GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言


映画、読書、ワイン、旅、駅伝、柔道、スポーツ観戦、趣味の世界
by zoompac

カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

読書 「ネットで生保を売ろう!」 岩瀬大輔

f0090954_8162424.jpg


社長になりそこねた某生保の元幹部58歳と生保の経験のないハーバードMBA卒業生30歳の二人が日本での新しいビジネスモデルを立ち上げました。ライフネット生保を起業した挑戦の物語です。

「我々のビジネスモデルは理論的には絶対正しいという信念から出発しました。」

最初は売れる売れないといったやりとりを禅問答のように繰り返していたようです。売れない理由を考え出すといくらでも否定的なことは言える気がしたそうです。ブレイクスルーとなったのは、市場セグメンテーションの考え方でした。さすがMBAですね。売れるか売れないかという議論は意味がないと気づいたそうです。どういう属性の人達なら買ってくれるか、そしてそのような人はどれくらいの人数いるのか? どうやったらアクセスできるのか?という具体的な問題に議論を絞ってから前進しはじめたそうです。

難問が山積みでしたが、まず徹底的にリサーチを行って具体的で説得力のある事業計画を作成しました。それをベースにファンドを中心に出資者を募りました。そして戦後初めての独立系製麺保険会社の営業認可を求めて金融庁と折衝を進めていく様子が臨場感あふれる描写になっていました。

事業計画実行のために人材募集するときの口説き文句も気が効いていました。

「人生は1回きりしかない。せっかく君というユニークな個性とエッジを持った人間が生きているのだから、自分にしかできない、他の誰にもできないキャリアを追い求めないか?」

だそうです。 言われてみたいですね。

下手な小説より面白いです。難関をクリアしながら、紆余曲折の末、何かを達成するサクセス・ストーリーは、そのまま小説で読者受けする常道でした。
by zoompac | 2012-08-31 08:16 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

読書 「ゼロハチゼロナナ」 辻村深月

f0090954_839317.jpg


一昨年の直木賞候補作だった辻村深月の「ゼロハチゼロナナ」を読みました。

生のあやうさや人間の強欲がありきたりの日常の中で平然と扱われている点、事件を起こした後の逃避行、母娘の愛の葛藤がテーマになっている点で角田光代氏の「八日目の蝉」を彷彿とさせる印象が残りました。

都会に出てきた女性が田舎に帰って、田舎で暮らし続けている女性との会話のシーンの描写が、学生時代のそれぞれのポジション、関係等を微妙に引きずりながら、都会と地方生活、キャリアと主婦生活というギャップも踏まえ実に上手いことに感心しました。

実に巧妙なジャブの連続に、テクニックの加わったひねりもあり、女性のこうした会話のニュアンス描写は、女性作家の独壇場であろうと思います。

都会に暮らしている者が、学生時代暮らした田舎に帰る・・という体験を、8月の同窓会で経験したからでしょうか、妙に入れ込んで読んでしまいました。

ほんの少しの見栄とかこうなったらいいなぁという希望とか、幼い頃友達と約束したこととかに惹かれて、シングルマザーを決意する娘と現実の厳しさを考慮してそれを阻止しようとする母親のごく普通の風景から起こったある事件を、日常の中の深い溝として読ませてもらえます。

題名「ゼロハチゼロナナ」の意味は、小説を最後まで読むとわかる仕掛けになっています。

ありえない・・とどこかで思いつつ最後まで読ませて、納得させてくれる作者の筆の力に感謝したいと思わせる作品でした。
by zoompac | 2012-08-30 08:39 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

人参ジュース

f0090954_21394221.jpg

f0090954_21394286.jpg


家では、人参と林檎F9EA.gifからジューサーで毎朝人参ジュースを作ってもらって飲んでいます。

断食道場に1週間通って以来、もう半年になります。

近所のマルエツで850円の人参ジュースを見つけました。これを作った方も私と同じ断食道場に通っていたようです。人参ジュースを作ったいきさつが瓶の回りに書かれていてつい手が出てしまいました。

その人曰く、ある断食道場で7日間、生の人参ジュースで過ごすという経験をしました。その後、奥様にジュースを作ってもらいたいと頼みましたが、後片付けが大変ということで10日でギブアップされたそうです。それで自分で人参ジュースを作って売り出すことにしたそうです。
by zoompac | 2012-08-29 21:39 | 酒・ワイン・珈琲・旅 | Comments(0)

ハナオクラ

f0090954_9114050.jpg

珍味「コノコ」をいただいたお店で、もうひとつ 「ハナオクラ」なる珍しいものをいただきました。オクラは実ですが、ハナオクラは実は不味く、まさに花を食べるのです。

別名「トロロアオイ」と呼ばれるハナオクラは、原産地中国で、淡白で上品な味でした。もちろん粘りというか滑りがありました。

花という特性を考えると食用としての流通は限定され、珍しいものをいただいたことに感謝です。F995.gif 一期一会です。

後日談
大阪で、長男が営んでいる居酒屋「穴ぐま亭」にも「花おくら」が出ていたそうです。
by zoompac | 2012-08-27 09:11 | 酒・ワイン・珈琲・旅 | Comments(0)

珍味、コノコ

f0090954_857108.jpg

お酒に合う珍味をいただきました。赤坂と六本木の間にある親子で営む小さな飲み屋さんです。写真に写っているのは、ウニとコノコの盛合せです。コノコはナマコの子宮部分です。これを干したものが、クチコとか三味線のバチの形状から、バチコと呼ばれる珍味です。炙って食べるとお酒がすすみます。クチコやナマコの腸のコノワタを食べたことはあったのですが、干してクチコにする前のコノコは初めてでした。ホヤのような潮の薫りにウニと混ざりあって濃いめのチーズのような味で、お酒に合いました。京都伏見の「蒼空」や山口県の「東洋美人」等のお酒と一緒に美味しくいただきました。
f0090954_973513.jpg

by zoompac | 2012-08-25 08:57 | 酒・ワイン・珈琲・旅 | Comments(0)

クレオパトラの媚薬ワイン

f0090954_6255064.jpg

シンガポールから訪日の元の豪洲系銀行の上司と洗足池にある、イタリアンレストラン「マガーリ」に来ました。ママからクレオパトラがシーザーを誘惑するときに使ったといううたい文句のロゼワインF9FB.gifをサーブしてもらいました。薔薇の薫りがしました。 イタリア北部のピエモンテ州のワインだそうです。 マッシュルームのラビオリ、ミラノ風カツレツも美味しかったです。

あれっ?? ひょっとしたら、シーザーがクレオパトラをうっとりさせるために用意したワインだったかもしれません。 エリザベス・テイラー扮するクレオパトラが艶っぽかったですね。
by zoompac | 2012-08-24 06:25 | 酒・ワイン・珈琲・旅 | Comments(0)

読書 「ロスジェネの逆襲」 池井戸潤 追記

f0090954_7554538.jpg


ロスジェネ世代は、中高一貫校で何人ものクラスメートが親の都合で学校を去る何人ものクラスメートをみてきました。 忘れえぬ出来事として心に刻み込まれていきました。

そして就職氷河期の中で、世に出され、プライドも自信もずたずたに切り刻まれました。世の中が自分を必要としていないのではないかという不安におびえながら耐えるしかありませんでした。

世の中全体がバブル崩壊後の不景気という名のトンネルにすっぽりと入り込んでいました。

身を削るような就職活動をくぐり抜けて会社に入ってみると、そこにはたいした能力もないくせにただ売り手市場だというだけで大量採用された危機感なき社員たちが中間管理職となって幅をきかせていた。 バブル入社組である。大量採用のおかげで頭数だけはいる。バブル世代を喰わせるためにロスジェネ時代が働かされ虐げられる。

世の中にはバブル時代の底抜けに明るい体験をしていない若者がいるということを今更ながら思い知らされました。

今の、求職票等を見ると、このロスジェネ世代に照準をあてた募集が目立ちます。
by zoompac | 2012-08-17 07:55 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

読書 「ロスジェネの逆襲」 池井戸潤

f0090954_75348.jpg

f0090954_8272223.jpg



今、池井戸潤氏の最新作「ロスジェネの逆襲」を読んでいます。

日本経済が祭りのように活況に湧いていた1988年から1992年の間に就職したのがバブル入社組です。
それに対して1994年から2004年に世に出た連中は失われた10年という意味で「ロスジェネ」という言葉が使われています。 団塊の世代の子女となることから団塊ジュニアとも呼ばれています。

「ロスジェネの逆襲」には30代の団塊ジュニア/ロスジェネと50代~60代の団塊・ポスト団塊の世代の役員にはさまれた40代の中間管理職としてのバブル入行組の苦闘が描かれていました。

我らがヒーローバブル入行組の半沢も健在です。 というか、「バブル入行」、「花バブル」に続いて主役を張っていました。

半沢は打たれやすい性格で、上役や敵から攻撃をばしばし受けます。窮地に追い込まれながら、しのいでしのいで、バブル入行組の仲間の支援を受けながら、逆襲に成功します。「やられたら倍返し」のこの男に感情移入をしながらこの男のピンと一本筋の通った男の矜持に感動します。

今野敏の隠蔽捜査の竜崎に通じるものがあります。

いわゆる大衆受けする定型パターンをふんでいるのですが、池井戸氏の筆の力でしょう、ぐいぐい引き込まれます。

入行組では就活時代を含めて20代、花バブルでは30代、ロスジェネでは中間管理職の40代の「半沢」で出会えます。 さて、さて50代の役員の「半沢」に会える日もそう遠くはないでしょう。 池井戸潤氏も今や49歳です。
by zoompac | 2012-08-16 07:53 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

山口県のお土産

f0090954_9372175.jpg

f0090954_9372147.jpg

山口県のお土産といえば、かまぼこの白銀、ういろうの豆子郎、干し海老です。お酒は、個人的には五橋ですが、獺祭が有名です。獺祭の発泡濁り酒をゲットしました。アルコール度数15度のスパークリング日本酒です。
by zoompac | 2012-08-14 09:37 | 酒・ワイン・珈琲・旅 | Comments(0)

お好み焼き

f0090954_901941.jpg

光市室積の道路沿いにある戸本というお好み焼き屋でいただきました。腰の曲がったおばあさんが作ってくれました。

こちらでは広島焼きとかモダン焼きという表現はしません。普通に、お好み焼き。写真の品は肉、玉子、そば入りで550円、キャベツたっぷり、もやし少々の懐かしい味でした。

子供の頃の夏休みといえば、室積海水浴場で泳いで、もらったこずかいで、かき氷を食べ体温下げて、それからお好み焼きを食べて、家に帰って宿題をやって、昼寝をしていました。
by zoompac | 2012-08-13 09:00 | 酒・ワイン・珈琲・旅 | Comments(0)
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC