GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言

カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

玄治店 濱田屋

ミッドタウンの1階です。レジデンスの近くで、ひっそりとしています。

昼の会席が、8,000円でした。

着物を着たお姉さんが、一品一品運んでは、説明をしてくれます。で、コース終了までに1時間半かかりました。

付きだしで、ほおずきがでていました。食べられる種類のほおずきということで、なかなか乙な味でした。

刺身には、夏の風物詩ですかね、おこぜが出ました。すっぽんの玉締め(茶碗蒸し)もおいしゅうございました。

あわびの肝のしんじょうにじゅんさいの吸い物、豆腐と湯葉、カボチャ、トマトのゼリー、揚物はまこがれいでした。

デザートは、はちみつアイス、黒蜜の豆腐プリンにマンゴーゼリーでした。大満足!

Botanicaのロースト・ビーフランチと優越つけがたいなあ。至福のひとときでした。ごちそうさま。江戸文化の粋を強調されインテリアにも凝ったお店です。
by zoompac | 2007-06-30 00:05 | 酒・ワイン・珈琲・旅 | Comments(0)

マキシヴァン ソムリエ佐藤陽一

最近、食べ歩きブログの様相ですね、これは!

最近、NHKのテレビ放送、仕事の流儀に出演された、ソムリエ佐藤陽一さんの店に行ってきました。マキシヴァン!
国立新美術館のすぐ近く、というか六本木ミッドタウンから歩いて10分もかかりませんよ!

汗をかきかき入ると、シャンパン、そしてソービニィョン・ブラン、古酒の趣のあるシャルドネ、ジュブレーシャンベルタン、プルミエ1995年、そしてボルドーと飲んだ後はグラッパで締めました。
久々ですね、ワインにこうした飲む順番というか、起承転結のめりはりをつけて飲んだのは・・・。さすがに、名ソムリエ、よき先導役でした。
ワインには飲み筋というものがあって、これを間違うと結構いいワインを飲んでも、がっかりしてしまうことがあるんです。逆もまた真なりです。真ん中あたりで飲んだワインが美味しくて、メモって、他のお店で見つけて、最初に飲むと美味しくないのです。酔って、何かのワインの次に飲まなければ、そのワインは真価を発揮できないんですね。飲む仲間、店の雰囲気、健康状態、天気・・・いろんなことに左右されますよ、ワインは。
by zoompac | 2007-06-29 14:12 | 酒・ワイン・珈琲・旅 | Comments(0)

Union square Tokyo

ニューヨークで最も予約が取れないと言われる超人気店の姉妹店がここミッドタウンに初上陸との謳い文句です。

昼の11時半頃、予約なしで入りましたけどね、私は!

スモークド・ビーフ・ランチが5,500円、パスタが美味しかったです。ふーん、アメリカ料理はイタリア風なんだ!Bombollot!マイケル・ロマーノって有名なシェフらしいですよ。感動したのは、ビーフではなく供えられていたマッシュド・ポテトでした。このクリーミィなポテト、半端じゃないですよ。ねぎの揚げた細ーいものが添えられてました。とあいますね。ちゃんちゃん!

ワイン・リストを見せてもらいました。オーパス・ワンは一番安いビンテージでも5万円以上だってさ。
by zoompac | 2007-06-28 17:34 | 酒・ワイン・珈琲・旅 | Comments(0)

加賀の麩料理

ミッドタウン、テラス3階のサントリー美術館の中にあります。

加賀麩のランチが1,500円。

これ結構いけますよ。デザートのワラビもちも結構いい線いってます。

残念なのは、お水というかお冷がまずい。たぶん、水道水だと思うのですが、せっかくの食後の満足がいっぺんに興ざめしてしまいました。
もったいないなぁ。加賀のイメージは水も美味しいのをださなきゃ駄目ですよ。あー、経営者を変わってあげたい!
ごま豆腐も美味しかったのに、本当に残念!お水も料理の一品ですよ!食べる側にとっては!
by zoompac | 2007-06-27 06:06 | 酒・ワイン・珈琲・旅 | Comments(0)

シャトー・ヌフ・デュ・パフ

フランス、カペー朝の最盛期の国王にフィリップ4世がいました。1285年から~1314年に王位につきました。日本では1281年に2度目の元の襲来を向かえ、1317年から、持明院統と大覚寺統の南北朝時代が始まり、1333年には鎌倉幕府は滅亡してしまう、そういう時代でした。

このフィリップ4世はかなり高ピーで、フランス国内のカトリック教会を支配下に置こうとしました。1298年に教会に課税をかけることにしました。これに対して怒ったのが、当時のローマ教皇です。フランス国内といえども、教会の支配者は私だといって譲りません。この教皇はボニファティウス8世ですが、フランス国王フィリップ4世を破門してしまいました。

フランスの統一を進めるために、どうしても教会を支配下におきたかったフィリップ4世はローマ教皇ボニファティウス8世を捕らえて幽閉してしまいます。そして教皇が憤死すると、ローマ教皇庁を南仏のローヌ川の河口のアヴィニョンに移してしまいます。1378年からは、ローマにも教皇庁が復活し、教皇が2人存在する教会大分裂(大シスマ)という状況になりました。

このアヴィニョンでの法王が、ボルドーからやってきたクレメンス5世です。ここから4代後のクレメンス6世(ヨハネス22世)は、アヴィニョンからローヌ川を25キロさかのぼったあたりに夏の別荘を建て、そこでワイン作りを始めました。

この法王の別荘の名前がシャトー・ヌフ・デュ・パフ(パープ)で、法王の作ったワインにもこの名前がつきました。法王の処方だと13種類のブドウをつかうことになっていますが、今はグルナッシュ、シラー、ムールヴェードル、サンソーなど5~6種類の混醸で造っているようです。本来長期熟成ワインですが、今では3年くらいで飲み頃になるワインも多く作られています。濃いルビー色のワインです。
by zoompac | 2007-06-25 00:05 | 酒・ワイン・珈琲・旅 | Comments(0)

ミッドタウン食べ歩き -ボタニカのローストビーフ

六本木ミッドタウンテラスの4階です。

ランチは3種類。一番高いのが6,500円のロースとビーフランチ。前菜5種、アボガドのカクテルが絶品!比内鳥とアスパラのリゾットはさらに絶品、そしてロースとビーフは極上。すぐに、私の死ぬまでにもう一度食べたいリスト入りいたしました。

ロンドンで食べたローストビーフの味が忘れられずにいました。塗り替えられましたねコンラン様、さすがBotanica、岩塩で、ソースで、マスタードで、・・・どれもこれも口に入れたとたん幸せとはこういうことかと悟りの境地にいたりますよ!参りましたねこのローストビーフ。

テンパッテいるあなたも、これでホッコリしてください。ある意味この6,500円は安いですよ!
by zoompac | 2007-06-24 00:03 | 酒・ワイン・珈琲・旅 | Comments(0)

ミッドタウン食べ歩き -呼子のイカ

B1の今井屋茶寮です。酒は結構置いています。万寿が枡で2,700円です。王録も置いていました。

変な店で、メニューは表がイカ、裏が比内鳥です。値段は結構高いです。ちなみに、イカメニューは値段が書いてありますが、鳥メニューは書いていません。1つの店の中に独立採算部門が2つと言うことでしょうか?それにしても何でイカと比内鳥の組み合わせなんでしょうかねぇ。

呼子のイカの活刺しが8,000円。剣先イカでした。透明なお肉が食べる途中から白濁してきます。帽子の部分はネオンのような光を放っていました。九州の甘たれ醤油と、新鮮なイカの独自の甘さと相まって美味でした。後で、帽子はテンプラに、げそは塩焼きにしてくれます。Botanicaのロースト・ビーフを食べたときのような幸せの高揚感はありませんでしたが、おー!と言う感じで、イカの刺身の甘さにちょっとした感動を覚えました。まあ、それが剣先イカの特徴らしいんですが・・・。すぐに白濁するので白いかとも呼ばれているようです。

2003年の夏、呼子に行ったとき、盆で店が閉まっており、食べ損ねたのです。その呼子のイカの仇をやっと取りました。呼子から空輸しているようです。原材料費よりも、輸送費、管理費で高くなるのでしょうね。

料理をもってきてくれたお兄さんによると、お店の上の方達は、研修と称して呼子にイカを食べに行くとのことです。自分にはそうした機会がまだ巡ってこないと言っておりました。私のイカの8,000円の中には研修費も入っていたようです。

比内鳥はねぎまが1本500円。スーパーマルエツだったら7本くらい買えますよ、ただの焼き鳥ですけど。メニューに値段が書いてありません。値段を気にするような人はイカを食えと言うことでしょうか?そのイカもとっても高いんですけど!

ねぎまと大好きなぼんじりを食べました。やっぱ、ジューシィですね比内鳥は。見渡すと、鳥雑炊(900円)を頼む人が多かったようです。比内鳥はだしが出ますからねぇ。雑炊はコスト・パーフォーマンスのよい人気メニューのようです。

付だしで食べた、牛蒡と牛肉のしぐれ煮も美味しかったです。
by zoompac | 2007-06-23 07:18 | 酒・ワイン・珈琲・旅 | Comments(0)

誰もをうなずかせる理由 - a compelling reason

一緒に働いている親父が必要のないことばかりやります。何故、そうするのかよくわかりません。まあ、上下関係のない、独任性の仕事だからいいやと思うものの、ついついこうした英語表現に目が止まってしまいます。-compelling reasons-

No one sees compelling reasons why a Chinese bank refuses to allow North Korea to open an account to receive the money to be released by the US from a separate bank.
by zoompac | 2007-06-22 00:05 | 英語表現・学習 | Comments(0)

天下りの英語表現です!

天下り

parachuting それとも landing, 両方、上陸すると言う意味がありますが、天下りするという意味でも使われます。landには仕事を得るとか、魚を釣り上げるとかという意味もありますよ!日本赤十字社の専任職につく→land a full-time position with the Japan Red Cross

Discussions are intensifying in the governing bloc, centering on when to implement the proposed restrictions on the practice among bureaucrats of landing private sector jobs that are closely linked with their government office.
by zoompac | 2007-06-21 00:10 | 英語表現・学習 | Comments(0)

faceは双方向の言い方ができますよ!

犬が西向きゃ、尾は東です。→If a dog is facing west, its tail is pointing east.

国が問題に直面しているのか?問題が国に直面しているのか?両方使えるようですよ!比べてみてください!
1.the unemployment problem all European countries are facing
2.A Japanese business leader said Japan can help China in many ways concerning environmental problems facing the big developing economy.
by zoompac | 2007-06-20 06:10 | 英語表現・学習 | Comments(0)
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC