GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言

カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
コメント、ありがとうござ..
by zoompac at 08:00
南陽からの移籍組は渡邊、..
by 田中 at 12:45
どういたしまして! ブ..
by zoompac at 09:58
情報ありがとう
by 駅伝ファン at 00:51
tarukosatoko..
by zoompac at 06:43
この本、読みましたよ。い..
by tarukosatoko at 08:27
遅ればせながら、新年おめ..
by desire_san at 12:11
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 19:18
宇和島をチェックしていて..
by シギー at 00:26
とても良かったです。長い..
by 藍色 at 14:25
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧

来年の箱根のスーパー・ルーキー候補!

f0090954_949959.jpg
暮れの全国高校駅伝、1月の安芸路を往復する都道府県対抗駅伝で活躍した選手たちの進学情報です。

まずは簡単に今年の箱根駅伝の結果のおさらいです。駒沢と東洋の2強対決との大方の予想を裏切り、5区の山上りを主将服部翔太で制した日体大が優勝をさらってしまいました。東洋大が2位、駒沢3位、帝京4位、早大5位、順大6位、明大7位、青学8位でした。

次に来年の箱根の舞台に立つであろう有力選手の紹介です。まずは、暮れの高校駅伝の優勝校の豊川高校ですが、1区、区間2位の服部弾馬は、兄勇馬がいる東洋大学に進学です。4区で区間賞の走りを見せた一色恭志は青学へ。

その1区で服部弾馬との鍔迫り合いでわずかに競り勝って区間賞をとった伊賀白鳳の西山雄介は駒大です。3位の九州学院の内田翼は青学。(写真、左から、服部、内田、西山です。)

その全国区高校駅伝の1区で、兵庫西脇工の中谷圭佑は西山に20秒差の7位でしたが、1月の都道府県対抗の1区を兵庫代表として三重代表の西山を歯牙にもかけない先行逃げ切りの走りで2年連続の区間賞の走りでした。中谷も、西山同様駒大に進学です。

その、兵庫の連覇に中谷と共に大きく貢献した立役者のもう一人が須磨学園の秋山雄飛です。4区でダメ押しの区間新記録の走りで、東京、愛知との差を大きくあけました。彼は青学へ進学予定です。

こうしてみると、駒大、青学あたりが強力な新人を複数獲得しているようですね。

あと目立ったところでは、都道府県対抗の1区で中谷に次いで2位の栃木代表で走った、佐野日大高の石川が日大へ、西脇工の広田雄希が東海大へ、都道府県対抗では愛知代表として期待通りの走りはできなかったものの、5000mでは14分ギリの記録をもつ豊川工の平和真は早稲田に進学です。

こうした高校生有力ランナーが一層力をつけて、来年の正月の箱根路で活躍してくれることを期待しています。
by zoompac | 2013-01-31 09:46 | スポーツ | Comments(0)

ランジ歩き

f0090954_8532494.jpg
脚力低下を防ぐ補強運動です。別名ウォーク・スクワットです。

脚をできるだけ前に出し、重心をしっかり落としてから次の一歩に移ります。大腿四頭筋や大臀筋が鍛えられるそうです。

マラソンで最後にモノを言うのはこの筋力だそうです。35㎞付近から足が動かなくなった福士加代子選手もこの筋力を鍛えていたと聞いていたのですが、・・・。

私は、人生の30㎞付近に差し掛かってきたので、脚力低下防止のためにスポーツ・クラブのプールでこのランジ歩きを行っています。

ところで、11月~1月の駅伝のシーズンが終わって寂しいですが、2月もまだまだ楽しみな陸上競技があります。

2月3日(日)は、別府大分毎日マラソンです。公務員ランナー川村優輝やロンドンオリンピックに出た中本健太郎が走ります。

2月23日(土)は去年高校1年生の上原美幸がジュニアの部で華々しいデビュー優勝を飾ってくれた福岡国際クロスカントリーがあります。この大会には高校、大学、実業団等の有力ランナーが結集する大会です。また、上原の疾走がみたいです。

2月24日(日)は東京マラソンです。日清食品の佐藤悠基がマラソン初挑戦すると聞いています。
by zoompac | 2013-01-30 08:53 | スポーツ | Comments(0)

映画 「東京家族」

f0090954_19493930.jpg
f0090954_1950440.jpg
隠岐の島の古典相撲を題材とした「渾身」では滂沱の涙を流し、今から観る人にハンカチ2枚用意することを勧めましたが、この「東京家族」はハンカチ3枚、ポケットティッシュ1冊用意することをお勧めいたします。

お母さん(吉行和子)と紀子(蒼井優)が昌次(妻夫木聡)のぼろ・アパートで出会う場面で泣き、お母さんが亡くなった後の、お父さん(橋詰功)と昌次が病院の屋上で言葉を交わすシーンで嗚咽をこらえ、瀬戸内海の小島に戻って葬式を終えたお父さんが紀子にかける言葉に、鼻水をすする・・・顔が涙と鼻水でぐちゃぐちゃ必須の映画でした。

山田洋次 監督50周年記念作品で、名作、小津安二郎「東京物語」を下敷きとしその家族愛・家族問題のモチーフを60年という歳月の隔たりのうえ、現代の社会に蘇らせた作品です。

小津作品では、次男昌次は戦死していて、原節子演じる紀子が寡婦でした。しかし、今の日本では、戦死ということはありえないので、昌次を舞台美術という不安定な仕事をする設定にし、父周吉と次男昌次の仕事、生活に対する価値観の違いからくる確執という構図に作りかえていました。 また、2011年の3月11日の東北大地震のエピソードについてもうまく取り込んでいました。

長男一家、長女一家、そして次男とその彼女紀子という構図をとりながら、割と小津作品に忠実なシーンも多く再現されていました。TSUTAYAで「東京物語」を観て、この「東京家族」を観ればなお楽しめるかもしれません。

ただ、小津作品を知らなくても、山田洋次氏の作品として十分すぎるほど、泣かされかつ堪能できることは保証いたします。 

山口県、広島県出身の人たちには、吉行和子の方言にもほろっとさせられます。とにかく、ご覧になるときはハンカチ3枚とポケットティッシュをお忘れなきよう!
by zoompac | 2013-01-29 19:50 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

映画 「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

f0090954_22275031.jpg

こういう壮大なほら話に引き込まれる自らの単純さに感謝いたします。映画に身をまかせてこの途方もないリチャード・パーカーというベンガル虎とパイと名乗る少年の漂流生活を存分に楽しんでしまいました。とび魚の大群や巨大なクジラとの遭遇、ミーアキャットの大群が生息する島等、その映像美はジェームス・キャメロン監督の「アバター」を彷彿させるものがありました。

リチャード・パーカーという名はエドガー・アラン・ポーの小説でもその小説発表後約50年で実際に起きた漂流事件でも、食料の尽きた4人の漂流者のうち1人が犠牲になりますが、小説でも実話でもその犠牲者の名前が偶然にもリチャード・パーカーだったそうです。これは映画では語られてない裏話です。

ただただ心を開いて、ここまで進歩した映像技術の粋に身を委ねて、あなたも映画館で約2時間の漂流の疑似体験をしてみてください。

技術部門をはじめ11部門でアカデミー賞の候補にあがっています。
by zoompac | 2013-01-28 22:28 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

福士加代子はゴール直前に抜かれて2位のゴールでした!

f0090954_15282132.jpg

去年の大阪国際女子マラソンは重友梨佐が逃げまくって23分台で優勝し、タチアナ・ガメラシュミルコは2位でした。重友はその優勝でロンドンへの切符を手にしました。一方、福士は失速して9位に終わりました。

9位の福士にとっても、2位に終わったガメラシュミルコにとってもリベンジの2013年大阪国際女子マラソンの舞台でした。先手をとったのは福士加代子。27㎞付近から独走態勢となり、30㎞過ぎあたりまで2位のガメラ(アナウンサーがこう呼んでいました)に30秒近くの差をつけていたのですが、だんだん足が動かなくなり長井競技場の前で追いつかれ抜かれてしまいました。

30㎞から独り旅になったときの福士のサングラスの奥の不安げな顔と、26.5㎝の巨足でひたひたと迫るガメラの大きくなる姿と足音には観ている私まで胸を締め付けられる思いでした。

今回は日本人トップの2位で、時間も2時間24分は切れませんでしたが、24分に近い記録だったので、今年の8月10日~18日にモスクワで開催される世界陸上選手権大会へのマラソン代表に選ばれる可能性は高いと思います。 ただ35㎞過ぎてからの逃げ足の弱さが気になるレース結果でした。

一方、タチアナ・ガメラシュミルコはロンドン・オリンピックでも後半追い上げて5位、そしてこの大阪国際女子マラソンでは昨年重友に逃げられて届かなかった優勝を成し遂げました。
by zoompac | 2013-01-27 15:32 | スポーツ | Comments(0)

福士加代子、大阪で3度目の正直なるか?

f0090954_8273668.jpg

昨年の11月にニューヨーク・マラソンを走る予定だった福士加代子ですが、ハリケーン・サンディがニューヨーク直撃のため開催中止となり、結局彼女の捲土重来の舞台はニューヨークから大阪へ吹き飛ばされました。

なんという運命でしょうか?2008年、2012年と過去2度失速の憂き目をみた験の悪い大阪国際マラソンに3度目のチャレンジとなったのです。吉と出るか凶と出るか?

でも失速病を克服するには絶好の場所かもしれませんね。

予定されていたニューヨークマラソンの直前の昨年の10月28日に実業団駅伝西日本大会にワコールの3区を走った福士加代子は区間新記録の爆走で11人を抜き、ワコールの西日本地区優勝に貢献しました。暮れの全国実業団駅伝では、ワコールは4位でしたが、その3区では、新谷仁美に27秒差をつける区間新記録の走りで9人抜きを果たし圧倒的な好調さをアピールしました。

その絶好調さを維持し、明日日曜日の大阪国際マラソンのゴール・テープを満面の笑顔で切って欲しいです。

ライバルもいます。野口みずきは残念ながら体調不良で欠場となりましたが、存在感のある渋井陽子も参戦します。ワコールの同僚樋口紀子も走る予定です。
by zoompac | 2013-01-26 08:28 | スポーツ | Comments(0)

読書 「ビブリア古書堂の事件手帳」 三上延

f0090954_8544276.jpg
f0090954_855612.jpg
メディアワークス文庫で初のミリオンセラーとなった作品です。本屋書店員の間で評判になり2012年には文庫本で初の本屋賞ノミネート作品になりました。

テレビドラマ化されフジTVで月曜日の9時から放映中です。

北鎌倉の駅の側にあるという設定のビブリア古書堂の美人店主、篠川栞子を剛力彩芽が好演しています。小説の設定では、栞子が入院して、幼い頃のトラウマで活字が読めなくなったフリーターの五浦大輔(AKIRA)が店番をすることになるのですが、テレビドラマでの栞子の入院設定は省かれています。

4編の短編で、構成されていて、第一話は大輔の亡くなったおばあさん所有の夏目漱石の全集のなかの「それから」という本を巡って何故大輔が活字トラウマになったのか? さらに大輔と大輔のお母さんの出生の秘密等も栞子の古書の知識と推理で明らかになっていきます。

篠川栞子は古書の知識にかけては右に出るものはいなく本のことに関しては饒舌になるのですが、普段は極度の人見知りで人と目を合わせることもできないのです。
一方、五浦大輔は活字を読み始めると頭痛を起こす体質で、それで栞子の本に関する話を聴くのが大好きなのです。栞子も大輔の眼は普通に見ることができます。

人見知りの栞子と活動的な大輔のでこぼこコンビが、古書に関係して起こる事件を解決する話が続きます。第二話は小山清の「落穂拾い」、第三話は「論理学入門」、第四話は太宰治の「晩年」に関わる事件です。

この文庫シリーズは売上好調で、二巻、三巻もよく売れているようです。テレビドラマもこの三冊分カバーするのであれば少なくとも12回は続くのではないでしょうか?

観てから読みますか?それとも読んでから観ますか?1週間に1編の短編ですからペースは作りやすいと思います。ドラマは2回分放映されたばかりです。今がチャンスです。
by zoompac | 2013-01-25 08:55 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

読書 「七つの会議」 池井戸潤

f0090954_9523263.jpg

この手の企業不祥事のネタ話は池井戸潤氏の自家薬籠の中の物ですね。「空飛ぶタイヤ」が代表作ですが、この七つの会議でも池井戸節が炸裂していました。

大手総合電機メーカーの子会社でどこにでもありそうな中小企業を舞台にしたミステリータッチのビジネス小説です。

まず、構成の妙に感心させられました。

八話の短編で構成されています。第一話の居眠り八角では、営業課の年上の万年係長がトップ営業マンで、上司でもある年下の課長をパワハラで告発することから物語が展開していきます。第二話は、いきなりネジを制作する中小企業に舞台が移って違う話に思えますが、読み進めるにつれて、このネジ会社にコストダウンを強要して他社とのコンペの結果、取引を打ち切った得意先の担当者が第一話のパワハラ課長であることがわかります。

このように、各短編の主人公が変わり、それぞれの立場から話が展開するにつれて、第一話のパワハラ告発の陰に隠れていた不祥事の真相が浮かび上がってくる仕組みになっています。緻密な箱細工をみているような錯覚を覚えます。円熟の技ですね。

顧客の満足度や便宜を犠牲にした会社の都合は、大なり小なり必要悪としてまかり通るのが一般の会社文化かもしれません。業績をあげるために小さな不正を「清濁あい合せて飲む」豪気な人物が出世して経営陣に収まっている会社では小さな不正を隠蔽して積みあがった大きな不祥事を正す決断ができません。

そうした環境下で良心を貫き通すにはまず出世という欲で固められた上下関係を無視できる窓際族の居眠り八角の武士の一分のような覚悟が必要なのかもしれません。

銀行という熾烈な出世競争の中で闘い、見切りをつけ、作家に転身された池井戸氏ならではの鋭い視点を感じる作品でした。
by zoompac | 2013-01-24 09:53 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

映画 「渾身(こんしん)」- 滂沱の涙の感動作!

f0090954_8212358.jpg
去年の8月終わりのカナダモントリオール世界映画祭(Montreal World Film Festival Aug23 - Sep3, 2012)に正式招待された作品です。

東京でもマイナーな映画館でしか公開されていませんが、お勧めです。これだけ、泣かしてもらえたのは、「三丁目の夕日」の2作目以来、いやそれ以上に泣きました。まさに滂沱の涙!悲しいからではありません、嬉しいから?父子の絆の感動?

カナダでも興奮と感動の大反響だったらしいです。あの、父親役の高野長英、亡き親友の夫の後添えの多美子役に扮する伊藤歩のセリフなき表現が素晴らしいです。

モントリオール映画祭の創始者の方が「古典相撲はとても興味深くとても良かったが、むしろ私たちは映画の中で描かれた家族の物語に感動した。」と手放しで評価されていました。日本での映画評論家の評価も高く気になっていました。

私が観たのは、楽天シネマズ錦糸町の6階です。同じ映画館で、「東京家族」も上映されていました。

日本での相撲発祥の地とされるのは島根県の出雲で、神話の世界です。その神事とされる古典相撲が、日本文化のガラパゴス島とも呼ばれる隠岐に今も受け継がれているのです。隠岐は島根半島の北の日本海に点在する諸島です。

興業でなく20年に一度、夜を徹して行われる神事としての相撲大会が隠岐で行われているのです。

親の薦めた結婚を破談にし、島の他の娘と駆け落ちして島を捨てた若者が、何年か経って島に帰ってきます。親からは勘当されており、閉鎖社会の島の連中からも冷たくあしらわれる中で、連れの嫁は、まだ幼い娘を残して病没してしまいます。その亡くなった若嫁の親友であった多美子に残された娘の面倒を見てもらいながら、若者(青柳翔)は島の人たちとの絆を取り戻そうと、20年に一度開催される古典相撲の練習に取り組んでいきます。

そして最高位大関にまで昇進した若者が、一生に一度の真剣勝負のときをむかえます。誇りをかけた大一番です。そしてその日、島は一つになりました。

長年息子を勘当していた父親の心が溶けて孫娘と無言の対面をするシーンは涙なしには語れません。TVドラマ「結婚しない」では主人公の菅野美穂の恋敵としてちょっと嫌な女を演じていた伊藤歩でしたが、多美子を演じる伊藤歩はただただ素晴らしいの一言でした。

古典相撲と共に生きる島の人たちの姿、様子もよく表現された秀逸の映画です。お勧めで~す。ハンカチを2枚くらい用意してから観てくださいね。
f0090954_8182882.jpg
 
by zoompac | 2013-01-23 08:19 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

大阪、北浜のレトロな喫茶「サンマルク」からの眺め!

f0090954_8353052.jpg

住友銀行北浜支店のレトロな建物です。堺筋本町駅出口5番を出て、道路を渡ったところにあるサンマルク・カフェから撮りました。


これ、記憶違いでなければ、映画「黄金を抱いて翔べ」で住田銀行のモデルになっていました。妻夫木聡が金塊を投げ落とし、自らは力尽きて地上にたたきつけられてしまう銀行屋上の形状にこの特徴のある建物が使われていました。

今度、つたやでDVD借りて、検証してみます。和製、オーシャン12、去年観た邦画の私のトップ3に入っている作品です。
f0090954_8384623.jpg

f0090954_8422311.jpg

by zoompac | 2013-01-22 08:35 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC