GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言

カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

映画 「ライアンの娘」

f0090954_534511.jpg銀座線「三越前駅」にあるコレド室町3Fにある「TOHOシネマズ日本橋」で観ました。 第三回 新・午前十時の映画祭プログラムの30本に選ばれた作品の1つです。

「ライアンの娘」(原題: Ryan's Daughter)は、1970年のイギリス映画です。

独立戦争前のアイルランドの寒村を舞台に、駐在しているイギリス軍将校と、その村に住む人妻ロージーとの不倫を通して描かれるヒューマン・ドラマです。

監督は「旅情」(55)、「戦場にかける橋」(57)、「アラビアのロレンス」(62)、「ドクトル・ジバゴ」(65)、遺作「インドへの道」(84)などで知られる名匠デヴィッド・リーンです。 この「ライアンの娘」は1970年のアカデミー賞で、助演男優賞(知恵遅れのマイケルを演じたジョン・ミルズ)、撮影賞を受賞しました。

この「ライアンの娘」は、第一次大戦の真最中のアイルランドを舞台にしています。

もっと正確に言うと1916年の物語です。

第一次世界大戦(1914~1918)は1914年8月にドイツがロシアに宣戦して始まりました。ドイツ・オーストリア・オスマン帝国・ブルガリアからなる中央同盟国と、三国通商を形成していたイギリス・フランス・ロシアを中心とする連合国の2つの陣営の戦いです。日本は、イタリア、アメリカ合衆国と共に後程連合国側につきました。

同じ1914年8月にすかさず英国は対独宣言しますが、国内ではアイルランドの独立運動が活発になっていました。

アイルランドのダブリンでのアイルランド独立を目指した反乱軍(アイルランド共和主義同盟)とイギリス軍の衝突の俗にいうイースター蜂起のニュースが、この映画のアイルランド島の西先端の寒村のバーで、ニュースとして話題になっていました。1916年4月の事件です。 ですからこの映画は1916年の時代を背景としているとわかるのです。

ちなみに、アイルランドの独立を認められたのは、第一次世界大戦終結(1918年)後の1922年になります。

その頃、英国は産業革命以降の輝きを失って、落剝した時代でした。通貨ポンドも下落し、維持費が膨大にかかる植民地政策から方向転換し、緩やかな国家連合である英国連邦が誕生した時期でもありました。アイルランドはよほど英国が嫌いなようで、この連邦からも脱退してしまいます。

ですから、この映画に出てくるアイルランド人は外側からみれば英国人なのですが、中身は敵国ドイツより反英的なのです。

この3時間の長編映画のなかで、ひとりとして英国がドイツに勝つことを望んでいるアイルランド人はでてきません。

それどころか、英軍がドイツ軍と西部戦線で死闘しているのに、アイルランド独立運動家たちは、ドイツ軍から兵器を供給してもらって、英国軍と内戦準備をしているシーンが出てきます。 アイルランド(ケルト民族、カトリック)と 英国(大陸から渡来のサクソン人、プロテスタント)の対立の根深さを印象付けられます。

そうした時代のアイルランドの保守的な港町に古い因習を嫌う美しい娘ロージー(サラ・マイルズ)は育ちました。そして年の差が離れた教師チャールズ(ロバート・ミッチャム)に熱烈にアッタクしたあげく結婚式を挙げました。しかし彼との平凡な日常生活に不満を感じ始めたロージーは、赴任してきたイギリス軍将校のランドルフ(クリストファー・ジョーンズ)と不倫関係を結んでしまいます。

そんななか、ある大嵐の朝方、武器(敵国ドイツから調達したもの)を陸揚げしていた対英独立を望む男たちが逮捕されるという事件が起こます。ロージーはまったく関わりがないのですが、将校との許されざる関係が噂になっていたため、濡れ衣を着せられ、裏切り者の烙印を押されてしまいます。そんなとき、彼女のそばにいて支えてくれたのは、彼女が裏切り続けていた夫のチャールズでした・・・・。

人妻女の不倫ドラマって感じはなく、美しい反面荒れ狂う厳しさをもつアイルランドの大自然が、因習を嫌い、何かから解き離れたいと願うロージーの気持ちとうまく共鳴したような映画でした。生死を賭した将校の恋愛に対する姿勢と愛する妻が戻ってくるのを待ち続ける夫の苦悩と忍耐を見せつけられた日には、陳腐なメロドラマってレッテルは消し飛んで、重厚な人間ドラマって捕え方しかできませんでした。 音楽もこれまた素晴らしかったです。

アイルランドの歴史や、教会の関わり、神父の役目などの知識を、司馬遼太郎氏の「街道をゆく 愛蘭土紀行Ⅰ、Ⅱで仕込まれてこの映画を観ることをお勧めします。3倍くらい楽しめます。

ついでに、「エリザベス」「エリザベス ゴールデンエイジ」の映画には、ちくま新書の「世界史をつくった海賊」竹田いさみ著 がお勧めです。

f0090954_5363728.jpg

by zoompac | 2015-06-30 05:36 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

落語 「佐ん吉大一番」

f0090954_8352734.jpg開口一番の春風亭昇也さんの新婚披露宴のマクラから一気に和みました。春風亭昇太一門の独身軍団での所帯持ち第一号としての苦労話に笑いました。 噺の演目は、「寄合酒」でした。 お金のない連中が銘々で酒のツマミ、アテを持ち寄りますが、ことごとく近所の乾物屋からただで仕入れてきたものばかりでした・・・・。 少しこの噺を継ぎ足すと、江戸では「運回し」、上方では「田楽食い」という演目と呼ばれます。 佐ん吉さんの上方落語の「田楽食い」を聴いたことを思い出しました。

佐ん吉さんの一話目は「つる」でした。 故桂米朝師匠から、口伝でお稽古をつけてもらった演目のようで、師匠のエピソードを聴きながらの「つる」にはこれまでとは違った趣が感じられてその分深みのあるいい噺に聴こえました。 演目「つる」は前座さんがよく使われる演目ですが、米朝師匠から落語に必要なことはすべてこの噺に含まれていると、何度も稽古をつけてもらったそうですよ。

続いて、佐ん吉さんの楽屋裏での着物を着換えるシーンを舞台に出して、春風亭昇也さんに桂米朝さんを偲んだ噺をする掛け合い漫才のような趣向でした。 ちょっと落語会では珍しい出し物で、佐ん吉さんの米朝さんの思い出話を面白く聴かしてもらいました。

佐ん吉さんの二話目は、大阪京阪電車北浜駅上がってすぐ横の中之島に架かるライオン像で有名な「なにわ橋」(別名ライオン橋)が出てくる「星野屋」でした。 関東では「おめかけさん」、関西では「おてかけさん」と呼ぶ、女性とその女性を囲っている旦那との別れ話から、心中することになりますが・・・・、 騙し騙されの切りかえしの妙が冴える噺でした。

休憩をはさんで、三遊亭王楽さんの登場でした。 開口一番の「佐ん吉被害者の会の皆さま」という呼びかけが一部のお客様に異様に受けていました。ツボにはまって笑いが止まらなくなったようですね。

「笑点」レギュラー出演のピンクの着物の三遊亭好楽さんの息子さんで、さすがの育ちといいますか、二代目星の王子さま(初代の星の王子さまは五代目圓楽)と呼ぶにふさわしい「若旦那」風の茫洋とした雰囲気をもった噺家さんで、選んだ演目は新作の「恋はコチコチ」でした。

魚屋の主人が、息子に恋の指南をほどこす噺で、代筆したラブレターにサカナの名前のもじり満載の楽しい話でした。高2の息子の片思いの彼女の名がイナバサオリなんですが、お父さんはイナダサヨリと呼び間違うところも傑作でした。 機関車トーマスの似たような他の機関車仲間の名前を瞬時に言える息子さんの自慢話をマクラに上手く新作落語につないでくれました。

トリは佐ん吉さんの「火事場盗人」、佐ん吉さんの「ああっ!」の掛け声で18年の年月が跳ぶ人情噺でした。 江戸落語の「芝浜」が大好きな私としては、この「火事場盗人」も実に人情が沁みるいい噺に聴きました。じ~んとした余韻が残りました。 好きな演目のひとつになりそうです。

打ち上げは、三越前の「いろり」で、そこでは出演された落語さん達の裏話も満載で、それはそれで本日の「佐ん吉大一番」の余韻を大いに楽しませていただきました。

次は、笑福亭鉄瓶さんとの二人会「鉄瓶X佐ん吉落語ライブ」@お江戸日本橋亭ですね。 8月1日土曜日の18時開演予定だったと記憶しています。
by zoompac | 2015-06-29 05:57 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

読書 「街道をゆく 愛蘭土紀行Ⅱ」 司馬遼太郎

f0090954_723633.jpg冒頭の司馬遼太郎氏のアイルランド島の表現がふるっています。

「ヨーロッパ大陸の最西端の切れっぱしがアイルランド島である。」

切っぱし・・・ですよ。

「英国島(ブリテンとう)にちかい首都ダブリンは、島の東岸にある。 私どもは西へゆく。 西海岸のゴールウェイ(Galway)湾をめざしている。 ダブリンからざっと200キロで、そのむこうは大西洋になってしまう。・・・・・・・・・・・・・・・私はこの国にくるまでは、アイルランド島といえば岩盤の上にきな粉をふりかけた程度の土しかないとおもっていた。」

きな粉をふりかけた程度の土・・・ですって。

「そうじゃないんです。 東のほうはわりあい土があるんです。 と、ダブリンできいた。 氷河期のおわりごろ、氷河が移動するとき、島の西部では土壌がこすりとられて、岩盤が白骨のように露出するにいたったが、ダブリンのある東部では土壌が肥沃に堆積しているのだという。」

17世紀の清教徒クロムウェル(1599~1658)は、英国王チャールズ1世の首を斧でおとしたあと、司令官としてアイルランドに攻め込み、異教徒(カトリック)であるアイルランド人を大虐殺し、さらに彼らから農地を奪い取って、英国プロテスタントたちに分配したんだそうです。 土地を奪われたアイルランド人たちは、英国人の小作人になるか、彼らが興味を示さないやせ地の西部に移らざるを得なかったのです。

このときやせ地で彼らの命を救ったのが、「貧者のパン」と呼ばれたジャガイモでした。 どんな作物も育たないやせ地でも手間いらずで育ち短時間で収穫できるジャガイモを英国にもたらせたのは、北米で切り開いた地に独身女王「エリザベス1世」(1533~1603)にちなんで「ヴァージニア」と名付けた、冒険商人化のウォーター・ローリーでした。 このあたりの話は、竹田いさみ氏の「世界史をつくった海賊」が興味深いですよ。

ウォーター・ローリーは不在地主ながらアイルランドに農地をもっており、彼がアイルランドにジャガイモをもたらしたのです。 アイルランド人は「ローリーの贈り物」といってよろこんだそうですが、この手間いらずの穀物は、アイルランド人から勤勉さを奪ってしまったかもしれないと司馬遼太郎氏が考察していました。

最近、TOHOシネマズ日本橋でディヴィッド・リーン監督の「ライアンの娘」を観ました。 舞台がまさにこのアイルランド島西海岸の寒村だったのです。 司馬氏が訪れたゴールウェイよりかなり南のティングル半島ですが、断崖絶壁と言い、岩盤むき出しの土地の荒涼とした風景を目撃できました。 英国人嫌いの徹底ぶりはこの司馬氏の「愛蘭土紀行」で知識を得ていたので映画「ライアンの娘」はとても興味深く楽しめました。 映画のブログ記事は後日フォローします。
by zoompac | 2015-06-28 07:21 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

映画 「靴職人と魔法のミシン」

f0090954_7454798.jpgTOHOシネマズシャンテで観ました。

トム・マッカーシー監督がアダム・サンドラーを主演に迎え、冴えない中年男が、魔法の力を借りて人生の喜びを発見する様を描いたヒューマンコメディでした。

マンハッタンのロウアー・イーストサイドで年老いた母親とふたりで暮らすマックスには、彼女も貯金もありません。代々続く小さな靴修理店を営みながら、平凡で単調な日々を送っていました。

ある日マックスは愛用の電動ミシンが故障したため、物置から先祖伝来の旧式ミシンで靴を修理します。

ところが旧式ミシンで直した靴を試し履きした自分の姿を鏡で見たマックスは驚いてしまいます。そこにはいつもの冴えない自分ではなく、靴の持ち主に変身した姿が映し出されていたのです。

魔法のミシンを手に入れたマックスは、他人に変身して未知の人生を体験するという刺激的な日々を満喫しますが、ささやかな親孝行を思い立ったことから、思いがけないトラブルに巻き込まれることになるのです・・・・。

脇役のダスティン・ホフマンがなかなかいい役を演じていましたが、全般的な印象としては、今ひとつ、期待したほど面白くはありませんでした。

変身ものとして奇抜なアイディアで始まるのですが、その後の展開が陳腐で拡がりに欠け、結末もああそうもってきたのねって感じで竜頭蛇尾でした。

あえて、この映画のいいところを探すとするのであれば、「人はいくつになっても新しい自分に生まれ変わることができる」というメッセージを伝えようとしているってところでしょう。
by zoompac | 2015-06-27 07:45 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

読書 「小説フランス革命7 王の逃亡」 佐藤賢一

f0090954_530557.jpg国王ルイ16世と王妃マリー・アントワネットの逃亡劇の筋立てを描いたのはスェーデン貴族のフェルセン伯爵だったのですね。 この小説ではそう紹介されていました。

この巻の逃走劇はなかなか面白いですよ。 迫りくる時間、過ぎ去る時間と共に王家の一行が、パリからシャンパーニュ地方を抜けてオーストリア国境の町モンメディを目指して逃亡するのですが、そこへいたる場所の移動風景が王の視線で実況中継されるのです。

そして、逃走中の状況に合わせ、王の焦りと不安が鎌首をもたげたり、自分の王としての力量や父親としての威厳、男としての能力等に自信過剰になったりする場面などが彼の独り言を通して繰り広げられます。 楽しめます。

特にベルバラで王妃の愛人として描かれていたフェルセン(フェルゼン)は、ルイ16世から、地図の読み方も馬術も思慮分別も自分より劣ると見切りをつけられ、したがって噂になっているような王妃の愛人であるわけがないとの判断が下されます。

フェルセンは御者に扮して逃走の手伝いをしますが、あまりの不手際に国王からかえって足手まといだとして御者の役を途中で解かれてしまいます。

「ベルバラ」のファンには申し訳ないけど、ここは「リーダシップ欠如」とか「優柔不断」等の形容がつきまとうルイ16世にざぶとんをあげたくなるシーンで、読者としての私は溜飲を下げましたよ。

パリからの逃走も国境まであとわずかというヴァレンヌで思わぬ足止めをくらって、取り上げられた通行証を取り返すためルイ16世は一か八かの賭けに出てしまいます。 まだこのヴァレンヌという田舎ではフランス国王の威信が有効であろうと信じて、自分の正体を役人に自ら明かしてしまうのです。

歴史的に有名なフランス国王の逃走劇「ヴァレンヌ事件」をとりあげた巻でした。
by zoompac | 2015-06-26 05:30 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

映画 「海街diary」

f0090954_532093.jpg新宿三丁目の紀伊國屋書店の裏側にある「新宿ピカデリー」で観ました。

「そして父になる」「誰も知らない」などで国際的にも高い評価を受ける是枝裕和監督が、第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞やマンガ大賞2013を受賞した女流漫画家「吉田秋生」の人気コミックを実写映画化してくれました。

漫画原作は面白いけど、1年に1冊ベースの販売なので中だるみ気味でした。この映画は、その意味ではいいタイミングでしたし、なによりよい出来でした。漫画の1~3巻当たりの物語って感じでしたので、今後シリーズ化され、4巻~6巻(今は6巻まで)、それ以降の漫画も映画になると嬉しいです。

湘南を舞台に、異母妹を迎えて4人となった姉妹の共同生活を通しての家族の絆の物語です。やたら、葬式とか遺産相続とかの話題が多くてちょっと鼻につきますが(笑)。

鎌倉に暮らす長女・幸、次女・佳乃、三女・千佳の香田家3姉妹のもとに、15年前に家を出ていった父の訃報が届きます。

葬儀に出席するため山形へ赴いた3人は、そこで異母妹となる14歳の少女すずと対面するのです。

父が亡くなり身寄りのいなくなってしまったすずでしたが、葬儀の場でも毅然と立ち振る舞い、そんな健気な彼女の姿を見た幸は、すずに鎌倉で一緒に暮らそうと提案をします(ここは涙腺緩むこと必至です)。

その申し出を受けたすずは、香田家の四女として、鎌倉で新たな生活を始めます。

その後、転校先の鎌倉の中学でサッカーを始めたすずの活躍の話があったり、仲良しの食堂のおばさんのアジフライやしらす丼が美味しいという話があったり(すずの亡くなったお父さんもここの海の幸を愛していたとのエピソードもありました)、そしてやがてそのおばさんが癌で亡くなって遺産を巡る騒動に巻き込まれたり、サッカー特待生としてのすずの高校進学にまつわる話等が展開していきます。

4人姉妹の恋の行方も、絆の深まりもまだまだ序章にすぎません。お父さんがすずに作ってくれていたシラストーストの話やすずのお母さん方の遺産がすずに転がり込んでくるエピソード、そして何より、4姉妹のそれぞれの恋の行方が収まるところに収まっていません。 続きは絶対あると信じています。

主人公の姉妹を演じるのは、綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずです。長澤まさみがよかったです。脚の長さが半端ないですね。広瀬すずは漫画「銀の匙」の映画化作品に出演していた広瀬アリスの妹なんですね。

そして何よりこの4人のハーモニーと佇まいが心地よく、いつまでも観ていたい映画だって思えますよ。お勧めです。
by zoompac | 2015-06-25 05:32 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

映画 「トゥモローランド」

f0090954_5272522.jpg木場シネマで観ました。

「Mr.インクレディブル」「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」のブラッド・バード監督が、ウォルト・ディズニーが残していた夢のプランに着想を得て手がけたオリジナル作品です。

ウォルト・ディズニーは次の言葉を残しています。

「誰もが世界中で最も素晴らしい場所を夢見て、創造し、設計して作り上げることができる。」

この映画が、W・ディズニーが夢見たアイディアから生まれたSFアドベンチャーだということは理解できるのですが、60年代と現代(60年代からみて未来のトゥモローランド)をピンバッジで結ぶとか、60年代の少女が人類の未来をかけた旅に出るとか、今現代が60年代からみたトゥモローランドの世界とはあまりにもイメージがかけ離れすぎていて、ちょっと無理・・・って感じで、感情移入できませんでした。

あの60年代のディズニーランドは、「トゥモローランド」に選ばれた人を「トゥモローランド」を守るために送り込んでいた装置というか媒介のような役割を果たしていたのでしょうか?

それならあのエッフェル塔の大仕掛けなロケット発射台のような装置は必要だったのでしょうか?

あのまま少女が未来へ行って救えなかったから、今の温暖化や公害や貧富の格差が解決されていない世界に置き去りにされているって現実をつきつけられているようなざらっとした感触が残りました。

謎めいた「トゥモローランド」を知る男フランク役で、ジョージ・クルーニーがディズニー映画に初出演というニュース性はありましたが、この映画を観た後の印象同様、彼も残念な普通のおじさんに映ってしまいました。

地球の未来は、いずれにせよ今後の若い世代に委ねるしかありませんよね、 フランクおじさん!
by zoompac | 2015-06-24 05:27 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

読書 「花神(上)」 司馬遼太郎

f0090954_5514136.jpgNHK大河ドラマ「花燃ゆ」には、村田蔵六こと大村益次郎が登場しませんね。

幕長戦争で軍事の異才を見出され歴史の表舞台へと押し出され、討幕軍総司令官となるこの男抜きには戊辰戦争、明治維新は語れないと思うのですが、未だに「花燃ゆ」のキャスティングリストにその名が出てきません。

討幕軍、ひるがえって、日本陸軍の創設者ということで、靖国神社にはこの大村益次郎の銅像があります。

大村益次郎は1824年~1869年、吉田松陰が1830年~1859年ですので、大村益次郎の方がだいぶ先輩ですね。

大村益次郎は大阪適塾で蘭学を学び、その才を買われて、宇和島藩で翻訳や後進の育成にあたります。 この頃のシーボルトの娘イネとのロマンあふれる物語は、この上巻のハイライトかもしれません。

高杉晋作によって”火吹き達磨”と綽名されるくらい特徴のあるでこちん顔の真面目くさった顔の男のロマンはなかなか読みがいがありますよ。

やがてそうなって、これでは埒があかんということで、宇和島の殿様伊達宗城(むねなり)の参勤交代に従い、そのようになったイネを振り切るように江戸にでます。

優秀な蘭学者であった彼を幕府も世間も放っておきません。

宇和島藩の仕事に、幕府の洋学研究機関(後、蕃書調所、洋書調所、開成所、そして明治後に東京大学と名を変えていきます)の教授になり、さらに鳩居堂という私塾の蘭語の先生も勤めたのです。 この鳩居堂には元々医者坊主だった久坂玄瑞も短期間籍を置いていました。

彼が蘭語を学んだ大阪適塾はやがて大阪大学に、蕃書調所がやがて東京大学になるというのもすごいですね。 

時代だったのですね~、時代は彼を医者としてではなく、兵学翻訳者として重宝します。 そうはいっても、彼は乞われて女囚の解剖なんぞも行っているのです。

そして奇遇なのは、その蔵六が蕃書調所で学ぶ連中を連れて解剖刀で実地教育を行っていた小塚原刑場では、その2日前に吉田松陰が刑死されていたのです。

松陰の遺骸を引き取りにきた桂小五郎が、このとき村田蔵六/おお村益次郎に邂逅します。

この頃の江戸では、剣道場と蘭学塾が大流行でした。 長州の桂小五郎(1833~1877)は吉田松陰より3歳年上で、松陰の兄貴分といった存在でした。 尊王攘夷に過激に反応することもなく、冷静な現実主義者だったので、長州藩の江戸における外交官のようなことをやっていました。 情報収集や周旋です。

当時の江戸には三大道場がありました。 力の斉藤道場、位の桃井道場、技の千葉道場です。その斉藤道場の塾頭が桂小五郎です。ちなみに桃井の塾頭は武市半平太、千葉の塾頭は坂本竜馬でした。

そうした江戸で蘭語の私塾鳩居堂の先生、また幕府の洋学研究機関の教授である大村益次郎が、長州出身でありながら、宇和島藩お抱えだということを知り、長州藩上役に掛けあって、彼を長州藩に引き戻す労をとったのが桂小五郎だったのです。

小塚原刑場で、桂小五郎が村田蔵六/大村益次郎を見出したことは、松陰の導きだったかもしれません。 私が「花燃ゆ」の作者だったらこのエピソードを使いますけどね。

司馬遼太郎氏もこのあたりの蔵六が電磁性をもったかのように長州藩に引きつけられていく様を、ステファン・ツバイクの「人類の星の時間」を引き合いに出しながら解説しています。 司馬遼太郎少年もツバイクの作品から一瞬の火花のような歴史的感動をもらったようですね。

大阪適塾出身で、村田蔵六/大村益次郎と同じように幕府の蕃書調書に出仕した経歴をもった人に大鳥圭介がいますが、播磨の赤穂出身の大鳥には桂小五郎のような人物がおらず、討幕軍の指揮をとった村田蔵六/大村益次郎に対して、彼は幕府陸軍の育成・訓練を担当していたことから幕臣となり、五稜郭に立てこもり投降するする運命を辿りました。 大鳥はその後も技術・教育・外交関係の分野で活躍し、桂小五郎と同じ年に生まれながら1911年まで生きました。

さて、引き続き花神(中)(下)と一気に読むか、それとも吉村昭の「ふぉん・しぃほるとの娘」を読むか、伊東潤の大鳥圭介を扱った「死んでたまるか」を読むか、正直迷っています。
by zoompac | 2015-06-23 05:51 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

映画 「脳内ポイズンベリー」

f0090954_5195487.jpgTOHOシネマズ日本橋で観ました。

7月18日公開予定のディズニー映画で喜怒哀楽を描く「インサイド・ヘッド」との頭の中での会議という設定が似通っています。

「インサイド・ヘッド」は、「ジョイ(喜び)、アンガー(怒り)、ディスガスト(嫌悪)、フィアー(恐れ)、サッドネス(悲しみ)の5つの感情の主導権争い物語です。

一方、この「脳内ポイズンべりー」は、年下男性に翻弄されるアラサー女性櫻井いちこ(真木よう子)の頭の中の5つの思考が擬人化してせめぎあうラブコメディでした。

「理性/吉田議長」(西嶋秀俊)、「ポジティブ/石橋」(神木隆之介)、「ネガティブ/池田」(吉田羊)、「衝動/ハトコ」(桜田ひより)、「記憶/岸」(浅野和之)という思考が擬人化された5人が、いち子の脳内で会議を繰り広げ、結論が出ないこともしばしば、相手の反応に合わせて、会議の流れも右往左往するさまが面白く描かれていました。

人間の頭の中って多かれ少なかれ、こんなもんかもしれんな~って感じの映画でした。ときどき、革か塩化ビニールのボンデージ衣装に身をまとったハイヒール姿の黒いち子が出てきて、会議をぶち壊すシーンが笑えました。脳内の判断力すべてをぶち壊す「本能」と見受けられます。

衝動ハトコの「ときめく」「ときめかない」・・って思考も一種の本能だと思うのですがねぇ。

私には、面白い映画でしたが、この映画、人によって評価が分かれるかもしれません。
by zoompac | 2015-06-22 05:20 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

常盤高校2年の樺沢和佳奈、群馬県大会の1500m、3000mで大会新を連発

f0090954_6283941.jpgまだ、県大会の段階でちょっと勇み足になるかもしれませんが、常盤高校の樺沢和佳奈が絶好調ですね。

常盤のエースといえば3000mで高校歴代5位、直近では全国高校トップの9:00:91の記録保持者岡本春美がいるんですが、彼女は右大腿骨骨折からの回復が遅れ今大会欠場しています。

3年生岡本春美に取って代わって新エース誕生かと思わせる活躍を見せたのが、2年生の樺沢和佳奈です。彼女は去年も1500で県大会1位で、インターハイ全国大会でも8位入賞を果たしていますが、そのときの記録が4:27:65です。

今年は記録を飛躍的に伸ばしていますよ。 群馬県大会で1500mも3000mともに大会記録を塗り替えました。1500mは4:20:61、3000mは9:13:22です。

ちなみにこの樺沢の1500のタイムは、去年のインターハイ全国大会の優勝者鹿児島女高の倉岡奈々のタイム(4:20:82)を上回っています。

今年のインターハイで、1500、3000の両種目にエントリーしている選手として、早くも2種目制覇候補の筆頭に躍り出た感のある樺沢和佳奈ですが、去年の1500の覇者倉岡奈々も今回は3000にもエントリーしており2種目の樺沢vs倉岡対決に注目が集まりそうです。

ただ、大阪の高松望・智美ムセンビ姉妹、嵯峨山佳菜未等薫英女学院の有力選手3人が、1500を捨てて、3000だけに絞ってエントリーしています。 持ちタイムで岡本春美に次いで全国2位の記録(9:01:58)を持つ高松望ムセンビが強力なライバルとして立ちはだかりそうです。

2種目エントリーということでは、同じ群馬県勢のスーパールーキー健大高崎の不破亜莉珠、林英麻もがんばっています。県大会の1500では、不破が4:22:50で樺沢に次いで2位、林が4:24:71で3位、3000では、不破が9:21:49で樺沢に次いで2位、林は9:46:50で5位につけていました。

6月の各地区のブロック大会を経て、7月の終わりにいよいよインターハイ全国大会という運びになりますが、今年の群馬県勢は優勝も含めて入賞者続出の可能性が高そうですね。

追記:
山梨県で行われている北関東ブロックでの高校総体1500mの競技が20日に行われ、結果がでていました。

1位 樺沢和佳奈 (4:21:99) 常盤2年
2位 不破亜莉珠 (4:24:04) 健大高崎1年
3位 米谷結希   (4:24:95) 常盤3年
4位は茨木県、5位は埼玉県の選手
6位 坂尻有花 (4:27:48) 常盤1年
7位 林英麻 (4:27:71) 健大高崎1年

3000mの競技は6月22日に行われる予定です。

(1着 樺沢和佳奈 (2) 常磐 9:14.33 2着 不破亜莉珠 (1) 健大高崎 9:15.60 3着 米谷結希 (3) 常磐 9:18.33 4着 小井戸涼 (3) 水城 9:20.45 5着 林英麻 (1) 健大高崎 9:23.34 6着 宮坂朋実 (2) 本庄東 9:35.80 7着 藤田愛香里 (3) ・・・追記150623)
by zoompac | 2015-06-21 06:28 | スポーツ | Comments(0)
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC