GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言


映画、読書、ワイン、旅、駅伝、柔道、スポーツ観戦、趣味の世界
by zoompac
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
お読みになってなかったの..
by machi at 19:34
コメント、ありがとうござ..
by zoompac at 08:00
南陽からの移籍組は渡邊、..
by 田中 at 12:45
どういたしまして! ブ..
by zoompac at 09:58
情報ありがとう
by 駅伝ファン at 00:51
tarukosatoko..
by zoompac at 06:43
この本、読みましたよ。い..
by tarukosatoko at 08:27
遅ればせながら、新年おめ..
by desire_san at 12:11
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 19:18
宇和島をチェックしていて..
by シギー at 00:26
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

心の病気

2年前に五木寛之さんの講演を聞く機会がありました。躁鬱病と如何にがんばらずに付き合っていくかということがテーマだったと思います。

日本は1998年以来13年に渡って自殺者の数が30,000人を超えています。1日換算で毎日90人の方が自殺しています。人口が日本の約2倍の米国の年間自殺者が日本の二分の一ということを考えますと如何にその数が多いかがわかります。

心の病気をもつ人が増えて、心療内科が大忙しのようです。

うつ病の病状もずいぶん変わってきているようです。昔は真面目すぎて自責の念の強い人がかかる病気だったそうです。

最近は若い人が多く、学校を卒業しても社会や会社になじめずドロップアウトしてしまうようです。特徴として自分がうまく対応できない現実に対して自分の問題と思わず、上司、会社、社会のせいにするようです。したがって会社から離れると元気らしいのです。心療内科の医者に対しても協力的で自ら「休職しろって書いてください」と依頼するようです。こうした患者さんには抗うつ剤の薬はあまり効果がないようです。

働きがい、生きがいに関して、個人が会社に求めていることと、会社が個人に求めていることのギャップが今ほど大きくなっているときはなかったと思います。

苦労知らずの若い人に厳しく接するとすぐ辞めてしまうので、会社の人事の採用担当者も中高大学一貫校卒業生を敬遠したりしているようです。苦労を経験したとか壁を乗り越えた経験をもった学生を迎えたいようで、最近の面接で聞かれる典型的な質問になっているようです。

問題に対してはその問題をどう認知するかどう捉えるかによってその行動パターンも変わってきます。うつ病になりやすい人の認知の癖として、①All or Nothing、②一般化のしすぎ、全てそうだとか皆そうだとか社会が悪いとか、③べき、ねばならない思考、④結論の飛躍(早合点)。⑤個人化(自分のせい)等があげられます。認知行動療法はそうした捉え方の歪みを修正することからはじめるようです。

簡単な例ですが、もう50歳だと捉える人とまだ50歳だと考える人の活動は当然のことですが、変わってきます。行動が変わると出会いも変わり運も変わってきます。

今回の震災をどう捉えていくのか?日本にとっても個人にとっても試練の年になりそうですね。
by zoompac | 2011-04-29 08:37 | 琴線・ハウツー・ヒント | Comments(0)

読書 「橋ものがたり」 藤沢周平

10の橋にまつわる男と女の物語です。

人情話を語らすとやはりうまいですね、藤沢周平さんは。

最初の「約束」から心がしびれました。「思い違い」「赤い夕日」もいいです。

最後の「川霧」は救いがあります。

その1つ前の「吹く風は秋」は男の哀愁漂うほろ苦いお話でした。わけありの女性って気になりますよね。
by zoompac | 2011-04-29 07:50 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

釣り人を英語で何と言うでしょう?

釣り人 はanglerと言います。ちなみに提灯をつけたお魚アンコウのことをan angler fishと言います。提灯ではなく釣竿に見えるのでしょうか?

釣り人にとっては待ちに待った鮎の解禁シーズンの到来です。

Many Japanese anglers are looking forward to the arrival of June 1st, when a fishing ban on 'Ayu,' or sweet fish, is lifted in most rivers across the country.

到来という表現も面白いですね。the arrival of June 1stと表現されています。

鮎の解禁はa fishing ban on 'Ayu,' or sweet fish, is lifted でbanがliftされたという表現です。
by zoompac | 2011-04-25 20:56 | 英語表現・学習 | Comments(0)

できちゃった婚を英語でなんというでしょう?

shotgun marriages (できちゃった婚)という表現を見つけました。

According to a special report analyzing Japan's national statistics on population for 2004, one out of every four first-born children came out of so-called shotgun marriages, in which women get pregnant before they marry.

もしこの統計が信用できるものだとして、長男長女の4人に1人ができちゃった婚の産物だなんて思ったより多いですね。
by zoompac | 2011-04-24 20:20 | 英語表現・学習 | Comments(0)

映画 「ファイター」

銀座マリオン9Fの丸の内ピカデリーで観戦しました。

それなりのボクシングの醍醐味をセコンドに入ったような気分で楽しめました。

驚いたのはエイミー・アダムスです。「魔法にかけられて」のときの世間知らずの恋を夢見るお姫様のときのイメージと違ってお尻に刺青の入ったすごいあばずれ役でした。結局彼女も挫折を味わい続けたボクサーが栄光の道へと上り詰めるときの精神の支えとなるのですが、体の線の崩しように女優魂を見させてもらいました。
by zoompac | 2011-04-24 18:00 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

キーホルダーを英語でなんというでしょう?

キーホルダーは「a key ring」と言います。キーホルダーは和製英語です。

先日、女性が自分より若そうな女性に席を譲っていました。お腹は目立つほど大きくなかったのですが妊娠中というキーホルダーをつけていました。

Railway companies in Tokyo and its vicinity have distributed key rings with a picture of a mother and a baby to pregnant women free of charge so that they may be easily distinguished by other passengers.
by zoompac | 2011-04-23 13:14 | 英語表現・学習 | Comments(0)

映画 「ダンシング・チャップリン」

草刈民代さんの夫の周防正行さん監督のドキュメンタリー作品です。バレエ関連の映画では昨年、ル・シネマで「パリ・オペラ座のすべて」という作品を観ましたが同じような構成でした。

第1部のアプローチ編では練習風景でのうまくいかないシーンが描かれて発表会というか本番に間に合うのかと心配させますが、第2部のバレエ編では見事に踊ってくれます。チャップリン役のルイジ・ボニーノというダンサーが60歳であのパーフォーマンスかと驚かされますが、草刈民代の踊りもバランスと姿勢と手足の柔軟さに魅せるものをもっていました。

テアトル銀座で観ました。すぐ近くの銀座アスターで春巻き1本と桜海老チャーハン1皿と生ビール1杯を注文しました。
by zoompac | 2011-04-23 12:55 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

読書「プリンセス・トヨトミ」

有川浩の「阪急電車」に続いて、大阪ものを読んだのですが、こちらは期待外れでした。途中で生あくびがでるほどで読了するのにやや苦労しました。この著者の「鴨川ホルモー」には斬新な読後感を持ったのですが残念でした。

「大阪国」に対する財源の話ですが、蓮舫さんだったらすぐに仕切ってしまいそうですね。

大阪では使ったものを元の場所に戻すことを「なおす」と言いますが、そこの箇所くらいですかね?ちょっと感心したのは。

ちなみに山口県や広島県では、届かないことを「たわん」と言います。
by zoompac | 2011-04-23 12:41 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

読書「橘花抄」 葉室麟

山本周五郎、藤沢周平の衣鉢を継ぐと言われた葉室麟の作品です。

忍び難きを忍び、耐え難きをを耐える。女性の弱さと守ることを決意した女性の強さが伝わる作品でした。

黒田藩お家騒動に巻き込まれながら、光を失っても一途に生きる女、卯乃の心の支えは、「泣かなければ明日はよい日がくるのだ」という言葉と香を聞くことでした。

香を嗅ぐのではなく聞くというのは香りによって教え導かれる自分の心の声を(仏の教え)を聞くということのようです。
by zoompac | 2011-04-17 20:07 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

読書「悪の教典」 貴志祐介

この作者の「黒い家」は怖かったけど、悪の教典は主人公の高校英語教師蓮実聖司ことハスミンの両極端の顔の使い分けが嘘っぽくてなんとなくユーモラスな印象でした。

AEDの録音機能がなかったら証拠不十分だったかもというのも説得力に欠けるけど、なんとなく分厚い上下2冊を読んでしまいました。

京大の携帯を使ったカンニングもこの小説のように妨害電波で防げるし、それはお隣中国の入試で取り入れられていると聞きました。でも日本では電波法で妨害電波を発することは禁じられているんですね。この小説のおかげで勉強になりました。

優香が「王様のブランチ」で下巻を3時間で読んだと言っていました。まるで「24」のように一日のハスミンの全生徒殺害シーンを分刻みに描写していました。

他者への共感欠如のハスミンと同じゲーム感覚でこの大量殺戮シーンのページを夢中でめくっている自分にあきれますよ、読んだ人は。

中学生がサバイバルのため殺しあう「バトル・ロワイアル」の漫画を読んだときのような不快感はありませんでした。
by zoompac | 2011-04-16 21:39 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC