GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言


映画、読書、ワイン、旅、駅伝、柔道、スポーツ観戦、趣味の世界
by zoompac
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

映画「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」_ストリープとハンクスが描く報道人の矜持が眩しいタイムリーな映画!

f0090954_08574996.jpg巨匠スティーブン・スピルバーグ監督のもとで、メリル・ストリープとトム・ハンクスという2大オスカー俳優が初共演を果たした社会派ドラマでした。さすがにこの二人の演技はうまいですね!結構抑制が効いた演技をしていました。新聞作成の植字作業や輪転機稼働のシーンも印象的でした。

トランプ大統領とジャーナリズムの対決の反映もさることながら、世界の強権的な指導者たちが報道機関を名指しで攻撃する脅威が高まっている中、実にタイムリーな映画化だったと思います。日本の新聞人たちの倫理や矜持もこの映画で大いに触発されて欲しいと思いました。

アメリカは歴史を通じて、一般市民が日常生活や名誉、社会的地位、時には自由までも危険にさらす決断を迫られる場面が何度もあったのだと思います。

アメリカの憲法と自由を守るべく、自分が正しいと信じる行いを全うすることが、国家に対する反逆罪に問われる危険性が高いと理解したうえで、そのとき勝ち目が薄いと思われた政府との戦いに踏み切ったワシントン・ポストのオーナーキャサリン(ケイ)・グラハム(メリル・ストリープ)と編集主幹ベン・ブラッドリー(トム・ハンクス)の勇気と思わぬ展開に感動させられました。

この「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」は、1976年の映画「大統領の陰謀」の前日譚とも言えるお話でした。

今年の1月8日付けのブログで、私の今年の注目映画としてとりあげたときは早とちりで、「大統領の陰謀」はワシントン・ポスト、「ペンタゴン・ペーパーパーズ」はニューヨーク・タイムズのお話のように書いてしまいましたが、私の勘違いでした。両方ともワシントン・ポストのお話です。「ペンタゴン・ペーパーズ」の原題はずばり「The Post」です。

夫が亡くなってワシントン・ポスト社の社主となって数年のキャサリン・グラハムが資金調達のため株式公開に踏み切る場面から始まります。ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まり始めていた1971年のことでした。

そんな矢先、ニュヨーク・タイムズがベトナム戦争泥沼化の状況を知りながらトルーマン、アイゼンハワー、ケネディ、ジョンソンの歴代の大統領が米国の威信を傷つけたくないことから「順調」であると虚偽の報告を続けていたことをスクープしたのです。

当時のニクソン大統領は、タイムズが機密保護法に違反していると激怒し、厳罰に処すよう指示を出します。

ベトナム戦争の調査報告書をニューヨーク・タイムズに持ち込んだ情報提供者は、ワシントンポストにも接触してきます。そしてワシントン・ポストは4000ページ以上の報告文書コピーを入手したのです。

報告文書を掲載すれば、ニューヨークタイムズ同様、政府から訴えられるリスクがありました。

会社の存続を第一に考える役員たちのほとんどは掲載に反対します。会社が政府に訴えられ裁判に負けるかもしれないという状況下で株式公開が上手くいくとは思えなかったからです。

「報道の自由を守るのは報道しかない」というジャーナリストとしての矜持と、社員全員の生活と命運が社主としての自分の決断にかかっているということでキャサリンの心は揺れ動きます。

ここから先の展開は映画を観てのお楽しみにしてください。(想像を裏切る展開が待っています。夜明け前が一番暗い!ってことです。)

結論を言いますとこの報道の自由と政府の主張する機密保護の法廷闘争は、報道側に軍配が上がります。(結論が分かっていても楽しめます。)

「合衆国建国の父は、憲法修正第一条をもって民主主義に必要不可欠である報道の自由を守った。報道機関は国民に仕えるものであり、政府や政治家に仕えるものではない。」

"In the First Amendment, the Founding Fathers gave the free press the protection it must have to fulfill its essential role in our democracy. The press was to serve the governed, not the governors." (Judge Hugo Black, writing for the 6-3 U.S. Supreme Court majority that decided in favor of the press.)

という感動的な台詞がクローズアップされます。(この報道の自由を擁護する判決の声明文が「大統領の陰謀」で若手記者二人を叱咤激励する編集主幹ベン・ブラッドリーの信条となったことは言うまでもありません。)

この映画「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」のラストが、首都ワシントンD.C.のウォーターゲートビルで働く警備員が建物のドアに奇妙なテープが貼られていることに気付くところで終わっています。

そして「大統領の陰謀」の映画はそこから始まっています。その警備員が1972年6月17日に不審な侵入の形跡をワシントンD.C.首都警察に通報し、そのビル内にある民主党全国委員会本部オフィスに侵入していた5人組の男が不法侵入の罪で逮捕される事件へと展開していきます。

ワシントン・ポストの若手の記者二人カール・バーンスタイン(ダスティン・ホフマン)とボブ・ウッドワード(ロバート・レッドフォード)が、その事件は単なる物取りの事件ではなく政府高官が絡んでいるのではないかと疑いを持ちます。

ワシントン・ポストでトムハンクスが演じた編集主幹ベン・ブラッドリーを大統領の陰謀では、ジェイソン・ローバーズが演じて、アカデミー助演男優賞を受賞しました。

若手二人の記者の活躍で、ワシントン・ポスト紙は大統領が関与していたウォーター・ゲート事件の全貌を解明し、遂にニクソン大統領を1974年8月9日に辞任させるに至りました。

「大統領の陰謀」で、若手記者二人を叱咤激励していた編集主幹ベン・ブラッドリーが金科玉条(Golden Rule)のようにして自分の信念の拠り所にしていたのが、映画「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」で、フォーカスされた合衆国憲法修正第1条で保障されている報道の自由でした。

by zoompac | 2018-04-11 08:58 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)
<< 「AI vs 教科書が読めない... 体重別選抜柔道大会2018(男... >>
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC