GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言


映画、読書、ワイン、旅、駅伝、柔道、スポーツ観戦、趣味の世界
by zoompac

カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

読書 「ララピポ」 奥田英郎

「ララピポ」を読みました。最新作「無理」にもこの手法はいかされて主婦売春の実態を描いていたと思われます。

奥田英郎は、最近の「無理」、「オリンピックの身代金」から、伊良部先生の短編2部作までほとんど読んでいます。ユーモアあふれる物語とシリアスな物語と2つの味があります。前者は「空中ブランコ」「ディープ イン ザ プール」「マドンナ」「ガール」等の短編が多いのですが長編では「サウスバウンド」があります。後者では「最悪」「邪魔」等があります。上記の最新の本2冊は後者のシリアスな物語の部類です。この作家は筆力があって、多少ぶあつくても面白く読めてしまいます。

「ララピポ」はさまざまなセックスにまつわる仕事やバイトに携わる人達の物語がお互いに絡み合う構成ですが、このおかしさや面白さは読み進むにつれ逆に身につまされてきます。 現在の寒々とした世相を考えさせられてしまいました。 最新作「無理」のミニチュア版といった読後感でした。

表題の「ララピポ」は渋谷の人の多さにびっくりした外人が思わずつぶやいた「a lot of people」からきています。
by zoompac | 2010-02-28 07:59 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

映画「新しい人生のはじめかた」

日比谷の椿屋珈琲でカレーと珈琲セット1,500円をいただいた後、シャンテ・シネで観ました。

原題はLast Chance Harveyです。日本語のネーミングが堅苦しくてぱっとしないのですが、いい映画でした。

名優ダスティン・ホフマンとエマ・トンプソンが熟年恋愛を渋い演技でみせてくれます。

お互い人生の下り坂に入ってきて、なんとなく運にも恵まれません。これではいけないとは思いつつもあきらめがちに安定した人生を送っています、そんな二人が空港のカフェで最悪の出会いをします。

間の悪さで気まずい会話の連続ですが、ダスティンが脅威の粘りで気持ちが逃げかかったエマに対応していきます。

お互いが正直だったのが救いだったのでしょうか?出会う前にお互い別の場所で嫌なことがあったという共通点もありました。気持ちは通い始めダスティンの娘の結婚式にエマについてきてもらいます。そしてダスティンの花嫁の父としての結婚スピーチはすばらしく感動的でした。そうです投げやりな彼を変えたのはエマの存在でした。この場面がクライマックスで、ここから物語も紆余曲折もまだ続きますが、二人の恋の成就の予感は確信に近いものがありました。そして、保守的なエマにダスティンは仕事もニューヨークも捨てて、ロンドンに住むエマとの生活を選択したのです。

人生のラストチャンスを勝ち取った晩年の男の物語でした。恋は一人ではできません。失敗を恐れていても始まりません。
by zoompac | 2010-02-27 23:02 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

子規の筆写癖

坂の上の雲の第1巻の主人公は秋山真之ではなく正岡子規かもしれません。

子規の筆写癖は終生のものだったそうです。後年、革命的な俳諧論を展開するにいたったのも、彼が克明に江戸時代の俳人の作品を写しとっていたそういう手の作業の中から思考がうまれてきたもののようです。

言葉は所詮人の感情、五感を表すための手段です。書写という肉体的な作業を通じて言葉の裏にある感情、五感に病弱な身体から自分の精神を解き放って共鳴したのかもしれませんね。子規も繰り返し筆写することによって故人がどういう気持ちでその作品を作ったか理解できる境地まで到達したのかもしれません。

書写してすぐに効果が表れるとも思えませんが、相当な量の情報を潜在意識の中に蓄積したのだと思います。

「思考の整理学」という本を書いた外山滋比古さんがいうところの醗酵という過程を経てそうした蓄積した情報が子規の閃きで革命的な俳諧論に変化下のだと思います。
by zoompac | 2010-02-27 08:41 | 琴線・ハウツー・ヒント | Comments(0)

reflecting

In the annual spring labor offensive for fiscal 2006, management of major industries such as auto and electrics met the demand of organized labor for basic pay increases for the first time in five years, reflecting business recovery and favorable corporate performance.

Reflecting good corporate performance, the active job opening to applicant ratio reached just 1.00 for the first time in more than 13 years, although disparity among prefecturers is yet to be solved.

Housing investmentdropped as much as 7.7%, reflecting a slow recovery in household incomes.
by zoompac | 2010-02-26 21:22 | 英語表現・学習 | Comments(0)

読書「す・き・や・き」 

中国人で芥川賞をとった楊逸の作品です。

主人公の中国人女性、梅虹智(ばいこうち)は来日して一年余り、日本人男性と結婚した姉の家に間借りしながら、私立大学に通っています。「アルバイト」に憧(あこが)れていた彼女に、姉が紹介してくれたのがすき焼き店での仲居の仕事でした。

制服である着物の着付けで紐の多さや窮屈さに驚く彼女の単純さが文化背景の違いもあって笑えてしまいます。日本人の常識は彼女にとっては非常識なのですが、反発を起こすこともなく悪戦苦闘しながら慣れようと努力するさまが微笑ましいです。客への挨拶(あいさつ)や立ち居振る舞いも超えなければならない大きな壁です。「いらっしゃいませ」の「っ」の発音がうまくだせずに「いらーさーませー」になってします。「かしこまりました」も短縮形の「かしこりました」となってしまいます。

日本語表現の意味や解釈など、困惑の連続なのですね。虹智の感じる「?」によって、私たちがふだん自明なものとして気にも留めない生活習慣や言葉の表現が新鮮なものとして立ち現れてきます。何故、「お待ちしました」ではなくて「お待ち申しあげておりました」なのか、考えたこともないことを彼女に説明するのは難しいですね。楊逸という中国人作家だからこそこうした作品がつくれたのだと思います。

虹智は、すき焼き店の日本人店長に恋心を抱きますが、彼女に執拗(しつよう)にアタックし、焼き肉店でのデートに誘う韓国人留学生柳賢哲も心にくからず思っています。日本人店長が妻帯者ということがわかりました。二人からディズニーランドに誘われました。タイトル内の〈・〉さながら、中国人乙女の心は、和と韓に挟まれ身動きがとれなくなってしまいます。まさに「す・き・や・き」で悪戦苦闘が恋にまで広がった感じのエンディングでした。

心や気持ちを伝える言葉のやりとりを韓国人の柳と中国人の虹智が、外国語である日本語でたどたどしく行うシーンも爆笑必至。電車では読まないでください。
by zoompac | 2010-02-25 21:44 | 英語表現・学習 | Comments(0)

映画「Oceans」

監督の一人がジャック・ペランです。「ニューシネマ・パラダイス」で映画監督になった大人のトトを演じた人です。共同監督として、「コーラス」や「幸せはシャンソニア劇場から」の作品も手がけました。

海はまだまだ解明されない宇宙のようだ!という科白がありましたが、本当に変わった形の宇宙人のような妙な生命体が満載でした。オオカイカムリやクモガニ等は鎧をまとった宇宙戦士のようです。

日本人らしき漁師が鮫を吊り上げて背びれと尾びれを切り落として、海へその鮫を戻すシーンは少々心が痛みました。

1つの生命体のように球体となったいわしの大群に空からナイフのように飛び込むカツオドリと遠くから飛ぶように近づくイルカの群れのスピード感あふれるシーンがとても印象に残りました。

お母さんとなった宮沢りえのナビゲーションもよかったです。
by zoompac | 2010-02-25 06:13 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

読書「あねチャリ」

青春小説が大好きな北上次郎氏のお薦め小説です。まさに「ピストの妖精」現るという感じです。

ひきこもりから立ち直るためにママチャリでサイクリングを始め、自転車の楽しさに目覚めていく女子高校生、早坂凛。

彼女は元バレーボール部で、天性のばねを持っています。それともうひとつ。水平に見ている光景を垂直上方から鳥のように俯瞰的に見ることができるのです。ちょっとした間隙を縫って競争するケイリンにとってこれこそが天性の素質だったかもしれません。

自転車のパンクがきっかけで、偶然知り合った恐竜とあだなされる元プロ競輪選手で瀧口という名のおじさんと偶然出会います。彼の強い影響で、彼女がケイリン選手として目覚め、成長していく物語です。

ボス瀧口は、あしたのジョーでいうところの丹下段平といったところでしょうか?

そして5年後、世界選手権女子ケイリン決勝のトラックに彼女の姿がありました。この物語はその決勝の場面から始まって、ままちゃり時代へトラックバックしていきます。

読むと乗りたくなりますよチャリンコに。
by zoompac | 2010-02-24 22:20 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

業績という意味のperformanceは数えません

Reflecting good corporate performance, the active job opening to applicant ratio reached just 1.00 for the first time in more than 13 years, although disparity among prefecturers is yet to be solved.

In a de facto coup d'etat in the leadership of the nation's flag carrier, Japan Airlines, the president and the vice president, who were held responsible for the continued poor business performance and a series of safety troubles, were dismissed.
by zoompac | 2010-02-24 06:07 | 英語表現・学習 | Comments(0)

映画「ラブリーボーン」

「私はスージー・サーモン。お魚みたいな名前でしょ。1973年12月6日、私は14歳で殺された。」

主役のスージーを演ずるのはシャーシャ・ローナンという15歳の新人役者。お母さん役を演ずるのは、「ナイロビの蜂」のレイチェル・ワイズ、おばあちゃん役がベテランのスーザン・サランドン、犯人にこれまた多様なキャリアをもつスタンリー・トゥッチ等新人を盛り立てています。
シャーシャ・ローナンはキーラナイトレイ主役の「つぐない」(原作・「贖罪」)で有名になりました。

天国という世界を映像にするとこういう世界か・・・という映画です。悲惨な事件なのですが、死んだ当人が彼と約束したデートの場所にいけなくて、彼とファーストキッスができなかったことやお母さんと自分の部屋で対面できなかったことなどを未練に思って成仏できない娘なのです。不思議な感覚の映画でした。

イメージは違いますが桂枝雀の落語「地獄八景亡者戯」を思い出してしまいました。
by zoompac | 2010-02-23 06:22 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

映画 「恋するベーカリー」

木場シネマ109で観ました。 原題はIt's complicatedです。

元の夫と新しいボーイフレンドの二人の男性に迫られてしまうメリル・ストリープ演じるジェーンは50代で、10年前弁護士のジェイクと離婚後3人の子供達を育て上げパン屋の経営者として成功しシングルライフを謳歌しているようにも見えますが、何かたいせつなものを喪失している不安にも駆られます。

一人で子育てというプレッシャーや経済的な不安を切り抜けてはきましたが、気がつくと子供は巣立ち、一方女としては下り坂でもう恋はできないかもしれないという漠然とした焦りを感じた矢先、元の夫と寄りが戻り、一方家の設計士とも親近感が増していきどちらか一人という選択を迫られていきます。

大きくなった子供達もパパが好きなのでてっきり元の鞘に戻ると思ったのですが、そこがIt's complicatedなのでしょう。一度結婚した男女は、別れてもともに過ごした年月のうちに育まれたものは消えてなくならないという点では終わらないのかもしれません。でも子供達も巣立った今、ジェーンにとって必要なことは自分の新しい人生の可能性を見出してくれるかもしれない新しい伴侶だったのだと思います。

かけがいのない人やほかならぬ人は人生にたくさんいればいるほどいいですね。

メリルストリープはここ1年の間に、マンマミーヤ、ジュリーとジュリアに続いてこの作品で3作観ました。
by zoompac | 2010-02-22 06:12 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC