GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言


映画、読書、ワイン、旅、駅伝、柔道、スポーツ観戦、趣味の世界
by zoompac
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2017年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

映画 「三度目の殺人」_役所広司の怪演と素晴らしい画像に圧倒された映画!

f0090954_06342741.jpg「そして父になる」の是枝裕和監督と福山雅治が再タッグを組み、是枝監督のオリジナル脚本で描いた法廷心理ドラマです。

勝つことにこだわる弁護士・重盛(福山雅治)は、殺人の前科がある男・三隅(役所広司)の弁護を担当することになります。

解雇された工場の社長を殺害して死体に火をつけた容疑で起訴されている三隅は犯行を自供しており、このままだと死刑は免れない最悪の状況で、重盛は弁護を引き受けることになりました。

しかし三隅の動機はいまいち釈然とせず、重盛は面会を重ねるたびに、本当に彼が殺したのか確信が持てなくなっていきます。

ただ、重盛もさるもので、依頼人に対する理解や共感はおろか、真実さえ必要ないという徹底的な割り切りができる男なのです。迷ったときは徹底的に依頼人の利益になる選択を取るというドライな方針を持っています。

この丁々発止の重森と三の接見室でのやりとりが軸になった映画です。

法廷心理ドラマなのですが、法廷シーンよりこちらの接見室での重森と三隅のやりとりのほうが断然迫力があります。

接見室の撮影にも工夫が凝らされており、いろいろな角度から二人のやりとりや表情を捉えてくれています。 特に重盛と三隅の二人の顔がガラスの反射で重なって見える撮影が印象に残りました。

監督をはじめとする撮影スタッフが、映画の軸を法廷シーンから接見室に移した理由は、役所広司の怪演にあったと是枝監督が言っていました。 福山雅治も是枝監督も、毎回毎回異なる役所広司のリアクションに引きずられるようにしてあの接見室での会見シーンを増やしてなんと全7回の二人の対話シーンを設定し、撮影したそうです。

役所広司の演技には確かに圧倒されます。弁護士・重森は言うに及ばず、検事、裁判官、被告までも右往左往させます。映画の中だけでなく、映画を観ている観客にまでその不気味さは伝わり、つくづく磁力を感じさせる役者との思いを強くしました。監督まで揺さぶられて役所広司と福山雅治の掛け合いを軸とする映画に構造変換したという役所広司の演技は映画館で観ていただくしかないですね。

是枝監督作の「海街diary」の広瀬すずが、物語の鍵を握る被害者の娘役を演じていました。

今年の私の邦画のベスト1候補作品に出会えました。


by zoompac | 2017-09-30 06:48 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

午前十時の映画祭8 デジタルで甦る永遠の名作映画「泥の河」_少年達のひと夏の出会いと別れ

f0090954_06285164.jpgTOHOシネマズ日本橋で観ました。

昭和31年(1956年)の日本は、1951年のサンフランシスコ講和条約調印で敗戦後6年に渡るGHQ直接統治が終焉し、戦後の復興に汲々として矢先に勃発した朝鮮動乱(1950~1953、昭和25年~28年)の特需を足場に高度経済成長に突入し、経済白書「もはや戦後ではない」という有名な言葉が書き込まれた年でした。

そんな高度経済成長の流れから置いて行かれたような風情の大阪安治川河口を舞台に、河っぷちの食堂に住む少年と、対岸に繋がれた廓舟の姉弟との出会いと別れを描いたひと夏の物語がスクリーンに映し出されていました。

太宰治賞を獲った宮本輝氏の同名小説が原作です。

安治川は、中之島を挟んで流れる堂島川と土佐堀川の西に位置しその二つの川がX字に交差して南に木津川西に安治川となっていきます。安治川は大阪の低海抜地帯を流れて大阪湾に注いでいます。

当時の安治川河畔は工場の煙で何となく空気もどんよりとし狭小な住宅が建てこんでいて、川もゴミをいっぱい浮かべてとっぷりとよどんでいました。まさに映画のタイトル「泥の河」に相応しい情景の街でした。

ある日、食堂の息子「信雄」は対岸に繋がれているみすぼらしい舟に住んでおり、少年、喜一(きっちゃん)に出会います。そこには銀子という優しい姉と「きっちゃん」の母(加賀まりこ)も住んでいました。

信夫の母(藤田弓子)と父(田村高寅)は、夜、あの舟に行ってはいけないと信夫に言います。その船は、夫に死に別れた喜一と銀子の母が生計を立てるため営んでいた廓船だったのです。

それでも、日が明るい間は、せっかくできた信雄の友達として、信雄の父母は姉弟を夕食に呼んで、暖かくもてなします。(余談ながら、藤田弓子役の信夫の母と設定では小学生高学年と思われる銀子の入浴シーンの藤田弓子のトップレスに圧倒されました。)

そうこうしているうちに信夫ときっちゃんが楽しみにしていた天神祭りがきます。初めてお金を持って祭りに出た信雄はきっちゃんに預けるのですが穴の開いたズボンをはいたきっちゃんは人込みでそれを落としてしまいます。しょげた信雄を楽しませようと喜一は強引に船の家に誘いました。f0090954_06301028.jpg

泥の河に突きさした竹箒に、きっちゃんの宝物の蟹の巣がありました。きっちゃんはランプの油を大きな茶碗に注ぎ蟹をひたし、その蟹を船べりに並べます。そして次々に火をつけたのです。蟹は火柱をあげながら舟べりを這いまわって逃げようとします。

この遊びを慰めにしているきっちゃんの暗い情念には、信雄の理解を超えるものがあったに違いありません。

焔に包まれた蟹を追った信雄は船窓から夜伽をする喜一の母の姿を見ることになります。裸の男の背に浮かんだ入れ墨が暗がりに動いていました。

信雄の両親が禁じていた、廓船への夜の訪問で信雄は見てはいけないものを見る羽目になったのでした。

信雄はいたたまれずきっちゃんに挨拶もせず船を飛び出し対岸の自宅に戻りました。

そしてその事件をきっかけのように、たぶん事件の翌日か数日後に対岸の廓船が移動を始めたのです。

信雄は思わず「きっちゃーん!」と呼びながらその船を追い続けます。しかし、船からきっちゃんも銀子も信雄の気持ちに応えるため姿を現すことなく、船はその後の何十年の繁栄と絶望とを象徴するように、ビルの暗い谷間に消えていきました。

池田勇人首相の所得倍増計画に乗っかって転換期を迎えようとしている昭和31年のひと夏の少年たちの出会いと別れが、大阪の「泥の河」と呼ばれる安治川を舞台に描かれていました。 そして加賀まりこの妖艶な美しさもこの映画を際立ったものにする効果を引き出していました。

TOHOシネマズ日本橋で、この「泥の河」の次に上映予定となっている午前十時の映画祭8 デジタルで甦る永遠の名作映画は、「トリュフォーの思春期」です。

フランス地方都市の、夏休み前でにぎやかな小学校を舞台にした映画です。「泥の河」のきっちゃんのように、転入してきた訳ありな生徒を中心に騒動が持ち上がりそうです。 日仏の子供たちのひと夏の想いで物語を比較しながら、また自分の小学生時代の思い出に浸ってみたいと思っています。

この「泥の河」はTOHOシネマズ日本橋では終了してしまいましたが、TOHOシネマズ新宿で今週から来週にかけて観ることができます。


by zoompac | 2017-09-29 06:30 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

読書 「AX(アックス)」 伊坂幸太郎_家族思いの殺人者が振りかざした蟷螂の斧!

f0090954_05472974.jpgこの小説の題名は、AX(アックス)ではなく、ずばり「蟷螂の斧(とうろうのおの/Ax of mantis)」にした方が小説の内容にも沿っていてよかったのではないかと思います。

蟷螂とはかまきりのことで、斧に似た前脚を振り上げて自分より大きい敵に向かっていく様から、力のない者が、自分の実力もかえりみずに強い者に立ち向かうことのたとえに使われる言葉です。

兜とあだ名される殺し屋が、家庭では大変な恐妻家で、高校生の息子からもその点で同情を買っています。 兜は業界では名の売れた一流の殺し屋なのですが、そろそろ足を洗いたいと思っていました。

そうした中、殺しの斡旋を兜に注文していた表向き病院の医師から命を狙われることになります。簡単に足を洗わせるわけにはいかないということです。 逃亡すれば家族の命も狙われかねない状況で、兜の選んだ途は驚くべきものでした。

素直に読んでいくと心地よく話に誘導されて爽やかな読後感を得ることができます。

よくよく考えてみると、その物語での着地を決めるのに、偶然に任せている粗が見え隠れしていることに気づきます。

それが言葉の詐欺師といったら語弊がありそうなので、言葉の奇術師と言い換えておきますが、伊坂幸太郎の真骨頂だと思わされました。

殺人者と家族愛という、相いれない対極の二つの要素を上手く融合した作品を書いてくれました。

冒頭の蟷螂の斧の意味は、この小説のラストを読めば腑に落ちると思います。「 息子がドアを開けたらどうすんだよ~! 洒落にならんぞ~!」と私は突っ込みをいれたくなりましたが。


by zoompac | 2017-09-28 05:49 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

第65回 全日本実業団陸上競技 2017の結果_女子中長距離_10月22日のプリンス駅伝への展望予想の情報集め!

f0090954_05582988.jpg2017年9月22日(金)~24日(日)の3日間にわたり、ヤンマースタジアム長居 /ヤンマーフイールド長居で全日本実業団陸上競技が開催されました。

写真は、女子10000mでゴール直前の300mでワコールの一山 麻緒を振り切った積水化学の松﨑璃子です。結果はこの記事の最後に記載しています。

2017年10月22日日曜日のプリンセス駅伝の予想に向けて、とりあえずトラック競技最後の第65回 全日本実業団陸上競技 2017の結果とその他、各チームの新人補強状況等の情報をかき集めてみました。

実業団女子駅伝チームの日本一を決めるクイーンズ駅伝が2017年11月26日(日)に開催されに先立って、そのレースの予選会になるのがプリンセス駅伝です。

去年(2016年)のクイーンズ駅伝の上位8位までがシード権を獲得しています。次の8チームはプリンセス駅伝はパスです。

- 1位 / 2:15:08 JP日本郵政グループ
- 2位 / 2:15:21 第一生命グループ
- 3位 / 2:16:08 ヤマダ電機
- 4位 / 2:16:38 九電工
- 5位 / 2:16:44 ワコール
- 6位 / 2:16:50 天満屋
- 7位 / 2:16:52 資生堂
- 8位 / 2:17:16 ユニバーサル

プリンセス駅伝に登場するのは次のチームです。

- 9位 / 2:17:18 ホクレン
- 10位 / 2:17:36 積水化学
- 11位 / 2:18:00 デンソー
- 12位 / 2:18:30 しまむら
- 13位 / 2:18:31 パナソニック
- 14位 / 2:19:07 日立
- 15位 / 2:19:20 ノーリツ
- 16位 / 2:19:26 ダイハツ
- 17位 / 2:19:39 十八銀行
- 18位 / 2:19:42 TOTO
- 19位 / 2:20:33 三井住友海上
- 20位 / 2:22:34 京セラ
- 21位 / 2:29:27 ユタカ技研
- 失格 / 豊田自動織機

去年失格の豊田自動織機は、その失格が影響したのか前途有望と期待された島田美穂が退部してしまいました。その代わりユニクロから萩原歩美を確保し大型補強したのに加え、菅野七虹という立命館大のエースが加入しています。
今回の全日本実業団陸上競技大会に萩原歩美の名はありませんでしたが、菅野七虹は10000mを14位で走っていました。

ホクレンは3年連続の9位でシード権に今一歩の悔しさが続いています。 内山千夏(玉川大)、加藤凪紗(札幌日大)、河辺友依(日大三島)等の新人加入で今年こそ本戦(クィーンズ駅伝)でのシード圏内入りを狙っています。

積水化学がよさそうですね。Wエースの片割れの尾西美咲(2016年に日本陸上競技5000m4連覇達成し、リオ五輪5000mの日本代表に選出されましたが、2017年は調子を崩しロンドンの世界陸上にも参加できていません。)の名は見ませんでしたが、もう1人のエースの松﨑 璃子がこの大会の10000mをトップで走って気を吐いています。大学のエース、準エース級【湯澤ほのか(名城大)、佐藤早也伽(東洋大)、廣田麻衣(立命館大)】等が新加入で大型補強をしています。

去年は、大エースだった高島由香の資生堂への電撃移籍などの後遺症が響いて、4連覇どころかシード権内にも入れなかったデンソーですが、底力はあなどれません。小泉直子、光延友希のエース格に、庄司麻衣、倉岡奈々あたりの若手が計算できると強いです。立命大から意外性の池内彩乃が加入しています。私の池内のイメージは走る彫刻刀です。切れのある走りをしてくれます。

ダイハツは、立命大の菅野七虹と並んでエース格だった大森菜月が加入しました。故障中ということですが、完全復活すれば、今期好調の松田瑞生との大阪薫英OB(OG)ラインで1区、3区を固めて十分勝負はできます。マラソンランナー前田綾乃が復帰できれば優勝争いも夢ではありません。

廃部の危機から蘇生して昨年奇跡と呼ばれたクィーンズ駅伝参戦を果たした京セラも、今季は大型補強をしています。盛山鈴奈(鹿屋体育大)、床呂沙紀(関西外国語大)、藤田理恵(鹿屋体育大)、松田杏奈(松山大)、中島愛華(神村学園)等が新加入です。

今年も、3/4が終わろうとしています。10月~12月の今年最後の3ヶ月は駅伝祭りです。

いよいよです。10月は9日に出雲駅伝、22日がプリンセス駅伝、29日が全日本大学女子駅伝です。11月は、5日が全日本大学駅伝、12日に東日本女子駅伝、26日がクィーンズ駅伝、12月は17日が全中駅伝、23日が全国高校駅伝、30日が富士山女子駅伝です。

全日本実業団陸上競技 2017の結果です。

1500m 女子
1 4:16.10 アン カリンジ 豊田自動織機 中部
2 4:19.98 陣内 綾子 九電工 九州
3 4:20.12 森川 千明 ユニクロ 東日本
4 4:20.69 竹内 麻里子 愛媛銀行 関西
5 4:21.07 飯野 摩耶 第一生命グループ 東日本

3000m女子ジュニア
1 9:08.01 一山 麻緒 ワコール 関西
2 9:09.13 渡邊 菜々美 パナソニック 東日本
3 9:18.56 中舎 朱音 積水化学 東日本
4 9:19.41 原田 紋里 第一生命グループ 東日本
5 9:19.68 前田 梨乃 豊田自動織機 中部

5000m女子
1 15:09.68 ローズメリーワンジル モニカ スターツ 東日本
2 15:16.36 シュル ブロ TOTO 九州
3 15:20.11 福田 有以 豊田自動織機 中部
4 15:21.29 松﨑 璃子 積水化学 東日本
5 15:24.17 一山 麻緒 ワコール 関西
6 15:26.13 グレースブティエ キマンズィ スターツ 東日本
7 15:28.64 堀 優花 パナソニック 東日本
8 15:32.89 加藤 岬 九電工 九州
9 15:33.42 ムルリマリアム ワイディラ 九電工 九州
10 15:41.65 森田 香織 パナソニック 東日本
11 15:43.70 阿部 有香里 しまむら 東日本
12 15:43.97 森 智香子 積水化学 東日本
13 15:44.12 佐藤 早也伽 積水化学 東日本
14 15:44.14 林田 みさき 豊田自動織機 中部
15 15:46.96 西原 加純 ヤマダ電機 東日本
16 15:48.43 籔下 明音 豊田自動織機 中部

10000m女子
1 32:09.49 松﨑 璃子 積水化学 東日本
2 32:15.09 一山 麻緒 ワコール 関西
3 32:19.18 鍋島 莉奈 JP日本郵政G 東日本
4 32:24.61 阿部 有香里 しまむら 東日本
5 32:29.78 加藤 岬 九電工 九州
6 32:38.98 竹地 志帆 ヤマダ電機 東日本
7 32:40.22 桑原 彩 積水化学 東日本
8 32:48.69 石澤 ゆかり エディオン 中国
9 32:56.87 光延 友希 デンソー 中部
10 33:01.18 盛山 鈴奈 京セラ 九州
11 33:03.47 石井 寿美 ヤマダ電機 東日本
12 33:05.52 井上 藍 ノーリツ 関西
13 33:05.99 谷本 観月 天満屋 中国
14 33:12.35 菅野 七虹 豊田自動織機 中部
15 33:12.71 沼田 未知 豊田自動織機 中部


by zoompac | 2017-09-27 06:02 | スポーツ | Comments(0)

進撃の陸上1500m中学生記録保持者・石田洸介が電撃の記録更新、再び!

f0090954_05312534.jpg陸上100mで東洋大の桐生祥秀が9月前半のインカレで9秒98を叩き出したかと思えば、24日日曜日に今度は山形亮太(セイコーホールディングス)が実業団陸上大会で自己新の10秒00を出しました。

大相撲では、序盤3連敗の日馬富士が逆転優勝でしたし、リオ五輪金メダルのバドミントンの高松ペアが3年ぶりにジャパンOPを制しましたし、SP世界最高得点を更新した羽生結弦がフリーでは暗転のジャンプの失敗連鎖でした。

いろいろスポーツのニュースはありましたが、23日土曜日に行われた日体大の記録会の1500mで、大学生、社会人に混ざって福岡・浅岡中の石田洸介が、自身が今年7月に福岡県総体で出した歴代中学生1500m記録3分53秒54をなんとなんと4秒近く更新してしまったことを取り上げておきましょう。彼が叩き出した中学1500m更新記録は、3分49秒72です。

大学生、社会人相手でしたので、さすがに順位は7位でしたが、写真のように5位の旭化成の村山紘太とほぼ同体でのゴールでしたよ。

写真の手前がリオ五輪5000m、10000mの日本代表で、10000mの日本の記録保持者(2015年、27分29秒69)の村山紘太、真ん中が今年大量15人の新入生加入となった駒澤大学の新人の1人の市澤長太、そして奥が浅川中の赤いランニングシャツがトレードマークの石田 洸介です。

10位にはひと昔中学生全国区で活躍していた西村陽貴の名前もありました。

いやいや、この石田洸介、東京五輪の2020年までにどこまで進化進撃するのか楽しみですね。

次は、3000mで林田洋翔の持つ中学生記録の更新を狙って欲しいですね。

10月27日~29日のジュニアオリンピックに期待しましょう。

1 3:44.71 清水 鐘平 山梨学院大学
2 3:45.27 メシャク ムングティ NDソフト
3 3:45.47 中谷 浩崇 慶應義塾大学
4 3:48.43 岡野 颯斗 京都大学
5 3:49.58 村山 紘太 旭化成
6 3:49.69 市澤 長太 駒澤大学
7 3:49.72 石田 洸介 浅川中
8 3:50.15 石川 聖也 早稲田大学同好会
9 3:50.46 河合 正貴 東京工業大学
10 3:50.84 西村 陽貴 日本大学


by zoompac | 2017-09-26 05:52 | スポーツ | Comments(0)

映画 「西遊記2」_孫悟空役にイケメン俳優ケニー・リン!

f0090954_05405446.jpg「少林サッカー」「カンフー・ハッスル」などで人気のチャウ・シンチーによる「西遊記 はじまりのはじまり」の続編です。

今作ではシンチーが製作と脚本を担当し、「セブンソード」「ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝」など多数のヒット作を手がけるツイ・ハークがメガホンをとっていました。

「西遊記 はじまりのはじまり」のインパクトが強く、続編も楽しみにしていたのですが、私の印象では、二匹目のドジョウとはいかなかったようです。

三蔵法師、孫悟空、沙悟浄、猪八戒のすべての役者が、「西遊記 はじまりのはじまり」とは入れ替わっていました。

9月30日で最終話を迎えるWOWOWTVドラマ「三国志~趙雲伝~」の趙雲子龍役のイケメン俳優ケニー・リンが孫悟空を演じていたということ以外、さしたる印象はありませんでした。

天竺への旅を続ける三蔵法師の一行が、途中で立ち寄った比丘国(びくこく)で妖怪たちの逆襲にあう様を描いていました。

比丘国の国王は思ったままに行動してしまう子どものような人物で、なんとなく今の米朝のトップをイメージしながら映画を観てしまいました。


by zoompac | 2017-09-25 05:41 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」_「あきらめずに頑張り通せば、夢は・・」

f0090954_08115957.jpg日本を代表する起業家の柳井正や孫正義が起業家魂を学んだという立志伝中のレイ・クロックの自伝を下敷きにした映画です。

世界最大のファーストフードチェーン・マクドナルド創業者として、世界一の億万長者となった男の成功物語が映画の導入部から前半を占めます。

レイ・クロック(マイケル・キートン)が成功の手掛かりをつかんだのは1954年、彼が52歳のときでした。

冒頭から、シェイクミキサーのセールスマンとしてアメリカの中西部をオンボロ車で精力的に活動をしているレイの姿が映し出されます。

売れなくても、モーテルに戻って、「ザ・パワー・オブ・ポジティブ・シンキング」っていう自己啓発の演説のレコードを聴いて意気消沈しかかっている自分の心に新規のエネルギーをチャージし奮い立たせるシーンが印象的でした。

「ザ・パワー・オブ・ポジティブ・シンキング」って、デール・カーネギーの著書かなと思ったのですが、調べてみるとノーマン・ヴィンセント・ピールという人でした。

この映画を観ていると、本当の彼の凄さは、「ザ・パワー・オブ・ポジティブ・シンキング」を具現しているところです。非情になれるまで自分が見つけ出した成功の道を信じ切っているところです。

レイ自身が後に著した自伝「成功はゴミ箱の中に」でも、「継続に勝るものはない」とか「あきらめず頑張りとおせば夢は必ず叶う」という言葉を残していますが、そうした言葉は何度もこの映画の中で聴くことができます。

そうしたセールス活動で奮闘していたレイはある日、カルフォニア州にあるドライブイン・レストランから6台のシェイク・ミキサーの注文を受けます。 何かの間違いだと思って発注元に確認の電話を入れたレイは、さらに2台追加して8台欲しいと言われ、どんな店かと興味をそそられました。

思い立ったが吉日と、アメリカの中西部からオンボロ車をカリフォルニア州の片田舎まで車を走らせました。

そこで出会ったのが、オーナーのマック&ディック兄弟と彼らの名字を店名としていたハンバーガー店・マクドナルドでした。

そこにはこれまでのハンバーガー店にはない驚きのシステムが見て取れました。合理的な流れ作業のスピード・サービス・システムや徹底的にコストを削減する反面高品質を保つ革新性の中、注文して30秒で料理が提供されるのです。

ここから映画は、マクドナルド兄弟の革新的なコンセプトを生み出すまでのエピソードをたんたんと語っていきます。

大きなテニスコートに色付きチョークで、厨房の見取り図を描いて、料理の流れ作業の手順を何度もシュミレーションし改良を加えながら、最短でハンバーグを焼き上げるシステムを創り上げるシーンが印象的でした。

その革新的なコンセプトにレイは咄嗟に全米に店舗を展開する壮大なフランチャイズビジネスを思いつきます。

最初は懐疑的だった兄弟をレイが説得するエピソードも見どころの1つです。 セールスマンとしてアメリカを走り回っているレイがどの街に行っても必ず見る建物が十字架を掲げる教会であり国旗を掲げる裁判所だというのです。 その協会と裁判所にマクドナルドのゴールデンアーチも加えようという提案をしたのです。

兄弟を説得し、兄弟の条件を飲んで契約を結んだレイは怒涛の勢いでフランチャイズ化を拡げていきます。

しかしフランチャイズ店の数が増加してもレイの手元にお金は溜まってきません。マクドナルド兄弟との契約が足枷になっていました。

金銭的苦境に陥ったレイを救ったのはフランチャイズというビジネスはフードビジネスではなく不動産ビジネスだという発想の大転換でした。

マクドナルドのフランチャイズ専門の不動産会社を立ち上げ、実質的なマクドナルドのフランチャイズ店の管理権、議決権を掌握してしまいます。

確かにマクドナルドというハンバーガーショップの創業者はマクドナルド兄弟には違いはないでしょう。 しかしそのマクドナルドをアメリカ全土、そして世界にフランチャイズ展開したフランチャイズビジネスの創業者はレイ・クロックでした。

マクドナルド兄弟が「ニワトリ小屋にオオカミを入れてしまった」と臍をかみ、手切れ金をもらって、マクドナルドの名前もゴールデンアーチも失ってしまう顛末には痛々しさがありました。

自分たちの名字なのにその名前を使えなくなった兄弟に、ふと契約の関係で本名なのに「能年玲奈」を使えなくなった女優の「のん」のイメージが重なってしまいました。

アメリカンドリームを体現した、マクドナルドの創業者のマクドナルド兄弟とそのフランチャイズ化を成功させたレイ・クロックの物語でした。

小さなスケールの成功者(にわとり)が、不動産や投資銀行というより大きな資本主義の貪欲な拡張路線に乗っかったレイ・クロック(オオカミ)に飲み込まれていくという映画でした。

「あきらめず頑張りとおせば夢は必ず叶う」という映画の終わりに出てくる言葉の印象が、冒頭のレイがセールスマンとしてレコードを聴きながら頑張っているときの印象とずいぶん違った皮肉的なトーンに響きました。




by zoompac | 2017-09-24 08:12 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

WOWOW映画 「グッドモーニングショー」_ワイドショーの舞台裏暴露映画?

f0090954_06201707.jpg2016年公開のこの中井貴一主演のこの映画に、2016年のジョージ・クルーニーとジュリア・ロバーツ競演のアメリカ映画「マネーモンスター」という投資に関するのTV番組ジャックの話の二番煎じの印象をもち映画館に足を運びませんでした。 この度、WOWOWで放送という運びになりましたので、録画して観ました。

中身は似て非なるものでした。

一言で言えば、「マネーモンスター」が社会派のサスペンス調だった、一方で「グッドモーニングショー」はやや巻き込まれ型のコメディタッチでした。

共通項は、それぞれの番組の司会を務める主人公が、直接的にしろ間接的にしろ番組をジャックされるところです。

「マネーモンスター」は直接放送局のスタジオがジャックされる一方、「グッドモーニング・ショー」は外部の立てこもり事件犯から名指しで司会者が現場に呼ばれます。

「マネーモンスター」はスタジオですから当然実況中継されます。 「グッドモーニングショー」は中井貴一扮するキャスターが隠しカメラを媒介に実況中継します。

緊迫度は、「マネーモンスター」が圧倒していました。TVドラマ「24」のようにリアルタイム感を出していたのに比べて、「グッドモーニング・ショー」はやや中だるみ感のあるテンポでした。

「マネーモンスター」ではキャスターが犯人と共謀してある事件の真相を掴もうするので二重の緊張感がありましたが、「グッドモーニングショー」の立てこもり犯の動機にイマイチインパクトがありませんでした。

「マネーモンスター」の犯人は結局射殺という現実味を帯びた結末になりますが、「グッドモーニング・ショー」の犯人は人質事件であるにもかかわらず射殺という結末ではありませんでした。そのあたりが緊迫感の欠けた印象に繋がっているのかもしれません。

濱田岳演じる犯人が起こした立てこもり事件の現場が私の職場の大崎駅周辺という設定でしたので、勤めているオフィス周辺から、駅周辺を何度かうろついてみたのですが、検討がつきません。よくよく調べたら、立てこもり犯をリポートしたロケ地は千葉ポートスクエアになっていました。

初の女子アナ役に挑む長澤まさみが噛まないかということに緊張した以外はさしたる印象もなく、映画館に足を運ばなかった自分の選択にささやかな満足感を得た映画でした。


by zoompac | 2017-09-23 06:19 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

NHKBSTVドラマ「クイーン・メアリー2」_ 愛と欲望の王宮(22回)

f0090954_06035341.jpg番組宣伝文句を次のとおり高々と掲げて、「クイーン・メアリー2」が始まりました。前回は8回と短かったように記憶していますが、今回は22回の長丁場です。

「実在したスコットランド女王・メアリー・スチュアートの愛と運命を、壮大なスケールと現代的なアレンジで描いた宮廷ドラマ シーズン2。

ついにフランス国王となったフランソワと王妃メアリーにさらなる試練が待ち受ける!」

ドラマではとてもそのような設定には思えませんが、史実では1558年にメアリーと結婚したフランス王アンリ2世の王太子フランソワの年齢はは14歳でした。メアリーはフランソワより2歳お姉さんの16歳でした。 同年メアリー・スチュアートの永遠のライバル・エリザベス1世がイングランド女王に即位します。このときエリザベスは25歳でした。

この「クイーン・メアリー」は、もっと史実に沿ったドラマ展開を願う私の気持ちを無視して、権力への執着、保身、愛を巡って殺人も厭わぬ修羅場がイラっとするほど丁寧に描かれています。

たとえばアンリ2世の奥方のカトリーヌ王妃は毒殺のプロです。自分の保身のためには手段を選びません。 その彼女の背後にはあの預言で有名なノストラダムスが控えています。 そして城から離れた森には得体のしれない邪教の人々と謎の怪獣のようなものが潜んでいます。

嫁と姑の争いと言ってしまえばそれまでですが、このメアリーとカトリーヌの争いの凄まじさはさすが王族級です。そういえば、何かの本に書いてありましたが、人間同士の序列がいったん決まってしまえば、人間は割と争いもなく上手く付き合っていけるのですが、その序列が定まらないうちは闘争心に燃えるものなんだとか。

ドラマの中で私の興味を満足させてくれるのは、メアリーを取り巻くカトリック派とエリザベス1世の戴冠によって勢いを増すプロテスタント派による宗教争いです。

繰り広げられる愛憎劇やオカルトっぽい味付けに辟易しながらも、メアリー・スチュアートとエリザベス1世を取り巻く宗教戦争の展開だけは見失うまいと堅く心に誓ってTVの前に座っています。

生後6歳にしてスコットランド女王となり、16歳にしてフランス王妃となり、その3年後には夫の早世により、スコットランドに帰国し、以後も、政治権力に絡む陰謀と宗教戦争に手を汚していく波乱万丈のメアリー・スチュアートの生涯を見届けたいです。

そして、この機会をとらえて、ツヴァイクの「マリー・アントワネット」、「ジョセフ・フーシェ」と共に三大長編伝記小説の一つとされる「メリー・スチュアート」を読んでみたいと思っています。

by zoompac | 2017-09-22 06:04 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

北海道、森駅のいかめし、3年ぶり20%の値上げ!

f0090954_07030885.jpg昔、温泉巡りをしていて函館から長万部にある二股ラジウム温泉に向けてドライブをしていた途中このいかめしで有名な森駅に立ち寄ったことがあります。

びっくりするほど小さな駅のびっくりするほどスペースの小さないかめし販売所でした。

その北海道のJR森駅の名物駅弁「いかめし」を製造するいかめし阿部商店(北海道森町)は、森駅の直売所の他、全国のデパートの催事でその「いかめし」を販売しています。

東京では新宿にある京王百貨店が毎年正月に開催される「元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」を開催しています。 「いかめし」はその駅弁祭りの常連で、1971年以来連続で同駅弁大会売り上げ1位の実績を誇っている超人気商品なのです。

東京駅構内にある駅弁屋「祭(まつり)」では、レジの横に積まれています。

私ごとですが、毎週木曜日のランチは駅弁と決めていまして、通勤乗換駅の東京駅で駅弁を買っています。最近の、私のお気に入りは、崎陽軒のシュウマイ弁当か湘南しらす弁当に副食としての「いかめし」の組み合わせです。 小ぶりの「いかめし」は、レジで清算するときつい手にしてしまいます。

その阿部商店が8月20日から「いかめし」を1箱650円から130円(20%)上げて780円としました。 原料のイカが不漁で高騰しているためで、値上げは3年ぶりとなりました。f0090954_07023466.jpg

レジでその値上げ幅に目をみはりました。 「えっ!」て感じです。

同商店は主にニュージーランド産のイカを調達しているそうですが、日本を含めて世界的なイカ不漁を受け、原料の仕入れ値は10年前の2倍以上になっているそうです。 今井俊治社長は「身の柔らかいニュージーランド産イカは北海道産よりも高い。値上げで採算を改善したい」と話していたそうです。

いかめしは、うるち米ともち米をイカに詰めて甘辛いタレで味付けしてあります。 冷めてもイカが柔らかく、腹持ちがいいので、ランチで半分食べて3時過ぎのおやつ代わりに残りの半分を食べるというパターンが習慣づいてしまいました。

個室とはいえ、職場にイカの香りというか匂いが漂わないかという心配の種がありますが、毎日ではなく週1回のことなのでと自分に甘い判断をしております。

ただ650円から780円だと、もはや副食という脇役の値段ではなく、立派な正規の主役の弁当代って感じが強くなってきました。 そろそろ潮時かもしれません。

そもそも、ソ連の侵攻に備えて北海道に配置された若い兵士たちを乗せた列車が乗り入れていた森駅で、駅弁調製業者だった阿部弁当店が米不足と豊漁のイカを組合せ考案の末、1941年に駅弁として売り出したのが「いかめし」の始まりだそうです。

その「いか」が、いつのまにやらニュージーランド産に変わって、温暖化のせいで、イカ不漁は日本だけの問題ではなく地球規模の問題となっているということを知らされました。

それにしても阿部商店の「いかめし」はどこまで値上げで対処できるのか疑問ですね。 温暖化は異常気象で顕著に猛威を振るっていますし、「いか」の不漁も続きそうです。

そのうち安さと旨さが魅力の「いかめし」が1000円の大台に乗る日も遠くないのかもしれません。あるいは、「いか」に包まれた「めし」から大盛飯の中に小ぶりの貴重な「いか」が1杯包まれるという「いかめし」に変貌を遂げるかも。


by zoompac | 2017-09-21 07:17 | 酒・ワイン・珈琲・旅 | Comments(0)
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC