GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言


映画、読書、ワイン、旅、駅伝、柔道、スポーツ観戦、趣味の世界
by zoompac

カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:インターハイ陸上 ( 3 ) タグの人気記事

続・高校生スーパールーキー達(佐々木塁、服部凱杏、馬場勇一郎、林田洋翔)のインターハイ陸上イ2017の総括

f0090954_06230244.jpg馬場勇一郎、佐々木塁、服部凱杏、林田洋翔達の高校総体全国大会2017のそれぞれの結果をまとめてみました。 (写真もこの順番に並べています)

去年、800m、1500m、3000mの中学生記録を塗り変えた鳴り物入りの新高校生4人が挑んだインターハイ2017はそれぞれに辛い試練となったようです。

昨年、800mの中学記録を33年ぶりに更新(1分52秒43)した中京大中京高1年の馬場勇一郎は、全国大会@山形の予選を1:53.96で走り、準決勝までまで進みました。準決勝ではタイムを1:53.16と予選より伸ばしましたが決勝進出には届きませんでした。

ちなみに800m決勝で優勝した兵庫高の高橋佑輔のタイムは1:50.32でした。優勝者と4位までの差が1秒ないという接戦でした。馬場が、この全国インターハイでトップ争いに絡むには、後2秒程度自分の記録を伸ばす必要があります。たかが2秒、されど2秒の越すに越されぬ田原坂ですね。f0090954_06233492.jpg

1500mの中学生記録(3分53秒69)を持つ佐々木塁 の東北高校総体予選の記録が3:58.99で6位、決勝では故障があったのでしょうか4:02.48で8位でした。 地区大会止まりで、インターハイ全国大会@山形への参戦は叶わなかったようです。

結局、盛岡第一高1年の佐々木は、1位で走った県大会の1500mのタイムが一番よかったですね。 3:57.12でした。故障を早く治して、来年は全国大会でライバルたちとの元気な競演を見せて欲しいです。

佐久長聖高1年の服部凱杏は全国大会の1500mの予選にこそ出場しましたが、3:58.74の10位で決勝に駒を進めることができませんでした。

f0090954_06232058.jpg服部凱杏は他の3人と違って中学記録保持者ではありません。昨年の愛知県千種中時代に1500mで歴代2位、3000mで歴代8位となる中学生記録の保持者です。ですが、勝負強さでは他の3人に引けをとりません。 昨年夏の全国中学陸上選手権1500mでは馬場、佐々木を、林田を抑えて堂々の優勝を果たしました。 また、12月に行われた全国中学駅伝第1区においてもライバル林田を抑え、区間賞を獲得しています。

余談ですが、2016年の伝説の全中陸上1500mの結果記録です。4人とも、大会新記録でした。

1. 3:54.49 NGR 服部 凱杏(3) (千種)
2. 3:57.91 NGR 馬場 勇一郎(3) (上郷)
3. 3:58.16 NGR 林田 洋翔(3) (桜が原)
4. 3:58.60 NGR 佐々木 塁(3) (盛岡河南)

このときの服部凱杏の記録が、後に佐々木塁に破られはしましたが、2012年の池田親の記録を上回るものだったのです。2位、3位、4位は団子でしたが、1位の服部は後続に大差をつけてのゴールでした。

来年のインターハイ本戦1500mでは、是非、2016年の全国中学陸上選手権1500mの夢の4人対決を再演して欲しいですね。その中で、この服部凱杏の勝負強さをみたいものです。f0090954_06234782.jpg

一方、去年3000mの中学記録を2度更新した(最終的に8分19秒14)記録保持者の 長崎・瓊浦高1年の林田洋翔は、全国大会@山形 の1500mの決勝まで進みました。結果は5位でした。タイムは3:46.17ですから自己記録更新ですね。立派なもんだと思います。

ちなみに、優勝した学法石川高3年の半澤黎斗のタイムは、3:44.57でした。 さすがに高校生ともなるとレベルが高いですね。

林田洋翔は、全国大会@山形 の5000mの予選にも出場していましたが、こちらは14:39.99のタイムで決勝に進むことはできませんでした。

今年の5000m決勝では1位から5位まで(日本人は4位の佐久長聖の中谷雄飛だけ、後の4人は留学生)が13分台のタイムでした。

スーパー中学生として名をあげた4人が、新人高校生アスリートとして迎えたインターハイ2017でしたが、もそれぞれがそれぞれに厚い壁を感じた結果だったと思います。
以前、2012年に29年ぶりに中学生の1500mの記録更新となる3分55秒90の記録を打ち立てた当時加古川中、後に西脇工に進学した池田親に注目したことがありました。今、筑波大生の池田親ですが、スーパー中学生がその成長力を維持して、高校生、大学生として記録を伸ばして活躍し続けることの難しさを感じたことを思い出しました。 

成長期ゆえの体の変化に注意しないと思わぬ故障につながりかねませんし、お山の大将だった中学性から高校進学で環境も変わります。中学の時打ち立てた記録が破れずプレッシャーとなったり、燃え尽き症候群に陥る可能性もあります。体もメンタルも振幅が大きい時期だけに注意深くケアに努め、順調に伸びっていってもらいたいです。この4人には、なんとかよい指導者にも恵まれ才能を思い切り伸ばしてもらいたいです。

by zoompac | 2017-08-05 06:46 | スポーツ | Comments(0)

インターハイ陸上2017 結果_女子1500m、3000m_田中希美が3000で8分台ランナーに名乗り!

f0090954_05375445.jpg平成29年度 全国高等学校総合体育大会「南東北総体2017」が2017年7月28日(金)に開幕し、陸上競技は7月29日(土)~8月2日(水)の5日間にわたり、山形県天童市のNDソフトスタジアム山形で開催されました。

ここでは南東北総体2017、陸上競技の中から、女子1500m、3000mの結果を切り取って掲載します。

女子1500mは、7月30日日曜日にNHKでTV中継されていました。

田中希実が終始、トップグループを形成する留学生ランナー4人に混ざって果敢に攻めの走りをしていたのが印象的でした。

写真は、留学生を従えトップで走っているように見える田中希美ですが、実はヘレン・エカラレに大差をつけられ2位でのゴールでした。

去年は西脇工の1年先輩の高橋ひなに続いての2位、今年は留学生ヘレン・エカラレに続いて2位でした。

去年の優勝者高橋ひなのタイムが4:15.82、田中希実のタイムが4:15.95で秒差なしでしたが、今年は大会並びに国内新記録樹立のヘレン・エカレラに9秒弱の差の2位でした。

去年は西脇工の後藤夢が4:16.69で3位に入り、西脇工の1~3位独占が話題になりましたが、後藤 夢は調子を崩していたのでしょうか、今年は4:25.76のタイムで13位でした。

ちなみに、1500mの高校記録というか日本記録は、須磨学園在学中の小林祐梨子が2006年のスーパー陸上で樹立した4.07.86です。 今回のインターハイではこの日本記録で走ってもヘレン・エカラレに敵わなかったのですね。

いずれにせよ、往年の小林祐梨子が高校生時に樹立した記録を凌駕する女子ランナーの台頭が待たれます。

世界の壁は高いですよ。エチオピアのゲンゼベ・ディババの世界記録は3:50.07です。世界陸上@ロンドンに出場しています。予選は5日土曜日、準決勝は6日日曜日で、決勝が8日火曜日です。こういう場で、日本人選手の活躍を観られないのは本当に残念です。

4位には、長崎の和製ラドクリフこと野球帽がトレードマークの廣中璃梨佳が怒涛のラストスパートで入りました。

女子1500m
1 4:07.06 ヘレン エカラレ(3) 仙台育英 宮城 NGR 日本国内国際高校新
2 4:15.90 田中 希実 (3) 西脇工 兵庫
3 4:17.61 マータ モカヤ (2) 大分東明 大分
4 4:17.82 廣中 璃梨佳 (2) 長崎商 長崎
5 4:17.86 カマウ タビタ (2) 神村学園 鹿児島
6 4:19.04 ナオミ ムッソーニ (2) 世羅 広島
7 4:19.25 御﨑 舞 (3) 筑紫女学園 福岡
8 4:19.69 和田 有菜 (3) 長野東 長野

女子3000mは、ヘレン・エカラレが昨年に続いて連覇、しかも今年の1500mに続いて2冠を飾りました。

1500mに続いて3000mも2位だったのが西脇工の田中希実です。喜ばしいことに、田中希実も遂に3000mで一流の証とされる8分台ランナーになりました。

3000mの高校生記録も2005年に当時須磨学園の小林祐梨子が出した8:52.33です。日本記録は、ワコールの福士加代子が2002年に出した8:44.40です。このインターハイの9位までに入った綺羅星のような高校生ランナー達が2020年の東京五輪に向けて記録を伸ばしてくれることを期待しましょう。 その一番手に田中希実がいます。

今年の日本選手権5000mで3位に入った小笠原朱里はインターハイ3000mでは9位に沈んでしまいました。まだ2年生ですので来年に期待しましょう。

女子3000m
1 8:54.36 ヘレン エカラレ(3) 仙台育英 宮城
2 8:59.83 田中 希実 (3) 西脇工 兵庫
3 9:01.73 カマウ タビタ (2) 神村学園 鹿児島
4 9:03.67 マータ モカヤ (2) 大分東明 大分
5 9:04.25 和田 有菜 (3) 長野東 長野
6 9:05.26 髙松 智美ムセンビ (3) 薫英女学院 大阪
7 9:05.66 廣中 璃梨佳 (2) 長崎商 長崎
8 9:06.52 矢田 みくに (3) ルーテル学院 熊本
9 9:07.17 小笠原 朱里 (2) 山梨学院 山梨

by zoompac | 2017-08-04 05:43 | スポーツ | Comments(0)

インターハイ陸上2017 結果_男子800m、1500m、5000m

f0090954_05550697.jpg平成29年度 全国高等学校総合体育大会「南東北総体2017」が2017年7月28日(金)に開幕し、陸上競技は7月29日(土)~8月2日(水)の5日間にわたり、山形県天童市のNDソフトスタジアム山形で開催されました。

ここでは南東北総体2017、陸上競技の中から、男子800m、1500m、5000mの結果を切り取って掲載します。

800と1500の二冠を狙っていた兵庫高の高橋佑輔が、800に先行して行われた1500では3位でしたが、800では今季の高校生タイムランキング1位となる1:50.32で優勝しました。(写真)

愛知県の県大会で1:50.33を出して、この試合前まで今季ランキング1位で優勝候補に挙げられていた中京大中京の鳥居風樹は7位でした。

男子800m
1 1:50.32 高橋 佑輔 (3) 兵庫 兵庫
2 1:50.67 クレイアーロン 竜波 (1) 相洋 神奈川
3 1:50.77 一ノ宮 健郎 (3) 松山北 愛媛
4 1:51.09 丸山 脩太 (3) 前橋育英 群馬
5 1:51.63 根本 大輝 (3) 佐野日大 栃木
6 1:51.93 坂本 陸 (3) 越谷西 埼玉
7 1:52.27 鳥居 風樹 (2) 中京大中京 愛知

混戦予想の男子1500mでは、今季好調の学法石川の半澤黎斗がゴール手前で内側からスルッと抜け出して終始トップをキープしていた大分東明のベヌエル モゲニを躱して優勝をもぎ取りました。 TV観戦で見た限り、ちょっと半澤が肩を入れて進路妨害をしたようにも見えましたが、意表を突いた作戦勝ちとしておきましょう。

伝統の力も半澤の後押しをしたのかもしれません。このインターハイ1500mは、今年学法石川を卒業し渡辺康幸監督率いる住友電工へ入社した高卒スーパールーキー遠藤日向が2015年、2016年と連覇していたのです。今年、半澤が優勝したことで、学法石川が三連覇の偉業達成ということになりました。

近畿二冠の高橋佑輔は好位置につけていたのですが、アキレス腱の痛みもあってかラストでのもう一伸びを欠いての3位でした。

3000mの中学生記録保持者で高校1年生の林田洋翔が5位に入る健闘を見せてくれました。

男子1500m
1 3:44.57 半澤 黎斗 (3) 学法石川 福島
2 3:44.58 ベヌエル モゲニ(2) 大分東明 大分
3 3:45.10 高橋 佑輔 (3) 兵庫 兵庫
4 3:45.69 久納 碧 (3) 学法石川 福島
5 3:46.17 林田 洋翔 (1) 瓊浦 長崎

男子5000mでは、留学生の強さが目立ちました。 大分東明のベヌエル モゲニ(2)が倉敷のチャールズ ニジオカ (3)の連覇を阻みました。 日本人では北信越大会を制した佐久長聖の中谷雄飛が日本人トップの4位入賞を果たしました。 東北大会でピーター・ムワンギにラストスパートで逆転優勝し、期待されていた青森山田の田澤廉は9位でした。

去年のインターハイ5000mで14分切りは優勝したチャールズ ニジオカ(13:54.86)ただ1人でしたが、今年はレベルが高かったですね、1位から5位までが14分を切ったタイムでゴールしました。

男子5000m
1 13:36.38 ベヌエル モゲニ(2) 大分東明 大分
2 13:36.73 チャールズ ニジオカ (3) 倉敷 岡山
3 13:52.10 デービッド グレ(3) 世羅 広島
4 13:55.50 中谷 雄飛 (3) 佐久長聖 長野
5 13:57.32 ピーター ムワンギ (3) 仙台育英 宮城
6 14:00.46 井川 龍人 (2) 九州学院 熊本
7 14:03.07 ンガンガ ワウエル (1) 興國 大阪
8 14:03.27 千明 龍之佑 (3) 東京農大二 群馬
9 14:04.15 田澤 廉 (2) 青森山田 青森

by zoompac | 2017-08-03 05:55 | スポーツ | Comments(0)
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC