GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言

カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

大阪大丸8階の「蘭館」で

f0090954_21375458.jpg

f0090954_21375482.jpg


マイルドコーヒーと紅玉のタルトタタンをいただいています。

「蘭館」は35年前は梅田地下街泉の広場の近くにありました。貧乏大学生としては超高級珈琲でしたが、よく通っていました。ソフトとマイルドがありました。ストロングとマイルドではなくソフトとマイルドでした。その味の違いは微妙でしたが私はマイルドが好きでした。今は違いますが、昔はミルクピッチャーが冷えていて、とろりと冷えたミルクを入れると珈琲の黒い液の中にいったん潜り込んで、しばらくしてからぽかりぽかりと白い液が浮き上がってきていました。その浮かび上がった後の模様を見るのが好きでした。

私の珈琲のもう1つの好物は京都のイノダでした。ここは最初からミルクと砂糖入りで出てくるのが特徴でした。ここの珈琲も思い切りマイルドです。

蘭館は大阪大丸の8階ですが、イノダは東京大丸の8階にあります。我が家の珈琲豆も蘭館のマイルド/City、イノダのArabean Pearl(赤色パック)です。 東京駅から大阪駅に移動する折にそれぞれの豆を購入しています。

大阪大丸8階の蘭館からの眺めはなかなか素敵です。美味しい珈琲を味わいながら至福のひとときでした。
by zoompac | 2012-10-31 21:37 | 酒・ワイン・珈琲・旅 | Comments(0)

大阪 あなぐま亭 1周年

f0090954_21283387.jpg

f0090954_21283373.jpg

f0090954_2128331.jpg

f0090954_21283331.jpg

f0090954_21283379.jpg

f0090954_2130515.jpg


大阪に行ってきました。

あなぐまの看板と入口の半分が白木で改装されていました。

あなご、はも、真鯛等の湯引き、はもパン、さんまのパイ包み、さいぼし(馬肉の干し肉)の炙りにパエリヤ(穴子となす入り)等をいただきました。

写真にはありませんが、飴色にこげたオニオン・グラタンスープもおいしかったです。

いいお客さんにも恵まれてなんとか1年を乗り切ったようです。 よかったですね。応援しています。

通天閣の近くです。
最寄駅は、JR新今宮、御堂筋線の動物園前、堺筋線の恵美須町、難解電車の今宮戎駅等で便利です。
あなぐま亭の電話番号は06-6641-5969です。
by zoompac | 2012-10-30 21:28 | 酒・ワイン・珈琲・旅 | Comments(0)

女子大学駅伝で筑波大学3位!

f0090954_16212245.jpg


久馬姉妹の活躍で筑波大学が3位に入りました。1区で11位でしたが、2区の久馬萌が5位まで、3区の姉・久馬遥(はるか)が3位に押し上げ、そのままの順位を守りました。1区の大森が2年、6区・アンカーのキャプテン上野が3年ですが、残りの4区間は久馬姉妹を含めて4人が1年生の若いチームです。来年・再来年がますます楽しみです。

優勝は連覇の立命館大でした。2区の藪下明音、3区の津田麻衣が区間賞の走りで佛教大学を押さえました。特に3区の2年の津田麻衣が、佛教大4年エースの4年の森知奈美(1年生から3年連続の区間賞ランナー)に走り勝ったのが大きかったと思います。ちなみに3区のエース区間は、1位が津田麻衣、2位が久馬遥、3位が森知奈美でした。

関東勢では、大東文化大も5位に入ってシード権を取りました。
by zoompac | 2012-10-29 16:21 | スポーツ | Comments(0)

映画 「夢売るふたり」

f0090954_926354.jpg


いやはや、どぎつい映画でした。

気弱でだめ男の典型はあるが、夫本人(阿部サダヲ)も気づいていない恋の手練れの才能を見抜いた妻(松たか子)が、夫を結婚詐欺師に仕立て上げ、火災で失った料理屋の再建を目指す話です。

夫を操りながら、子供がいなく夫をつなぎとめるものがない妻の悲哀を、七転八倒する様を通して、松たか子が迫真の演技を見せてくれます。

松たか子はビヨンの妻(桜桃とたんぽぽ)の太宰治と思われる小説家の妻としての役も印象に残っています。居酒屋で働くことになった美貌の松たか子が人気でその居酒屋が大繁盛するのですが、夫はその人気に嫉妬します。

この「夢売るふたり」では、主導権をとって、夫の結婚詐欺の筋書きを作り、演出していく松たか子は、その詐欺がうまくいき、夫が結婚願望の女に次から次へもてればもてるほど、嫉妬と不安にさいなまれるのです。

ふてぶてしさ、冷徹さ、空虚(むなしさ)といった表現を体当たりで見せてくれました。特にまばたきしない松たか子の瞳が怖い作品でした
by zoompac | 2012-10-25 09:26 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

11月3日の東日本実業団駅伝について

f0090954_1046575.jpg


11月3日(土)文化の日には、男子は2013年の元旦、女子は2012年12月16日(日)に開催される、男女それぞれの全日本実業団対抗駅伝の予選を兼ねた東日本実業団駅伝が埼玉で開催されます。

東日本実業団駅伝は男女ともレベルが高く、ここでの成績がそのまま全日本の成績となることも多いようです。2012年元旦の全日本で男子は日新食品が1位、コニカミノルタが2位、2011年年末の女子では、第一生命、パナソニック、積水化学が1~3位を占めました。

日清食品には不動のエース佐藤悠基(写真)がいます。入社後3年の東日本、ニューイヤーで走った区間のすべてで区間賞をとっています。佐藤は箱根駅伝でも1年~3年まで走った区のすべてで区間賞でした。4年生のときだけ区間2位だったのが惜しまれます。しかし、彼は天性の駅伝男のようです。加えて若松儀裕が絶好調のようです。東日本の連覇でニューイヤー連覇にはずみをつけたいところでしょう。

コニカ・ミノルタはエース宇賀地強が安定しているようです。

注目は箱根駅伝の第5区で4年連続の区間賞をとった柏原竜二が加入した富士通です。平地での彼の走りによっては日清・コニカの2強を脅かすかもしれません。日大出身のギタウ・ダニエルと柏原が同じチームで走るかと思えばなんだかわくわくしますね。

女子は、第一生命、パナソニック、積水化学の三強の争いだと思われます。第一生命のエースはマラソン五輪代表の尾崎好美でではなく勝又美咲です。厚い選手層に、今年は立命館大学のエース田中華絵が新加入しました。全日本実業団ハーフマラソン優勝の田中智美と共にダブル田中の活躍が楽しみです。

パナソニックはダブルエース、吉川美香、加藤麻美がいます。中村仁美にこのダブルエースで先行逃げ切りを図りたいところでしょう。

積水も。尾西美咲、松崎璃子、清水裕子で先行逃げ切り型のオーダーを組んでくると思われます。
by zoompac | 2012-10-23 10:46 | スポーツ | Comments(0)

HRQプリン

f0090954_8542748.jpg

f0090954_81405.jpg


三男の誕生日祝いに浜離宮の近くにある、イタリアンDGレストランに行きました。築地と汐留の中間に位置する浜離宮三井ビルディングの1階にあります。

料理では3種類の旬の魚のカルパッチョ、(こち、きじはた、石鯛)、富士山麓きのこのリゾット、ドライトリッパ、牡蠣のコンフィ、黒睦の塩釜料理等が印象に残りました。 ワインはシャルドネ100%のシャンパンに、ブルゴーニュのジュブレーシャンベルタン。

写真はカルパッチョとデザートの盛り合わせです。

お土産にもしましたが、プリンが美味しかったです。

オールド・ファッション・プリンで焦がされたカラメルが濃密な生地にしっとりと絡んでいました。

浜離宮プリンを文字ってHRQプリンと呼ばれているそうです。
by zoompac | 2012-10-22 08:14 | 酒・ワイン・珈琲・旅 | Comments(0)

2012 箱根予選会の結果

f0090954_8514528.jpg


東海大学は40年連続の箱根への切符を落としてしまいました。全日本駅伝の予選会では、村沢、早川の両エース不出場でも、5位で予選通過し伊勢路行きを果たしたと聞いていたので、箱根予選会は楽勝と思っていました。早川翼は個人10位と健闘の走りでしたが、エースで主将の村沢明伸は脚の故障で予選会に出場できませんでした。

東海大は出雲駅伝にも出場できなかったので、学生三大駅伝のうち今季参加できるのは11月4日、日曜日の伊勢路を走る全日本大学駅伝だけになってしまいました。

村沢明伸は新人ながら2009年の箱根予選会で個人トップで走り、箱根の本戦の舞台への道をこじ開けました。2010年の箱根では1年生ながら2区をまかされ日大のダニエルには負けましたが、区間2位の走りで、14位でタスキをもらって4位にまで押し上げた走りが印象に強く残っています。

なんとか故障を直してもらって、最終学年の最後の駅伝を走る姿を最短区の3区(9.5km)でもいいから伊勢路で見せてもらいたいものです。

拓殖大もモゼが個人2位(1位は日大ベンジャミン)で走りながら走者10人の団体記録が9位の枠に入れず10位で予選突破できませんでした。10位拓殖、11位専修、12位東海は涙を飲む結果となりました。

①日本体育大、②帝京、③中央学院、④大東文化、⑤上武、⑥神奈川、⑦日大、⑧法政、⑨東京農大の9校がこの順位で予選を突破しました。

もう大学の2年生になりますが、高校駅伝で活躍した、大東文化の市田兄弟(鹿児島実業)、法政の西池和人(須磨学園)の走りを箱根路で見ることができるのが嬉しいです。 箱根予選会突破の強力兵器として期待された新戦力が2年生になって花開いたようです。

日本体育大は、服部、本田、矢野の3年生トリオががんばりました。中央学院は4年の藤井啓介が日本人トップの全体3位でフィニッシュしました。

今年も早いもので新春の箱根駅伝まであと73日のカウントダウンとなりました。
by zoompac | 2012-10-21 08:51 | スポーツ | Comments(0)

読書 「柚子は9年で」 葉室麟

f0090954_147378.jpg


葉室麟さんの随筆です。

葉室麟さんは私とほぼ同時代です。「柚子は9年で」の随筆を読むと、貸本屋時代の3大スター、手塚治虫、水木しげる、白土三平の記述があったり、大きなタイヤチューブを浮き輪に海水浴をしたり、共有できる昔の一コマ一コマの情景を描いてくれています。

氏が最初に歴史小説に興味をもったのが中学校時代で、作品は吉川英治氏の「黒田如水」だったそうです。黒田官兵衛(如水)に魅かれ、氏自身で「風渡る」や「風の王国」の小説を書かれています。官兵衛は熱心なキリシタンだったそうで、その切り口で、官兵衛が目指したのは天下ではなく、キリシタン勢力圏の回復だったのではないかというテーマをそれらの小説にまとめあげています。

さ来年のNHKの大河ドラマは「軍師官兵衛」で官兵衛役はV6の岡田准一と発表されました。

黒田官兵衛は、信長、秀吉、家康に重用されながら、有り余る才能ゆえ、それら天下人から警戒され、秀吉には自分の次の天下人とまで恐れられた男です。

播州姫路に生まれ地方大名の家老から、信長の信任を勝ち取り、権謀術数渦巻く戦国時代に巧みな弁舌と軍略で、豊臣秀吉の天下統一を演出します。 

和歌、茶の湯に通じた文化人でクリスチャンでもありました。ただ一人の妻と添い遂げました。

史上最強の軍師は、乱れた世を正すために時代が必要としたものかもしれません。

司馬遼太郎氏の「播磨灘物語」等を読むと若い頃の官兵衛はひたすら信義を貫く律儀者として描かれますが、本能寺の変の後あたりからの秀吉の懐刀としての活躍はこれが同一人物かと思えるくらいの凄みを帯びてきます。

欲得とか栄達欲が薄く、自分を自由の境地においていたからこそ、物事の道理がよく見えていたのかもしれません。水の如しと称したこの男は、人生など水の上に書いた絵のようなものだと思っていたのかもしれません。

大国毛利と新興勢力織田に挟まれた小寺家の若き軍師が成長していく筋立てに、軍事大国中国と米国に挟まれた小国日本の外交力の貧困さを重ねてしまいたくなります。いまこそ黒田官兵衛のような人物が求められます。

さてさてどんなドラマになるのか2014年が楽しみです。
by zoompac | 2012-10-20 12:40 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

2012 箱根予選会

f0090954_12215144.jpg



明日10月20日土曜日、14時半から16時まで日テレ4chで箱根予選会を放映予定です。

層の厚さからして、村沢明伸、早川翼(ともに4年、写真左が村沢、右が早川です)を擁する東海大学、服部翔大、本田匠(ともに3年)を擁する日体大、蛯名聡勝(3年)のいる帝京大、新人補強の充実した神奈川大、上武大の5校は予選突破が確実でしょう。中央学院大、モゼ(3年)のいる拓大、東農大も可能性が高いと思います。日大も大砲ベンジャミン(4年)の爆発力で有望です。

個人的には、双子の市田宏・孝兄弟(2010年の全国高校駅伝で鹿児島実業が優勝したときの立役者)のいる大東文化大の予選突破を期待しています。

国士舘、法政、専修、亜細亜等の常連校もひしめいています。群雄割拠の予選を切り抜けて、2013年の新年の箱根路を登るのは45校のエントリーに対して9つの枠しかありません。

予選会は各校から12人まで参加でき、20kmのロードレースを行い、上位10人の合計タイムでまず6校が選ばれ、続く3校については関東インカレの総合順位とエントリー数に基づくアドバンテージタイムを差し引いて順位が決められます。

今回アドバンテージタイムの高いのは日大(3分55秒)、法政と国士舘(ともに3分)です。8~9位あたりの微妙な順位を専修や大東大と競り合うことになりそうです。

なお、直木賞作家の三浦しをんの作品に「風が強く吹いている」という映画化された小説があります。この箱根予選会を目指してがんばる駅伝二流大学の奮闘物語です。面白いです。ご興味のある方は是非一読を。
by zoompac | 2012-10-19 12:21 | スポーツ | Comments(0)

だまこ鍋

f0090954_1042983.jpg

秋田の名物はきりたんぽ鍋ですが、御飯を潰して丸めただまこも家庭料理の定番だそうです。

写真は、そのだまこ鍋に、シメサバで作った手鞠寿司、それに蒟蒻の味噌田楽です。料理教室で学んだ家内の作です。

先週の王様のブランチで紹介していた、銀座イング2の秋田郷土料理「ハタハタ屋敷」のランチの目玉「秋の味覚御膳」のメインの1つがこの「だまこ鍋」でした。

「だまこ 」とは、きりたんぽの元祖ともいうべき食べ物らしく、御飯をすりつぶして団子状にしたものです。

このお店では比内地鶏の出汁のスープを使っているそうです。

比内地鶏は使っていませんが、風邪を引いた身があったたまりました。
by zoompac | 2012-10-18 10:42 | 酒・ワイン・珈琲・旅 | Comments(0)
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC