GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言

カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
お読みになってなかったの..
by machi at 19:34
コメント、ありがとうござ..
by zoompac at 08:00
南陽からの移籍組は渡邊、..
by 田中 at 12:45
どういたしまして! ブ..
by zoompac at 09:58
情報ありがとう
by 駅伝ファン at 00:51
tarukosatoko..
by zoompac at 06:43
この本、読みましたよ。い..
by tarukosatoko at 08:27
遅ればせながら、新年おめ..
by desire_san at 12:11
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 19:18
宇和島をチェックしていて..
by シギー at 00:26
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:駅伝 ( 12 ) タグの人気記事

2017年天皇盃駅伝の結果、長野が駅伝男上野裕一郎で3年ぶり7度目の優勝!

f0090954_15360126.jpg22日日曜日に広島・宮島で行われた2017年天皇盃駅伝は、長野県チームがが3年ぶり7度目の優勝を飾りました。 写真は、自身3度目の優勝テープを切るアンカー7区の上野裕一郎です。自身の3度めの優勝テープ切りを意味する3本指をたてています。

長野は佐久長聖高校勢が、1区中谷雄飛が区間2位、4区本間敬大と5区の名取燎太が区間賞の大活躍でした。 高校駅伝では4区で岡山の前田舜平との並走の一騎打ちで途中遅れをとり結局大差を許し、岡山に優勝をさらわれてしまった責任を感じていた本間が汚名返上の大活躍でした。4区本間でトップに立った長野が福岡に粘られましたが、アンカー上野が無事逃げ切ってくれました。

福岡が善戦しましたね。 1区20位と出遅れたものの、2区中学生区間で10位まで順位をあげると、3区の東海大学の切り込み隊長鬼塚翔太が区間賞の走りで2位まで順位を押し上げたのです。その後4区、5区の高校生区間で長野にトップを奪われるものの福岡県の高校生粘り長野の独走を許しませんでした。 4区の森川 弘康は区間2位、5区の竹元亮太も区間3位で、6区の中学生にタスキを渡したときはトップ長野と2位福岡のタイム差はわずか12秒でした。そして6区の中学生区間では、福岡が2秒逆転して、トップで7区アンカーのトヨタ自動車九州の押川裕貴にタスキを渡したのです。

長野代表のDeNA上野裕一郎がすぐ追いついて追い抜きましたが、終わってみれば2位福岡とのタイム差はわずか19秒でした。

15日の皇后盃での優勝京都と2位岡山のタイム差がわずか2秒だったことが彷彿され、今回も結構ハラハラしながらレースの行方を追っかけていました。f0090954_15383335.jpg

アンカー区間での青山大のOB対現役対決も面白かったです。写真は、左から群馬代表の順大の塩尻和也、京都代表青学4年の一色恭志、静岡代表の青学3年の下田裕太、愛知代表で青学OBコニカミノルタの神野大地です。こうした姿は、都道府県対抗駅伝ならではですね。

下田は、2月26日の東京マラソン、一色は3月5日のびわ湖毎日マラソンに出場予定です。神野も東京五輪マラソン代表の座を狙って来年マラソンデビューをする計画を披露していました。

都道府県ならではということであれば、山口県代表で3区を走った青学3年の田村和希の高校生の弟岩国工の友佑が1区、中学生の弟玖珂中の友伸が2区でタスキ繋ぎをしていました。弟たちが35位で持ってきたタスキをお兄ちゃん和希が23位まで押上げて4区に繋ぎました。お兄ちゃんの面目躍如でした。

中学生区間の2区と6区で共に区間賞が出たことも印象に残りました。

いずれそのことだけをブログで書いてみたいと思っています。

1. 2:19:09 長野
2. 2:19:28 福岡
3. 2:20:31 愛知
4. 2:20:37 京都
5. 2:20:51 静岡
6. 2:21:03 群馬
7. 2:21:18 東京
8. 2:21:29 新潟
9. 2:21:32 千葉
10. 2:21:34 佐賀
11. 2:21:34 秋田
12 2:21:39 兵庫

1区(7km) 高校生区間
1 0:20:14 塩澤 稀夕 伊賀白鳳高 三重 0:20:14 1(全国高校駅伝1区では、最後まで佐久長聖の名取燎太と競り合い、区間2位、名取と共に東海大へ進学予定)
2 0:20:17 中谷 雄飛 佐久長聖高 長野 0:20:17 2(2年生)
3 0:20:17 清水 颯大 洛南高 京都 0:20:17 3(順大へ)
4 0:20:18 千葉 直輝 滋賀学園高 滋賀 0:20:18 4(SGHグループへ)
5 0:20:19 西山 和弥 東京農大二高 群馬 0:20:19 5(東洋大へ)
6 0:20:20 吉田 圭太 世羅高 広島 0:20:20 6(青学へ)
7 0:20:22 小林 歩 関大北陽高 大阪 0:20:22 7(駒大へ)
8 0:20:22 加藤 淳 西脇工高 兵庫 0:20:22 8(駒大へ)
9 0:20:25 田中 康靖 小林高 宮崎 0:20:25 9(2年生)
10 0:20:25 池田 耀平 島田高 静岡 0:20:25 10)(日体大へ)
11 0:20:25 前田 舜平 倉敷高 岡山 0:20:25 11(全国高校駅伝4区、区間賞で、岡山の倉敷高の優勝の立役者!明治大へ進学予定)
12 0:20:28 横山 徹 中越高 新潟 0:20:28 12(?)
13 0:20:30 遠藤 日向 学法石川高 福島 0:20:30 13(去年、2年生ながらこの1区で区間賞の遠藤は13位、実業団ランナーとして住友電工へ)

2区(3km) 中学生区間
1 0:08:20 林田 洋翔 NSR 桜が原中 長崎 0:29:44 27(3000mの中学生記録を去年塗り替えた林田が’13の新迫志木希の天皇盃駅伝2区の大会記録を9秒も更新し、41位から27位へ14人抜きの快挙でした。)
2 0:08:31 服部 凱杏 千種中 愛知 0:29:10 8(19位から8位へ11人抜き)
3 0:08:34 石田 洸介 浅川中 福岡 0:29:14 10(20位から10位へ10人抜き)
4 0:08:35 赤津 勇進 泉丘中 茨城 0:29:28 16
5 0:08:39 諸冨 湧 深草中 京都 0:28:56 1
6 0:08:42 伊井 修司 富士見中 群馬 0:29:01 3
6 0:08:42 松永 伶 前原中 千葉 0:29:13 9

3区(8.5km) 社会人・大学生・高校生一般
1 0:24:23 鬼塚 翔太 東海大 福岡 0:53:37 2(東海大の先輩を2人含む8人抜きの快走で2位へ押し上げました。鬼塚はこの天皇盃の駅伝男ですね。去年は高校生として1区を2位で、1昨年は1区区間賞でした)
2 0:24:24 山口 浩勢 愛三工業 愛知 0:53:34 1
2 0:24:24 館澤 亨次 東海大 神奈川 0:54:11 12(箱根5区で期待通りの走りができなかった鬱憤が晴らせるような快走で30位から18人抜きをみせてくれました)
4 0:24:25 光延 誠 早稲田大 佐賀 0:54:11 13
5 0:24:26 浅岡 満憲 日立物流 千葉 0:53:39 6
6 0:24:27 菊地 賢人 コニカミノルタ 北海道 0:54:12 15
7 0:24:28 其田 健也 JR東日本 青森 0:54:10 10
8 0:24:29 春日 千速 東海大 長野 0:53:38 4
8 0:24:29 永山 博基 早稲田大 鹿児島 0:54:11 11
10 0:24:30 山下 洸 NTN 三重 0:53:37 3
11 0:24:33 田村 和希 青山学院大 山口 0:54:41 24(山口は田村三兄弟で3区間走りました、岩国工高の友佑と玖珂中の友伸が35位でもってきた順位を11人抜いて24位に押し上げました)
12 0:24:35 服部 弾馬 東洋大 新潟 0:53:52 7(らしくない走りで、あまり貢献できませんでしたね)
12 0:24:35 高橋 尚弥 安川電機 岩手 0:54:19 18
14 0:24:43 川端 千都 東海大 京都 0:53:39 5

4区(5km) 高校生区間
1 0:14:25 本間 敬大 佐久長聖高 長野 1:08:03 1(2年生)
2 0:14:28 森川 弘康 自由ケ丘高 福岡 1:08:05 2(青学へ)
3 0:14:33 村上 純大 専修大松戸高 千葉 1:08:12 3(早稲田へ)
4 0:14:34 宍倉 健浩 早稲田実高 東京 1:08:54 11(関東の大学)
5 0:14:35 北﨑 拓矢 関大北陽高 大阪 1:08:54 10(神奈川大へ)

5区(8.5km) 高校生区間
1 0:24:19 名取 燎太 佐久長聖高 長野 1:32:22 1(東海大学へ、箱根5区の山登り向き?)
1 0:24:19 齋藤 椋 秋田工高 秋田 1:33:53 9( 実業団へ)
3 0:24:29 竹元 亮太 大牟田高 福岡 1:32:34 2(日大)
4 0:24:49 吉田 匠 洛南高 京都 1:33:17 3(早稲田へ)
5 0:24:50 小野寺 悠 加藤学園高 静岡 1:33:40 5(帝京大へ)
6 0:24:52 武田 悠太郎 東京実高 東京 1:33:46 7(日大)

6区(3km)
1 0:08:29 松山 和希 NSR 大田原中 栃木 1:43:42 22 (今回は、2区だけでなく6区も区間新記録が樹立されました。 中学生のレベルが上がってきています。)
2 0:08:41 馬場 勇一郎 上郷中 愛知 1:42:30 5
3 0:08:42 花尾 恭輔 桜が原中 長崎 1:44:15 28
4 0:08:43 内田 征冶 鶴城中 熊本 1:43:35 21
5 0:08:44 杉 彩文海 吉井中 福岡 1:41:18 1

7区(13km) 社会人・大学生一般
1 0:37:43 設楽 悠太 Honda 埼玉 2:22:32 20(ニューイヤー駅伝で不調でしたが、見事な区間賞でした)
2 0:37:49 上野 裕一郎 DeNA 長野 2:19:09 1(3年ぶり7度目の優勝のテープを切りました。自身3度目の優勝テープ切を達成です)
3 0:38:01 神野 大地 コニカミノルタ 愛知 2:20:31 3(愛知を5位から3位に押し上げました。 一時、3位京都一色恭志、4位群馬塩尻和也、6位静岡の下田裕太と集団のなりましたが、途中スパートで抜け出さしました)
4 0:38:10 押川 裕貴 トヨタ自動車九州 福岡 2:19:28 2
5 0:38:18 一色 恭志 青山学院大 京都 2:20:37 4
5 0:38:18 有村 優樹 旭化成 鹿児島 2:21:40 13
7 0:38:19 鈴木 健吾 神奈川大 愛媛 2:23:44 30
8 0:38:20 横手 健 富士通 栃木 2:22:02 16
9 0:38:21 下田 裕太 青山学院大 静岡 2:20:51 5

by zoompac | 2017-01-23 15:53 | スポーツ | Comments(0)

皇后盃女子駅伝2017_猛吹雪下の都大路で和製ラドクリフ(廣中璃梨佳)誕生を目撃!

f0090954_06095377.jpg時折視界を遮るほどの大雪に見舞われた15日日曜日の京都都大路での全国都道府県対抗女子駅伝は、選手たちにとっては過酷な条件下でのレースとなりましたが、見どころは満載でした。

特に、4区での長崎の長崎商高1年の廣中璃梨佳が、12位から11人抜きの快走でチームを首位に浮上させた走りには驚かされました。

12位でたすきを受けると、雪で視界が遮られる悪条件の中、前をゆく社会人、大学生ランナーをごぼう抜きにし、ついにトップを走る神奈川の出水田眞紀に5区の中継点近くで追いつきそして追い越した馬力の走りは驚愕でした。

解説者の金哲彦氏が、和製ラドクリフ(英国のマラソンランナー・ポーラ・ラドクリフ、首振り人間機関車との異名を持ち2003年に2時間15分25秒のWR樹立)って名付けていましたが、キャップを被って、首を前後に振りながら馬力で押していく走り方はとても印象的でした。まさに暴走列車和製ラドクリフの誕生を目撃させてもらいました。

この4区の区間最高記録は14年に木崎良子(ダイハツ)がマークした12分40秒で、広中は高校1年生ながら7秒差に迫る快走でした。 悪天候でなければ区間新だったかも。

まだ高校1年生ですよ。 私は今年の高校1年生ランナーとしては、山梨学院附属高の小笠原朱里を追っかけていたのですが、いつも小笠原の前に名前が出る廣中のことはとても気になっていました。 すごい逸材が出てきましたね。 そういえば、廣中璃梨佳は去年、中学生でこの大会の3区を走って区間賞を獲得していましたた。f0090954_06102826.jpg

今年の3区中学生区間では、私が注目していた群馬の不破聖衣来が見事な区間賞の走りを見せてくれました。群馬は1区岡本春美が28位と出遅れたのを2区の樺沢和佳奈が19位まで戻し、この不破聖衣来がこれまた11人抜きで8位まで順位を押し上げ見どころは作ってくれました。その後伸び悩み、4区以降は残念なレース展開でしたね。 京都のアンカーを走った筒井咲帆には群馬代表で走って欲しかったです。

去年の3区を区間賞で走った選手は、上記の廣中璃梨佳ともう1人同タイムで愛媛の新居浜西中(去年2年)の西原愛華がいましたが、その西原愛華の2年連続区間賞を阻んだのがこの不破聖衣来でした。 不破聖衣来も廣中璃梨佳もそして西原愛華も、将来期待のもてる逸材と言っていいでしょう。 東京五輪という国際舞台この三人の活躍が今から待ち遠しいです。

アンカー勝負も面白かったですね。

トップと28秒差の8位でタスキを受け取った岡山天満屋の小原怜の猛追を、京都のアンカー筒井咲帆(ヤマダ電機)が2秒差ながら逃げ切って、3年ぶり16回目の優勝を京都にもたらしましたが、最後までハラハラしたレース展開を楽しませてくれました。

1秒差でリオ五輪のマラソン代表を逃した小原怜が、そのときの悔しさをぶつけて爆走しましたが、2秒差で届かなかった小原の鬼走りの形相がまたしてもって感じの運命的な幕切れを象徴していました。 この小原の魂魄の走りを東京五輪でも観てみたいですね。彼女は、確か3月12日の名古屋ウィメンズマラソンにエントリー予定だったと思います。

京都は1区のワコールの一山麻緒が区間2位で繋いだ2区の立命館宇治高の片山弓華が予想外の活躍でした。 暮れの全国高校駅伝ではあまりいい走りをしていませんでしたが、その悔しさがバネになったようですね。区間1位の走りで神奈川代表の屈指のスピードランナーと評価の高い立命館大佐藤成葉と堂々と渡り合ってトップ争いを制したことが京都の優勝に大きな勢いを呼び込んだと思います。

1 2:17:45 京都
2 2:17:47 岡山
3 2:18:24 千葉
4 2:18:32 長崎
5 2:18:34 愛知
6 2:18:34 静岡
7 2:18:39 神奈川
8 2:18:46 兵庫
9 2:19:04 福岡
10 2:19:32 長野
11 2:19:38 鹿児島
12 2:19:41 大阪
13 2:20:06 群馬

1区(6km)
1 0:19:27 阿部 有香里 しまむら 埼玉 0:19:27 1
2 0:19:27 一山 麻緒 ワコール 京都 0:19:27 2
3 0:19:29 森田 香織 パナソニック 神奈川 0:19:29 3
4 0:19:30 加世田 梨花 成田高 千葉 0:19:30 4
5 0:19:31 小井戸 涼 日立 茨城 0:19:31 5
6 0:19:32 堀 優花 パナソニック 岐阜 0:19:32 6
7 0:19:35 安藤 友香 スズキ浜松AC 静岡 0:19:35 7
8 0:19:36 鍋島 莉奈 日本郵政グループ 高知 0:19:36 8
9 0:19:45 小笠原 朱里 山梨学院高 山梨 0:19:45 9

2区(4km)
1 0:12:32 片山 弓華 立命館宇治高 京都 0:31:59 1
2 0:12:33 佐藤 成葉 立命館大 神奈川 0:32:02 2
3 0:12:34 和田 有菜 長野東高 長野 0:32:30 6
4 0:12:36 樺沢 和佳奈 常磐高 群馬 0:32:58 19
5 0:12:39 福田 有以 豊田自動織機 兵庫 0:33:16 22
5 0:12:39 髙松 智美ムセンビ 薫英女学院高 大阪 0:33:48 33

3区(3km)
1 0:09:23 不破 聖衣来 大類中 群馬 0:42:21 8
2 0:09:27 西原 愛華 新居浜西中 愛媛 0:43:57 36
3 0:09:29 山本 晏佳吏 琴浦中 岡山 0:42:12 4
4 0:09:30 原田 まりん 田崎中 鹿児島 0:42:24 10
5 0:09:34 堤 好伽 山鹿中 熊本 0:42:21 7
6 0:09:35 風間 歩佳 旭中 千葉 0:41:56 2

4区(4km)
1 0:12:47 廣中 璃梨佳 長崎商高 長崎 0:55:11 1
2 0:13:03 宮田 佳菜代 ユタカ技研 静岡 0:55:27 3
3 0:13:07 出水田 眞紀 立教大 神奈川 0:55:13 2
4 0:13:18 嵯峨山 佳菜未 薫英女学院高 大阪 0:57:03 23
5 0:13:21 原田 まつり 樟南高 鹿児島 0:55:45 7
5 0:13:21 山本 彩乃 小島プレス 愛知 0:55:47 8
7 0:13:22 細田 あい 日本体育大 長野 0:55:47 9
8 0:13:23 田中 希実 西脇工高 兵庫 0:56:21 14

5区(4.1075km)
1 0:13:27 後藤 夢 西脇工高 兵庫 1:09:48 12
2 0:13:30 佐々木 文華 第一生命 長野 1:09:17 5
3 0:13:35 関谷 夏希 大東文化大 千葉 1:09:06 2
4 0:13:38 又村 菜月 立命館宇治高 京都 1:09:16 4
5 0:13:40 松本 亜子 大牟田高 福岡 1:09:43 11
6 0:13:42 竹内 ひかり 薫英女学院高 大阪 1:10:45 15
7 0:13:43 横瀬 彩也香 ヤマダ電機 群馬 1:09:37 9

6区 (4.0875km)
1 0:12:58 福田 妃加里 肥後銀行 熊本 1:24:02 16
2 0:12:59 太田 麻衣 須磨学園高 兵庫 1:22:47 8
3 0:13:08 長濱 夕海香 三浦学苑高 神奈川 1:22:13 1
4 0:13:13 青木 未晴 興譲館高 岡山 1:22:46 6
5 0:13:15 杉浦 穂乃加 中京大 愛知 1:22:46 7
5 0:13:15 中島 紗弥 薫英女学院高 大阪 1:24:00 15

7区(4km)
1 12:32 大西 ひかり 須磨学園高 兵庫 1:35:19 3
2 12:37 藤中 佑美 光ヶ丘女高 愛知 1:35:23 4
3 12:40 笹野 真愛 成田高 千葉 1:35:25 6
4 12:41 金光 由樹 岡山操山高 岡山 1:35:27 7
5 12:45 長谷川 詩乃 桂高 京都 1:35:25 5
6 12:49 德永 香子 名城大 長崎 1:35:18 2

8区(3km)
1 0:10:04 高松 いずみ 開田中 長野 1:45:39 3
2 0:10:06 清水 萌 西多賀中 宮城 1:48:45 21
3 0:10:09 土井 菜摘 昭和中 千葉 1:45:34 1
4 0:10:10 村松 灯 樫原中 京都 1:45:35 2

9区(10km)
1 0:31:45 小原 怜 天満屋 岡山 2:17:47 2
2 0:32:03 関根 花観 日本郵政グループ 東京 2:20:18 14
3 0:32:06 清田 真央 スズキ浜松AC 静岡 2:18:34 6
4 0:32:10 筒井 咲帆 ヤマダ電機 京都 2:17:45 1
5 0:32:20 松田 瑞生 ダイハツ 大阪 2:19:41 12
6 0:32:28 上原 美幸 第一生命 鹿児島 2:19:38 11
7 0:32:38 鷲見 梓沙 ユニバーサルAC 愛知 2:18:34 5
8 0:32:41 木村 友香 ユニバーサルAC 福岡 2:19:04 9
9 0:32:50 松﨑 璃子 積水化学 千葉 2:18:24 3
10 0:32:52 前川 晴菜 十八銀行 長崎 2:18:32 4
11 0:32:55 青山 瑠衣 ユニバーサルAC 神奈川 2:18:39 7
12 0:32:57 石井 寿美 ヤマダ電機 福島 2:21:29 17
13 0:33:04 竹地 志帆 ヤマダ電機 兵庫 2:18:46 8

by zoompac | 2017-01-16 06:11 | スポーツ | Comments(0)

中学生の愛知か高校生の長野か、2017天皇盃駅伝展望

f0090954_07481274.jpg1月22日開催の天皇盃駅伝は広島・平和記念公園前発着の7区間48.0kmで競われます。

天皇盃では、皇后盃の9区間と違って、7区間で、なおかつ、中学生が2区間(2区と6区、それぞれ3km)、高校生が(1区、4区、5区)と決まっていますので、大学生、実業団選手は3区と7区しか走れません。

皇后盃では、3区と8区の中学生区間が決まっているだけです。 9区間の残りの7区間中、3区間は高校生が走らなければなりませんが指定はありません。 4区間は大学生や実業団ランナーが走ることができます。

したがって実業団、大学生ランナーが優勝に大きくモノをいう皇后盃と違って、天皇盃は中学生並びに高校生の走りの優勝貢献度が圧倒的に高いのです。

今年の優勝候補本命は2連覇を狙う愛知ですね。

中学生の全中3000mのランキング2位の服部凱杏と4位の馬場勇一郎がいます。 中学生区間の2区、6区に全国でもトップクラスの選手がいて他チームを圧倒できます。

社会人・大学生の3区とアンカー7区にも、トヨタの田中秀幸、コニカミノルタの神野大地がいます。 高校生が長野県勢に比べると見劣りしますが、それでも5000m14分20秒台~30秒台の選手を3人そろえています。

本命愛知に対抗するのは最強高校生ランナー3人を擁する長野でしょう。

去年の暮の全国高校駅伝2位の佐久長聖高から主力選手がエントリーされています。5000mの日本人高校生ランキング2位の名取燎太(高校駅伝1区区間賞)、7位の中谷雄飛(名取、中谷のタイムはそれぞれ13分52秒台、13分54秒台)、それに14分09秒台の本間敬大の3人は、出場チーム中屈指の高校生ランナーです。

中学生ランナーにも全中3000mランキング7位の木村暁仁がいます。

実業団ではニューイヤー駅伝3区区間2位で走ったDeNAの駅伝男上野裕一郎、東海大学の箱根2区でほろ苦デビューとなった關颯人がエントリーされています。 關が好調であれば、高校生の強い長野を本命としたかったのですが、關の調子が読めないので対抗としました。

最強中学生を擁する愛知と最強高校生ランナーを擁する長野の対決って構図です。 実業団選手の充実度をみて愛知を本命にしましたが、長野の高校生3人の力は侮れません。 長野は極めて本命に近い対抗です。

レースの流れは5区までは長野が圧倒的な強さでトップに立ち、それまでに愛知が粘って走れれば6区、7区で逆転と読んでいます。愛知の高校生がどれだけ粘れるかが鍵ですね。

久しぶりに設楽兄弟が揃ってエントリーされている埼玉も白鳥哲汰という3000m8分34秒台の選手がいますが、ニューイヤー駅伝での設楽兄弟の出来が今一つでした。

群馬もちょっと面白いと思っています。ニューイヤー駅伝1区の区間賞男日清食品の戸田雅稀、高校生では東農大二高の13分55秒台ランキング8位の西山和弥、中学生も新井颯人が3000m8分37秒台で走れます。

栃木もバランスがいいので、この関東の埼玉、群馬、栃木も上位で争えるチームだと思います。

ツボにはまれば、東京、静岡あたりも上位争いに加わりそうですね。

注目選手ですが、スーパー高校生の結集する1区では、福島の学法石川の遠藤日向、長野佐久長聖の名取燎太、広島世羅高の吉田圭太、秋田の秋田工高の齋藤椋、栃木の佐野日大の大森龍之介、群馬の東農大二高の西山和弥、三重伊賀白鳳の塩澤稀夕、兵庫西脇工の加藤淳、熊本九州学院の神林勇太等、5000m13分台のトップ争いが楽しみです。

2区の中学生区間は、岩手河南中の佐々木塁(3000m 8分28秒台)、愛知から千種中の服部凱杏(8分25秒台)、あるいは上郷中の馬場勇一郎(8分30秒台)と長崎の全中3000m記録保持者桜が原中の林田洋翔(8分19秒台)のスーパー中学生カルテットの激突がTV画面にて目撃できます。楽しみです。


by zoompac | 2017-01-13 07:48 | スポーツ | Comments(0)

第35回皇后盃(都道府県対抗女子駅伝2017)の展望 本命京都、対抗群馬

f0090954_09125506.jpg今年は、京都と群馬が頭一つ抜けていますね。

京都は実業団選手が充実しています。 ワコールの一山麻緒はクイーンズ駅伝1区の区間賞女子、ヤマダ電機の筒井美咲は5区を区間2位で走っています。 かつ、京都は中学生が強いですね。 全中三連覇の桂中から小林舞妃留がエントリーされていますが、この京都の中学生としては橋本充央(京田辺大在中)という2年生ながら3000mの全国ランキング1位の逸材がいます。 もう1人の樫原中の村松灯も全国ランキング4位と王者桂中の小林(10位)より上です。 今年の京都の女子中学生は3000mの上位10位内に4人入っています。 ちなみに11位、12位も京都のランナーです。

3区間以上走らなければならない高校生がやや弱い感じですが、立命館宇治のエース片山弓華、京都外大西高の青山友莉菜はそこそこ強い選手です。 立命大のWエースの片割れの菅野七虹もエントリーされています。

去年は8区までトップで繋いできたのに、アンカーのランナーが区間35位に沈んで、総合順位を4位に落とした京都が捲土重来を狙っていますね。

一方の、群馬はクイーンズ駅伝アンカー区間6区の区間賞女子のヤマダ電機の西原加純、2区を区間2位で走った三井住友海上の岡本春美が強力ですね。 高校生も常盤の樺沢和佳奈と健大高崎の林英麻、中学生も1500mの全国ランキング2位の大類中2年の不破聖衣来がエントリーされています。

全国高校駅伝を制した大阪薫英高の選手が多くエントリーしている大阪は、京都、群馬に比べて、社会人、大学生がやや弱く、高校生頼みって感じですね。 兵庫は、立命大の次期エース太田琴菜が万全であれば優勝に絡めると思います。

本命 京都、対抗 群馬、そこに大阪、兵庫が割って入れるかといったとこでしょうか? あえて、穴を選ぶとすれば長野でしょうか。 長野東の高校生と名城大のひらがな三文字(ほのか、よもぎ)選手に日体大の細田あい、それにクイーンズ駅伝アンカー区間の区間2位の第一生命佐々木文華がエントリーされています。

中学生区間での、1500mランキング1位の千葉の風間歩佳(船橋旭中3)、2位の群馬の不破聖衣来(高崎大類中2)、3位の京都の橋本充央(京田辺大在中2)の走りも楽しみですね。 3000mでは1位が京都の橋本で、2位が千葉の風間です。 不破は3000mの記録がありませんが、11月の東日本女子駅伝では3区3kmで不破は風間(3位)を押さえて区間賞でした。 この3人には中学生区間の3区で走ってほしいですね。

皇后盃駅伝は、全9区間です。 3区と8区が中学生区間で、残り7区間の3区間以上は高校生が走らなければなりません。


by zoompac | 2017-01-12 07:02 | スポーツ | Comments(0)

2016年駅伝、中・長距離、クロカン、マラソン関連記事65本の総括

2015年暮れの高校駅伝で広島の世羅がアベック優勝を飾ると、暮れの実業団女子駅伝はデンソーが優勝、2016年のニューイヤー駅伝はトヨタ自動車とトヨタグループがアベック優勝、1月の都道府県対抗駅伝は愛知県がアベック優勝と、アベック優勝のオンパレードでした。箱根は青山大の四天王が神野大地を筆頭に大活躍で1区から1度もトップの座を譲ることのない独走優勝でした。

リオ五輪では、しかし日本人の中・長距離競技のレベルの低さにがっかりしました。

しかし、松山大の高見澤安珠や順天堂の塩尻和也等が300m障害の代表となり、マラソン競技以外にも3000m障害といういわば穴場的競技に注目が集まったのは収穫だったかもしれません。

駅伝大国日本の起伏に富んだコースで鍛えられた学生が、マラソン以外の競技でオリンピック代表に選ばれるという道をこの大学生二人が切り開いてくれたように思います。

一方、5000mと10000mで、JP日本郵政グループから、鈴木亜由子と関根花観の二人が代表に選出されたということにも驚きました。練習がいいのか指導がいいのかわかりませんが、二人も代表を出した創部3年のこのチームが11月の全日本実業団女子駅伝を制したことも驚きでした。 青山学院大の原監督が就任6年目で2014年に箱根を制した偉業を彷彿させるエポックメイキングな事件でした。

事件と言えば、同じくオリンピアンを出した松山大学が常勝軍団立命館大の全日本大学駅伝の4連覇を阻んで初優勝を飾り、地方の星として輝いたこともある意味エポックメイキングな事件でしたね。

東京五輪に向けて、男子中学生が、800m、1500m、3000mの記録を次々に破ってくれたことも明るい材料です。800m馬場勇一郎、1500m佐々木塁、そして3000m林田洋翔です。

古豪旭化成の18年ぶりのニューイヤー駅伝優勝と青山大の大学駅伝3冠、箱根3連覇で始まった2017年の中・長距離陸上界ですが、今年はどんなドラマが待っているのでしょうか?

1月(9本)
160101 新生・旭化成17年ぶりのVかトヨタの連覇か、ニューイヤー駅伝2016
160102 今年も6区田中秀幸でトヨタ連覇へ! ニューイヤー駅伝2016
160103 青山学の往路完全優勝に雌伏秋山の雄飛あり箱根2016!
160104 青学6区にダークホース小野田勇次1年生で完全優勝決め!
160117 皇后盃全国都道府県対抗女子駅伝2016の展望
160118 皇后盃駅伝2016、愛知のアンカー鈴木亜由子1分37秒差を大逆転で初V
160123 西脇工業高の池田親(ちかし)と西村陽貴の大学進学情報
160124 天皇盃都道府県対抗男子駅伝2016の直前予想
169125 天皇盃都道府県対抗駅伝、愛知が15年ぶり2回目の優勝!

2月(6本)
160201 福士加代子五輪代表選考レース3度目の正直!
160219 実業団ハーフマラソンの優勝はホクレンのエース・清水美穂
160220 千葉クロカン2016の勝者、男子は西山雄介、女子は出水田眞紀
160226 クロカン日本選手権2016の見どころ
160227 日曜日は東洋大服部勇馬、青学大一色恭志のマラソン初舞台
160228 日本クロカン選手権2016の優勝、男子は市田孝、女子は阿部有香里

3月(3本)
160301 服部勇馬の苦い初マラソンデビュー@東京マラソン2016
160315 世界大学クロカン、東農大清水萌衣乃1年が2位!
160328 第22回世界ハーフマラソン選手権 (3月26日土曜日、カーディア、英国)の結果

4月(2本)
160416 有力女子中学生駅伝ランナーの高校進学情報
160428 兵庫リレーカーニバル2016の結果(女子1万mと高校女子3千m)

5月(3本)
160501 織田記念陸上の結果(一般女子とジュニア 長距離)
160503 日本選抜陸上和歌山2016のジュニア男子・女子の結果
160510 第60回中部実業団対抗陸上競技大会(デンソー VS 豊田自動織機)

6月(6本)
160608 アジアジュニア陸上競技選手権大会2016@ホーチミン
160609 樺沢和佳奈が2年連続で1500と3000mの県記録更新!高校総体 群馬県大会
160621 高校総体 陸上 女子1500m、3000m地方大会の総括
160622 高校総体陸上 男子5000m 地方大会の総括
160624 第100回日本陸上選手権の注目競技と注目選手等について
160627 大迫傑、念願の陸上日本選手権の5000、10000mW制覇!

7月(1本)
160725 インターハイ 注目選手(陸上長距離)、新人「小笠原朱里」選手

8月 無し

9月(5本)
160907 天皇賜盃 第85回日本学生陸上競技対校選手権大会 男子5000m、10000mの総括
160908 天皇賜盃 第85回日本学生陸上競技対校選手権大会 女子
160917 陸上1500mの男子中学生記録の更新連発
160918 2016 出雲駅伝の展望 東海大学の台頭なるか?
160927 第64回 全日本実業団対抗陸上競技選手権大会 女子 中長距離の結果概要

10月(8本)
161008 新生東海、出雲の暴れん坊となるか? 出雲駅伝2016
161011 一色恭志が号泣!出雲駅伝で青山学院が連覇達成!
161015 池田親と西村陽貴の大学1年目_2017箱根予選会
161018 箱根連続出場記録が87回で途絶えた中大!_2017箱根予選会の結果
161022 鍋島莉奈と岡本春美の実業団デビュー戦@プリンセス駅伝2016
161024 プリンセス駅伝2016 優勝は新生TOTO、ノーリツに次いで古豪京セラが復活の3位入賞
161028 松山大が立命大の6連覇を阻むか? 全国大学女子駅伝
161031 松山大が立命大6連覇を阻止して初優勝! 全日本大学女子駅伝2016

11月(16本)
161104 全日本大学駅伝展望、若武者東海が王者青山に一矢報いるか?
161105 日清食品ルーキーの戸田雅稀が1区区間賞のデビューでチームを優勝に!_第57回東日本実業団対抗駅伝大会
161107 青学の原監督をハラハラさせた逆転初勝利_全日本大学駅伝2016
161109 記録更新中学生ランナー、800m馬場勇一郎、1500m佐々木塁、そして3000m林田洋翔
161112 高校駅伝都道府県予選大会女子、兵庫県代表はまたしても西脇工!
161113 全員区間賞も冴えない表情の常磐_高校駅伝群馬県大会
161114 東日本女子駅伝2016は長野が高校生パワーを炸裂で優勝!
161115 不破聖衣来と林英麻の黄金のタスキ渡し_東日本女子駅伝2016
161117 大阪薫英女が府予選記録更新で11連覇_高校駅伝府予選大会
161119 高校駅伝2016都道府県予選会の結果総括と地区大会での注目高校!
161122 高校駅伝関東大会_1区区間賞は小笠原朱里!優勝は群馬の常盤!
161123 高校駅伝地区大会_全九州の結果総括
161124 高校駅伝_中国ブロック、岡山勢が優勝、男子は倉敷、女子は興譲館
161125 クイーンズ駅伝2016の展望、豊田自動織機の2度目の優勝か、ヤマダ電機の初優勝か?
161126 高校駅伝_北信越ブロック、優勝は男子が佐久長聖、女子は長野東
161128 クイーンズ駅伝、新人デビューでの明暗、JP郵政鍋島と豊田自織の島田
161130 高校駅伝 近畿ブロック大会結果

12月(6本)
161201 クイーンズ駅伝2016の結果総括
161221 第24回全国中学校駅伝大会2016の総括、男子は兵庫の平野中、女子は京都の桂中がV3!
161224 全国高校駅伝2016の私的展望
161226 高松智美ムセンビの激走で大阪薫英が2年ぶり2度目V_ 全国高校駅伝2016_女子
161227 倉敷高初V、流れを変えた殊勲者は4区の日本人エース前田舜平(3)_全国高校駅伝2016_男子
161231 立命大が仙台での屈辱を晴らしての王座奪還で富士山女子駅伝 4連覇!


by zoompac | 2017-01-10 07:06 | スポーツ | Comments(0)

幻の箱根10区の区間賞男「照井 明人 関東学生連合(東京国際大)」はNDソフトへ

f0090954_09284698.jpg箱根駅伝10区で、最高タイムをマークしたのは、関東学生連合の照井(東京国際大4年)でした。最速で走ったにも関わらず、第93回箱根駅伝10区での“幻の区間賞”となりました。

関東学生連合はオープン参加のため参考記録としか認められませんが、1時間10分58秒の快走で、区間賞だった順大・作田直也(4年)の1時間11分0秒を2秒上回ったタイムで10区の23.0キロを走り抜けました。

照井は、昨年、箱根初出場を決めた東京国際大チームの一員として3区を務めて区間13位(ちなみにこのときのアンカー10区はNDソフトに就職した小針明人)で走りましたが、今年の箱根は東京国際大のチームとして予選会落ちで走れず、関東学生連合の一員としての参加でした。そして、オープン参加で初となる区間1位の快挙を達成しました。

照井は、秘かに区間記録を狙っていたけど、本当に取れるとは思ってなかったそうです。予選会に落ちた悔しさ晴らせましたね。10区のゴール手前で、シャツに書かれた東京国際大の名前の部分をつまみあげて、彼の所属する大学のアピールをしていたのが印象的でした。

照井は先輩の小針明人の所属するNDソフトへの就職が決まっています。

NDソフト駅伝チームは、今年、創部わずか2年目で初のニューイヤー駅伝出場の切符をつかみ取りました。 一昨年も昨年も予選会での最後の1枠の紙一重勝負でした。一昨年は3秒差に泣き、昨年は2秒差で競り勝っての歓喜の初出場でした。

もともとのチーム結成は、2014年のニューイヤー駅伝初出場で話題を呼んだ山形県の南陽市役所陸上部でした。

公務員ランナー達の運命は、しかし南陽市の市長交代で変わってしまいました。陸上部の規模縮小が余儀なくされ、高嶋哲監督が支援してくれる企業を探し、主軸の渡邊清紘等4人(渡邊、大沼、近並、鈴木)と共に移籍した先が、同じ山形県南陽市に本社があるNDソフト(介護福祉施設向けソフトウエアの開発・販売・サポート事業)だったのです。

昨年の予選会での秒差のアンカー区間のトラック勝負を制したのは、東京国際大出身の小針旭人でした。そして、小針の後輩で、箱根の10区を幻の区間賞(公式記録に残らないため)で駆け抜けた照井明人がNDソフトのスーパールーキーとして加入することになっています。

ちなみにNDソフトの今年のニューイヤー駅伝の成績は37チーム中33位でした。最後の数字がチーム順位、最初の数字が個人の区間順位となっています。

1区(12.3㎞) 37 0:37:05 上手 慶 NDソフト 0:37:05 37
2区 (8.3㎞)10 0:22:42 アレクサンダー ムティソ NDソフト 0:59:47 33
3区 (13.6㎞)37 0:41:09 近並 郷 NDソフト 1:40:56 34
4区 (22.0㎞)26 1:06:08 鈴木 駿 NDソフト 2:47:04 33
5区 (15.8㎞)36 0:49:52 兼子 侑大 NDソフト 3:36:56 34
6区 (12.5㎞)29 0:38:37 青木 達哉 NDソフト 4:15:33 33
7区 (15.5㎞)35 0:48:19 小針 旭人 NDソフト 5:03:52 33

来年は、照井の加入でさらに上の順位を目指して欲しいですね。 予選会で勝ち上がることが前提になりますけど。


by zoompac | 2017-01-09 09:31 | スポーツ | Comments(2)

往路秋山に続いて復路も伏兵下田裕太の活躍で青山大が箱根3連覇!

f0090954_06004177.jpg往路でわずか33秒差のトップが、終わってみれば7分21秒差での圧勝でした。

昨日のコメントで原監督が、3区で秋山雄飛を起用したことで、箱根4区2年連続区間賞の田村和希(3)を復路に配することができて楽勝というニュアンスのコメントをしたのですが、田村和希も故障上がりだったのですね。

2位とのタイム差を33秒差から、6区の小野田勇次が2分以上に拡げ、7区の田村にタスキを渡し、田村も15km過ぎまで区間賞ペースの走りをしていたときは青山学院の大学駅伝3冠、箱根3連覇の確信をしました。

ところが駅伝は何が起きるかわかりませんね。 暑さに弱いと言われる田村が8区の中継所まで残り5km付近から蛇行を始めました。 走りのスピードもがくんと落ち、脱水症状に陥り顔が苦悶に歪みとりあえずタスキを繋ぐだけで精いっぱいでした。 それでも何度もタスキに手をやりタスキの仲間からエネルギーをもらうようにしてなんとかかんとか繋ぎました。

早稲田には47秒詰められましたが7区までに貯めた時間差(2分08秒)があり、1分21秒差で8区の下田裕太(写真)に繋ぐことがでぎました。下田は2年連続の区間賞の走りで2位以下とのタイム差を5分32秒と安全圏内にまで拡げ独走態勢を築きました。 この下田が決めてくれましたね。 終わってみれば2位に7分21秒の圧勝でした。

下田は、一色や田村の華々しい活躍に比べてやや影が薄く、第三の男っていう感じでしたが、昨日の秋山雄飛同様、主力エースに隠れた伏兵がこの第94回箱根駅伝優勝の立役者となりました。 青山学院の選手層の厚さを印象付ける今回の優勝劇でした。

田村和希は、これまで走れば区間賞という駅伝男のイメージしかなかったのですが、解説者の渡辺康幸氏のコメントを聞くと、田村は直前まで不調で原監督も往路の秋山雄飛同様起用を迷っていたということでした。

一か八かの賭けの往路3区の秋山の起用は大当たりで、田村の復路7区の起用はヒヤリとさせられた局面もありましたが結果的には想定内で軽微なタイムロスで切り抜けることができました。

おだてられると力を発揮する秋山に、昨日、原監督が、「お前は湘南の神だ、行け~!」と激を飛ばし、またそれを秋山がこぶしを天に突きあげて応えていたシーンは笑えました。

こうした選手の個性に合わせて力を引き出すことに長けているうえに、今日の田村に関しては原監督には運の強さも感じました。

就任9年目で、監督が信頼して送り込んだ選手たちが期待に応えて、大学駅伝3冠(出雲、全日本、箱根)、箱根駅伝3連覇ということでサンキュー(39)作戦と銘打っていましたが、見事に作戦成功でしたね。

東海は、ルーキー中心の選手で挑んだ往路15位という出遅れを、3年、4年中心の復路でなんとか10位まで押上げシード権を獲得できました。 脚力を鍛えなおして来年は新生東海の力を爆発させてほしいです。

山梨学院は1区で20位の出遅れを最後まで挽回できませんでした。 来季は予選会からまた出直しです。


箱根駅伝総合結果
順位/大学名/タイム/トップ差/上位差
1 青山学院大学 11:04:10
2 東洋大学 11:11:31 7:21 7:21
3 早稲田大学 11:12:26 8:16 0:55
4 順天堂大学 11:12:42 8:32 0:16
5 神奈川大学 11:14:59 10:49 2:17
6 中央学院大学 11:15:25 11:15 0:26
7 日本体育大学 11:15:39 11:29 0:14
8 法政大学 11:15:56 11:46 0:17
9 駒澤大学 11:16:13 12:03 0:17
10 東海大学 11:17:00 12:50 0:47
11 帝京大学 11:20:24 16:14 3:24
12 創価大学 11:20:37 16:27 0:13

復路区間賞
6区 20.8km 58:01 秋山 清仁 日本体育大学 区間新
7区 21.3km 1:04:42 石橋 安孝 東海大学
8区 21.4km 1:04:21 下田 裕太 青山学院大学
9区 23.1km 1:09:47 野村 峻哉 東洋大学
10区 23.0km 1:11:00 作田 直也 順天堂大学

6区区間順位
1 58:01 秋山 清仁 日本体育大学 6:38:30 7 5:57(トップ差) (13位から7位へ順位を押上げ)
2 58:48 小野田 勇次 青山学院大学 6:32:33 1 -
3 58:52 佐藤 敏也 法政大学 6:39:10 8 6:37
4 59:46 鈴木 祐希 神奈川大学 6:37:57 5 5:24
5 59:49 樋口 陸 中央学院大学 6:38:09 6 5:36

7区
1 1:04:42 石橋 安孝 東海大学 7:46:22 11 8:09 (15位から11位まで順位を押上げ)
2 1:04:45 城越 勇星 日本体育大学 7:43:15 5 5:02
3 1:04:53 井戸 浩貴 早稲田大学 7:39:34 2 1:21
4 1:04:56 中平 英志 神奈川大学 7:42:53 4 4:40
5 1:05:01 細川 翔太郎 法政大学 7:44:11 8 5:58

11 1:05:40 田村 和希 青山学院大学 7:38:13 1 -

8区
1 1:04:21 下田 裕太 青山学院大学 8:42:34 1 - (優勝を決定づける走り)
2 1:06:25 大塚 倭 神奈川大学 8:49:18 4 6:44
3 1:06:33 米満 怜 創価大学 8:55:29 12 12:55
4 1:06:49 竹下 和輝 東洋大学 8:49:12 3 6:38
5 1:06:58 春日 千速 東海大学 8:53:20 10 10:46 (シード圏内まで順位を押上げ)

9区
1 1:09:47 野村 峻哉 東洋大学 9:58:59 2 6:30 (早稲田を抜いて3位から2位へ順位を押上げ)
2 1:09:55 池田 生成 青山学院大学 9:52:29 1 -
3 1:11:07 聞谷 賢人 順天堂大学 10:01:42 5 9:13
4 1:11:08 片西 景 駒澤大学 10:04:12 8 11:43
5 1:11:21 川端 千都 東海大学 10:04:41 10 12:12

10区
*OP 1:10:58 照井 明人 関東学生連合(東京国際大) 11:31:29 *OP 27:19
1 1:11:00 作田 直也 順天堂大学 11:12:42 4 8:32 (神奈川を抜いて5位から4位へ順位を押上げ)
2 1:11:01 小野木 俊 日本体育大学 11:15:39 7 11:29
3 1:11:21 村上 優輝 中央学院大学 11:15:25 6 11:15
4 1:11:41 安藤 悠哉 青山学院大学 11:04:10 1 -
5 1:11:55 東福 龍太郎 法政大学 11:15:56 8 11:46
6 1:12:01 堀合 大輔 駒澤大学 11:16:13 9 12:03
7 1:12:19 林 竜之介 東海大学 11:17:00 10 12:50
8 1:12:27 彦坂 一成 創価大学 11:20:37 12 16:27
9 1:12:30 清水 歓太 早稲田大学 11:12:26 3 8:16
10 1:12:32 小早川 健 東洋大学 11:11:31 2 7:21


by zoompac | 2017-01-04 06:02 | スポーツ | Comments(0)

箱根駅伝2017 往路 結果_3区の意外性の秋山雄飛の2年連続区間賞が青山優勝の決め手!

f0090954_07575118.jpg青山学院が、1区から5区までの5区間で区間賞は3区だけでしたが、なんとか2位の早稲田に33秒差で往路優勝を飾りました。

3区を2連連続区間賞で走った秋山雄飛は、昨年は原因不明の不調(結局気管支炎と判明)で、出雲にも全日本大学駅伝にも出場できませんでした、原監督も秋山の箱根エントリーには不安を感じていて最後まで、3区を田村和希にしようかどうか散々迷ったそうです。 その秋山が監督の不安を覆し往路優勝に大きな貢献の走りを見せてくれました。

原監督にとっては嬉しい誤算でしょう。去年も秋山の区間賞を手放しで喜んでいましたが、今年も意外性の男秋山雄飛が本番で原監督の大きな賭けに見事期待以上の結果を出してくれました。秋山はおだてられて力を発揮するタイプのようで、原監督もそこらへんのツボを押さえているようですね。期待すればするほど大きく応えてくれるのが秋山雄飛のようです。

これで安定度抜群の一色と並ぶWエースの田村を復路の切り札に回すことができました。

新人4人を投入した東海大は、1区の鬼塚翔太の区間2位を除いて箱根の距離の洗礼を受けまさかの往路15位に沈んでしまいました。 復路で先輩たちが巻き返してほしいですね。

1区の選手が大ブレーキとなって20位スタートとなった山梨学院は、思惑通りの戦いができずまさかの往路16位でした。なんとかシード圏内に入れるか復路の活躍が期待されます。

往路順位/大学名/時間/1位との時間差/前の学校との時間差
1 青山学院大学 5:33:45
2 早稲田大学 5:34:18 0:33 0:33
3 順天堂大学 5:36:09 2:24 1:51
4 東洋大学 5:36:25 2:40 0:16
5 駒澤大学 5:37:46 4:01 1:21
6 神奈川大学 5:38:11 4:26 0:25
7 中央学院大学 5:38:20 4:35 0:09
8 上武大学 5:39:13 5:28 0:53
9 創価大学 5:39:25 5:40 0:12
10 日本大学 5:39:55 6:10 0:30
11 帝京大学 5:40:06 6:21 0:11
12 法政大学 5:40:18 6:33 0:12
13 日本体育大学 5:40:29 6:44 0:11
14 拓殖大学 5:40:36 6:51 0:07
15 東海大学 5:41:44 7:59 1:08
16 山梨学院大学 5:41:56 8:11 0:12

区間賞
1区 21.3km 1:03:56 服部 弾馬 東洋大学
2区 23.1km 1:07:17 鈴木 健吾 神奈川大学
3区 21.4km 1:03:03 秋山 雄飛 青山学院大学
4区 20.9km 1:03:36 栃木 渡 順天堂大学
5区 20.8km 1:12:46 大塚 祥平 駒澤大学

1区 鶴見中継所 21.3 km (スローペースで1位から6位までが8秒差の接戦)
区間順位 記録 トップ差 選 手 チーム
1 1:03:56 0:00 服部 弾馬 東洋大学
2 1:03:57 0:01 鬼塚 翔太 東海大学
3 1:04:00 0:04 武田 凜太郎 早稲田大学
4 1:04:00 0:04 梶谷 瑠哉 青山学院大学
5 1:04:01 0:05 山藤 篤司 神奈川大学
6 1:04:04 0:08 西山 雄介 駒澤大学

2区
1 1:07:17 鈴木 健吾(3年) 神奈川大学 2:11:18 1
2 1:07:49 W・デレセ(2年) 拓殖大学 2:12:32 4
3 1:07:56 一色 恭志(4年) 青山学院大学 2:11:56 2
4 1:08:05 ムソニ ムイル(1年) 創価大学2:13:08 10
5 1:08:06 塩尻 和也(2年) 順天堂大学 2:12:50 7
6 1:08:09 工藤 有生(3年) 駒澤大学 2:12:13 3
7 1:08:16 P.M.ワンブィ(2年) 日本大学 2:13:07 9

10 1:08:50 永山 博基(2年) 早稲田大学 2:12:49 6
11 1:09:05 山本 修二(2年) 東洋大学 2:13:01 8

3区
1 1:03:03 秋山 雄飛(4年) 青山学院大学 3:14:59 1
2 1:03:32 平 和真(4年) 早稲田大学3:16:21 2
3 1:03:41 口町 亮(4年) 東洋大学 3:16:42 4

5 1:04:13 濱川 駿(2年) 帝京大学 3:16:50 6
7 1:04:27 蟹澤 淳平(3年) 創価大学 3:17:35 7
8 1:04:33 下 史典(2年) 駒澤大学 3:16:46 5

16 1:05:11 越川 堅太(1年) 神奈川大学 3:16:29 3
4区
1 1:03:36 栃木 渡(3年) 順天堂大学 4:21:57 6
2 1:03:43 森田 歩希(2年) 青山学院大学 4:18:42 1
3 1:03:50 鈴木 洋平(4年) 早稲田大学 4:20:11 2
4 1:03:52 櫻岡 駿(4年) 東洋大学 4:20:34 3
5 1:04:16 セルナルド 祐慈(4年) 創価大学 4:21:52 5

5区
1 1:12:46 大塚 祥平(4年) 駒澤大学5:37:46 5
2 1:12:49 森田 清貴(4年) 上武大学 5:39:13 8
3 1:13:07 細谷 恭平(3年) 中央学院大学 5:38:19 7

4 1:14:0 7安井 雄一(3年) 早稲田大学5:34:18 2
5 1:14:12 山田 攻(2年) 順天堂大学 5:36:08 3

8 1:15:03 貞永 隆佑(3年) 青山学院大学 5:33:45 1

12 1:15:51 橋本 澪(4年) 東洋大学 5:36:25 4


by zoompac | 2017-01-03 07:58 | スポーツ | Comments(0)

立命大が仙台での屈辱を晴らしての王座奪還で富士山女子駅伝 4連覇!

f0090954_08084345.jpg終わってみると、立命館大が強かったですね。 立命館大は仙台で松山大に全日本大学駅伝の4連覇を阻まれた屈辱を富士山で晴らして、この富士山女子駅伝では見事4連覇を達成しました。

1区も2区も松山大の選手が区間賞を獲りました。 1区は高見澤安珠(たかみざわあんじゅ)、2区は高見沢里歩(たかみさわりほ)です。

ただ立命館大も1区のスーパールーキー神奈川荏田高出身の佐藤成葉が6秒差の区間2位、2区のキャプテン菅野七虹(4)も高見沢に6秒差の区間3位の走りで、3区の立命館大エース大森菜月(4)にタスキが渡ったとき、トップを走る松山大とのタイム差は12秒しかなかったのです。
右足甲の負傷が癒えていないとはいえさすがに大森はエースですね。区間賞の走りで4区への中継所手前で松山大へとらえてトップに立ちました。ほとんど秒差無しでタスキを受けた4区の池内綾乃(4)は少し下半身が太めにみえ、松山の古谷奏との並走でしたが、中間点前後から古谷との差を拡げ結局区間賞の走りで松山大に逆に12秒差をつけて、最長区間の5区の和田優香里に繋ぎました。

立命大の和田優香里も区間7位の走りでしたので、12秒差であれば松山大のエース(5000mのインカレチャンピオン)の中原海鈴には再逆転のチャンスありだと思えました。f0090954_08093490.jpg

ところが、駅伝は何が起きるかわかりません。 結果としては松山大との鍔迫り合いを立命大がこの5区で断ち切りました。

松山大のスピードランナーの中原の追い脚が中間点過ぎても伸びません。 そして残り2~3kmからトップの和田から引き離されてゆき、残り1km手前から蛇行が始まり倒れそうになります。

中原がまさかの故障で名城大の赤坂よもぎをはじめ後続の選手に次々抜かれ順位を2位から6位に落としてしまいます。

あわや止まりそうになりながらも残り1kmを切るとスイッチを入れなんとかタスキを渡したからこそチームは去年と同じ3位に踏みとどまれました。

これはこれで鬼気迫る根性走りでした。さすがに「気合だーっ!」モットーの中原でした。(写真は何とか5区の上原明悠美にタスキを繋いだ中原海鈴、この後彼女は精根尽きて倒れてしまいました)

解説の増田明美さんによると、中原は北九州のTOTOに就職するようです。 TOTOは今年の予選会を1位で通過しながら、本戦では18位に沈んでしまいました。 若手が力をつけ総合力が増してきているチームだけにエース早川英里(35歳)の後継者が欲しかったTOTOにとっては頼もしい即戦力選手が獲得できました。

来年の秋は、TOTOのエースとしての中原の絶好調での気迫の走りをみたいものです。

終わってみれば、3区の大森でトップに立った立命大が、その後の区間で一度もトップの座を譲ることなく、この富士山道を登り切りました。

ただ、1区からトップに立ち、一度もトップの座を譲らず、2位と3分以上の差の独走だった昨年に比べて、今年は2位との差が1分半でした。

1位立命大、2位名城大、3位松山大の順位こそ昨年と同じですが、その内容は昨年と違って、差が縮まってきています。 去年は7区間中5区間で立命大が区間賞を獲得していましたが、今年の立命大の区間賞は2区間だけで、松山大に3区間の区間賞を許してしまっています。 その区間賞を獲得した立命大の2名の選手は4年生です。一方の松山大3人のうち4年生は1人だけです。

進学、進路情報はまだまだ不確定部分が多いのですが、松山大の中原海鈴がTOTOに、上原明悠美がJP日本郵政(大東文化大の木村芙有加も)、松田杏奈が京セラに、立命大の大森菜月がダイハツ、名城大の湯澤ほのかが積水化学へ、大東文化大の小枝理奈が第一生命に進むようです。第一生命は、高卒有力ランナーも獲得しています。世羅の向井優香、大阪薫英の嵯峨山佳菜未です。三井住友海上に青森山田のモニカ・マーガレットという情報も入っています。

2年連続富士山女子駅伝2位の名城大に高校駅伝1区5位で走ったスピードランナー成田高の加世田梨花が進学することが決まっているようです。

1 立命館大学 2゚25'43"
2 名城大学 2゚27'21"
3 松山大学 2゚27'57"
4 大阪学院大学 2゚28'18"
5 日本体育大学 2゚28'36"
6 京都産業大学 2゚28'37"
7 大東文化大学 2゚29'30"
8 東京農業大学 2゚30'16"
9 福岡大学 2゚30'25"
10 東洋大学 2゚30'32"

富士山女子駅伝 区間賞
1区:高見澤安珠(松山)12:42、 2区:高見沢里歩(松山)21:19、 3区:大森菜月(立命)10:13、 4区:池内彩乃(立命)14:13、 5区:棚池穂乃香(京産)36:29、
6区:上原明悠美(松山)19:38、 7区:細田あい(日体)29:48

1区 4.1km
1 0:12:42 高見澤 安珠(3) 松山大 0:12:42 1
2 0:12:48 佐藤 成葉(1) 立命館大 0:12:48 2
3 0:12:59 上田 未奈(2) 城西大 0:12:59 3
4 0:13:00 出水田 眞紀(3) 立教大(東日本選抜) 0:13:00 4
5 0:13:07 橋本 奈津(1) 京都産業大 0:13:07 5
6 0:13:10 青木 和(2) 名城大 0:13:10 6
7 0:13:11 北脇 亮子(1) 大東文化大 0:13:11 7
8 0:13:20 保坂 野恋花(1) 東京農業大 0:13:20 8
9 0:13:21 廣瀬 亜美(4) 関西大 0:13:21 9

2区 6.8km
1 0:21:19 高見沢 里歩(1) 松山大 0:34:01 1
2 0:21:21 関谷 夏希(1) 大東文化大 0:34:32 3
3 0:21:25 菅野 七虹(4) 立命館大 0:34:13 2
4 0:21:38 德永 香子(1) 名城大 0:34:48 4
5 0:21:45 内山 千夏(4) 玉川大 0:35:34 10
6 0:21:52 清水 真帆(3) 大阪学院大 0:35:16 5
7 0:21:56 白川 恵理菜(1) 東洋大 0:35:26 7
8 0:21:58 金杉 侑香(1) 日本体育大 0:35:37 13

3区 3.3Km
1 0:10:13 大森 菜月(4) 立命館大 0:44:26 1
2 0:10:18 小枝 理奈(4) 大東文化大 0:44:50 3
3 0:10:25 藤原 あかね(2) 松山大 0:44:26 2
4 0:10:28 鈴木 瑞季(1) 名城大 0:45:16 4
4 0:10:28 古瀨 凪沙(3) 大阪学院大 0:45:44 5
6 0:10:34 土田 佳奈(1) 東京農業大 0:46:00 7
7 0:10:35 澤山 佳世(1) 大阪芸術大 0:46:07 9
7 0:10:35 絹野 紗月(1) 日本体育大 0:46:12 10

4区 4.4km
1 0:14:13 池内 彩乃(4) 立命館大 0:58:39 1
2 0:14:21 高谷 愛奈(1) 大阪学院大 1:00:05 5
3 0:14:28 古谷 奏(2) 松山大 0:58:54 2
4 0:14:36 松浦 佳南(2) 名城大 0:59:52 4
5 0:14:38 今川 綾菜(3) 京都産業大 1:00:37 6
6 0:14:39 清水 萌衣乃(2) 東京農業大 1:00:39 7
7 0:14:42 平野 文珠(1) 日本体育大 1:00:54 9

5区 10.9km
1 0:36:29 棚池 穂乃香(2) 京都産業大 1:37:06 4
2 0:36:45 髙木 結加(3) 福岡大 1:38:55 10
3 0:36:49 赤坂 よもぎ(3) 名城大 1:36:41 2
4 0:36:54 新井 沙紀枝(4) 大阪学院大 1:36:59 3
5 0:37:14 唐沢 ゆり(3) 日本体育大 1:38:08 8
6 0:37:18 佐藤 有希(2) 東京農業大 1:37:57 7
7 0:37:21 和田 優香里(3) 立命館大 1:36:00 1

16 0:38:50 中原 海鈴(4) 松山大 1:37:44 6

6区 6km
1 0:19:38 上原 明悠美(4) 松山大 1:57:22 3
2 0:19:52 園田 聖子(4) 立命館大 1:55:52 1
3 0:20:12 大倉 真歩(1) 東洋大 1:58:27 7
4 0:20:15 名倉 華子(3) 名城大 1:56:56 2
5 0:20:18 佐藤 季実子(4) 京都産業大 1:57:24 5
6 0:20:24 谷川 愛美(1) 大阪学院大 1:57:23 4
7 0:20:34 高沢 真歩(2) 城西大 2:00:33 14
8 0:20:37 小川 奈々(1) 東京農業大 1:58:34 8
9 0:20:40 酒井 優莉菜(2) 日本体育大 1:58:48 9

7区 8.3km
1 0:29:48 細田 あい(3) 日本体育大 2:28:36 5
2 0:29:51 松本 彩花(3) 立命館大 2:25:43 1
3 0:30:25 玉城 かんな(2) 名城大 2:27:21 2
4 0:30:29 永井 智里(1) 大阪芸術大 2:31:34 14
5 0:30:35 松田 杏奈(4) 松山大 2:27:57 3

8 0:30:55 永吉 百恵(3) 大阪学院大 2:28:18 4

10 0:31:13 信岡 桃英(1) 京都産業大 2:28:37 6

by zoompac | 2016-12-31 08:52 | スポーツ | Comments(0)

倉敷高初V、流れを変えた殊勲者は4区の日本人エース前田舜平(3)_全国高校駅伝2016_男子

f0090954_07310499.jpg全国高校駅伝は25日、京都市の西京極陸上競技場発着コースで行われ、第67回の男子(7区間、42.195キロ)は39度目の出場となる倉敷(岡山)が初の日本一に輝きました。2位は佐久長聖(長野)、3位は九州学院(熊本)で、3連覇を狙った世羅(広島)は7位に終わりました。

1区から3区までは、長野の佐久長聖の流れだったと思います。 1区名取燎太(3)と2区松崎咲人(1)が共に区間賞で、5位倉敷に21秒の貯金を作って、3区中谷雄飛にトップでタスキを渡しました。 中谷も区間3位の走りで、倉敷の留学生ジョエル ムァゥラ(3)に追いつかれましたが、最後粘って1秒差のトップで4区本間敬大(2)にタスキを繋ぎました。

この時点で、佐久長聖の優勝が見えたと思いました、本間は佐久長聖で、Wエースの名取と中谷に次ぐ3番目のタイムを持つ純エース格で、その後の5、6、7区のランナーの持ちタイムは佐久長聖が倉敷を上回っていたからです。

岡山倉敷の4区は日本人エース前田舜平でした。 5000mの持ちタイムでこの前田だけが、佐久長聖の本間を上回っていたのですがほぼ互角の実力だと思われました。 しかし、区間賞で走り切った前田に対し、本間は区間12位と失速し、2位の位置はキープしたものの、なんと1分以上のタイム差をあけられてしまいました。 並走しているときから、何度となくお腹のゼッケンあたりを触っていましたので、腹痛を起こしていたのかもしれません。(写真は、4区で前田が本間を引き離しにかかった瞬間)

5区から7区にかけて、佐久長聖のランナーがトップを行く倉敷のランナーを追いかけましたが、思ったように差は縮まらず、結局42秒差で、倉敷の逃げ切り優勝を許してしまいました。

実力伯仲の優勝候補同士の争いは、振り返ってみれば4区で勝負がついたって感じです。 佐久長聖に流れかけていた勝利を前田舜平がちゃぶ台返しを食らわし、倉敷にその流れを引き寄せてしまいました。

今年の綺羅星が結集した1区の区間賞争いは、2区への中継所手前1kmあたりから三重伊賀白鳳の塩澤稀夕がスパートをかけ、2、 3番手を走っていた長野佐久長聖名取燎太、熊本九州学院の西田壮志との差をぐんぐん拡げました。 勝負あったかに思われたのですが、残り500mを切ってからの名取の追い足がぐっと加速され、塩澤にあっという間に追いつくや逆に5秒差をつけての区間賞でした。

去年のこの試合の1区の上位6人中5人が東海大に入学して話題になりましたが、今年も1区区間賞の名取燎太と区間2位の塩澤稀夕、さらに3位の西田壮志の上位3人は東海大に進学が決まっているようです。4位の菅原伊織は城西大、5位の畝拓夢は中大、6位の加藤淳は駒大です。

その他、主だったところで、今大会は欠場となって残念だった遠藤日向は住友電工、倉敷の留学生ジョエル ムァゥラは黒崎播磨へ就職です。
世羅の吉田圭太と九州学院の神林勇太が青山学院、倉敷の前田舜平が明治、群馬東農大二の西山和弥、栃木佐野日大の大森龍之介、山梨大付属高の飯島圭吾の三人が東洋大へ進学予定です。

新戦力補強の戦いも、他行に比べて、東海と青山学院がⅠ歩抜きんでているように思えます。 元旦の東海大もスーパー・ルーキー軍団が大暴れしそうで楽しみですが、来年もさらに戦力アップを期待させるルーキーの加入が決まっています。 東洋大VS駒沢大の2強態勢がいつのまにやら青学VS東海に変貌を遂げそうですね。 東海大は悲願の初優勝に向けて態勢を整えることに本気です。 

男子
1. 2:02:34  倉敷・岡山
2. 2:03:16  佐久長聖・長野
3. 2:03:51  九州学院・熊本
4. 2:05:22  大分東明・大分
5. 2:05:31  伊賀白鳳・三重
6. 2:05:41  西脇工・兵庫
7. 2:05:49  世羅・広島
8. 2:06:10  洛南・京都

区間賞は7区を除いて、1区、2区、5区が佐久長聖の選手、3区、4区、6区を倉敷のランナーが獲得しました。

全国高校駅伝 男子区間賞 1区 名取燎太 佐久長聖 29′22、 2区 松崎咲人 佐久長聖 8′06、 3区 ムァゥラ 倉敷 23′09、 4区 前田舜平 倉敷 23′01、 5区 内田光 佐久長聖 8′44、 6区 北野太翔 倉敷 14′46、 7区 大蔵洋人 九州学院 14′35

1区
1 0:29:22 名取 燎太(3) 佐久長聖・長野 0:29:22 1
2 0:29:27 塩澤 稀夕(3) 伊賀白鳳・三重 0:29:27 2
3 0:29:28 西田 壮志(3) 九州学院・熊本 0:29:28 3
4 0:29:32 菅原 伊織(3) 国学院久我山・東京 0:29:32 4
5 0:29:33 畝 拓夢(3) 倉敷・岡山 0:29:33 5
6 0:29:35 加藤 淳(3) 西脇工・兵庫 0:29:35 6

2区
1 0:08:06 松崎 咲人(1) 佐久長聖・長野 0:37:28 1
2 0:08:10 亀鷹 雄輝(3) 九州学院・熊本 0:37:38 2
3 0:08:15 上村 亮太(3) 西脇工・兵庫 0:37:50 5
3 0:08:15 前川 優月(3) 浜松商・静岡 0:39:10 23
5 0:08:16 若林 大輝(3) 倉敷・岡山 0:37:49 4

3区
1 0:23:09 ジョエル ムァゥラ(3) 倉敷・岡山 1:00:58 2
2 0:23:18 デービッド グレ(2) 世羅・広島 1:02:11 4
3 0:23:28 中谷 雄飛(2) 佐久長聖・長野 1:00:56 1
4 0:23:34 ベヌエル モゲニ(1) 大分東明・大分 1:01:49 3
5 0:24:19 ピーター ムワンギ(2) 仙台育英・宮城 1:05:06 32

4区
1 0:23:01 前田 舜平(3) 倉敷・岡山 1:23:59 1
2 0:23:06 神林 勇太(3) 九州学院・熊本 1:25:28 3
3 0:23:43 吉里 駿(3) 大牟田・福岡 1:27:59 16 4

12 0:24:07 本間 敬大(2) 佐久長聖・長野 1:25:03 2

5区
1 0:08:44 内田 光(3) 佐久長聖・長野 1:33:47 2
2 0:08:49 亀鷹 大輝(3) 九州学院・熊本 1:34:17 3
3 0:08:51 境 勇樹(3) 西脇工・兵庫 1:35:23 4

7 0:08:56 畝 歩夢(3) 倉敷・岡山 1:32:55 1

6区
1 0:14:46 北野 太翔(2) 倉敷・岡山 1:47:41 1
2 0:14:51 相馬 崇史(3) 佐久長聖・長野 1:48:38 2
3 0:14:58 寺前 友喜(3) 西脇工・兵庫 1:50:21 4
3 0:14:58 佃 康平(2) 市立船橋・千葉 1:51:36 10
5 0:14:59 加藤 純平(3) 九州学院・熊本 1:49:16 3

7区
1 0:14:35 大藏 洋人(3) 九州学院・熊本 2:03:51 3
2 0:14:37 深澤 空良(3) 豊川・愛知 2:09:12 27
3 0:14:38 丸山 幸輝(2) 佐久長聖・長野 2:03:16 2

15 0:14:53 名合 治紀(2) 倉敷・岡山 2:02:34 1

by zoompac | 2016-12-27 07:34 | スポーツ | Comments(0)
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC