GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言


映画、読書、ワイン、旅、駅伝、柔道、スポーツ観戦、趣味の世界
by zoompac

カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
お読みになってなかったの..
by machi at 19:34
コメント、ありがとうござ..
by zoompac at 08:00
南陽からの移籍組は渡邊、..
by 田中 at 12:45
どういたしまして! ブ..
by zoompac at 09:58
情報ありがとう
by 駅伝ファン at 00:51
tarukosatoko..
by zoompac at 06:43
この本、読みましたよ。い..
by tarukosatoko at 08:27
遅ればせながら、新年おめ..
by desire_san at 12:11
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 19:18
宇和島をチェックしていて..
by シギー at 00:26
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:卓球 ( 4 ) タグの人気記事

吉村・石川混合複、あっぱれ優勝@世界卓球デュッセルドルフ

f0090954_08471258.jpg世界卓球混合複での日本人優勝は48年ぶりの快挙でした。

集中すると目が吊り上がって額に皺が寄ってくる石川佳純姐さん(24歳)に対して、調子の浮き沈みに暗くなったり明るくなったりわかりやすい吉村真晴くん(23歳)でしたが、粘りましたね。

TV放映は、準決勝戦で方博(中国)、ソルヤ(ドイツ)組に3-1と先行されながらの逆転優勝劇を見せてくれました。 吉村真晴のしおれた姿がだんだん調子をあげ笑顔も飛び出し最後はあっぱれ顔で佳純姐さんと歓喜の抱擁でした。

決勝でも台湾ペアに3-1と先行されながらの逆転優勝だったのですね。 いやはやこのおしんコンビは見事です。 曇り(佳純=霞)のち天晴れ~(真晴)でした。

2年に一度の世界卓球選手権の前回の蘇州大会で、このコンビは銀メダルでした。 2年の臥薪嘗胆で今回は金メダル、東京五輪では、開催国の利を活かしてこの混合ダブルスも種目に加えて欲しいですね。

13歳の怪童張本智和の4回戦の相手はスロバキアの33歳のピシュティでしたがいやらしい選手でしたね。 張本が構えていないうちからサーブを繰り出したり、ゲームを獲る度「チョレ~!」と吠える張本の気合にクレームをつけたり、間を外し過ぎて審判から注意されたりと、張本の集中力を断ち切ろうと手練手管を駆使していました。 この海千山千男を4-1で破って、男女通じて最年少での8強入りを決めたのは見事でした。

平野美宇は丁寧に歯が立たなかったですね。 銅メダルで終わってしまいました。 

丁寧は、練習で平野のコピーを4人用意し平野の得意のバックハンド攻撃に持ち込ませない練習を重ねたようですが、その練習の成果が出ていました。平野の得意なラリーに持ち込まれる前で勝負がついていました。 平野の1回戦~4回戦の無敵のハリケーン旋風が鳴りを潜めて、消化不良気味の敗戦でした。 女王丁寧を本気にさせた平野が次の試合に向けて巻き返しを図って欲しいです。 これが五輪の舞台でなくてよかったです。f0090954_08472647.jpg

大判振る舞いのTV東京が、パリ・ローランギャロスの全仏オープンの錦織圭の試合も見せてくれました。

錦織は世界67位の韓国「鄭現(チョンヒョン)」(21歳)に多彩なショットで2セットを先取しました。 第3セットは互いにサービスゲームをキープしながらのタイブレークとなり、ここで錦織はセットを落としてしまいます。 勝負の流れが相手に移ったことが明白で、第4セットは、2度も相手にブレークを許し、0-3となったところで、ラケットを投げつけ、腰が痛いと主張し治療に逃れたところで、雨が降って中止となりました。

頭を冷やして、体を整え錦織の3年連続のベスト16に向けて恵みの雨として欲しいですね。


by zoompac | 2017-06-04 08:49 | スポーツ | Comments(0)

デュッセルドルフの世界卓球2017_魅せる17歳平野美宇と13歳張本智和の快進撃!

f0090954_08304042.jpg連日、ドイツの世界卓球での新世代選手の活躍とフランスの全仏オープンテニス@パリのローラン・ギャロス競技場での錦織圭の試合を中継でTV東京が見せてくれています。 粋な計らいですね。

17歳の平野美宇の1回戦、2回戦、3回戦のハリケーン攻撃には目を見張りました。攻撃力のトルクも馬力も一回り大きくなった上にスピードがついて異次元の強さを発揮しています。 危なげなく勝ち上がって4回戦進出を決めました。

そして、4回戦の相手は、30歳のフェン・ティアンウェイで した。 2010年の世界卓球団体戦で中国の9連覇を阻止した立役者でシンガポールの英雄と呼ばれています。 ロンドン五輪でも3位決定戦で石川佳純に立ちはだかったフェン・ティアンウェイは、今年4月の韓国オープンの決勝でも石川佳純を破って優勝していました。

その世界ランキング4位のフェン・ティアンウェイに卓球をさせなかったですね。 3球攻撃がことごとく功を奏して、終わってみれば1ゲームも落とさない4-0のストレート勝ちでした。 TV解説では、以前の試合では防御主体の平野が仕掛けの早い攻撃スタイルに変貌したことに一番驚いたのは相手のフェンではないかと言っていました。

いよいよ準決勝でランキング1位の丁寧との対決ですね。 楽しみです。

4月のアジア選手権で中国の世界ランキング1位(丁寧)、2位(朱雨玲、現在は3位)、5位(陳夢)を破ってアジアチャンピオンとなったばかりです。それがフロックでなかったということ、世界チャンピオンは26歳の丁寧から17歳の平野美宇に世代交代したことをしっかり世界に証明して欲しいです。

一方、平野のライバル伊藤美誠は1回戦が最終セットまでもつれ込んで冷や冷やさせられました。失敗した時のがっかりした表情が表に出すぎです。ドイツでの試合はゲンがいいという彼女は自分のことを「ドイツ女」って呼んで悦に入っているようですが、どう見てもおでこの大きい日本女です。喜怒哀楽の表情豊かな彼女も4回戦進出を決めてくれましたが、ランキング3位の中国の朱雨玲に敗れてしまいました。 (早田ひなとのダブルスでは香港ペアを破ってメダルを確定しています。)

氷のように冷静な石川佳純も4回戦進出しましたが、丁寧に4-1で破れてしまいました。 実力に差があります。

錦織圭も2回戦で、完全アウエイのフランス人選手相手に最終セットこそタイブレークまでもつれましたが、久々に安心して観られる躍動感あふれるテニスを展開してくれました。 終わってみれば3-0のストレート勝ちでした。

3時間超えの死闘を演じた1回戦とは打って変わって2回戦は2時間を切る試合運びでストレート勝ちを決めました。

現地の解説記事によると錦織はチェスのような緻密なゲームを組み立てるクレバーな選手と評されているようです。私にしてみれば体のあちこちにすぐ故障が起きてスポーツマッサージを受けている印象が大きすぎて心配のタネがつきません。エアーサロンパスのCMがぴったりの選手では困ります。

木曜日の夜の卓球の放送の後のテニスの試合は、TV東京とWOWOWを並行しながら、第1ゲームの模様をTV東京で、第3ゲームの模様をWOWOWで切り替えながら観戦していました。

男子卓球では、13歳の張本智和が、2回戦で今年1月の全日本選手権決勝で4年連続9回目の史上最多優勝を決めた水谷隼に4-1で快勝するという大金星でしたね。 3回戦も台湾の21歳の強豪をストレートで破って16強入りを果たしました。f0090954_08312794.jpg

彼は、今年1月時点では身長167㎝となっていましたが、4月現在171㎝になっていました。 身長同様、彼の卓球も気持ちの良い伸び盛りの勢いがあります。

このまま健やかな成長の勢いで、メダルをもぎ取って欲しいですね。

攻撃力と雄たけびの「チョイ~!?」ばかり目立ちますが、解説者曰く、彼には防衛の力や修正能力も非凡なものがあるそうです。攻撃の力は練習で身につくけど、守備力はある程度天性が左右するそうです。

日本の卓球界にも世代交代の波がきているようです。 この世界卓球2017でそのことを目撃させられています。

平野、張本頑張れ! 錦織頑張れ! それから卓球の混合ダブルス、女子ダブルス、男子ダブルス2組の4組が銅メダル以上を確定しています。 よりいい色のメダルを決めて欲しいですね。


by zoompac | 2017-06-03 08:32 | スポーツ | Comments(0)

中国の卓球界に激震走る、異次元の強さを纏った新生平野美宇17歳、進撃中!

f0090954_10334450.jpg卓球のアジア選手権@中国・無錫で、4月15日にその1日前に17歳になったばかりの平野美宇(エリートアカデミー)が、世界ランキング5位の陳夢(中国)にストレート勝ちの優勝を果たしました。 (写真は平野の得意のへそ出しショット! 顔がふっくらしてきて有村架純似!)

1996年の小山ちれ以来21年ぶりの快挙です。 小山ちれが中華人民共和国から日本へ帰化していますので、日本生まれの日本人ということでは1974年の枝野とみえ以来43年ぶりの偉業となります。

平野選手は初戦となった2回戦でマレーシアの選手を3-0のストレートで下すと、3回戦では韓国の選手を、4回戦では世界ランキング6位の台湾の選手をいずれもストレートで下し準々決勝進出しました。

ここでリオデジャネイロオリンピックの金メダリストで世界ランキング1位の丁寧選手立ちはだかります。まさに万里の長城並みの盤石の壁でした。平野は0-2という絶体絶命の崖っぷちに追い込まれます。しかしここから新生平野美宇は本領を発揮し、進化した異次元の強さを見せつけたのです。その土壇場から怒涛の3セット連取で奇跡の逆転Vを果たし準決勝に進んだのです。

準決勝では世界ランキング2位の中国の朱雨玲というこれまた難敵でしたが、五輪チャンピオン丁寧 を喰って勢いに乗った平野の敵ではなかったですね。ストレートで一蹴し決勝に進出しました。 決勝は、もっと楽なランキング5位の選手でした。

中国の誇る、ランキング1位の丁寧、2位の朱雨玲、5位の陳夢という、まさに鉄壁の万里の長城を、17歳の平野美宇が撃破してしまいましたよ。進撃の小さな巨人ですね。

試合後の平野が去年の誕生日を振り返って語った言葉が印象的です。

「去年の私の(16歳の)誕生日には、伊藤美誠選手がリオ五輪予選で丁寧選手に勝っていた。私の誕生日は特別だと思う。(今年、リオ五輪チャンピオンとなった丁寧を倒して)忘れられない(17歳の)誕生日になった」とコメントしていました。

平野選手は今年の1月の全日本選手権でリオ五輪代表だった石川佳純選手を決勝で破り初優勝し、日本の卓球界に激震を走らせました。

その平野が、今度は中国の強豪選手を相次いで破って初優勝を果たし、卓球の本場中国のメディアに衝撃を喰らわせました。

曰く、「大番狂わせ、相次ぐ」、「強力なライバルが現れた」、「この17歳の少女の実力は侮れない。中国チームは警戒を強めるべきだ」

リオ五輪では補欠で、石川佳純の練習パートナーを務めていました。 その彼女が、リオ五輪後、1年も経たないうちに、東京五輪での日本のエースに変貌を遂げつつあります。

4月4日時点でのランキングでは、平野は11位でした(石川4位、伊藤8位)。 このランキングが平野のアジア卓球選手権の優勝を反映して何位に上がるのか楽しみです。

守備主体のプレースタイルから、筋力アップし、強打を仕掛ける高速ラリーの攻撃スタイルに変身した平野は、5月29日~6月5日のドイツのデュッセルドルフで開催予定の卓球世界選手権でさらなる進化を遂げ、世界に衝撃波を浴びせてくれそうです。

by zoompac | 2017-04-16 10:37 | スポーツ | Comments(0)

卓球界に激震走る、異次元の強さを身にまとう新女王「平野美宇」誕生!

f0090954_05515029.jpg22日日曜日の卓球全日本選手権・女子決勝で16歳の平野美宇が4―2でこの大会3連覇中の石川佳純を退け最年少優勝を飾りました。

卓球の世界にも世代交代の風が吹き荒れる潮目の変化が訪れているようです。

4連覇を阻まれた石川は、「何が何やらわからない」状態で試合が終わってしまったと振り返っていました。

百戦錬磨の石川にしてこうした感想を抱かせるほど、平野に一方的に手玉に取られた試合だったということでしょう。

去年も、石川と決勝で対決した平野でしたが、去年は出だしから一方的に石川にやられてしまいました。

その対策として奇襲を考えたようですが、その攻撃が一時的な猫だましに終わらないようなスピードと球威をトレーニングを積むことによって身に着けたようですね。

猫だましだったのであれば、石川も試合勘を取り戻すにつれ対処できたはずです。

猫だましに見えた先制攻撃が、奇襲ではなく、平野の攻撃スタイルとして根付いていたのですね。 パワーアップした新生平野美宇が誕生していたようです。

ランキング的に、石川佳純、福原愛、伊藤美誠に次ぐ第4の選手ということからリオ五輪ではダブルスペアを組んでいた伊藤に一歩及ばず、代表争いで敗れ、補欠として現地に行き、客席から団体銅メダル獲得の試合を見るハメになりました。 負けじ魂に火が付いたと言います。

そして、この全日本卓球女子選手権では、勝負の世界の厳しさを嫌というほど経験させられた16歳は強い気持ちで優勝だけを狙っていました。

それほどまでに、平野の先制攻撃が功を奏しました。 第1ゲームの開始直後。平野は石川のサーブをフォアハンドの強打で打ち抜きました。鮮やかな一撃でした。 平野は「先手を取ろうと思った」と話しています。

定石では無理に打ちに行かないサーブを狙われるという奇襲を受けたた石川は浮足立ちましたね。

平野の先制攻撃は一過性のものではなく、その後も勢いを加速し、面白いほど石川を攻めたてました。得意のバックハンドの強打は両サイドに散らし、フォアのラリー戦でも早い打点から鋭い球をクロスに連打しました。持ち前の受けの強さと安定感に加え、攻撃力が身に付きました。 そのパワーアップの陰には一昨年から師事する中国出身のコーチと取り組んだ筋力トレーニングの努力があったようです。

第5ゲームは8―2から大逆転を許しましたが、「仕方ない」と開き直った」そうです。f0090954_05551335.jpg

五輪代表入り落選の痛手から立ち上がった彼女には攻撃力だけでなくメンタル面での切り替え技も身についていたようです。

開き直った第6ゲームも、相手の裏をかくラリーの組み立てで、立ち上がりから4連続得点して勝負の綾を手繰り寄せました。

昨秋、中国スーパーリーグに武者修行して学んだ戦術の組み立て方が、大舞台で生きたと言っていました。

昨年の10月ワールドカップ杯(W杯)で日本選手の初優勝という快挙を成し遂げた力がビギナーズラックではなく本物だったという証を、平野がこの全日本卓球女子で日本国民の前で明らかにしてくれましたね。

おっとり屋さんにみえた平野が弱肉強食の世界に生きる獰猛な野獣に豹変していました。

この16歳の新女王が、東京五輪で日本に一番輝く金メダルをもたらせてくれる救世主になってくれるような気がします。 3年後に向けてさらなる高みに飛躍して欲しいですね。

そして豹変した新女王平野に触発され、石川佳純にも伊藤美誠にも早くパワーアップへ向けて意識を覚醒して欲しいです。 3年なんてあっという間ですから。
この優勝で平野は5月29日~6月5日のデュセルフドルフでの世界卓球選手権の代表の座を射止めました。いち早く決まっていた石川佳純や伊藤美誠に遅れての決定でしたが、今や選ばれたのではなく、選考委員の連中に選ばさせてあげたという感じです。この平野の大変身・大進化を遅ればせながら認識した役員連中には、対応遅いよ!って文句を言いたいですね。 ドラゴンボールの悟空の大猿への変身を彷彿させるヴァージョンアップした新生平野美宇の今後の活躍に期待しますわい。
by zoompac | 2017-01-24 05:55 | スポーツ | Comments(0)
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC