GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言

カテゴリ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2015年 09月 05日 ( 1 )

読書 「花神(中)」司馬遼太郎

f0090954_7583132.jpg幕末の長州藩といえば攘夷の総本山であり、革命の火薬庫でした。その長州藩に会って歴史に名を遺した人物は、吉田松陰と高杉晋作でしょう。この二人を主人公とした歴史小説としては同じ著者の「世に棲む日々1~4巻」が有名です。その中には、後の長州革命軍の総指揮を執る大村益次郎(村田蔵六)のことにはほとんど触れられません。

この「花神」では、長州を中心とする維新史を村田蔵六という「技術屋」に絞って描いています。幕長戦争で、長州軍の強さは天下にとどろきわたりました。高杉晋作は小倉城を陥落させ、蔵六は石州浜田城を陥しました。

村田蔵六は長州の百姓医の子でした。大阪へ出て緒方洪庵塾に学び、洪庵から目をかけられ塾頭を務めます。 医術よりも蘭学の実力を請われ宇和島藩へ、さらにその技術をオランダ兵書の翻訳に使う需要が高まる中、江戸へ移ります。 そして西洋兵学研究家の第一人者としての蔵六を見出したのが桂小五郎だったのです。

蔵六が歴史の表舞台に現れるのは彼が42歳のときです。没年まで3年しかありませんでした。しかし、この3年余りに驚異的な仕事を成し遂げました。高杉晋作と共に長州側の指揮官として幕府の長州征伐を迎え撃ち、晋作が亡くなった後は、討幕司令官として圧倒的な成功を収めます。

高杉の後を受け継いだ格好ですが、蔵六は晋作より、また松陰や小五郎より先に生まれ、彼らより後に亡くなっているのですね。

吉田松陰1830~1859、高杉晋作1839~1867、大村益次郎1824~1869、桂小五郎1833~1877、蔵六に「火吹き達磨」のあだ名をつけたのが高杉晋作で、村田蔵六が江戸在住のまま長州藩士になったのが1860年、高杉晋作21歳、村田蔵六36歳だと思われます。 この二人はほとんどつきあいがなかったのですが、高杉晋作が病没する間際、次の長州軍の司令は村田蔵六に仰げという遺言を残したというエピソードがこの小説で紹介されていました。

それにしても村田蔵六という世間知らずの技術屋の才能を見出し、歴史の表舞台の主演を演ずる役者に仕立て上げた功労者「桂小五郎」を描くときの司馬遼太郎氏の筆さばきには魅力を感じます。

脈絡はありませんが、小説文中から司馬遼太郎氏の言葉を集めてみました。

「 桂小五郎、木戸孝允という人は、生え抜きの剣客であった。が、かれはその剣を生涯殺人に使ったことがない。というより、かれが江戸の斉藤弥九郎道場の塾頭までつとめたほどの技達者だったが、かれが剣を学んで知った最大の真実は、剣をもって襲いかかってくる者に対しては、逃げるしか方法がないということであった。

桂はこののち劇的な危機に何度も遭うが、そのつどその用心深さとその痛烈なまでの機敏さが、かれ自身を救った。このため、桂はこのあとの長州の政治的窮迫期に幕吏にしつこく探索されながらついに明治まで生ききった。

桂というのは革命家でありながら、長州人に多い思想への陶酔体質はもっておらず、ごく常識的な現実認識家である面が強い。

その桂を革命家に仕上げているのは強い正義の念とその持続性であるらしく、この念は明治後も続き、多くの思想革命家たちの猟官運動を目の当たりにし、むしろ憂鬱症にとりつかれ孤独を愛するようになり、明治十年の西郷の乱を憂えつつ病死した。

蔵六を歴史の舞台に押し出してゆく縁を作為的につくりあげて行ったのは桂小五郎であるということを述べた。 桂は村田蔵六のなかから天才を洞察し、天才が動きやすいようにその名声を作為的につくったといえるだろう。 大村益次郎とは、最初は全くつくられた人物といっていい。

桂小五郎は、村田蔵六の前に、伊藤俊輔(後の博文)の才分を見出して百姓の身分から、桂の妹婿の栗原の籍に入れてやり、栗原切腹の後は自分の籍に入れて取り立てている。

桂小五郎の維新における最大の業績は、長州藩の才能群を機能化させたことにあるのではないだろうか。

村田蔵六は、いずれにせよ、桂のひきで、長州藩の国防大臣となった。」

「花神(中)」の後半で、蔵六が没する前の3年の活躍の1年目の第2次幕長戦争までが描かれます。 戦いの舞台を京都に移し、討幕軍司令官としてさらに江戸まで転戦する活躍は下巻に描かれています。 早く続きが読みたいです。 NHK大河の「花燃ゆ」の展開に追いつきました。

「世に棲む日々」の4巻も面白く読みましたが、「花神」3巻と併せて読むことをお勧めします。維新史の流れをより広い角度からとらえることができます。
by zoompac | 2015-09-05 07:58 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC