GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言

カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
お読みになってなかったの..
by machi at 19:34
コメント、ありがとうござ..
by zoompac at 08:00
南陽からの移籍組は渡邊、..
by 田中 at 12:45
どういたしまして! ブ..
by zoompac at 09:58
情報ありがとう
by 駅伝ファン at 00:51
tarukosatoko..
by zoompac at 06:43
この本、読みましたよ。い..
by tarukosatoko at 08:27
遅ればせながら、新年おめ..
by desire_san at 12:11
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 19:18
宇和島をチェックしていて..
by シギー at 00:26
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:野球 ( 2 ) タグの人気記事

春の珍事?均衡を崩した投手交代、選抜高校野球_履正社(大阪)対日大三(東京)

f0090954_06102837.jpg19日日曜日の春の選抜第1日目の第2試合で履正社(大阪)対日大三(東京)という屈指の強豪校同士の対決がありました。

今回の大会は、「打高投低」と言われる中、スラッガー清宮幸太郎擁する東京代表の早実が注目されていますが、その怪物スラッガー清宮を秋季東京大会の決勝で5打席連続三振でキリキリ舞させたことから一躍脚光を浴びたのが日大三校の櫻井周斗投手(写真)でした。 名前はシュートですが高速スライダーが武器です。

そして、東の清宮、西の安田と並び称される大物スラッガー安田尚憲を擁して秋の明治神宮大会を制したのが大阪の履正社です。

当然、ピッチャー櫻井周斗対バッター安田尚憲の対決が注目されました。

こと、この二人の対決ということに絞れば、3打席連続三振(4打席目はフォアボール)に仕留めていた桜井に軍配が上がっていたと思われます。 3番安田の後ろに控える若林将平にいたっては4打席連続三振でした。 5番の筒井太成も三振こそ1つでしたが、凡打を3つ続け、クリーンナップが8回まで完全に抑えられていました。

ところが、スコアボードは5対5のシーソーゲームだったのです。

履正社の8番、9番の出塁率が割と高く、1番のスリーラン本塁打を含め2番も安打を放っていました。 櫻井投手もクリーンアップに注いでいた集中力は相当なものだったのだと思います。 他のバッターにまでその集中力を保つのは困難だったようです。

均衡が破れたのが、9回の表、履正社の攻撃でした。 球数が150球近くになり9番打者に桜井がフォアボールを出したところで監督が投手交代を告げ、桜井は外野の守備に回りました。 2番手投手は1番バッターを三振に切って取りますが、2番バッターに安打を許してしまいました。

そこで監督は再び桜井を外野からピッチャーマウンドに立たせました。 おそらく8回までクリーンアップを完全に封じ込めていた相性の良さを計算したのでしょうが、外野に回って緊張の糸の切れた桜井には酷な再交代でした。

3番安田に二塁打を許した後、4番、5番にも連続ヒットを打たれてしまいます。 抑えていたクリーンアップにこの試合初めてですが連続ヒットで打ち崩されたことに慌てた監督は再度ピッチャー交代を命じましたが、交代投手も代打に3塁打を打たれ、この9回表だけで7失点の大炎上でした。 終わってみれば12対5の大差になってしまいましたが、監督のうろたえ気味の采配さえなければ拮抗したいい勝負だったと思います。

翌日の新聞で、選抜高校野球大会の大会本部が日大三―履正社の試合で、公認野球規則に違反した選手交代があったと発表していました。

投手は同一イニングで交代後再度ピッチャーマウンドに戻った場合、それ以降は他の守備位置に就くことができない規則になっていますが、日大三の桜井が投手―中堅手(センター)―投手―中堅手と守備位置を交代したというのです。TV観戦をしていましたが確かにその通りでした。

緊迫の接戦から、一挙に櫻井投手が力尽きて打ち込まれるまさかの展開に飲まれたからでしょうか、日大三高の監督も審判も気づかず、相手チームからもアピールがありませんでした。試合後、審判技術顧問は「審判員が気付かなかった。申し訳ない」とのコメントを出していました。

大阪履正社の強烈打線から13三振も奪いながら力尽きて打ち込まれた日大三高の櫻井周斗選手にはなんとも気の毒な春の珍事のオマケまでついてしまいました。

by zoompac | 2017-03-21 06:12 | スポーツ | Comments(0)

侍ジャパン6戦全勝の快進撃_陰にお祭り男松田宣浩あり!

f0090954_07523114.jpg調子の上がらなかった大会前の不安が破竹の6連勝で雲散霧消の侍ジャパンです。

大砲4番筒香、5番中田が大当たりな上、1番山田まで当たりが出てきました。しかし何といっても打線に繋がりが出てきたことが大きいですね。。

恐怖の9番ということでラッキーボーイの小林が注目されていますが、私にとっての攻撃のキーマンはソフトバンクの松田宣浩です。(他の試合でも意外性の熱男松田宣浩の活躍は観ていますが、5戦目の対キューバ戦に絞って話します。画像はたぶん第6戦のイスラエル線のあわやホームランと思われた二塁打を放ったときのものだと思います。)

14日火曜日に放映された第5戦のキューバ戦でもことごとく得点に絡む切り込み隊長の面目躍如の活躍でした。

侍ジャパンの強さは、打順は7番ですが、ここに切り込み隊長松田がいることですね。 松田の出塁率の高さこそが、恐怖の9番小林を生んでいます。

そして切れ目なくホームランバッターで1番の山田に繋がっていきます。 4,5の筒香、中田という大砲も存在感大で、打者一巡の間に切れ目なく得点を獲得できる機動力と破壊力が上手く調和し機能しています。

このキューバ戦での均衡を破った8回の侍ジャパンの攻撃には痺れましたね。

松田がどうやって3塁に進んでいたのかの記憶が曖昧ですが、松田が敵失で出塁(ファーストのエラーで2塁まで)、続く秋山がフォアボールで、気が付くと1死、1、3塁というチャンスになっていました。 このとき、小久保監督はこの試合だけでもチャンスに2度も得点を稼ぎ出していたラッキーボーイ小林に替わり代打内川を送ったのです。

ここでこれまでのいい流れを切るかのような采配にTV観戦の私は1人で「嘘やろ、何でやねん!(関西人ではありませんが、ここはあえて大阪弁!)」と大ブーイングでしたが、その決断は吉とでました。 内川の放った飛球が犠牲フライとなって松田が勝ち越しの生還。 これに山田のダメ押しのツーランが続きました。

キューバのマルティ監督は、エラーが勝敗を分けたと言っていました。

エラーといえば、そのキューバ戦で1点勝ち越されていた6回の裏に追いついたときもきっかけは松田の三振振り逃げによる出塁でした。 8回の勝負の綾で敵失に乗じたのも松田でした。f0090954_07543128.jpg

キューバの監督が勝負のポイントに上げたエラーにことごとく松田宣浩が絡んでいたのです。 彼にとっての恐怖は7番松田だったのではないかと思っています。

なんだか投高打低+スモールベースボールとの前評判の侍ジャパンでしたが、蓋を開けると大変身侍ジャパンの攻撃力ですね。 チーム力も上がってきています。 まるで甲子園の試合を通じて成長を続ける高校球児のようなノリやないですか。 選手がそれぞれの持ち味を発揮して伸び伸び野球を楽しんでいるように見えます。

苦味つぶしたようなしたり顔での小久保監督の表情のなさがあまり好きではないのですが、結果の出るえ~采配しとると思います。

準決勝は、20日(日本時間21日)@ロサンゼルスです。 かの地で進化する侍ジャパンの本領発揮といきたいですね。 優勝まであと2勝です!


by zoompac | 2017-03-17 07:55 | スポーツ | Comments(0)
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC