GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言

カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
村尾選手の居た灘中は姫路..
by yy at 13:17
お読みになってなかったの..
by machi at 19:34
コメント、ありがとうござ..
by zoompac at 08:00
南陽からの移籍組は渡邊、..
by 田中 at 12:45
どういたしまして! ブ..
by zoompac at 09:58
情報ありがとう
by 駅伝ファン at 00:51
tarukosatoko..
by zoompac at 06:43
この本、読みましたよ。い..
by tarukosatoko at 08:27
遅ればせながら、新年おめ..
by desire_san at 12:11
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 19:18
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

大阪のジャンボたこ焼は破格の安さ!

f0090954_8212294.jpg

じぇじぇじぇ!大阪の通天閣近くのたこ焼き屋のこの安さ!300円で15個とは。

1人では食べきれない恐怖で手が出ませんでした!

アベノミクス効果が、この大阪場末のたこ焼価格に波及するのはいつのことやら?
by zoompac | 2013-04-30 08:21 | 酒・ワイン・珈琲・旅 | Comments(0)

今年の全日本柔道選手権の覇者は?

穴井隆将が頭1つ抜けていると思うのですが、どうなのでしょう?ロンドン・オリンピックもふがいない成績でしたし、今一つ、日本柔道界のエースとしての存在感が薄いですね。昨年のこの大会は、90㎏級の伏兵加藤博剛に優勝をさらわれてしまいました。その加藤も勢いに乗るかと思いきや国際大会で活躍できないありさまでした。

4年後のリオのオリンピック前に、今年の8月後半にリオで柔道の世界選手権があります。

それに向けて、混戦模様から、原沢久喜とか石井竜太あたりの新戦力が台頭して欲しいですね。沖縄出身の七戸龍にも期待しているのですが、なかなか優勝に絡んでこないですね。

4月29日月曜日の午後4時からNHK総合でオン・エアです。今年の日本一強い柔道家は誰になるのでしょうか? 4年後のリオのオリンピックで活躍できる有望株の誕生を願っています。
by zoompac | 2013-04-28 07:44 | スポーツ | Comments(0)

ベリーのデザート”ローテグリュッツ”

f0090954_5545379.jpg
温かいイチゴ等のベリー煮詰めたものに冷たいバニラソースをかけたRote Grutzeはドイツの知る人ぞ知る人気デザートだとのことです。

Roteが赤、Crutzeは秋という意味だそうです。

ドイツのデザートでは、バウムクーヘン(木の年輪?)やアーモンドの香ばしいフランクフルター・クランツが有名ですが、このローテグリュッツもいけます。

毎度、食べている途中の写真で申し訳ございません。

六本木一丁目のドイツレストラン「ツム・アインホルン(一角獣)」のデザートです。左から、ローテグリュッツ、プリン、そして私の好物、フランクフルター・クランツ(フランクフルトの王冠)です。

ドイツついでですが、昨日の日経新聞にホワイトアスパラのソースとして有名なオランデーズソース(オランダのソース?)のレシピが紹介されていました。 http://www.tastingtime.com/series/chef/chef1304.html

余談ですが、ドイツ語の1,2,3を表す、アイーンス、ツヴァーイ、ドラーイって大学時代の寮歌をコンパで歌うときの掛け声でした。 電気を消して肩を組んで歌ったのを覚えています。 ツム・アインホルンのアインで思い出してしまいました。
f0090954_6125427.jpg

by zoompac | 2013-04-27 05:52 | 酒・ワイン・珈琲・旅 | Comments(0)

漫画 「あんどーなつ」 未完の終了!

f0090954_638899.jpg漫画「あん・どーなつ」は今18巻ですが、6月に最後の19巻を発刊(19巻と20巻という噂もあり)して未完のまましゅうりょうすることになりました。西ゆうじ氏逝去のためです。

マンガ原作者の西ゆうじ氏は、胃癌のため2月6日に逝去されました。1953年生まれ、59歳。

西はテリー山本作画の「あんどーなつ 江戸和菓子職人物語」をビッグコミックオリジナル、ひきの真二作画の「華中華」をビッグコミック(ともに小学館)、田名俊信作画の「蔵の宿 雪と花と」を週刊漫画TIMES(芳文社)にて連載していました。連載作品の今後については、各出版社とも遺族との話し合いで決めていく方針。詳細は決まり次第、掲載誌の誌面や公式サイトにて発表されるとされていましたが、どうやら「あん・どーなつ」は終了することになりました。

半年毎に発売されていた漫画ですが、お菓子だけでなく四季折々の草花、行事、茶道等の薀蓄も深く、楽しみにしていました。 残念です。 西ゆうじ氏に感謝すとともに冥福を祈ります。
by zoompac | 2013-04-26 06:34 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

読書 「呉越春秋 湖底の城 第1巻」 宮城谷昌光

f0090954_9161767.jpg三国志から遡ること600年の春秋時代末期の揚子江流域である華南の地に、宮城谷ワールドの新たな地平が出現します。

超大国である中原の晋と南の超大国楚の対立構図から、やがて力の拮抗は江水(揚子江)の北西の楚と東南の呉に移ります。呉は晋と連携し楚を脅かすことになります。そんな折、呉の南方から突然越という国が登場し呉との死闘を繰り広げることになります。「呉越同舟」や「臥薪嘗胆」等の成句で有名な呉越春秋時代の物語です。

「越王勾践に覇を唱えさせた名将・范蠡(はんれい)の類稀な生涯を壮大なスケールで描く。」という謳い文句ですが、物語は楚の太子の宰相五奢の次男坊伍子胥から始まっていました。

第1巻は、2010年7月26日、以下第2巻、2011年7月26日、第3巻、2012年7月26日に発行されています。第4巻が、2013年7月26日に発行予定です。手元に3巻あってざっと見る限り、まだ伍子胥は楚にいて父や兄が讒言によって処刑されるシーンが描かれていました。越王勾践に覇を唱えさせた范蠡(はんれい)の登場はまだずっと先のようです。この物語も「宮城谷三国志」同様長い小説になりそうです。

今、BSフジで毎日「孫子兵法大伝」を観ています。そちらのTVドラマは、楚と呉の争いで、楚から呉へ亡命した伍子胥が、呉の将軍として楚を滅亡寸前まで追んだところです。楚に大勝した褒美として伍子胥が望んだことは、積年の恨みを晴らすため、楚王の墓を暴いて王の屍に鞭を振るうことでした。その春秋時代の有名なエピソードが丁度放映されたばかりです。小説の進行が今のペースだとこのシーンに至るのは、第5巻か6巻くらいになるでしょう。毎年1巻の刊行ですので、来年か、再来年に読めそうです。

伍子胥は、父に向かってまっすぐに言います。「善をなすふりをして悪をなすことほど、悪いことはないとおもいます」父・伍奢は「この子を教えるのは、人ではなく天だ」と思います。

楚の人、次男坊伍子胥は堂々たる体躯で将来を嘱望される青年です。父五奢は、王に重用され要職をつとめています。伍子胥は、呉との国境近くの邑・棠を治める兄・伍尚を助けるため船に乗り、江水を往きます。強い信念をもち、父兄を尊敬する伍子胥は、地位や身分を越えてさまざまな人と出会い、歩むべき道を探していました。 その旅の途中、そして旅先で、将来讒言によって父と兄を処刑に追い込む費無極とすれ違いますが、まだ大きな事件は起きません。窮地に追い込まれそうになりますがなんとか切り抜けます。有能な家来を得たり、将来大きく関わることになる瀕死の孫武を助けたりします。

第1巻で琴線に触れた文章です。

「おのれを視すぎて、天を見ることを忘れないことだ」「天に許される。天におのれをまかせる。偉くなる人は、かならずそういうときがある。」「天にすべてをゆだねてしまえばよい。天に必要とされる者は、死地にあっても活かされ、窮地から抜け出ることをゆるされる。おのれの能力を過信しないことだ。」

「わかった。求めつづけよう。このたびのことも、不運から逃げるのではなく、求めつづけるきっかけを与えてくれたと思われるようになった。永翁、あなたは良き師だ。」
by zoompac | 2013-04-25 09:08 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

映画 「カルテット 人生のオペラハウス」

f0090954_957489.jpg日比谷のシネマズシャンテで「カルテット 人生のオペラハウス」を観ました。

かって舞台を共にした4人のオペラ歌手たちが老人ホーム(ビーチャム・ハウス、イギリスの作曲家故サー・トーマス・ビーチャムにちなんでいる)で再び出会い、ヴェルディの名作「リゴレット」の四重奏を、ガラコンサートで披露するまでの人間模様を綴っています。

音楽家としてのエゴやプライド、老いた人間としての恐れや覚悟、いらだちや悲しみ等、様々な葛藤をくぐり抜けた末に四重奏が始まります。音楽を通じて自分を取り戻すかのように。

この「ビーチャム・ハウス」はイギリスの田園風景のなかにある貴族の別宅のような音楽家のための老人ホームという設定ですが、実はモデルがあります。「椿姫」「アイーダ」などの人気オペラを作曲したイタリア・オペラの巨匠、ジュゼッペ・ヴェルディが、私財を投じてミラノに建てた「音楽家のための憩いの家」という老人ホームです。今でも、50余人の老音楽家が余生を送っているそうです。

初メガホンのダスティン・ホフマンがハリーポッターシリーズでお馴染みのマギースミス(マクゴナガル教授役)やマイケル・ガンボン(ダンブルドア校長役)等、名優のうまさを引き出しました。

さらに、名音楽家たちもヴェルディのオペラをはじめとする名曲の数々を披露しています。

名曲に乗せて贈る人生賛歌をスクリーンに見事に展開してくれました。 エンドロールにも楽しい仕掛けがあります。オペラ好き、音楽好きな人には必見の映画でしょう。
by zoompac | 2013-04-24 09:54 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

映画 「ハッシュパピー バスタブ島の少女」

f0090954_8563498.jpg有楽町イトシアのヒューマントラストで観ました。原題は「Beasts of the Southern Wild」です。 Wildは名詞で使われるときは「未開拓地、荒地」の意味になります。このBeastsは巨大な角をもつイノシシのような獣で、6歳の少女ハッシュパピー(クァヴァンジャネ・ウォレス)の想像の怪獣「オーロックス」として登場します。 クァヴァンジャネ・ウォレスちゃんは、この作品で最年少アカデミー賞主演女優賞候補として話題を集めました。

本作は、アメリカ南部のメキシコ湾沿いの湿地帯にある架空の土地を舞台に、通称バスタブと呼ばれる閉鎖的な集落に暮らす人々の生活模様をハッシュパピーの目線からファンタジーとして描いた不思議な映画でした。ハッシュパピーの母親は家を出て久しく、甲斐性のない父親はいつも酔っぱらっています。少女は世間から孤立した共同体の住人や動物たちと自由奔放に暮らしています。

そんなある日、巨大なハリケーンに襲われ、「バスタブ」は水没してしまいます。住民たちは堤防を決壊させて排水しますが、後に残されたのは泥土に埋まった土地でした。

ハッシュパピーは、自然界の秩序が崩壊し、氷河期に氷に閉じ込められた怪獣オーロックスが地球温暖化により甦って襲ってくるのではないかと想像します。このあたり、少女の目線ですからどこが現実でどこが想像の世界か区別がつかない摩訶不思議な世界が展開していくのです。

劣悪な環境にもかかわらず愛着ある生活を送っていた生まれ育った土地を失い、さらにたった一人の家族である父親を失います。それでも敢然と生き延びていかなければならないのです。いかに勇気やタフな精神力が必要なのかという象徴的なシーンが、自分の母親に決別して病気である父親の元へ戻ってきたとき、追われていたオーロックスに立ち向かい目力で怪獣をねじ伏せるところです。

永遠なるものはなく、愛する土地も、愛する人も消えていくけど、育ってきた土地も、一緒に暮らした父親も、小さな彼女を支える力になっていました。小さな足を踏ん張って迫りくる不安に対して雄叫びをあげる少女の自立を謳いあげたファンタジーでした。
by zoompac | 2013-04-23 08:54 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

映画 「リンカン」

f0090954_825256.jpg原作は、Doris Kearns GoodwinのTeam of Rivals: The Political Genius of Abraham Lincolnです。著者はかつてローズヴェルト大統領夫妻の評伝でピューリツァー賞を受賞した女性歴史学者。その彼女が10年もの歳月をかけて書き上げた渾身(こんしん)の作で、全米ベストセラーになりました。魅力あふれる歴史的読み物であると同時に、優れた政治研究書、人間研究書といわれています。日本でも、平岡緑訳で中央公論新社から、上下各3,800円でTeam of Rivals 「リンカン」という翻訳書が売られています。

この本をベースに脚本が作られ、その中でも特に、憲法修正第13条を通過させる政治的戦いを描いた部分にこの映画の焦点があたっています。

原作は、あまたあるリンカンの評伝とは異なり、共和党の大統領候補に指名された1860年から暗殺されるまでの5年間に焦点を絞り、同僚や家族の膨大な日記や往復書簡に新たな光をあてながら、リンカンの政治的天分を見事に浮かび上がらせています。この映画は、 その中でもアメリカ合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカンの生涯の最後の3か月、もっと絞れば憲法修正第13条を通過させる28日間に焦点を当てた歴史大作です。

2期目の大統領に再選後、リンカンは選挙時の政敵だった4人をそっくり主要閣僚に抜擢する奇手を用いて、南北戦争という未曾有の国難を切り抜けました。国政にとって有能とあれば、リンカンの失脚を謀略した財務長官でさえ、のちに最高裁判所長官に任命したほどなのです。リンカンの無比の情緒的な力と政治的な天分は彼らを魅了し、最後には「人間として完璧に近い存在」とまで言わしめました。

この著書はオバマ大統領の愛読書としても有名で、「ライバルからなるチーム(Team of Rivals)」と著者が称したその組閣手法がオバマ大統領によって再現され、クリントン国務長官やバイデン副大統領が登用されたことは記憶に新しいと思います。

この映画で私が最も緊張感を強いられたシーンは、憲法の修正案によって奴隷制を廃止するために、戦争を長引かせなければならなかったリンカンの苦渋の選択です。政治家の良心と人間の良心は相いれないものがあるようです。戦争の勝利は目に見えていたのですが、戦争終結になってしまうと、奴隷解放が実現しない恐れがあったのです。2者択一の選択で、大勢の命を奪う戦争を続けることにより、彼は自分の手を血で染めました。そして苦しみました。

議決までの約1ヵ月におよぶ多数派工作の政治戦略の実行に自ら手を汚す果断な指導者としてのリンカンと父として夫として戦争を長引かしていることに苦しむ人間リンカンの苦悩の極限をダニエル・ディ=ルイスが好演していました。

出演を引き受けてから2年後に、スピルバーグ監督に「ようやく彼の声を見つけたよ」というメッセージと自分なりのリンカンの声を吹き込んだテープを送ったというエピソードはもうすっかり有名になってしまいました。

風貌とその声をスクリーンで見ていると、本物のリンカンが甦ったような説得力をもつから不思議ですね。リンカンがダニエル・デイ=ルイスに憑依したように見えました。すごい演技力です。

彼曰く、多くの読書や多くの思考で準備をした後は、主観的な領域にまで踏み込んでいくのだそうです。想像力や感情移入の力を使って、自分自身の中にその人物の人生をクリエイトすることによって役作りをするのだそうです。この作品も含めて3回のアカデミー主演男優賞も伊達ではないですね。

トミー・リー・ジョーンズもいい味出していました。思わず笑えるシーンもありました。
by zoompac | 2013-04-22 08:19 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

皇后盃 柔道 78㎏級緒方亜香里が大金星!

f0090954_18324033.jpg決勝は、順当に勝ちあがってきた田知本愛(めぐみ)(ALSOK)と、準決勝で山部佳苗に大内刈りで一本勝ちをした緒方亜香里となりました。

勢いに乗った緒方は78㎏級ながら、30㎏近くの体重差のある78㎏超級の田知本愛から大内刈りで有効をとり、日本一の座に輝きました。

ロンドンオリンピックで2回戦敗退と大いなる挫折を味わった緒方亜香里選手にとって、大きな輝かしい優勝と成りました。

一方、悲願のタイトルを逃した田知本愛は、あと一歩というところでした。

去年は、世界ランキング1位ながらも、4月の皇后盃は3回戦敗退、5月の体重別は準決勝で敗れ、ロンドンオリンピックの日本代表の座を逃してしまいました。 国際試合では実績があるのに、国内の試合で何故取りこぼしが多いのか実に不思議です。

今年は、今のところ世界ランキング2位です。 4月の皇后盃では準優勝に甘んじてしまいました。この後、5月11日の選抜体重別選手権大会で優勝し、8月26日から9月1日にかけてリオデジャネイロで開催される世界柔道選手権大会への代表に選ばれ、そこで結果を残すことが彼女にとっての大きな目標であり、柔道フアンの期待だと思います。

緒方亜香里もこの優勝をきっかけに、一皮むけてほしいです。
by zoompac | 2013-04-21 18:23 | スポーツ | Comments(0)

全日本女子柔道選手権 田知本愛の雪辱成るか?

f0090954_974316.jpg体重を問わず参加選手が日本一を目指す全日本女子柔道選手権(柔道皇后盃)が、本日16時から17時半までNHK総合で放映されます。

今年は、写真の田知本愛(総合警備保障)が優勝候補筆頭でしょう。対抗に山部佳苗(ミキハウス)があがってきそうです。

去年は、山梨学院大学4年生だった山辺佳苗が優勝しました。田知本愛は山辺に3回戦で旗判定で敗れ、ベストフォーにも進めませんでした。

週刊誌ネタですが、田知本は試合における精神的な弱さもあって前園田隆二監督からの厳しい指導を受けた選手の一人とされています。ただ園田前監督とコーチ陣の暴力行為やハラスメントを告発したナショナルチーム強化選手15名には入らなかったようです。

今年は、そうした体罰事件に決着をみたことで、試合に集中できているのか田知本愛が絶好調です。察するに試合の緊張で力を発揮できなかったのではなくて、監督・コーチの熱心過ぎる指導にビビッて本領を発揮できなかったのかもしれませんね。去年の12月のグランドスラム東京も今年の2月のグランドスラムパリも優勝して、現在世界ランキング2位まで上がってきました。

一方の山部は国際試合での実績があまりなく世界ランキング24位に甘んじていますが、昨年の4月の皇后盃と5月の選抜体重別で連続して田知本愛を旗判定で降しています。

田知本に山部に対する苦手意識があるのかもしれませんが、この皇后杯で日本一になれるかどうか、田知本の強さが本物かどうかの試金石となりそうです。

話は変わりますが、高校1年ながら、去年の皇后盃でベストフォーになった朝比奈沙羅は今年の皇后杯本戦出場が叶いませんでした。旗判定で敗れ東京の予選をクリアできなかったようです。3月19日の全国高校選手権大会の女子無差別で優勝しているのに、勢いに乗れませんでした。 スキージャンプの沙羅ちゃんと同様、柔道の沙羅ちゃんの活躍に注目していたので残念です。
by zoompac | 2013-04-21 09:06 | スポーツ | Comments(0)
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC