GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言


映画、読書、ワイン、旅、駅伝、柔道、スポーツ観戦、趣味の世界
by zoompac
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:ゴルフ ( 5 ) タグの人気記事

プロデビュー15年目の頂点_宮里優作、今季4勝目で初の賞金王2017!

f0090954_05464754.jpg土壇場で宮里優作が日本シリーズJTカップを4年ぶり2度目の制覇を成し遂げ、小平智をかわし初の賞金王に輝きました。

逆転して賞金王になるにはこの最後の国内メジャーに優勝してその優勝賞金4000万円を積み上げるしかありませんでした。 まさに千歳一隅のチャンスをものにした宮里優作でした。

これまで土壇場で自滅していた宮里優作とはまったく別人の自信に溢れた新生・宮里優作がいました。

今季はこれで4勝目です。いつもは終盤の秋だけにがんばる秋男でしたが、今季は春に2勝し、春の珍事と揶揄されていました。

今年は妹の宮里藍の引退もあり、それまでの藍の活躍から今度はしっかり兄優作がその活躍を引継ぐという意思を感じさせてくれる優勝でした。

今季のゴルフではこの宮里優作の火事場の馬鹿力のような優勝ともう1つ私の今年のゴルフで印象に残った優勝があります。f0090954_05534840.jpg

11月12日が最終日だった伊藤園レディースの試合です。

賞金ランク58位というシード圏外のプロ6年目の福田真美選手(25歳)がシードを巡る煩いからも一挙に解放された初優勝です。

連日の首位キープで、2位に6打差をつけながら、追いすがるアン・ソンジュの影が大きくなり、ボギーを連発しながらも、最後は1打差で逃げ切りました。

長年の辛苦が最後の最後に崩れ落ちそうな自分を支えてくれたのではないかと勝手に想像させてもらった印象に残るシンデレラガール誕生の優勝でした。

写真は、女優の中谷美紀さんから優勝トロフィーを授与された福田真美選手です。

by zoompac | 2017-12-05 05:56 | スポーツ | Comments(0)

鬼(池田勇太)の目にも涙, 死闘の末逃げ切り3年ぶりの日本オープンゴルフ選手権チャンピオンに返り咲き!

f0090954_05460644.jpgアマチュアで大学後輩の金谷拓実(19歳・東北福祉大1年)と最終組を回って意識しすぎたのでしょうか? それとも過去2年あと一歩のところで優勝を逃してきたトラウマに襲われたのでしょうか?

3日目に一時2位と7打差をつけたにもかかわらず、残り3ホールで2ボギーをたたいて5打差にしてしまう悪い流れは、最終日になっても断ち切ることはできませんでした。

優勝を決めた後のインタビューで知ったのですが、池田勇太はこの日本オープンゴルフを2014年から4年連続で最終日最終組で回っていたのです。2014年に優勝はしたものの、2015年は小平智に、2016年は松山英樹に優勝をさらわれています。一日前の18番のボギーがその夜の夢に2度出てきたそうです。

今年は、相手がアマチュアですし、考えようによっては5打差をつけているのですから楽勝のはずでした。

しかし池田勇太の信じられないガチガチのゴルフが展開され、まさに自滅寸前の死闘って感じのゴルフを見ました。

過去2年連続で優勝を落とした悪夢が頭によぎったのか、3番、15番でOBをたたいて、5打あった貯金を1打にまで減らしてしまいました。

それでも1打差の徳俵でなんとか踏ん張って優勝したのだからプロの矜持は守りました。「よし」としましょう。

しかし、プロの選手でもあるんですね、崩れるということが。それでも重圧に耐えながらなんとか優勝をもぎとった池田勇太の目には苦闘から解き放たれた安心感からか涙が浮いていました。f0090954_15223309.jpg

ぶっきらぼうで豪快に見える池田勇太の意外な繊細さと、下り調子の波にあらがう百戦錬磨のプロの苦渋に満ちた死闘をしかと見せてもらいました。そしてゴルフの恐ろしさも。

この優勝で、昨年の賞金王・池田がランクを3位にまで上げてきました。今後の賞金王争いも興味深いです。

10月15日現在
1位 小平智  107,524,213円  トップ杯東海クラシック
2位 宮里優作 100,402,607円  中日クラウンズ、日本プロ選手権・日清カップヌードル杯 ホンマ・ツアーワールド・カップ
3位 池田勇太 99,845,371円  RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント、ANAオープンゴルフトーナメント、日本オープンゴルフ選手権競技

by zoompac | 2017-10-18 05:53 | スポーツ | Comments(0)

女子ゴルフ界の新星「柏原明日架」_森田理香子似の若手有望株!

f0090954_05372381.jpg去年の今頃は、私が応援していた森田理香子がイップスに悩まされ絶不調で、2013年の賞金女王による3年シード権も切れ、シード権を失ったニュースがショックでした。

2017年のツアー出場も主催者推薦を除いてほぼ絶望的で、TVで往年のイーグル女王と呼ばれたその凛々しい活躍姿を観る機会もありませんでした。

今年、8月にニトリ主催のゴルフトーナメントでベスト10入りしていたようですが、まだ27歳の森田理香子のシード権復活のニュースが聞こえてこないのが寂しいです。


ところが、最近観た女子ゴルフのTV中継で、森田理香子に雰囲気の似たゴルファーを見つけました。

柏原明日架21歳です。

2010年に中学三年で日本アマ2位になり、2012年ではイギリスで行われた16歳以下の男女混合の大会で優勝の実績を持っています。

2014年にプロに転向し、2015年に3度のトップ10入りを果たし、賞金ランク50位以内でシード権を獲得、2016年に富士通と契約しました。2016年の賞金ランクは29位でした。

10月15日が最終日となった富士通主催の富士通レディースでは、堂々の3位に入っています。

後半の16番か17番のパー5の2打目をオンさせたときのスイング・フォームと美しい球筋が、森田理香子の絶頂期の再来のように私の目に映りました。

パットをねじ込んでバーディを取った後表情を崩さない物静かさも森田理香子と似ています。

プロに転向して、まだ優勝経験はありませんが、今後の活躍が期待される若手ゴルファーの1人であることは間違いなさそうです。

ちなみに、10月15日現在、森田理香子の賞金ランクは560万円で89位、シード権争い当確上の50位は酒井美紀で1,890万円、柏原明日架は4,690万稼いで17位です。

ダンロップオープンと日本女子オープンを2週連続で制したアメリカを主戦場にしている畑岡奈紗が4,550万で18位です。

柏原明日架の初優勝をTVで目撃することを楽しみに応援したいと思っています。

by zoompac | 2017-10-17 05:44 | スポーツ | Comments(0)

メジャー初制覇の期待高まる松山英樹の2日目_全米プロ首位タイ!

f0090954_06593522.jpg全米プロゴルフ選手権@クウェイルホローC、第2日は11日(日本時間12日)、1アンダー15位タイから出た松山英樹(レクサス)が7バーディー、ノーボギーと圧巻の「64」でスコアを7つ伸ばし、通算8アンダー。 ケビン・キスナー(米国)と並び、暫定首位となり、決勝ラウンドを迎えることになりました。

凄いですね。圧巻の64です。

前半の9ラウンドは2アンダー、後半の9ラウンドでは圧巻の4連続バーディの5アンダーです。

9番のピンチで長いパーパットをねじ込んだのが大きかったですね。この踏ん張りから後半のバーディラッシュに繋がったと思います。

8月6日(日本の7日)の最終日に4位から出た松山英樹がボギーなし1イーグル、7バーディーの61をマークし、通算16アンダーで2位に5打差をつけて逆転優勝を果たした爆発力の再現をみるようでした。

先週、米、欧州ツアーを兼ね、強豪が集う世界選手権シリーズでは昨年10月のHSBCチャンピオンズ以来となる2勝目。米ツアーは今季3勝目で、自身の持つ日本勢の通算最多勝利数を5勝に伸ばして、初のメジャー制覇に向けて上々のコンディションかと思われます。

6月の全米オープンで、松山は最終日に14位タイから出て8バーディ2ボギーとスコアを伸ばしましたが優勝に4打足らず惜しくも2位タイに終わりました。 残念でしたが、松山のメジャー初優勝近しの予感をもたせてくれました。

そして、今季最後のメジャーとなる全米プロゴルフではまだ2日目ですが、松山がこれ以上ない好位置につけています。

一緒に回ったアーニー・エルスと親しそうに会話をしていたのが印象的でした。 ゆったりした優雅なスウィングで一世を風靡したアーニー・エルスは全米、全英などメジャーで4勝しています。 現在47歳のアーニーは調子が悪く残念ながら決勝ラウンドに進めませんでした。 かつてのトッププレーヤーの目の前で爆発的なスコアを出した松山の物おじしない姿にゴルフ界の新旧交代をみた思いでした。

25歳の松山英樹に、これまでの日本人ゴルファーが誰も成し遂げたことのないメジャー初優勝の偉業達成を期待したいですね。

P.S.
このブログをアップしている朝7時、TVでは3日めの模様を中継中です。 ピンの位置がタイトになって、松山も耐えるゴルフが続いています。 前半9ホールが終わって、8アンダーのまま1位と1打差の2位タイです。 上位の選手もスコアを伸ばせていないので、このまま3日目は耐えて、最終日にまた爆発力を見せて欲しいです。

by zoompac | 2017-08-13 07:03 | スポーツ | Comments(0)

松山英樹 米ツアー4勝目

f0090954_06070804.jpg米男子ゴルフのフェニックスオープン@アリゾナ州で、昨年覇者の松山英樹が、通算17アンダーで並んだ米国のウェブ・シンプソンとのプレーオフを制し、連覇を達成すると同時に、単独で日本勢最多となる米ツアー4勝目を飾ってくれました。

4勝のうちの3勝はここ1年内に集中しています。


2014年6月「ザ・メモリアルトーナメント」
2016年2月「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」
2016年10月「WGC HSBCチャンピオンズ」
2017年2月「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」

番外編

2016年12月「ヒーローワールドチャレンジ」(ツアー外競技)
世界ランキング上位者など精鋭18人がバハマのアルバニーに集結しました。タイガー・ウッズが主宰する大会で、松山はその実力と勢いを誇示したことはまだ記憶に新しいですよね。 2日目に首位に並び、3日目を終えた段階で後続には7打差。最終日こそ「73」とスコアを落としましたが、逃げ切りました。

2016年の終わりは10月の国内メジャー「日本オープン」以降、日米の大会を通じて5戦4勝という圧巻の戦績でした。

今のところ、松山英樹が今季の賞金ランキング世界1位です。 世界ランクは前週同様5位のまま据え置かれていますが。

フケ顔で、態度もでかくみえますが、まだ24歳ですよ。 2003年に3勝を挙げていた丸山茂樹を超えました。3勝を挙げたときの丸山は34歳でしたので、それより10歳若い松山がどこまで記録を伸ばすのか楽しみですね~!

あの世界のエーオーキー(青木功)が1983年に日本人プレーヤーとして1983年の米国PGAツアーのハワイアン・オープンで初の優勝を飾ったのが1983年でした。世界の青木の優勝はこれっきりで、達成は41歳のときでした。

ただ青木は、1980年にメジャーの全米オープンで、帝王ジャック・ニクラウスとの死闘の末、2位に入るという輝かしい実績を残しましたね。

世界のゴルフのメジャー4大大会は、4月第1週のマスターズ、6月中旬の全米オープン、7月の全英、8月中旬の全米プロです。

勝ち運に乗った松山英樹が、近々メジャー初制覇を達成してくれることを祈っていますよ。

世界ランク5位と言えば、競技が違いますが、テニスの錦織圭ですね。ナダルが6位に、フェデラーも10位に上がってきたので油断はできません。

今年は、錦織がいよいよメジャー大会初制覇の年かと期待していたのですが、いきなり1月の全豪オープンで過去の人だったはずのフェデラーやナダルの30歳台コンビ(ナダル30歳、フェデラー35歳)がゾンビのように復活してしまいました。 錦織もフェデラーとの闘いで圧倒されちゃいましたね。

全豪でフェデラーが復活V、フルセットの死闘を闘ったナダルが準優勝でした。錦織には、彼らに引導を渡してもらいたかったのですが、かつてのトップランキングのややこしい連中の眠りを覚ましてしまいました。

ツアー通算11勝の錦織にも、今年、テニスのメジャー大会初制覇の夢をかなえてもらいたいですね。

テニスのメジャー大会は、1月の全豪オープン@メルボルン、5月~6月の全仏オープン@パリ、6月~7月のウィンブルドン@ロンドン、そして8月~9月の全米オープン@ニューヨークです。

by zoompac | 2017-02-09 06:07 | スポーツ | Comments(0)
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC