GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言


映画、読書、ワイン、旅、駅伝、柔道、スポーツ観戦、趣味の世界
by zoompac

カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
村尾選手の居た灘中は姫路..
by yy at 13:17
お読みになってなかったの..
by machi at 19:34
コメント、ありがとうござ..
by zoompac at 08:00
南陽からの移籍組は渡邊、..
by 田中 at 12:45
どういたしまして! ブ..
by zoompac at 09:58
情報ありがとう
by 駅伝ファン at 00:51
tarukosatoko..
by zoompac at 06:43
この本、読みましたよ。い..
by tarukosatoko at 08:27
遅ればせながら、新年おめ..
by desire_san at 12:11
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 19:18
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:総括 ( 14 ) タグの人気記事

2017年6月のスポーツ記事の総括_今月の顔は日本陸上5000m優勝の鍋島莉奈

f0090954_07542705.jpg日本陸上女子5000mではロングスパートをかけた日本郵政Gのエース鈴木亜由子に同じ日本郵政Gの鍋島莉奈が離れず、逆に残り1周で仕掛けて鍋島莉奈が逃げ切り優勝を果たしました。その差1秒そこそこのデッドヒートでした。

鍋島は鹿屋体育大学出身です。

鹿屋体育大といえば、2000年前後に活躍した永田宏一郎という選手がいました。1999年、2000年のインカレ5000mを連覇し、その2年間で走った出雲駅伝や全日本大学駅伝の区間賞を総なめにしていた印象があります。 その天才スピードランナー永田が獲れなかった日本選手権のタイトルを鍋島莉奈はいとも簡単に手にしましたね。

鍋島莉奈は高知県山田高校出身ですが、高校時代はそれほど目立った存在ではありませんでした。

ところが、彼女が鹿児島県にある国立鹿屋体育大学に進学した後、3年生の2014年、4年生の2015年にインカレ10000mを連覇して、いきなり頭角を現しました。私は秘かに女永田宏一郎と呼ばせてもらっていました。

4年時の後半に故障し、日本郵政G入社当初もリハビリに苦しんでいました。

しかし、チームの鈴木亜由子と関根花観のWエースがリオ五輪代表に選ばれるなどで、怪我が癒えた鍋島も質の高い練習が積めたようでした。

去年の実業団駅伝では、日本郵政Gは陸上部創設3年目、出場2年目にして驚きの優勝を飾りました。 そのときの優勝の立役者が5区を区間賞で走った新人の鍋島莉奈でした。エース鈴木亜由子はリオ五輪後疲労骨折、純エース関根花観も3区を区間2位で好走するも、4区までは優勝候補と言われたヤマダ電機と第一生命がトップ争いをしているような状況でした。そこにするすると追いつきしばらくトップ集団で走っていた鍋島が中継点を前にしてスパートをかけたのです。

あの駅伝でもスパートの爆発力はすごいなと思いましたが、この5000mのラスト1周ではその瞬発力も凄さをまざまざとみることができました。

前半ややスローな入りだったので、途中で解説者(高岡寿成氏)は参加標準記録突破は難しいと言っていたのですが、残り2周あたりからの鈴木亜由子のスパートと残り1周の鍋島のスパートで、最後までトップを争った2人が参加標準記録を突破することにもなりました。解説者に5000mのラスト1周でのこのようなスプリント力を日本人女子選手が発揮するのを見たことがないと言わしめたラストの追い足でした。

陸上(10本)
170610- 高校生スーパールーキー達(佐々木塁、服部凱杏、馬場勇一郎、林田洋翔)の高校総体県予選2017の結果
170615- 高校総体(インターハイ)陸上2017 女子1500m/3000m県大会の結果(兵庫、大阪、、京都、その他)
170617- 男子高校総体2017陸上県大会の結果_5000mは留学生、1500mは兵庫県勢対北関東勢の争いか
170618- 2017 日本学生陸上競技個人選手権大会でも1500mの館澤亨次が優勝!
170619- 2017 日本学生陸上競技個人選手権大会_女子_3000mSC松山大の高見澤安珠の調子が上向き!
170621- 高校生スーパールーキー達(佐々木塁、服部凱杏、馬場勇一郎、林田洋翔)の高校総体地区予選2017の結果
170622- 高校総体(インターハイ)陸上2017 地区大会での女子注目選手_ルーテル学院の矢田みくに
170623- 高校総体(インターハイ)陸上2017 地区大会での男子注目選手_青森山田の田澤廉
170625- 日本陸上選手権2017初日、2日の結果_下剋上の100m決勝、優勝はサニブラウン!
170626 日本陸上選手権2017_3日目最終日の結果_負け知らずだった福島千里に悔しさととまどいの台詞「死ぬわけじゃない!」

卓球(2本)
170603- デュッセルドルフの世界卓球2017_魅せる17歳平野美宇と13歳張本智和の快進撃!
170604- 吉村・石川混合複、あっぱれ優勝@世界卓球デュッセルドルフ

柔道
170612- 原沢久喜が決定戦のエース対決を制して日本中央競馬会が実業柔道団体戦を連覇!

テニス
170606- 錦織逆転2年ぶり8強!次戦マレー/全仏4回戦

バドミントン
170609- バドミントンの桃田賢斗_復帰戦の日本ランキングサーキット大会で優勝!

総括
170602- 2017年5月のスポーツ記事の総括


by zoompac | 2017-07-02 07:55 | スポーツ | Comments(0)

2017年6月の読書と映画の総括_ついに佐藤賢一の「小説フランス革命」全18巻を読了、映画は「プライベート・ライアン」等の戦争映画尽くし

f0090954_05585333.jpg読書(6冊)
久しぶりに司馬遼太郎、塩野七生、佐藤賢一の3S揃い踏みです。
司馬遼太郎氏の「オランダ紀行」がよかったですね。小さくて静かな国ですが、日本の近代化に江戸後期の「蘭学」として多大な影響を与えたことが実感できました。また直木賞候補の「月の満ち欠け」もなかなか不思議なテイストの娯楽小説として楽しめました。伊東潤の「城をひとつ」も、直木賞にノミネートされませんでしたが、直木賞に値する質の高い作品だと個人的には思いました。

そして今月は、佐藤賢一の「小説フランス革命」18巻、塩野七生の古典といってもいい名作「海の都の物語 ヴェネツイア共和国の一千年」6巻を読了しました。

7月は、読みかけの、東郷隆の「蛇の王(下)」や司馬遼太郎の「空海の風景」(下)を読んで、7月19日発表の直木賞候補として、佐藤正午の「月の満ち欠け」の対抗馬として気になる宮内悠介氏の「あとは野となれ大和撫子」も読んでみたいと思っています。「あとは野となれ大和撫子」は、漫画「乙嫁語り」のイメージと被るところはありますが、考えてみれば、今年上半期の直木賞・今年の本屋大賞受賞の恩田陸氏の「蜜蜂と遠雷」も、少女漫画っぽい内容だったですね。活字を通してヴィジュアルな漫画を読むというか活字を通してコンサート会場での競技者の熱演を聴かせてもらいました。漫画繋がりといっては失礼になるかもしれませんが、インドや中央アジアを旅した経験十分の宮内悠介氏の作品を読むのが楽しみです。

その他、「情と理 -カミソリ参謀回顧録-後藤田正晴」「胡椒 暴虐の世界史」「ハプスブルグ家」「東インド会社」「東芝 大裏面史」「昭和解体 国鉄分割・民営化30年目の真実」等も気になっています。
塚本哲也氏のノンフィクション「マリー・ルイーゼ_ナポレオンの皇妃からパルマ公国女王へ」も読んでみたいですね。ツヴァイクの「ジョセフ・フーシェ」やジェフリー・アーチャーの「ケインとアベル」も読みたいです。

170608 「慈雨」柚月裕子_定年退職警官の四国お遍路旅小説
170616 「オランダ紀行 街道をゆく35」司馬遼太郎_日本の近代化に大きな影響を与えた小さな国オランダ!
170620 「月の満ち欠け」佐藤正午_直木賞にノミネートされてもいい作品だと思うのだけど・・・
170626 「小説フランス革命18 革命の終焉」佐藤賢一_あっけなく淋しい幕切れ!
170629 「海の都の物語 ヴェネツイア共和国の一千年」塩野七生
170630 「城をひとつ」伊東潤_入れ込みの術を駆使したスパイ一族と北条五代の物語

映画(5本)f0090954_05590717.jpg
先月読んだ塚本哲也の「エリザベート ハプスブルグ家最後の皇女」の影響が大きいですね。
その本の影響から、「愛の嵐」と「スターリングラード」を観ました。「スターリングラード」から「プライベート・ライアン」に繋がりました。
戦争映画ということでは、ボブ・ディランが影響を受けたという「西部戦線異状なし」や「沈黙」の主役アンドリュー・ガーフィールドが主演の公開中映画「ハクソー・リッジ」も9月9日から公開予定のイギリスの鬼才クリストファー・ノーラン監督の戦争映画「ダンケルク」も観たいと思っています。 過激な描写で有名なメル・ギブソン監督が10年ぶりにメガホンを取った作品です。

170607 WOWOW映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」_黒木華のメイド姿
170611 WOWOW映画「愛の嵐」_複雑なオーストリアの二面性とシャーロット・ランプリング女心
170613 WOWOW映画「スターリングラード」_冒頭シーンが「プライベート・ライアン」のような迫力!
170614 NHKBS 映画「プライベート・ライアン」_トム・ハンクスのカリスマ性が光る一兵卒の救出作戦!
170628 公開映画「家族はつらいよ2」_私生活でも「家族はつらいよ」だった橋爪功!

漫画
170624- 漫画 「疾風の勇人」 1巻~4巻 大和田秀樹_漫画と侮るなかれ、元気な戦後の政治家漫画

音楽
170605- 日本IBM管弦楽団第29回定期演奏会_ヨハン・シュトラウスⅡとグスタフ・マーラー

総括
170601- 2017年5月の読書と映画の総括_思わぬ収穫_エリザベート ハプスブルグ家最後の皇女

by zoompac | 2017-07-01 06:01 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

2017年5月のスポーツ記事の総括

f0090954_06025124.jpg陸上・中長距離(5本)
170523- ゴールデングランプリ川崎(GGP)2017 (5月21日)男子3000mの結果
170524- 大迫傑、ボストンで初マラソン3位で手応え
170525- ペイトン・ジョーダン招待2017の結果_女子陸上中長距離のトップ選手勢ぞろい
170526- 高校総体女子陸上3000m、群馬は林、山梨は小笠原、千葉は1年の風間が優勝!
170529- 織田記念@広島 4月29日の結果_熊本の矢田みくにと山梨の小笠原朱里の活躍!

高校総体(インターハイ)の県予選が始まりましたね。いよいよロードシーズンの幕開けです。 県大会の結果が6月第一週には明らかになり、6月中旬に地区大会が開催されます。 今年のインターハイ全国大会@山形(7月30日~8月1日)の男子5000m、女子3000mを制するのは誰なのでしょうか? 今から楽しみです。

6月9日~11日には日本学生陸上競技個人選手権、6月23日~25日には日本陸上競技選手権があります。

相撲(1本)
170528- 茨城出身の横綱稀勢の里に続いて、こちらは心臓にまで毛の生えてそうな高安が大関昇進確定!

27歳の高安が平成生まれ初の大関としての覚悟を記者会見で語っていた29日月曜日、別の会場で31歳のプロゴルファー宮里藍が涙の引退会見をしていました。
「意思のあるところに道はある」が座右の銘のアイちゃんが「モチベーションの維持が難しくなった」と言っていたのでよほどのことなんでしょう。 国内15勝、米ツァー9勝をあげた14年のプロ人生に別れを告げました。大きな瞳が涙で濡れていました。

5月には、次兄の優作が、中日クラウンズ、日本プロ選手権と2試合連続優勝を達成し、秋に強い宮里優作が2連続Vの春の珍事と揶揄されていましたが、月末に妹「藍」の突然の引退宣言というオマケまで付いて宮里家にとっては忙しい5月となりました。兄優作は正月に「藍」から引退の話は聞いていたと話していました。

柔道)(1本)
170527- 柔道グランドスラム・エカテリンブルグ大会@ロシアの結果と手負いのウルフアロンの近況

総括(1本)
170502- 2017年4月のスポーツ記事の総括

by zoompac | 2017-06-02 06:03 | スポーツ | Comments(0)

2017年5月の読書と映画の総括_思わぬ収穫_エリザベート ハプスブルグ家最後の皇女

f0090954_05492717.jpg月日の経つのが速いですね。もう6月になってしまいました。

読書(6冊)
170508 読書「想い雲_みをつくし料理帖3」高田郁
170509 読書「エリザベート ハプスブルグ家最後の皇女(上)」塚本哲也 _オーストリア視点の全ヨーロッパ史
170511 読書「今朝の春_みをつくし料理帖4」高田郁
170513 読書「小夜しぐれ_みをつくし料理帖5」高田郁
170530 読書「不発弾」相場英雄 170530(火)
170531 読書「エリザベート パプスブルク家最後の皇女(下)」塚本哲也 170531(水)

NHK土曜時代劇の「みをつくし料理帖」の原作本の3巻、4巻、5巻の3冊を読みました。これでしばらくはTVドラマに集中できます。

「エリザベート ハプスブルグ家最後の皇女」の(上)(下)巻は思わぬ拾い物でした。第一次世界大戦以降オーストリア・ハンガリー帝国の大半を失ったオーストリアはヒトラーのドイツに併合され、第二次世界大戦以降は軍隊を常駐させたスターリンの脅威を受けます。古き良きハプスブルク家の栄華盛衰の最後を看取ったエリザベートの波乱万丈の人生に、中欧を軸とした近代史を絵巻物のように重ねて見せてくれています。これは私にとって名著です。丸谷才一氏と「戦争と革命の世紀」という題で対談した山崎正和氏も絶賛しています。山崎氏はこの作品のことを「一人の女性の数奇な人生を縦糸にしながら、むしろヨーロッパの現代史、とくに中欧の歴史を語ることに成功した本で、私は大変面白く読みました。」と語っていました。

相場英雄の「不発弾」も面白かったです。大企業の不祥事の根幹に巣食う毒は1991年に破裂したバブルと財テクで甚大な損失を隠そうと取り入れたデリバティブを組み込んだ仕組債で蔓延し果ては海外企業とのM&Aにまで理由のつかない大きな「のれん代」にまで入り込んでいるという手の込んだ手法「不発弾」をわかりやすく絵解きしていました。

6月は20日前後に直木賞がノミネートされ、7月20日前後に発表されます。
私的には、伊東潤の「城をひとつ」、佐藤正午の「月の満ち欠け」、長澤樹の「ダークナンバー」あたりがノミネートされるのではないかと予想していますが、それらをボチボチ読んでいきたいです。

それと、司馬遼太郎の街道をゆくシリーズの「オランダ紀行」、新書になりますが、江村洋の「ハプスブルク家」、浅田實の「東インド会社」も読みたいです。余裕があれば、塩野七生の「海の都の物語」の最終6巻と佐藤賢一の「小説フランス革命」の最終巻第18巻も。

映画(8本)
170503- TsutayaDVD映画「波止場」_含蓄深いエリア・カザン監督の代表作
170506- 封切り映画 「グレートウォール」
170507- 封切り映画 「美女と野獣 2017」_絢爛豪華な夢心地の王道ミュージカル
170510- WOWOW映画 「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」_今がすべて!
170515- 潜入捜査官映画_私が観た傑作5作品
170516- WOWOW映画「JUNO」_アメリカのおおらかさを感じる女子高生腹ボテ映画!
170521- 不滅のラブロマンス映画「カサブランカ」について_実在のモデルがいた?
170522- 映画 「マンチェスター・バイ・ザ・シー」_暗い暗~い映画!

今、観たい映画は、オーストリアを舞台にした「会議は踊る」「うたかたの恋」「第三の男」と戦争映画2本です。1本は第二次世界大戦の東部戦線の決め手になった「スターリングラード」、もう1本は西部戦線の決め手となったノルマンジー上陸を背景とした「プライベートライアン」です。

TV・TVドラマ(4本)
170514- 「みをつくし料理帖」も始まって録画機が煙を上げるフル操業_週末のTVドラマ
170518- TVドラマ 「Sherlock(シャーロック)」_ぶっ飛びに面白い!
170519- NHK海外ドラマ「SHERLOCK」シリーズ2_The womanが勝負服で登場します!
170504- 女優の芦田愛菜(12歳)の「気づきの扉」

TVドラマでは韓国時代劇「オクニョ」も気に入っています。

総括
170501- 2017年4月の読書と映画の総括


by zoompac | 2017-06-01 05:50 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

2017年4月のスポーツ記事の総括

f0090954_08155140.jpg柔道(5本)
170403 阿部一二三、永山竜樹の活躍が目立った、全日本選抜体重別柔道選手権大会第1日め
170404 100kg級はウルフアロンが2連覇、最重量級は王子谷剛志が初優勝_ 全日本選抜柔道体重別選手権最終日
170413 待ってろよベイカー茉秋! 男子柔道90㎏級に期待の新人参上、村尾三四郎、高校2年生!
170417 新旧世代交代を印象付けた全日本女子柔道選手権大会2017_朝比奈沙羅、初優勝
170430 全日本柔道選手権大会2017_流血戦を制したドラキュラ王子谷剛志の連覇!

4月は季節柄柔道記事に集中でした。

写真は、全日本柔道選手権2連覇の王子谷剛志です。 試合中に口の中を切って(14針縫ったそうです)、この後手負いの獅子と化しました。 血が止まらなければドクターストップとなって負けとなることを意識した王子谷はギアを上げ人間ブルドーザーの異名にふさわしい怒涛の攻撃をウルフ・アロンに畳みかけました。

今年の柔道の世界選手権大会はブダペストで8月28日~9月3日まで開催されます。 全日本柔道連盟の強化委員会は、100㎏超級の王者フランスのテディ・リネール(ロンドン五輪に続いてリオ五輪も連覇、世界選手権は4連覇中)打倒に向けて人間ブルドーザー王子谷剛志とリオ五輪決勝でリネールに優勢で勝ち逃げされてしまった銀メダルの原沢久喜の2人の猛者を代表として送り込みます。この2人の刺客にリネールの兜首をあげて欲しいですね。100㎏級もすでに代表が決まっていたウルフ・アロンに加えて、羽賀龍之介(旭化成)の五輪メダリストが追加されました。

代表監督井上康正氏は東京五輪を見据えて明らかに重量級2階級での世界制覇を最重点目標としているようです。

余談ですが、世界柔道選手権の開催地であるハンガリーの首都ブダペストが一つの市としてドナウ川の両岸を占めるようになったのは1873年のことです。西岸のブダとオーブダ、東岸のペストが合併しました。 オスマントルコ支配からオーストラリア=ハンガリー帝国の管轄下に変わったときのことです。 ブダペストはウィーンに続く、第二の首都として都市計画も進められ世界都市として発展をしていきます。(ちなみに、ドナウ川河岸のブダ城は世界遺産の1つです。)

元々、ヨーロッパの製粉業の中心地として穀物取引として栄えていましたが、染色、車両、造船なども盛んでした。 今のEUのヨーロッパ連合の最初のモデルともいわれ、当時はありとあらゆる民族を開放的に受け入れ元々多くいたスラブ人に加え、ドイツ人、ユダヤ人等が多く流れ込みました。

その頃の都市計画の中で建設されたブダペスト地下鉄1号線Millenniumi Földalatti Vasútはロンドン地下鉄に次いで世界で2番目に古い地下鉄です。後にニューヨーク市が地下鉄を建設するとき視察団が訪れ、このブダベストの地下鉄をモデルとしたと言われています。

市内にセーチェーニ温泉を含めた80の温泉が湧き、静謐な芸術の都ウィーンとは対照的な陽気で明るい街だそうです。

7月の世界水泳選手権(飛び込みも含む)も7月23日~30日にブダペストで開催されます。

ついでながら、世界卓球選手権は、5月29日~6月5日@デュッセルドルフ(ドイツ)、世界陸上競技選手権大会は8月4日~13日@ロンドン、そして世界バドミントン選手権大会は8月21日~27日までスコットランド・グラスゴーで開催予定となっています。

駅伝、クロカン等
170418- 駅伝有力中学生ランナー達の進路情報_2017年

卓球
170416- 中国の卓球界に激震走る、異次元の強さを纏った新生平野美宇17歳、進撃中!

フィギュアスケート
170402- 奇跡の逆転V、羽生結弦のどや顔!_フィギュア世界選手権@ヘルシンキ

総括
170405- 2017年3月のスポーツの総括_今月のヒーローは涙の逆転Vの稀勢の里


by zoompac | 2017-05-02 08:20 | スポーツ | Comments(0)

2017年4月の読書と映画の総括

f0090954_07315549.jpg
読書(7冊)
170410「騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編」 村上春樹_不思議なハルキ・イン・ワンダーランド
170414「三国志(第三巻)」宮城谷昌光_まるで人名辞典!
170420「騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編」村上春樹
170423「八朔の雪_みをつくし料理帖(1)」高田郁
170425「Dive‼(下)」 森絵都
170427「みをつくし料理帖2_花散らしの雨」高田郁
170428「ツバキ文具店」小川糸

今月はいつもの3S(司馬遼太郎、塩野七生、佐藤賢一)ではなく、3M(村上春樹、宮城谷昌光、森絵都)でした。
プラス、みをつくし料理帖シリーズの1巻、2巻です。上方(大阪)と江戸(東京)の食文化の違いの説明が出色でした。5月13日土曜日(夕方6時5分)から連続8回のTVドラマが黒木華主演で始まります。 楽しみですわい!

もう1つ「ツバキ文具店」も読みました。 こちらは金曜日のNHKで原作ドラマが放映中です。 副題は鎌倉代書屋物語、主演は多部未華子です。鎌倉の山辺の文具屋で先代の祖母の跡を継いで代書屋として孤軍奮闘する女性の成長物語です。変わった依頼の代書の手紙がツボを突いて見事です。

映画(10本)
170406 WOWOW映画「ユージュアル・サスペクツ」_仕掛け満載のサスペンス名作!
170407 WOWOW映画「三匹の侍」_勧善懲悪時代劇
170408 封切り映画 「SING/シング」
170409 封切り映画「モアナと伝説の海」_6歳の孫には怖かった16歳のモアナの冒険物語
170411 含蓄深い封切り映画「サラエヴォの銃声」
170415 中途半端な封切り映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」
170419 複雑なアジアの匂いを感じた封切り映画 「バンコック・ナイツ」
170421 封切り映画 「ライオン」_25年目の母を訪ねて三千里
170424 2017年のアカデミー作品賞受賞の封切り映画「ムーンライト」
170426 封切り映画「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」

ややマイナーな映画でしょうが、「サラエヴォの銃声」や「バンコック・ナイツ」がよかったです。日本国内にいるとわかりにくいですが、こうした映画を通じて、国際情勢分析はむしろ戦争も終わっていないし、民族紛争も解決していないという認識から出発した方が間違いが少なそうです。

あまり期待していなかったのですが、アカデミー作品賞受賞の「ムーンライト」も印象に残った映画でした。
三人の異なる役者が演じる一人の黒人を活写しています。アップの描写を豊富に使って表情と内面の感情のせめぎ合いに見て取れる特徴を三人の違う役者に醸し出させることで、子供時代、青年時代、そして20代後半~30代前半の壮年時代の三人が同一人物であることを納得させていた手腕に脱帽でした。

落語
170422 落語の「米朝一門会」@新宿紀伊国屋ホールと緊張の「米朝関係」
落語を上方で再興した笑いの神様「米朝」に対してキナ臭くなる一方の「米朝」関係、地政学的にみて他人ごとではないですね。

本屋大賞
170414- 本屋大賞2017_初物尽くしの恩田陸の「蜜蜂と遠雷」

170429 TVドラマ「女の勲章」
「アサがきた」であんなに爽やかな船場の旦那の役をこなした玉木宏が、この「女の勲章」ではえげつない船場言葉を乱発しよりましたで~! 戦後の大阪のファッション業界の様子も面白く観させてもらいました。「人の欲得にストレートで生活(せーかつ)の匂いプンプンの関西弁は恋愛に向きまへんなぁ。」ということがしみじみ実感できるドラマでもありました。

総括
170401- 2017年3月の読書と映画の総括

by zoompac | 2017-05-01 07:33 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

2017年3月のスポーツの総括_今月のヒーローは涙の逆転Vの稀勢の里

f0090954_08034541.jpg2017年3月のスポーツの総括

マラソン、ハーフ・マラソン、クロカン関連
170306 2017びわ湖毎日マラソン、タイムでアピールできなかった日本人トップの佐々木悟!
170307 2017日本学生ハーフマラソン_箱根2区の区間賞の鈴木健吾が大会記録で優勝!
170313 日本マラソン界に救世主誕生@名古屋_忍者走りの新星安藤友香!
170320 まつえレディースハーフ2017 (日本学生ハーフ女子)、学生チャンピオンは城西大の福居紗希

新星安藤友香に、高橋尚子、野口みづき超えを期待したいですね。

柔道
170310 全日本柔道選手権予選 東京ブロック予選大会で波乱!小川雄勢が初優勝! 父子鷹の世界への飛翔の第一歩!
170322 春の武道館の団体優勝校は桐蔭学園(男子)と阿部詩擁する夙川学院高(女子)_高校柔道

柔道は、世界選手権代表選考に向けて、いよいよ大詰めの4月となりました。
4月1日~2日の体重別選抜、4月16日の全日本女子柔道と29日の全日本柔道です。

相撲
170316 荒れる春場所というけれど_大相撲大阪場所
170327 荒れる春場所を鎮めた稀勢の里の逆転V

稀勢の里のまさかまさかの逆転優勝には驚きました。諦めないっていうことが大事なのだと教えてもらいました。彼の負傷ですが、幸い断裂はしていないものの、上腕二頭筋を痛め、全治三か月の見立てだそうです。
5月14日からの5月場所に間に合うかどうか微妙ですが、今後の長い土俵人生を考えてしっかり治療に専念して欲しいです。

久々に、相撲で感動させてくれた奇跡の逆転Vの稀勢の里が今月の私のヒーローです。(写真)

その他(総括、スキージャンプ、WBC侍ジャパン、スピードスケート、高校野球、サッカー、バドミントン)
170303 2017年2月 スポーツ観戦記事の総括(13本)_満面の笑みの小平菜緒と悔し涙の高梨沙羅!
170314 遅咲きなれど今年急成長の伊藤有希(22歳)_スキージャンプ
170317 侍ジャパン6戦全勝の快進撃_陰にお祭り男松田宣浩あり!
170318 化け猫小平菜緒の快進撃!_スピードスケート今季8戦全勝!
170321 春の珍事?均衡を崩した投手交代、選抜高校野球_履正社(大阪)対日大三(東京)
170325 日本のKKK軍団、UAEを2-0で一蹴、サッカーW杯最終予選
170328 町田啓太似?のバドミントン選手桃田賢斗の復帰

28日に埼玉スタジアムで行われたタイとの試合でもKKKトリオが活躍しましたね。負傷の今野にかわって香川が先制点を叩きこんでくれました。新鋭久保もツーアシストワンゴールの大活躍、GK川島も相手のPKを値千金のブロックでした。終わってみれば、4-0の快勝で、サウジを抜いてB組のトップに躍り出ました。



by zoompac | 2017-04-05 05:55 | スポーツ | Comments(0)

2017年3月の読書と映画の総括

読書(6冊)
170305「がん消滅の罠(完全寛解の謎)」岩木一麻
170308「DIVE‼(上)」森絵都
170311「覇王の家(下)」司馬遼太郎、模倣家としての家康像!
170312「i(アイ)」 西加奈子_あるがままに受け入れる提案小説?
170326「海の都の物語 5」 塩野七生_胡椒交易に関わるヴェネツイアの苦悩
170331「小説フランス革命17 ダントン派の処刑」

3月も2月に続いて、3S(司馬遼太郎、塩野七生、佐藤賢一)の3Sをカバーできました。4月は、3M(村上春樹、森絵都、宮城谷昌光)を読むつもりですが、恩田陸の他の作品にも食指が動いています。

司馬遼太郎の「覇王の家」は面白い家康像が描かれていました。一言で言うなら「モノマネ」上手なのです。新しいものを創造するのではなく、いいと思われるものを工夫して取り入れる手法が得意な日本人の原点のように思えました。

塩野七生の「海の都の物語5」にマキアヴェッリの代表作は「君主論」と「政略論」であると前置きした後、面白いことを書いていました。
「君主論」は、君主制を採る場合はどのようにすればよいかを具体的に説いた書物で、「政略論」のほうは、反対に共和制を採用した場合はどのようなことを考えに入れ政治をすべきかを説いた書物だというのです。従って、「政略論」という日本語訳は間違いであり、その内容からして「共和国論」とするべきと塩野氏は主張しています。

フィレンツェ共和国が崩壊の危機に瀕する中、マキアヴェッリは理想の君主としてチューザレ・ボルジアをモデルとして君主論を書き上げました。その一方で、マキアヴェッリは、時代の流れに取り残されつつあったはずの都市国家という国体を守り続けるヴェネツィア共和国を賞賛し、それをモデルとして「政略論」を著したとしていました。

映画(6本)
170301「ラ・ラ・ランド」_2017年度アカデミー賞、6部門受賞!
170304「スノーデン」_日本にも覆われている米NSAの監視包囲網!
170309「アサシン クリード」_粗雑なストーリー設定に消化不良感の残った映画!
170319 WOWOW映画「スピード」
170323「チア・ダン」
170330「湯を沸かすほど熱い愛」

「エマ・ストーン」がアカデミー主演女優賞を獲り、幻の作品賞騒ぎで話題となった「ラ・ラ・ランド」がよかったです。若き日の夢追い人が取りこぼしたもう1つのあり得た人生を走馬灯のように回顧してくれた異色のミュージカルでした。

邦画では、福井弁が弾けるミュージカル風味の「チア・ダン」がよかったです。宮沢りえと杉咲花が日本アカデミー賞の主演・助演女優賞をかっさらった「湯を沸かすほど熱い愛」もユニークで面白い作品でした。

その他、総括
170302 2017年2月の読書と映画の総括_森絵都「みかづき」と「ミッドナイトラン」

by zoompac | 2017-04-01 07:19 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

2017年2月 スポーツ観戦記事の総括(13本)_満面の笑みの小平菜緒と悔し涙の高梨沙羅!

f0090954_05583633.jpgマラソン・ハーフマラソン・クロカン関連(7本)
170206 別府大分マラソン2017で中本健太郎が悲願の初優勝
170207 山の神から実業団で大地の神へ華麗なる変貌と進化の神野大地_丸亀ハーフマラソン2017
170213 全日本実業団ハーフマラソン大会 女子ハーフは宇都宮亜依、10kmは福田有似が優勝!
170216 千葉クロカン2017_第2回全国中学生クロスカントリー選手権大会での注目選手
170220 千葉クロカン2017の結果、男子中学生は服部凱杏、女子は不破聖衣来が優勝!
170226 日本クロカン選手権2017_1秒差で泣いていた鬼塚翔太が同タイムで笑った!
170227 高速コースに模様替えの東京マラソンでの日本人トップは総合8位の伏兵井上大仁!

世界陸上男子マラソン代表の座は、福岡国際マラソン総合3位日本人トップの川内優輝、別府大分毎日マラソンで総合1位の中本健太郎、それに東京マラソン総合8位日本人トップの井上大仁の3人で決まりなのか、それとも3月5日のびわ湖マラソンで代表3枠の誰かを蹴落として入り込んでくる選手が出てくるのでしょうか? 旭化成の佐々木悟、青山学院の一色恭志等の走りに注目です。

女子は大阪国際で優勝の重友重友梨佐は当確でしょう。

3月12日の名古屋ウィミンズマラソンは大激戦です。

天満屋の小原怜、スズキ浜松アスリートクラブの清田真央、ノーリツの 岩出玲亜、積水化学の桑原彩、パナソニックの加藤麻美、ホクレンの清水美穂、ヤマダ電機の竹地志帆と石井寿美等、強い実業団の選手がエントリーしています。

小原玲が頭1つ突き抜けていると思うのですが、私はホクレンの清水美穂に注目しています。東京マラソンでは走るサイボーグの佐藤悠基(日清食品G)はペースメーカーでした。私が秘かに女サイボーグと呼んでいるのが清水美穂です。無表情さと機械のようにブレの少ないストライド走法に特徴があります。

柔道(2本)
170214 柔道グランドスラムパリ、台頭を印象付けた阿部一二三と飯田健太郎、それに朝比奈沙羅!
170228 柔道グランプリ大会@デュッセルドルフ、女子52㎏級で16歳の阿部詩が史上最年少優勝の快挙!

女子52㎏級で阿部詩がグランプリ大会@デュッセルドルフを制しました。一方の危険なかまきり寝業師の角田夏実はGSパリで2位でした。
直接対決は、講道館杯、GS東京共に、角田が阿部を下からの下からの腕挫十字固で破っています。
8月の世界柔道@ブダペスト代表の座を巡って阿部がややリードしていますが、4月1~2日の体重別選手権大会で直接対決が注目されますね。

同じことが100㎏級の飯田健太郎とウルフ・アロンにもいえます。GSパリで優勝した飯田健太郎が、グランプリ大会@デュッセルドルフで2位となったウルフ・アロンを代表争いレースでリードしています。 この二人の直接対決も大いに注目です。

その他(ゴルフ、スキージャンプ、ダイビング、スピードスケート、4本)
170209 松山英樹 米ツアー4勝目
170217 高梨沙羅@平昌、歴代最多優勝回数(53勝)達成そしてさらにメイキャップ中!
170218 親子3代にわたる五輪出場を目指す「飛び込み」一家の金戸凛、シニアのデビュー戦で優勝!
170222 スピードスケート女子、進化する30歳小平菜緒!

スピードスケートの小平菜緒選手はさらに25日にカルガリーの世界スプリント選手権で500と1000の日本新を更新し、総合優勝に輝きました。日本選手の総合優勝は1987年の黒岩彰以来30年ぶりで、女子では初めてです。(写真上は総合優勝を決めた小平菜緒)

500は遂に36秒75という37秒切りを実現しましたが、この記録は黒岩氏がカルガリーで出した記録より速いらしいです。来年の五輪大会までこの調子を保ってもらいたいです。f0090954_05590338.jpg

一方、最多優勝回数に並んだジャンプの高梨沙羅選手は、最多優勝記録の単独トップを最終戦となるフィンランド、ラハティの世界選手権で達成しようという意気込みが空回りしてしまいました。

ワールドカップ(W杯)では6季で4度個人総合優勝と圧倒的な強さを見せるのですが、大きな大会での一発勝負ではなかなか力を発揮できていません。

ソチ冬季五輪は4位。前回の世界選手権も表彰台を逃しています。今大会は銅メダルこそ獲得しましたが、本人は納得のいかない結果だったのか、悔し涙でした。 来年の平昌五輪では、悔し涙からうれし涙の金メダルにして欲しいですね。(写真下が来年うれし涙の金メダルに変わる予定の今季最終のラハティ世界選手権銅メダルで高梨沙羅が流した悔し涙!)

総括
170202 2017年1月のスポーツ記事の総括(15本)


by zoompac | 2017-03-03 06:00 | スポーツ | Comments(0)

2017年2月の読書と映画の総括_森絵都「みかづき」と「ミッドナイトラン」

f0090954_05535472.jpg読書(5冊)
170203 「街道をゆく 濃尾参州記」司馬遼太郎
170210 私のイチ押し、2017年の本屋大賞ノミネート作品「みかづき」森絵都
170211 「海の都の物語 4 ヴェネツイア共和国の一千年」 塩野七生
170223 「沈黙」遠藤周作
170225 「小説フランス革命16 徳の政治」 佐藤賢一、残すところあと2巻!

久しぶりに3S(司馬遼太郎、塩野七生、佐藤賢一)の揃い踏みでした。
森絵都の「みかづき」が面白かったので、今、「DIVE!!」という本を読んでいます。
村上春樹の新刊本も思わず買ってしまったけど、3月も3S揃い踏みといきたいですね。
遠藤周作の「沈黙」を再読して、映画を観ました。読んでいてよく理解できなかった穴吊りの拷問が映画で氷解しました。
4月の本屋大賞の発表までまだ時間がありますが、本命は森絵都の「みかづき」ではないかと思っています。昭和、平成の社会の変化の中で塾経営に携わった一家三代の物語に加え、終盤にはメビウスの輪を彷彿させる構成の妙が冴えわたる逸品です。

映画(7本)
170224 恵方巻を食べながら、NHKBS録画「北北西に進路を取れ」を観賞
170205 NHKBS映画 「ナバロンの要塞」
170208 「アイヒマンを追え」
170215 「ミッドナイトラン」
170212 「大統領の陰謀」
170219 「海は燃えている」_移民・難民問題の地中海の玄関の現実!
170224 「沈黙」f0090954_06071681.jpg

印象に残ったのは、アメリカの「ミッドナイトラン」。ローバート・デニーロが主人公の賞金稼ぎを演じています。

この映画でアメリカの一面を知ることができました。

犯罪大国アメリカでは容疑者の数もとてつもなく多いため全ての人を拘束するとすぐに留置所が一杯になってしまうのです。そのため、大半は早々に保釈されるとか。そんな人々のために各裁判所の前にはbailbond agentと呼ばれる保釈金(bail bond)専門の金融会社(保釈保証業者)が群がって商売をしています。

容疑者はそこでお金を借りて保釈保証金を裁判所に納めて保釈されるのですが、容疑者が逃亡して期日までに裁判所に出頭しないと保釈金は裁判所に没収されてしまいます。

それでは金融会社は大損になるので、ロバート・デニーロが演じる主人公のような賞金稼ぎ(bounty hunter)と呼ばれる人の出番となるのです。賞金稼ぎは雲隠れした容疑者を連れ戻してもらうということになるのです。

3月は、2月に観た「スノーデン」、「ラ・ラ・ランド」の感想記事を早めにアップし、その後3月3日からのアサシン・クリード、3月11日からのチア・ダン、3月21からの楊貴妃、31日からのジャッキーを観たいと思っております。DVDや録画映画は「ユージュアル・サスペクツ」、「スピード」、「フェイク」、「インファナル・アフェア」を観る予定です。

総括
170201 2017年1月の読書と映画等の総括(5冊+2本+年次総括2本+直木賞、本屋大賞の予測2本)

by zoompac | 2017-03-02 05:52 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC