GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言


映画、読書、ワイン、旅、駅伝、柔道、スポーツ観戦、趣味の世界
by zoompac
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

読書 「復活の力」 長田渚左

再起不能とされたどん底の怪我から見事復活した高橋大輔、村田兆治、浜田剛史、中野幸一、青木功等8人のアスリートの物語です。

一般人は怪我をしても、普通に生活できる水準にまで機能が戻れば十分ですが、スポーツで生きるアスリートはその自分の専門分野で高いパーフォーマンスができるところまで機能を引き上げなければなりません。

医療技術の進歩、周りの理解と協力、夢をあきらめない気持ち ・・・・、書けばなんということでもありませんが、痛みの中であきらめないということは難しいことだと思います。これらの人は何か理屈を超えた「復活力」というものを持っていたのかもしれません。
by zoompac | 2011-05-29 15:08 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

読書 「シブミ」

日本人の心を持つ緑色の眼をした主人公ニコライ・ヘルの不思議な人物造形、そして日本文化を背景にした翻訳ミステリーの傑作とされている故トレヴァニアンの作品です。

ミュンヘンオリンピックで殺された息子の敵を討つべく黒い九月のメンバーを襲撃しようとして逆に返り討ちを食らうシーンから物語は始まります。まるで碁盤の端に石が打たれ、それが一見関係ないような局面から、クライマックスに向け協奏曲で調和していくというなんとも憎らしい構想になっています。バスク地方の洞窟を舞台とした叙述が少しくどすぎて読むのがつらかったですが、これも伏線です。東京大空襲、原爆、極東裁判の箇所は外国人の目から見た叙述として興味深く読むことができました。

その「シブミ」の続編というより前日譚の物語が、ドン・ウィンズロウの著作で「サトリ」という題で発表されました。若き日のニコライ・ヘルの活躍が楽しみです。

この「シブミ」をハワイのワイキキ海岸でパラソルを朝の8時半から夕方4時半まで30ドルを払って借り、集中読書しました。水着姿のお嬢さんたちの姿を横目で見ながら、長々と続くニコライ・ヘルの洞窟探検はイメージが難しくはかどりが悪かったのかもしれません。
by zoompac | 2011-05-29 14:51 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

読書 「テンペスト」 池上永一

Tempestというのは大騒動、大混乱、動乱という意味です。シェークスピアの戯曲にも同名のものがあります。

この物語は1853年にペリーが黒船を率いて日本に来る15年くらい前から明治5年(1872年)の琉球処分までの激動の時代を辣腕外交家としてまた王の側室として数奇の人生を生きた女性真鶴のフィクションの物語です。時代設定はNHK大河ドラマになった「篤姫」の頃と重なります。徳川幕府最後の大奥の主人として江戸城明け渡しという幕引きをしたという点も類似しています。真鶴は国王は東京へ移動され首里城明け渡しという琉球処分を経験することになります。というと歴史大河物語のようですが実は波乱万丈のファンタジー冒険小説といったほうがよさそうです。結構会話もそうですが、漫画チックです。首里城内部での縄張り争い、権謀術数等はむしろ朝鮮宮廷等を扱った「チャングム」のお話に近いものがあります。

首里城に入るため、真鶴は男の姿に身を変え名も孫寧温とし宦官と偽って科試を受け、官僚・行政官のトップにまで登りつめ、清と薩摩の力の均衡を操りながら綱渡り外交を仕掛けていきます。

ところが、アヘン戦争等で列強の脅威の中力が落ちていく清と相対的に支配干渉を強める薩摩にバランスが崩れさらにペリー来航から徳川幕府も瓦解し廃藩置県から琉球王国は解体され沖縄県へと目まぐるしい変化
を余儀なくされました。

そうした激動の時代を、あるときは切れ者の宦官、あるときは恋多き乙女として困難を乗り切ったり、流されたり、また復活したり、一人で男役・女役を真鶴は文字通り演じていきます。理念と情念、個人と国家、そして男と女、背反する思いに引き裂かれる心と身体が声にならない悲鳴をあげるシーンの連続です。男にもなりきれず女としても生きられず一人二役の二重生活・・・そして迫り来る王国滅亡のカウントダウンで迫力満点です。

ただ歴史小説を読んだという重厚感はありません。歌舞伎の変わり身七変化や宝塚歌劇を観たという感じの表現のほうがぴったりくる作品でした。
by zoompac | 2011-05-29 14:26 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

映画 「ジュリエットからの手紙」

新橋の「ピッツェリ・ドォーロ」で高校時代の同級生と同窓会をしました。メルロー、ピノの赤ワインに「話を聞かない男、地図を読めない女」等、男女の違いについての話で盛り上がった後、同窓会を解散し、有楽町イトシアの4階のヒューマン・トラスト有楽町で「ジュリエットからの手紙」を観ました。機会があれば行ってみたい北イタリアの風景も楽しみで観光映画として観るつもりでした。

美しいヴェネト州(私の好きな赤ワインアマローネ、白ワインソアベの産地です。)のロミオとジュリエットで有名な愛の都ヴェローナ(毎年4月にワインの国際見本市が開催され、ワインの名産地ソアヴェ村はヴェローナの周辺です。)とトスカーナ州シエナを舞台とした観光地としての美しさに加えてロマンあふれるいい物語でした。

ニューヨークから許婚とヴェローナに婚前旅行に来た記者願望の女性(「赤ずきん」でも主役のアマンダ・セイフライド)が、「ジュリエットの家」で壁に隠された50年前のいわゆるジュリエット・レターを発見し、それに返事を書いたところから物語が急展開します。なんと50年前に手紙を書いた女性が英国から20歳台の孫を連れヴェローナにやってきたのです。そしてアマンダ扮するソフィと孫のチャーリーと3人でロミオ探しがトスカーナ州のシエナで始まりました。

最終的には素敵なハッピーエンドで終わるのですがクライマックスはなかなか凝っていて秀逸です。このおばあちゃんジュリエットとおじいちゃんロミオを演じるのは、ヴァネッサ・レッドグレイヴ(74歳)とフランコ・ネロ(70歳)です。実生活でも2006年に再婚した夫婦です。

「かつて真実と感じた愛なら、遅すぎることはありません。」
愛を信じる人たち全てが楽しめるロマンチックな物語だと思います。

観終わって、また観たいと思った映画でした。
by zoompac | 2011-05-29 10:32 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

炉心溶解 meltdown

3月末にプルトニウムが福島第一原発の近くの土壌から検出されて、メルトダウンの恐れがあるとされていましたが、今日の夕刊ニヨレバ1号機だけでなく、2,3号機もメルトダウンだそうです。

有毒プルトニウムの怖さは半減するまでに時間がかかることです。プルトニウム239も検出されていますが、半減期は24,000年です。

人体への影響は飲み込むことより肺へ吸入するほうが怖いようです。消化器系は排出されますが、肺に入ると骨や肝臓に留まり、潜伏期間30年から50年で癌を誘発するリスクが高くなるようです。

プルトニウムは重い金属なので、飛翔による蔓延の心配は少ないのですが半減期の長さが問題です。

3月29日にすでにメルトダウンの兆候は出ていました。

Chief Cabinet Secretary Yukio Edano says he takes it serious that the highly toxic radioactive material plutonium was found in soil around the Fukushima Daiichi nuclear power plant.

Mr. Edano said the discovery was of grave concern because it indicated that some of the nuclear fuel had melted inside the reactor.

Pultonium has an extremely long half-life and can cause cancer if taken into human lungs, but scientists say it it too heavy a metal to disperse far from the plant.
by zoompac | 2011-05-24 22:06 | 英語表現・学習 | Comments(0)

映画 「ブラックスワン」

今年のアカデミー主演女優賞をナタリーポートマンが獲得した話題の作品です。

話題といえば、この映画で振り付け家のベンジャミン・ミルピエ氏と電撃的な婚約を発表し、アカデミー賞では妊娠姿でした。

この作品でのナタリーポートマンはオードリヘップパーンの酷似していました。ハーバード大学出の秀才は12歳までバレエをやっていたそうですが、それにしても撮影1年前からバレエの特訓、水泳等で肉体改造に専念したそうです。

作品ははっきりいって女の執念と妄想が怖いです。ひとつの芸術を作り上げるには自分の価値観も生活も崩して新しい自分を解き放たなければならないのでしょうか?
by zoompac | 2011-05-22 18:07 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

映画 「阪急電車」

原作が、阪急宝塚駅から西宮北口駅までの8つの駅を結んだ短編集で、それを往路と復路に分けて物語を時間の経過と共に発展させ膨らみを持たせていました。

映画での表現は難しいだろうなと思っていましたが、観て納得できるできばえでした。

大きな起承転結があるわけではなく、小さなお話を阪急電車とその駅を主軸にしてうまくちりばめて纏め上げていました。

小説では宮本信子のおばあさん役はさりげなさがよかったのですが、映画ではメリハリをつけるためかクローズ・アップされていました。宮本信子個人の役者の技を見せられました。

やや違和感を持ったのは大阪のおばさん連中の出番が多かったことです。電車でのマナーの悪さが強調されていました。大阪出身の監督さんですがやや自虐的な表現をされたようです。大阪のおばさんは前面に出さず隠し味程度にしたほうがメリハリが効いてよかったのではないでしょうか?原作の阪急電車とその沿線の小さな物語にさわやかな印象を持った一方、この映画では少しあくが混ざったなと思いました。
by zoompac | 2011-05-22 06:59 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

ハワイのそよ風

a breeze、a soft wind、a breath of air、a zephyrと言います。一呼吸という感じでaを伴う名詞だというところが面白いです。

ホテルのベランダのロッキング・チェアに揺られて一涼の薫風を心地よいと感じるのはやはり a breezeなのだと思います。

涼風を貪るように吸い込むことは一杯の香ばしいコーヒーに勝ります。


視界の先には大きなバニヤンの古木が緑の色彩と黒い木陰をもたらしその先にあるワイキキの海と空のツートンの青があります。その海へ向かってそよ風が流れ込んでいく・・・。そよ風の心地よさをハワイで実感しました。
by zoompac | 2011-05-22 06:38 | 英語表現・学習 | Comments(0)

USA CPA試験 ハワイ受験記 4  

4.ホテルについて

私は木曜日にホノルルに到着し、金曜日の午前中が試験だったからよかったのですが、ワイキキ周辺のホテルで特にカラカウア通りに面したホテルはモアナ・サーフライダーを含めて、金曜日と土曜日の夜は遅くまで大変騒がしくなります。

ストリート・パフォーマーが踊ったり、楽器を演奏したり、歌ったりと夜通しの大賑わいです。耳栓してもホテルの1室で勉強等は集中できないと思います。

金曜日や土曜日の夜勉強する必要のある人はホテルのロケーションを考えたほうがよさそうです。カラカウア通りから離れたホテルは静かそうです。特にハワイで突出して宿泊費の高いハレクラニ・ホテルはワイキキにもカラカウア通りにもアクセスがよくて静かな雰囲気です。さすがだなと思いました。DFSからハレクラニ・ホテルにワイキキ・ビーチー・ウォークという道があってこの通りにはおしゃれな店やレストランが並んでいました。

5.その他の注意

通りにはABCストアがあるので飲み物やスパムのおにぎり等が調達できます。ただしレッドブルなる飲み物にはカフェインが入っていて寝れなくなるので注意しましょう。

ご当地のビールではロング・ボード・ラガーが美味しかったです。ファイヤーロックというビールは黒ビール系の少し変わった味ではっきり言って不味かったです。

料理のボリュームに注意しましよう。うかつにサラダを注文すると食べきれないくらいうんざりする量ででてきます。チーズケーキ・ファクトリーというレストランでチーズ・ケーキを食べたければチーズ・ケーキだけを注文することです。サラダやパスタを頼むとデザートにたどり着けません。大げさですが、パスタもバケツ1杯くらいの量でうんざりします。もっとも一人ではなく三人くらいであればシェアして適量だと思います。一人がサラダ、違う一人がパスタ、さらに三人目がチーズ・ケーキを頼めば・・・。間違っても一人でこの3つを注文しないことです。一人であれば、フードセンターのようなところで、ハンバーグプラス目玉焼きのロコモコか、スパムのおにぎりがお勧めです。
by zoompac | 2011-05-21 08:39 | 資格試験勉強 | Comments(0)

USA CPA試験 ハワイ受験記 3  

3.試験会場までの交通手段について(タクシー、その他)

宿泊はワイキキのモアナ・サーフライダーというホテルにしました。ワイキキでは、ハレクラニ、ピンクのロイヤルハワイアンと並んで三大老舗ホテルの1つです。14時にチェックインしてからタクシーで試験会場に下見に出かけました。

タクシーの運転手さんがベトナム出身の人で英語があまり通じませんでした。翌朝の試験日の試験開始時間が8時だったので明朝7時頃もお願いできるか聞いたところ8時以降でないと駄目だと言われました。(下見で試験官と思しき人に確認したところ、試験会場は朝7時から受付開始するそうです、早く来て早く試験を始めたければ7時ころから受験することも可能だといっていました。)

ホテルで待機しているタクシーを呼んでもらったのですが、その折、英語が通じるか、翌日の朝も利用可能か確かめてから乗るべきでした。英語が通じにくい場合は、ホテルの人に頼んで次に待機しているタクシーをお願いしたほうがいいと思います。I want a taxi driver who can communicate with me in English because I need to ask him a special arrangement.

結果的には、試験日(金曜日)の朝お願いしたタクシー(中国系の運転手さん)が4時間の試験が終わった後、迎えに来てくれるということで助かりました。タクシー代は大体片道メーターで25ドルくらいです。試験会場までの所要時間は15分くらいで混んでいても25分くらいです。チップを入れて30ドル、往復で60~70ドルくらいです。

もし、タクシーの運転手さんが4時間後に迎えにくるのが嫌だと言ったら、試験終了後、イーグル・カフェかサブウエイで飲み物を注文し店の人にタクシーを呼んでもらえばいいと思います。イーグルカフェが端に位置していますしタクシーが止められるスペースも広いのでいいと思います。タクシーを呼んでもらった従業員の人には2ドルくらいのチップを渡せばいいと思います。

節約するなら帰りはバスでもいいと思います。一律2ドル50セントで、Nimitz Highway Pier36のバス停から19番と20番の2種類で両方のバスはアラモアナ・ショッピング・センターにもワイキキ(終点)にも行きます。この2種類のバスしかバス停にこないので必要ないと思いますが心配なA型(私もA型です)タイプの人は、ABCストアにバス(The BUS)の路線図と時刻表を売っています。

レンタカーを借りて試験会場に行かれるのであれば、会場の前がすぐ駐車場なので便利かもしれません。詳しいことはわかりませんが受験生には駐車場代割引の特典があるようです。

私は試験会場のコンピューターが不具合で試験開始が1時間遅れるというハプニングに見舞われました。タクシーの運転手さんからもらったカードの番号に日本から持参したDocomoの携帯(国際電話対応)から連絡し迎えの時間をずらしてもらいました。現地でもし必要であればカラカウア通りにあるDFSの隣のビルのワイキキ・ショッピング・プラザの2階か3階にDocomoのショップがあります。(ちなみにこのビルの地階におむすび屋があって、そこのスパムはABCストアのスパムより美味しかったです。)
by zoompac | 2011-05-21 08:21 | 資格試験勉強 | Comments(0)
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC