GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言

カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
お読みになってなかったの..
by machi at 19:34
コメント、ありがとうござ..
by zoompac at 08:00
南陽からの移籍組は渡邊、..
by 田中 at 12:45
どういたしまして! ブ..
by zoompac at 09:58
情報ありがとう
by 駅伝ファン at 00:51
tarukosatoko..
by zoompac at 06:43
この本、読みましたよ。い..
by tarukosatoko at 08:27
遅ればせながら、新年おめ..
by desire_san at 12:11
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 19:18
宇和島をチェックしていて..
by シギー at 00:26
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

読書 「神州天馬侠」(一) 吉川英治

f0090954_5593624.png天正10年(1582イチゴのパンツ)3月、織田・徳川の連合軍に追われた武田勝頼は小山田信茂の居城「岩殿城」にたてこもることを決意し、新築したばかりの新府城に火をかけて出発しましたが、笹子峠にさしかかったところで、信茂や穴山梅雪に寝返られてしまいます。止むを得ず勝頼は天目山に向いますが、武田家落ち目とと見て逃亡者が続出、従うもの数十人となってしまい、11日、遂に一族みな自刃して果ててしまいました。勝頼は37歳、長男の信勝はわずかに16歳でした。

天正3年の長篠の戦いに敗れて以降、7年間に渡って、武田家が滅亡に至る流れは、伊東潤氏の歴史・時代小説「武田家滅亡」に詳しく書かれています。

「神州天馬侠」では、史実から離れて、勝頼には運命を共にした信勝の他伊那丸という次男がいたという設定になっています。いわゆる児童向けの伝奇ロマンです。
同年の6月21日の本能寺の変、6月27日の清州会議の後の、織田信長の後継者争いの揺れるパワーバランス、羽柴秀吉、柴田勝家、徳川家康の三大勢力の覇権争いの中に、この武田家の遺児が巻き込まれていきます。

七将星の家来、果心居士の弟子、野武士(根来衆)の棟梁の娘の助けを借りながら、この三つ巴の戦いの渦のなか、いくどと危機を迎えながら何とかサバイブしていく物語です。秘宝の争奪戦や妖術師との闘い等を中心とした和製ハリーポッターのような物語とイメージしたほうが近いかもしれません。

小学生、中学生の昔に戻って、ただ単に、吉川英治氏の頭の中で展開される大風呂敷の物語の展開を楽しんでいます。
by zoompac | 2013-09-30 05:52 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

映画 「タンゴ・リブレ/君を想う」

f0090954_8291553.jpgベネチア国際映画祭等世界の映画祭で高く評価された作品だそうです。

有楽町イトシア4階のヒューマン・トラスト・シネマ有楽町で観ました。

刑務所の看守をしている平凡な日々を送っていた中年男性の人生が、タンゴ教室で奔放な女性アリスと出会ったことで一変していきます。

彼女と踊ったタンゴの感触が脳裏から離れない看守ですが、アリスが刑務所に面会に来たことで、彼女が囚人の妻だったことがわかります。さらに彼女の年配の愛人もそこに収監されているのです。彼女の夫と禿げ頭の愛人は友達で、以前はアリスを中心に15歳の息子とその2人の男と同じ屋根の下で一緒に暮らしていたのです。

夫と禿げ頭の愛人は、アリスが看守とタンゴを踊っていたことを知り、自分たちも踊りたいと切望します。アルゼンチン出身の囚人を探し、彼に師事します。このダンス教師となる囚人役のチチョ・フルンボリは、世界的なアルゼンチン・タンゴ・ダンサーだそうです。彼の指導の下、囚人たちがタンゴを踊るシーンが圧巻でした。

ダンスとしてのアルゼンチン・タンゴはブエノスアイレスから発生し、ごく初期には男性のソロだったようです。のちに男女のカップルが頬とおでこをつけるようにして抱き合って踊るようになります。それに対していわゆる社交ダンスとしてヨーロッパで生まれたコンチネンタル・タンゴは背をそらせて抱擁するのが特徴です。

下半身もこすり付けて踊る野卑で原始的でエネルギッシュなタンゴを男同士で踊るシーンは違った意味で迫力があります。檻の中で制約から解き放たれたいエネルギーが激しくも切ない旋律に身をゆだねて踊る囚人を1つの大きな塊として狂気の魔物の様相と化します。

願わくばもっともっとタンゴ・ダンス・シーンを見せて欲しかったです。タンゴは魔物、独りの平凡な女性を求心力の大きな魔女に変えてくれるというメッセージが、最後の驚愕のシーンに込められていたのかもしれませんが、ちょっと飛躍しすぎかも。タンゴの魔物の魅力と魔性の力に一観客として魅入られる前に、ええーつ!という感じでラストの驚愕シーンが唐突にやってきた感じでした。リードに身を任せて踊っていたのに、最後の最後に繊細なタッチが失われてしまった感じがちょっと残念でした。
by zoompac | 2013-09-29 08:27 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

WOWOWシネマ 「終の信託」

f0090954_920685.jpg「それでもボクはやってない」の周防正行監督が、現役弁護士・朔立木(さく たつき)の小説「終(つい)の信託」を自ら脚本化し、終末医療を題材に描いたヒューマンドラマです。草刈民代と役所広司は同監督の「Shall we ダンス?」以来16年ぶりの共演となりました。

不倫関係にあった同僚(浅野忠信)から捨てられ、失意のどん底にいた医師の折井綾乃(草刈民代)は、重度のぜん息で入退院を繰り返す患者の江木秦三(役所広司)の優しさに触れ、医師と患者という関係を超えて強い絆で結ばれていきます。しかし彼の病状は悪化し、心肺停止状態に陥ってしまうのです。自らの死期を悟っていた秦三に、「もしもの時は早く楽にしてほしい」と頼まれていた綾乃は、依頼通り彼を解放するため、延命の装置を外すのですが・・・・。その途端彼が七転八倒しもがき苦しむのです。そこで致死量の鎮静剤を打って結果として安楽死のような処置をとったのです。

最初は暗い映画だなとの印象でした。浅井忠信と草刈民代のベッドシーンは絡み合わない白けた静止画像でした。綾乃と泰三の会話シーンも月並みでした。ところが、終盤の取り調べが始まってからの45分にもわたる検察官塚原(大沢たかお)と綾乃の熾烈で白熱した息づまる攻防には、釘付けになってしまいました。

司法制度の冷酷な体現者として屹立する塚原は、獲物をいたぶるように恫喝を繰り返し、綾乃は終始、理不尽な司法言語のレトリックに翻弄され、無意識のうちに屈服を強いられていくのです。綾乃は涙目で釈明を繰り返していくのです。プロの医者としての状況判断にも情状酌量の余地があると感じさせてくれる発言をしてくれます。ところが塚原は揺れません。冷徹に客観的に司法の土俵に立たせ綾乃を孤立させてしまうのです。壮絶なやり取りの後、塚原が言い放ちます。「だから(彼の苦しみを解放するため)彼を殺したんだな!」

著しく均衡を欠いたディスカッション・ドラマの部分こそが、この映画の肝だったのです。前半から中盤の眠い展開もまさに終盤のこのジェットコースターのような驚愕のシーンの迫力を増す効果のための仕掛けだったのだとうなってしまいました。おそるべし大沢たかお、おそるべし周防正行監督!
by zoompac | 2013-09-28 09:20 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

英語表現 「この先」という意味のgoing forward

ビジネスで使われることの多い表現です。 この先(in the future、starting from now)という意味で副詞的に使われます。

・We have a very solid financial position going forward.
・The competition will be less intense going forward.
・We expect to see increase profit growth going forward.
・We are confident in our business plans going forward.

in the futureという漠然とした将来ではなく、継続する事業活動のサイクルがイメージされ、今期から来期にかけてというニュアンスで「これから先」のビジネスや財務の状況、傾向等を表現するとき便利な表現です。in the futureを使った時と比べてビジネスっぽい響きを感じとっていただければ幸いです。
by zoompac | 2013-09-27 05:54 | 英語表現・学習 | Comments(0)

読書 「奇貨居くべし」 火雲編 宮城谷昌光

f0090954_5553150.jpgこの編では、呂不韋がティーン・エイジなのですが、80歳を越えた孟嘗君との出会いを演出してくれていました。

小さなドラマが続くのですが、宮城谷昌光氏の手腕でしょうか、次から次へ旅する呂不韋に難題が降りかかり、解決したと思えば、次の事件が起こるという具合の筋立てなのでついついページをめくる手が止まらず読み進めてしまいます。

「理由のないことは起こらない。自分からでていったことは自分にかえってくる。未来は起こるのではなく、起こすものであろう。自分の現在と過去からでていったものが、未来としてかえってくるのではないか。」

呂不韋本人には知らされないのですが、彼はは35年以内にどこかの国の宰相になると占われます。そして王后になると占われた女性とのつかのまの出会いもありました。彼女が始皇帝の母で、呂不韋が宰相として将来この二人を支えていくのかと思うとわくわくします。

次は、「黄河編」です。
by zoompac | 2013-09-26 05:53 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

読書 「駅物語」 朱野帰子(あけのかえるこ)

f0090954_5542046.png王様のブランチで紹介されていて興味を持ちました。

さらっとサクサク読める小説でした。

心に何らかの病を抱えて、折れやすいイマドキの若者の様子もうまく描けていました。

鉄道オタク「鉄ちゃん」の映画としては松山ケンイチ、翔太の「僕たち急行、A列車で行こう」がありますが、この朱野帰子(あけのかえるこ)の「駅物語」にもいろいろな鉄ちゃん、鉄子が出てきていました。 鉄ちゃんが駅員になったときは、同僚に知られないように言動に気を付けて「隠れ鉄ちゃん」で押し通そうとする心理もうまく書けていました。

舞台は毎日100万人以上が乗り降りする東京駅で、主人公若菜直は新人駅員です。個性的な同僚の人格描写も丁寧で、様々なアクシデントを乗り越え成長していく物語です。

定時到着、発車ということに対する苦労、酔っ払いへの対応、割けて通れぬ人身事故処理等エピソードなど、縁の下の力持ちである駅員の奮闘努力を紹介してくれています。

通勤に毎日東京駅を経由している私ですが、読後に東京駅の景色がちょっぴり変わりました。ついつい駅員を眼で探したり、定時に運航する列車に感謝の気持ちをもったりしています。
by zoompac | 2013-09-25 05:49 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

映画 「少年H」

f0090954_61556.jpg木場シネマで観ました。

15年前に原作を読んだときは、悪がき少年のユーモア、たくましさ、戦争に対する疑問、憤りのストレートさと大人びた大局的な考え方等が強烈な印象でしたが、映画はバランスよくまとめられていました。小説を読んだときあまり印象になかった水谷豊X伊東欄の夫婦共演がやや目立ち過ぎという感じがしましたが、それもうまくバランスされた産物なのでしょう。

伊東欄が頑なさのあるクリスチャンの母を好演していました。

映画で印象に残ったのが、うどん屋の兄ちゃん役の小栗旬が口ずさむ、テノール歌手「藤原義江」の歌うヴェルディの「リゴレット」よりの「風の中に、羽のように~♪」で始まる「女ごころの唄」です。山口県が生んだ国際的なオペラ男性歌手「藤原義江」の物語を古川薫の「漂泊者のアリア」という小説で読んだ記憶が戻って懐かしく思いました。浮名を流したプレーボーイでもありました。

印象に残ったもう一つに、ポーランドのユダヤ人一行がドイツ侵攻からソ連、日本経由でパレスチナに移住するエピソードでした。洋裁店を営んでいた妹尾河童のお父さんが、ウラジオストック、敦賀、から神戸にやってきたそれら一行の服を修繕するといった話でした。当時の神戸にはユダヤ人協会があったのです。ただ、日本もドイツと同盟を結んだために、彼ら一行はさらにパレスチナを目指して日本を発つことになりました。このエピソードで名前は出てきませんでしたが、活躍したのが当時リトアニア領事を務めていた日本人杉原千畝(ちうね)の発行した6,000人分の「日本通過ビザ」です。同盟国ドイツの政策に反するこの措置を杉原は独断で敢行しました。

古き良き異国情緒あふれる神戸の再現にはちょっと感動しました。役者さんの神戸弁も見事でした。神戸空襲の焼夷弾のエピソードは、神戸生まれのブリキ屋のぼんぼんだった桂枝雀の話のまくらで何度か聞いていましたが、映像として初めて目撃できました。

多感な少年Hのエピソードてんこ盛りの上下二巻が、ぎゅっとバランスよく凝縮された映画でした。私なりに得るものが多かった映画でした。
by zoompac | 2013-09-24 06:00 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

映画 「許されざる者」

f0090954_6504386.jpg1992年のクリントイーストウッド監督・主演の名作「許されざる者」のリメイク版です。オリジジナル作品はアカデミー賞4部門(作品、監督、助演男優、編集)に輝きました。かつては黒沢明監督の「用心棒」に感動し、「荒野の用心棒」というリメイク版に出演したクリント・イーストウッドですが、今度は彼の「許されざる者」が「フラガール」の李相日監督と渡辺謙主演でリメイクされました。これも何かの縁でしょうか。
f0090954_651404.jpg

イーストウッドが扮した元殺人鬼ウィリアム・マニーの役は釜田十兵衛に置き換えられ渡辺謙が演じていました。モーガン・フリーマンが演じたマニーの旧友ネッド・ローガンは、柄本明の好演が光った馬場金吾。そしてアカデミー助演賞ジーン・ハックマンが扮した独裁的保安官リトル・ビルダゲットは大石一蔵として佐藤浩市に託されていました。

おやっと思ったのは、近眼の若者ザ・スコフィールド・キッド役にあてられたアイヌ出身の若者役を柳樂優弥(やぎらゆうや)が演じていたことです。当時14歳で出演した「誰も知らない」(2004)の主演で、カンヌ国際映画祭最優秀男優賞を史上最年少、日本人初という快挙で有名になりました。当時の繊細な感受性を漂わせていた面影はすっかりなくなっていましたが・・・。

構成は驚くほどオリジナル版と同じでした。忠実に構成を踏むことによってかえって違いを際立たせたい狙いがあったのかもしれません。舞台設定は、明治維新後の1880年の北海道です。十兵衛は旧幕府軍の剣客でした。大酒飲みで本能的な殺人鬼だったマニーとは印象の違う主人公設定となっていました。その点でいえば、リトル・ビルと大石一蔵の立ち位置もズレが見えました。一蔵は単に政府側の討伐隊あがりの警察署長としての権力を掌握するための残忍さをもっていますが、ビルには無頼漢で、そうした悪人のもつ匂いをかぎ分けて、司法の側に立って凶暴な仕打ちをふるうという胡散臭い匂いが漂っていました。
f0090954_652772.jpg

映像の美しさと、重厚な柄本明の演技が素晴らしく感銘さえ受けましたが、背負う罪の重さはイーストウッドの原作の方がストレートに伝わったと思います。1人で大勢に向かっていく最後の殺戮シーンは刀と鉄砲の違いなのかもしれませんが、オリジナル版の方があっさりめに仕上げてありリラックスできました。

小さき子らのささやかな将来のために、虐げられた女たちのなけなしの誇りのために、無残に散ったたったひとりの友人のために、亡き妻の言葉を守って封印していた刀を、そして自分の中に眠らさていた鬼を解き放つという物語でした。
by zoompac | 2013-09-23 06:47 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

読書 「清州会議」 三谷幸喜

f0090954_6563949.jpg三谷幸喜による、現代口語の会話体で、描かれた「清州会議」をさらさらっと読んでしまいました。イチゴのパンツと覚えた方もいらっしゃると思いますが、1582年、天正10年といえば、武田家滅亡、そこから3か月で本能寺の変が起きています。「清州会議」は同年6月に開かれました。議題は2つ、織田家の後継者決定とポスト本能寺での領地配分問題です。

本能寺の変の後信長亡き後の清州城を舞台に、柴田勝家(役所広司)、羽柴秀吉(大泉洋)、丹羽長秀(小日向文世)、池田恒興(佐藤浩一)等、武将たちの会議という名の戦いが丁々発止と繰り広げられます。結果はわかってはいるけど、秀吉の手腕にわくわくしてしまいます。

イノシシ狩りのシーン等もでてきていました。映画では歌舞伎舞台の絵巻物のような豪華さも期待できそうです。読書はそれなりに楽しめましたが、豪華なキャスティングですので11月9日から公開予定の映画を是非観たいと思っています。

映画では、お市(鈴木京香)、寧々(中谷美紀)、松姫(剛力彩芽)等、歴史を動かす女たちの裏舞台でのしたたかな心理戦も楽しみです。

「清州会議」で信長の後継者となった三法師(当時2歳)は血筋からいえばサラブレッドです。嫡男信忠と松姫の子ですから、織田信長と武田信玄の孫だったのです。ところが、のちに織田秀信となり、豊臣政権下で岐阜城主となり、天下分けめの関ヶ原で西軍につき降伏した後は歴史の表舞台から消えてしまいます。自我も定まらぬ2歳で歴史の頂点を極めてしまったのですね。
by zoompac | 2013-09-22 06:54 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

DVD 「ハモン ハモン」

f0090954_702395.jpgTsutayaのDVDでペネロペ・クルスとハビエル・バルデム共演の「ハモン ハモン」を借りてきました。1週間で100円。

ヒガス・ルナ監督の「ハモン ハモン」は1992年ですから今から21年前の作品です。ペネロペ18歳、ハビエル23歳で、二人ともまことに初々しい。ペネロペがちょっと乳首吸われすぎですが・・・・。

ペネロペが「あんたはブタよ!」とののしれば、ハビエルもペネロペのお尻を赤いミニスカートの上からペシャンとたたき、「おまえはハモンだ!」と返すシーンが印象的でした。

極上のハモンといえば、ハモン・イベリコ・ベッジョータですよね。ハモン・ペネロペ・ベッジョータもおいしそう!

このスペイン俳優の二人は、2008年の「それでも恋するバルセロナ」で16年ぶりの共演をし、2010年に結婚しています。f0090954_714476.jpg

ハビエル・バルデムは2007年の「ノーカントリー」で猟奇的な殺人者の役でアカデミー助演男優賞を獲っています。2012年の007スカイフォールでも強烈な悪役ぶりを披露していましたね。
by zoompac | 2013-09-21 06:59 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC