場面の重なりが脳裏から離れない、ベトナム戦争(と太平洋戦争)の狂気が心に染みつく感じの強烈なインパクトを感じた映画でした。




by zoompac | 2018-05-22 06:57 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

読書「Shoe Dog 靴にすべてを」フィル・ナイト_アスリートファーストの靴づくりに徹したナイキ創設者たちのシュー・ドック魂の半生記!

f0090954_14122044.jpgナイキ創業者フィル・ナイトの自伝・半生記です。 痛快にして波乱万丈のシュー・ドッグぶりが描かれていました。

Shoe Dog(シュー・ドッグ)とは、靴の製造、販売、購入、デザインなどすべてに身を捧げる人間のことです。靴の商売に長く関わり懸命に身を捧げ、靴以外のことは何も考えず何も話さない。そんな人間同士が互いをそう呼び合っていると文中で説明していました。

ちなみにブランド名のナイキはギリシア神話の「勝利の女神」の名だそうです。

ナイキの共同創業者で前会長のフィル・ナイトはオレゴン州ポートランド生まれです。後になって名門スタンフォード大でMBAを取得していますが、オレゴン大時代は陸上競技をやっていたアスリートでした。彼の陸上競技時代にコーチをしていたのが、後にミュンヘンオリンピック(例のパレスチナ武装組織「黒い九月」にイスラエルアスリート11人が殺害された1972年の五輪大会)等で米国陸上選手の五輪コーチとなったビル・バウワーマンです。彼が共同創業者の片割れです。

もとはといえばフィル・ナイトの単純な発想からビジネスが出発しました。

昔ドイツの独壇場だっや世界のカメラ市場に日本が参入して成功したことから、1962年にフィル・ナイトが思いついたのが、日本のランニング・シューズでした。当時スポーツシューズはドイツのアディダスとプーマという兄弟会社の独壇場だったのです。

「世界は馬鹿げたアイディアでできている。歴史は馬鹿げたアイディアの連続だ。」という言葉をフィルは信じていました。

そこでフィルは世界一周旅行の途中日本に立ち寄って、日本人に自分の馬鹿げたアイディアを売りつけました。

神戸まで足を運び、オニツカ(後のアシックス)の経営陣に、「みなさん、アメリカの靴市場は巨大です。まだ手つかずです。タイガーを店頭に置き、アメリカのアスリートの多くが履いているアディダスより値段を下げればものすごい利益を生む可能性があります!」

オニツカの米国市場の販売代理店を経営したい旨を訴え、シューズを何足か送ってもらう約束をしました。

オニツカから送ってもらったシューズをバウマーワンに相談したところその品質の良さを見抜いた彼から共同経営のパートナーシップの申し出を受けたのです。

当初は「ブルーリボン」というオニツカ・タイガーブランドのスポーツシューズの米国販売代理店ビジネスでした。

昨年、役所広司、竹内涼真、寺尾聡等が出演した「陸王」というドラマがありました。陸上競技のランニング・シューズ製造に埼玉県行田市の老舗足袋メーカーが乗り出す物語でした。その物語の中で、シュー・フィッターという専門職があることを知りました。ドラマでは市川右團次が村野尊彦(むらのたかひこ)というシュー・フィッターを演じていましたが、この村野には実在のモデルがいました。

元アシックス(オニツカ)の社員の三村仁司氏です。

創業者鬼塚喜八郎が死去した2007年にアシックスを辞めましたが、そのときまでに瀬古俊彦、森下広一、有森裕子、高橋尚子、野口みづき、イチローなど名だたるアスリートの靴づくりに携わっていました。アシックス退社後は独立し、2010年にはアディダス・ジャパンと契約を結び活躍してきましたが2017年に契約解除となっています。

実は、ビル・バウワーマンは選手たちのコーチでしたがシュー・フィッターとしてアドバイス経験も豊富でした。靴のソールをワッフル形状にするアイディアなども出して商品化したのも彼でした。

やがてオニツカから乗っ取られそうになったことなどから、ブルーリボンはオニツカの代理販売を辞め独自ブランドを打ち立てることになりますが、それがナイキでした。アメリカ人アスリートの足を研究し、日本のメーカーに靴の設計提案などをしていたノウハウの蓄積があったからこそできた離れ業でした。

ナイキの創業当時の仲間たちはまさにシュー・ドッグでした。ただの金儲けのためではありません、誰にどんな走りをしてほしいのかといった走りに対する思想や哲学を持っていました。アスリートファーストに徹していました。

しかし、この本を通じて、フィル・ナイトの波乱万丈ぶりは、むしろ金策でした。ナイキは常に流動資産の不足に悩まされ続けたのです。

売り上げは順調に伸びるのですが、スポーツシューズの需要が常に供給を上回っていることから、手元にお金が溜まる間もなく、常にそれ以上の借金をしながら発注を続ける自転車操業でした。

地元のファーストナショナル銀行やバンクオブカルフォルニアにとっては、ナイキは「地雷」のように恐ろしい顧客でしたが、日本の商社「日商岩井」は「金脈」と信じていたようです。

資金ショートに悩まされるフィル・ナイトの事業を先見の明から支援し続けてくれたのは日商岩井でした。

何よりも、それを履くアスリートの立場になって靴を作り続けたシュー・ドッグ魂と、そしてその可能性をしっかり見届け支援を惜しまなかった日本の商社の支援が今のナイキを創り上げました。

バスケットシューズに空気を入れるという新しい発想の靴も爆発的に売れましたが、今、ナイキはマラソン界にも新しい概念の靴を持ち込んできました。

大迫傑の所属が「ナイキ・オレゴン・プロジェクト」であることを知っている人は多いと思います。

ナイキは2017年5月にマラソン用に新しいシューズを発表しました。「ヴェイパーフライ4%」というものすごくソールの分厚い靴です。

その5月の市場への発表前の2017年4月のボストンマラソンで3位入賞の快挙を成した大迫傑選手は、その分厚いシューズを履いていたとのことです。

2017年9月には、設楽悠太選手(ホンダ)が、この靴でチェコのハーフマラソンを走り、日本新記録を叩き出しました。さらに1週間後、ベルリンで2時間9分台の自己ベスト。日本新記録を出すほど走って、翌週フルマラソンでまた記録を出しました。

さらに、2017年12月の福岡国際で大迫傑は2時間07分19秒で走って日本人1位全体3位の成績を収めました。一方、設楽悠太は2018年2月25日の東京マラソンを2時間06分11秒で走り16年ぶりに日本記録を更新しました。

試し履きした人によると、ナイキの新作のシューズは、かかとが厚いのでまっすぐ立つと前かがみになり、勝手に走らされるのだそうです。

日本人は薄い靴でぺたぺた走るミッドフット走法に馴染みがありますが、このナイキの靴で走ってみると、足の前のほうから着地するフォアフット走法になる。必然的に、全速力で足をさばいていくことになるのです。

TVドラマ「陸王」の足袋ランニングシューズもこのミッドフット走法に適しているという設定だったと記憶しています。

大迫選手はこの靴に合わせてフォアフット走法に切り替えたそうです。そして今のところ結果を出しています。

このナイキの新型シューズは大学駅伝にも影響しました。

優勝したのは、三村仁司さんの走りを追求したアディダス製のシューズを履いた青山学院でしたが、ナイキの新型シューズを取り入れた東洋大学が往路優勝を飾るという予想外の健闘をみせました。

この「Shoe Dog」帝国の新型のランニング・シューズが日本のマラソン界だけでなく駅伝界にも新しい旋風を呼び込もうとしています。

靴の革命によって選手の走法にも革命を起こそうかというナイキの靴づくりの根底の考え方に触れるのにこの「Shoe Dog」はお勧めです。 ただしこの新しいマラソンシューズの話は最近のことですのでこの本では紹介されていません。


by zoompac | 2018-05-21 05:10 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

映画「モリーズ・ゲーム」_アスリートからゲームルームのオーナーに華麗に転身した女性の矜持をジェシカ・チャスティンが男前に示してくれています!

f0090954_15480307.jpg昨日、ブログにアップした「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」も、トーニャ・ハーディングもトップ・フィギュア・スケーターから転落し、女子ボクサーや格闘家として第二の人生を歩みました。その後もたくましいですね。

2014年、ESPNのドキュメンタリー番組"30 for 30"でナンシー・ケリガン襲撃事件を扱い、当事者として出演しています。番組タイトル名は"The Price of Gold"(金メダルの代償)。同じく2014年2月、NBCでナンシー・ケリガン襲撃事件の回顧番組が放送されました。

そして、2017年、伝記映画『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』がアメリカで公開されました(日本では2018年5月4日公開)。2018年1月11日、ABCでは"TRUTH AND LIES Tonya Harding Story"という番組が放送され、本人やナンシー・ケリガンら多数の関係者が出演しました。

自分たちが引き起こした事件を題材にした作品に登場したり関与したり、ただでは転ばぬオレゴン魂(オレゴン州ポートランド出身)をみせられたような気がします。

この「モリーズ・ゲーム」の主人公モリー・ブルームは、モーグルの選手として五輪出場も有望視されていましたが、試合中の怪我でアスリートの道を断念します。こちらも実話です。

そして、この映画の原作本を書くことでお金を稼いだところが、トーニャ・ハーディングの映画作品への関わり方と似ていました。

怪我をした後、ロースクールへ進学することを考えていたモリーは、その前に1年間の休暇をとろうとロサンゼルスにやってきます。お金を稼ぐためです。

そこでウェイトレスのバイトで知り合った人々のつながりから、ハリウッドスターや大企業の経営者が法外な掛け金でポーカーに興じるアンダーグラウンドなポーカーゲームの運営アシスタントをすることになりました。

その才覚で顧客を掴み26歳にして自分のゲームルームを創設し華麗な転身を果たしたモリーでしたが、10年後、FBIに逮捕されてしまいます。

この逮捕が言いがかりで、FBIの狙いはゲームルームに出入りしていたロシアマフィアのリスト等を入手したかったことが後になって判明します。

その逮捕の翌年に刊行されたのがこの映画の原作となったモリーズ・ブルームの回想録「モリーズ・ゲーム」です。

全財産を違法だとFBIに没収されたモリーにとっては、借金を返済するためにお金が入用だったのです。

その借金も実はゲームに負けた顧客がその掛け金を立て替えたモリーに払ってくれなかったために生じたものでした。負けた客の未払金の取立て権利を第三者に売らずに彼女は自分で抱え込んだのです。

映画では実名は出てきませんが、原作にはモリーのポーカーゲームに参加した有名人として、ハリウッド俳優のトビー・マグワイア、レオナルド・ディカプリオ、ベン・アフレック、映画監督のトッド・フィリップス等の名が実名で登場しているとのことです。TBS「王様のブランチ」の情報では、マット・ディモンもその中に含まれていました。

こう書くと、暴露もののように見えますが、さにあらずです。情報を秘匿されなければならない顧客の名を彼女は裁判で不利な判決となるのも厭わず守秘しています。映画ではそのあたりの誤解を避けたくて有名人俳優の実名は伏せたのだと思います。

彼女はFBIや裁判官からの圧力に屈することなく、顧客の借金と共に、顧客の秘密も守り通しました。

最後のどんでん返しを楽しんでください。互いに手の内をさらさないFBIとモリーの裁判での結果を賭けた大きなポーカー・ゲームといった側面を併せ持つ映画でした。

それにしてもジェシカ・チャスティンは、この作品も含めて「ゼロ・ダーク・サーティ」、「女神の見えざる手」等、男前の役に恵まれていますね。




by zoompac | 2018-05-18 07:16 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC