GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言

カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
お読みになってなかったの..
by machi at 19:34
コメント、ありがとうござ..
by zoompac at 08:00
南陽からの移籍組は渡邊、..
by 田中 at 12:45
どういたしまして! ブ..
by zoompac at 09:58
情報ありがとう
by 駅伝ファン at 00:51
tarukosatoko..
by zoompac at 06:43
この本、読みましたよ。い..
by tarukosatoko at 08:27
遅ればせながら、新年おめ..
by desire_san at 12:11
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 19:18
宇和島をチェックしていて..
by シギー at 00:26
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:読書・映画・音楽( 1452 )

読書 「ツバキ文具店」 小川糸

f0090954_12323895.jpg今年の本屋大賞ノミネート作品10冊のうち、第4位の小説です。(1位「蜜蜂と遠雷」恩田陸、2位「みかづき」森絵都、3位「罪の声」塩田武士)

その小川糸の原作小説と同名のドラマを金曜日のNHKドラマ10で放映中です。

主人公の鳩子(通称ポッポちゃん)を多部未華子が演じています。

ポッポちゃんは、古都鎌倉にある「ツバキ文具店」で祖母にひらがな、漢字、習字等、文字に関するあらゆることを厳しく仕込まれ育ちました。自分を捨てた母のことは、顔すら知りません。

祖母に反発して、高校2年になってガングロヤンキーに転身します。デザイン系の専門学校に入ってガングロは卒業しましたが、専門学校を卒業すると鎌倉を飛び出してしまいました。確執を残したまま先代(祖母)が亡くなり8年ぶりに帰郷します。思いがけず代書屋を継ぐことになり、周りの人に支えられながらさまざまな手紙の代書に取り組むことになるというお話です。

落語の「代書」は大笑いですが(2016年NHK新人賞受賞の桂雀太の「代書」が絶品です。彼も落語の「枕」でこのNHKドラマに触れていました。)、この「ツバキ文具店」の代書屋も面白いですよ。

筆、ペン、インク、紙等に関する蘊蓄満載です。それに、「ツバキ文具店」への代書の依頼が相当変わっているのです。

「伝えたい思いありませんか? その手紙、あなたに代わって書きます」という呼びかけに、舞い込んできた依頼は、

「ペットの死に対するお悔やみ状」、「離婚のお知らせ」、「借金依頼への断りの手紙」、鏡文字を使った「絶縁状」、「天国からのラブレター」等々です。

小説の頁の間に、それらの代筆手紙の写真が掲載されてなかなか面白い趣向が凝らされています。 依頼への応え方も見事です。

四苦八苦、苦労して仕事をこなしていると、やがて海外に住む祖母の元文通相手のお孫さんから、鳩子へ祖母の手紙が渡されることになります。そこにはポッポちゃんの知らない祖母の孫鳩子への愛情、思いやりにあふれた文章が綴られていました。鳩子にとって悔いの残ることですが、後の祭りです。 孝行したいときに、祖母は無しです。

そんな折、いい言葉に出会います。

「亡くしたものを追い求めるより、今、手のひらに残っているものを大事にすればいい。」「誰かにおんぶしてもらったら、今度は誰かをおんぶしてあげればいい。」

妻に先立たれた幼い娘持ちの小さなレストラン経営者の言葉は、鳩子の胸に刺さり、実質的なプロポーズの言葉となりました。

この本のもう一つの効用は、鎌倉の四季の風物詩に触れながらの美味しい食べ物情報です。地元の人目線です。

たとえば、光泉のいなりずし、鳥一のコロッケ、荻原精肉店のローストビーフ、ベルグフェルドのソーセージ、麩帆の麩まんじゅう、つるやの鰻、オクシモロンのカレー等々です。 冒頭に鎌倉のイラストマップがあって小説を読みながら頭の中で寺巡りや食べ歩きを疑似体験できます。

言葉の重み、大事さは、原田マハのスピーチライターの小説「本日はお日柄もよく」でも学びましたが、この「ツバキ文具店」からも感じました。

「言葉は残るのだ。相手がその手紙を読んでしまったらもう後戻りはできない。」

by zoompac | 2017-04-28 12:33 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

小説「みおつくし料理帖2_花散らしの雨」高田郁

f0090954_05560165.jpg付け火で全焼となった「つるや」は神田明神昌平橋付近から、武家屋敷の多い元飯田町、九段坂の俎橋(まないたばし)付近にその場所を移しました。

新キャラ登場で澪の周りがますます賑やかになります。 13歳の「ふき」という名の娘が口入屋(人材あっせん業)の紹介で手伝いにやってきます。

「つるや」の主人の種市が腰を痛め、澪(みお)と芳も元の「つるや」のあった場所の長屋住まいでしたので通いに時間がかかるためです。

この「ふき}の登場で、ある事件がおきますが、その事件解決に向けての澪の人情あふれる差配と怖いもの知らずの行動には感動させられます。

新しい場所では、有名な偽作者「清右衛門」も常連客として登場します。 食通グルメで口は悪いですが根はいい人です。 「つるや」のライバルの「登龍楼」の常連でもあり、「つるや」と「登龍楼」の間に持ち上がった事件を客観的にみてくれますし、この巻で登場回数の少なくなった小松原に代わって澪の新作料理に辛口コメントを授けてくれています。

口入屋の母で75歳の「りう」も一時「つるや」を手伝うことになります。 75歳の婆さんですが、昔江戸城の大手門の下馬先の茶屋で働いていた経験から侍客のあしらいに長けていて客からも好評です。

江戸城登城のため、馬や籠を下りる「下馬先」という場所があり、下馬評という言葉が、そこで主人を待つ供の者たちが暇つぶしに好き勝手に噂話に興じたことに由来するということを知りました。

元江戸城、今の皇居には下馬先という呼び名はありませんが、馬場先門という地名が残っています。

「りう」は、歯の上下が全部ないのですが、固い煎餅でも何でもばりばり歯茎で食べるため、「ふき」から恐れられています。 でも、優しくよく気の付く一本気なおばあさんです。

上方料理と江戸料理の違いということでは天ぷら油の違いが面白かったですね。 

上方では菜種油を使って素材の味や香りを殺さず色も綺麗に引き出し淡白な味わいを出すのだそうです。 

一方、江戸料理では胡麻油を使います。炒った胡麻から搾り取った油には、独特の濃い香りとコクがあり揚げたときに美味しそうな色めもつくのです。 濃い狐色という江戸っ子好みに仕上がるのです。

澪は上方の昆布出汁と江戸の鰹出汁の合わせ出汁を工夫したのと同じ要領で、菜種油と胡麻油の合わせ油を追求します。

落語「青菜」で暑気払いの酒の隠語として使われていた「柳陰」(やなぎかげ)も登場します。 この小説では井戸で冷やした酒ではなく女性が飲む味醂の焼酎割りとして紹介されていました。

落語「鷺とり」に出てくる雀を捕獲させる餌としての「こぼれ梅(こぼれんめ)」も出てきます。 上方でひな祭りに娘たちが食するおやつで、味醂の搾り粕です。 落語ではこれを雀が食べ酔っぱらったところを捕まえるという噺になっていました。

胡瓜の切り口の模様が徳川の三つ葉葵の御紋に似ていることから「つるや」の料理に出した胡瓜の酢の物が侍客に不評だったというエピソードもありました。

その他、上方で好まれる夏の身の柔らかい蛸が江戸っ子には評判が悪いというエピソードも面白かったです。 江戸では真蛸の旬は冬とされているのですね。

by zoompac | 2017-04-27 05:56 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

映画 「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」

f0090954_05534939.jpgナタリー・ポートマンがジョン・F・ケネディ元大統領夫人ジャクリーン・ケネディを演じ、ケネディ大統領暗殺事件をファーストレディの視点から描いた伝記ドラマでした。

半生を描いた伝記ではなく、大統領暗殺後5年にギリシャの大富豪アリストテレス・オナシスと再婚し世界を驚かせたエピソードはもちろんなく、1961年から1963年までアメリカのファーストレディであった(彼女が32歳から34歳)約2年に凝縮した物語でした。

その短い期間を3つの事項に分割し、その事項間を行きつ戻りつで編集されるという変わった手法を取っていました。

その3つの出来事とは、1962年2月にジャッキー自身がTV出演して案内役を務めたドキュメンタリー番組「ホワイトハウス案内」についてのエピソード、1963年11月のJFK暗殺事件とJFKの葬儀を巡ってのエピソード、そしてその葬儀の後行われたライフ誌とのインタビューです。

映画はそのインタビューを軸として、ファーストレディとして画期的な「ホワイトハウス」案内を買って出たジャッキーの斬新性、そして暗殺の現場で打たれた大統領の頭を抱きかかえ血まみれになりながらもファッションアイコンとして人々の記憶に焼き付いたピンクのシャネルのスーツにピルボックス帽の組み合わせ、そして狙撃犯容疑のオズワルドまで暗殺された不安の漂う最中、各国の要人を引き連れて歩いて墓地まで大統領の遺体と行進をする毅然としたジャッキーの姿を活写していました。

それらの人々の脳裏に残っているジャッキーの姿からは伺いしれない内面にカメラは迫ります。ナタリー・ポートマンは人間ジャッキーの感情の深層に入り込み、困惑、不安、悲嘆、混乱の中での迷いとそこから気力を振り絞って決断し実行する揺らぎのない強い意志とのせめぎ合いを切り取って見せてくれていました。

目の前で夫を殺害された妻ジャクリーンは悲しむ暇も与えられず、葬儀の取り仕切りや代わりに昇格する副大統領の大統領就任式への出席、ホワイトハウスからの退去など様々な対応に追われることになります。そんな中で事件直後から夫が「過去の人」として扱われることに憤りを感じた彼女は、夫が築き上げたものを単なる過去にはさせないという決意を胸に、ファーストレディとして最後の使命を果たそうとするのです。

インタビューに訪れていた記者が、そのジャッキーの強さに驚いていた表情が印象に残りました。

オバマ政権の終了に伴い離任、2017年1月18日、離任し帰国の途に就いた元駐日米大使のキャロライン・ケネディの幼少期の姿も垣間見ることができます。

人によってとらえ方は様々だと思いますが、私はナタリー・ポートマンがジャッキーに憑依したようにみえ印象に残りました。

再婚で、世間をお騒がせしたジャッキーでしたが、1994年に死去し、元の大統領夫人としてアーリントン国立墓地のジョン・F・ケネディの墓の横に埋葬されました。

by zoompac | 2017-04-26 05:54 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

読書 「Dive‼(下) 森絵都

f0090954_05553621.jpg私のお気に入りのスポーツ(根性?)物語(スポコン小説)の三冊めが決まりました。

あさのあつこの「バッテリー」、佐藤多佳子の「一瞬の風になれ」、そしてこの森絵都の「DIVE‼」です。

それにしても、「高飛び込み」も「板飛び込み」もマイナーなスポーツですよね。

飛込競技は、水泳の競技で、高さのある飛び込み台より水面に落下、空中の演技から着水までの一瞬を競うスポーツです。

弾力性のある1m・3mの飛び込み板より跳ね上がって飛び込む飛び「板飛び込み」と、5m・7.5m・10mの飛び込み台から飛び込む「高飛び込み」競技の二種類があり、更にそれぞれに、2人一組で飛び込むシンクロナイズドダイビングという競技もあります。

飛込競技は勝負が決するまでの時間がもっとも短い競技であり、わずか2秒弱の中に高度な技を行なう採点競技です(高さ10メートルからの飛翔は時速60メートルになりその空中演技の時間はわずか1.4秒です)。水しぶきをあげない入水をノースプラッシュと呼び、高い評価点となります。さらに、唇を弾くような音がするだけで全く水飛沫が上がらない入水を「リップ・クリーン・エントリー」といい、これは最高の入水方法であるとされています。「シュッ!」という感じの音なのですかね。

私は、この「飛び込み」に対して、スポーツというより、街中の建物間の「綱渡り」と同様の「見世物」の類のようなイメージを持っていました。

昔、題名を思い出せないのですが、映画でこの飛び込みを「見世物」としてやっていたシーンがありました。たぶん10mよりも高かったのではないかと思います。 飛び込みする人の目線で下のプールが映されていたのですが、プールがとても小さく見え、空中にダイヴした後横風が吹いたらプールの外へ落下するのではないかと感じるほどプールが小さく見えました。

競技としての10mの高飛び込みも、入水角度が乱れたりすると危険だということをこの小説「Dive‼」から学びました。 クリフ・ダイヴィングで海に飛び込むときは、頭からではなく脚から入水しているのもそうした理由があってのことなのですね。

この「飛び込み」は、オリンピック競技になっています。近代オリンピックでは1904年のセントルイスオリンピックからオリンピック競技の仲間入りを果たしています。

日本人としてのオリンピックへの出場は1920年アントワープオリンピック男子明白高飛込に出場した内田正練が最初です。1936年ベルリンオリンピックで男子飛板飛込の柴原恒雄と女子高飛込の大沢礼子の4位が最高で、2017年現在今だメダルを獲得できていません。

選手数の少なさや指導者の手薄、練習環境の不備など選手育成に厳しい状況も、この「Dive‼」から見てとれました。

戦前のベルリン五輪で日本飛び込み界の最高到達点で、後にも先にもこの4位を上回るオリンピックの成績がないというのも寂しいですね。

オリンピックでの入賞に限って言えば、去年の2016年のリオ五輪で板橋美波(17歳、JSS宝塚、リオ五輪当時は16歳)が、10m高飛び込みに出場し、8位でアトランタオリンピックでの元渕幸以来となる入賞を果たしました。

元渕幸は、1996年のアトランタオリンピックで、3m飛び板飛び込みで6位入賞し、女子飛び込みとしては60年ぶりの入賞という快挙でした。

男子としては、1992年のバルセロナ五輪で金戸恵太が8位入賞を果たしています。 ちなみに彼のお父さんは金戸俊介で1960年のローマ、1964年の東京オリンピックに出場しています。

金戸恵太は、88年のソウル、92年のバルセロナ、96年のアトランタの3大会に出場しています。92年のバルセロナで8位入賞した時、父俊介は日本選手団コーチを務めていました。

この「DIVE‼」は2008年に映画化されており、3人の中学生に、林遣都、池松壮亮、溝端淳平、コーチが瀬戸朝香です。

現在は金戸ダイビングクラブ(旧ミキハウスダイビングクラブ)で若手の育成に当たっている金戸恵太が、映画『DIVE!!』では撮影前の合宿時から選手役を演じた俳優のダイビング指導をし、劇中でも川口コーチ役として出演しています。

そして、この金戸恵太の次女が中学生ながら今年の2月に初のシニア大会となる飛び板飛び込み(3メートル)で、女子高飛び込みでリオデジャネイロ五輪8位入賞で現在の日本人エース板橋美波(17歳、JSS宝塚)の4連覇を阻む快挙で頂点に立った東京五輪期待の星金戸凛(りん)です。

金戸一家のダイビング競技は彼女の祖父と父だけではありません、彼女の祖母も母もオリンピック選手なのです。 そして彼女のお母さんが金戸恵太と結婚したアトランタ五輪の入賞者元渕幸です。

三世代続く飛び込み一家のサラブレッド金戸凛が、健在の祖父・祖母に、共に五輪入賞の実績を持つ父母に、いや日本国民に、4位入賞よりさらにその上のメダルをもたらせてくれる東京五輪まで残り3年半を切りました。

今年の7月のブダペストの世界選手権は、16歳の池江璃花子とか400個人メドレーで日本新を出した21歳の大橋悠依だけが注目選手ではありませんよ。金戸凛は出場しませんが、飛び込みで17歳の板橋美波も日本代表に選ばれています。

by zoompac | 2017-04-25 05:56 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

2017年のアカデミー作品賞受賞作 「ムーンライト」

f0090954_06011821.jpg今年のアカデミー賞で大本命の「ラ・ラ・ランド」をハプニングの末破って、最優秀作品賞を受賞した話題作です。

剛腕トランプ政権で少数派に対する偏見や差別が助長される中ハリウッドの映画人がそうした流れに逆らう良心の証として選んでくれた作品として注目していました。

同性愛、差別、いじめ、麻薬中毒、親子の断絶とテーマが重たくて暗いのですが、映画を観てみると斬新さを感じました。

刺激的な印象から程遠く、むしろ静謐さを感じたのは、主人公の受動的ながら一途な性格からっだような気がします。カメラワークも見事で、黒人の肌艶の輝きが美しく見えました。月明りでお前はブルーに輝くという言葉に見事に応える映像でした。

マイアミを舞台に自分の居場所とアイデンティティを模索する少年の成長を、少年期、ティーンエイジャー期、成人期の3つの時代構成で描いた作品です。

主人公の小学生、高校性、成人という人生の三段階を3人の異なった役者が演じていたところが斬新でした。

三人は、姿、形は似ても似つかないのですが、観客には同じ人物に見えるのが不思議です。ちょっとした目の仕草、うつむき加減の内向性等々が共通なのです。

この三人が同じ一人の人物を演じながら、撮影現場で顔を合わすこともコミュニケーションを取ることもなかったそうです。

孤独な少年、青年を支えたのは、麻薬ディーラーの「フアン夫妻」と、唯一の男友達である「ケヴィン」だけでした。 そのファン役のマハーシャラ・アリがアカデミー助演男優賞を受賞しました。

観る前に、そのテーマに肩肘張って身構えていたのですが、観た後は不思議と涼風を感じる爽やかさが残りました。 ブラピもなかなかやりますね。

007シリーズで、ボンドの上役Mの秘書役のミス・マネーペニー役のナオミ・ハリスが役柄とは言え、結構シワシワなのがショックでした。 最近はニコール・キッドマンのシワシワも「ライオン」で見たばっかりでショックが続きます。

五つ星ばらまき映画評論家の中条省平氏が四つ星でしたが、これは額面通り私にとっても四つ星でした。 少しだけ、中条省平氏との価値観の距離が縮まったような気がした作品でした。

by zoompac | 2017-04-24 06:01 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

小説 「八朔の雪_みおつくし料理帖(1)」高田郁

f0090954_07295682.jpg2010年の8月に読んで、読後のブログも書いていましたが、5月13日(土)から黒木華主演で八回TVドラマ「みをつくし料理帖」をNHKで放映する機会に合わせて再読しました。

大阪出身の女料理人が江戸で悩み、成長しやがて活躍しはじめる話です。

江戸と上方の食べ物文化の違いがいろいろ学べたり、再確認できたりして楽しいです。

例えば、

・上方で好まれる土手鍋(白味噌)の牡蠣、それに対し小ぶりで味の濃い深川牡蠣は焼殻牡蠣、牡蠣の口が開いたところに醤油と燗冷ましの酒を回し入れる
・俵形の上方風の握り飯VS三角おむすび
・上方の昆布出汁(だし)と江戸の鰹出汁
・江戸では一本箸で食べる心太_「お澪坊、心太は一本箸で食うもんだろう?」 澪は、ええっという顔になった。箸は二本揃って一膳。一本箸というと、弔いの席で死人に供える枕飯に挿すものを想像してしまう澪である。
・「酢醤油?」声が裏返っていた。心太に酢と醤油をかけるというのは澪には衝撃だった。大阪では物心ついた時から黒砂糖を煮詰めてトロリとさせたのをひんやりした心太にかけて食べるのが暑い夏の一番のご馳走なのだ。
・脂の乗った戻り鰹を味わい深いと評価する上方、猫跨ぎといって見向きもしない江戸

澪は迷って悩みます。

「何とかしたい、と。何とかしなくては、と。」そう思いながら、彼女には出口が見えないのです。

「最初は、上方の味を押し通して、拒まれた。江戸には江戸の味がある、そう思い、合わせる努力をした。自分の作るものを人が旨い、旨いと食べてくれることに喜びを感じる一方でどうしても自分自身、納得できない料理がある。」

ある人から「料理の基本がなっていない。」と言われます。

そこで、出汁について学び、そして工夫を重ねます。

昆布出汁の旨みはまろやかで甘い。口に入れると全体にふんわり広がる。逆に鰹出汁の旨みは鋭くて、舌の上に集まって来る感じ。片や広がり、片や集まる・・・で、澪は合わせ出汁を思いつきます。

「ええ?、江戸の茶碗蒸しは玉子を使わないのですか?」

天性の味覚の持ち主「澪」は、ミシェラン番付のような料理番付で関脇の初星を獲得します。その料理が「とろとろ茶碗蒸し」でした。

澪が生まれ育った大阪は、商人の町であって、武士の数が極端に少ない。そして商いの前でひとは押しなべて平等でした。料理番付で評判をとった「茶碗蒸し」を食べたいある藩の留守居役がお忍びで食べたいので人払い(今、店で食べている連中を追い出せということ)をせよとねじ込まれます。

「茶碗蒸しに入れる鰻を背開きにするところ、うっかり上方流に腹から捌いてしまいました。お武家さまにそんな縁起の悪いものをお出ししては大変!」

その他、おぼろ昆布や粕汁に対するエピソードも面白く読みました。

「江戸にはおぼろ昆布がない。大阪に居た頃、心斎橋に昆布屋が何軒もあって、そこの店先で昆布を削る光景をよく目にした。削られた昆布はふわふわと舞う天女の羽衣のようだった。」

「何事にも始末を身上とする大阪育ち。粕汁は船場煮と並んで、冬場、大阪の寒い台所で奉公人ががごくたまに主(あるじ)のお相伴に与れる(あずかれる)ご馳走なんです。」

発売当時、書店の店員さんの評判がよい作品でした。口コミで広がり大人気のシリーズ読物(全10巻)になりました。そして、今年の5月13日土曜日(夕方6時5分スタート)から連続8回のTVドラマの原作となります。脚本は「ちりとてちん」の藤本有紀、出演は、黒木華、森山未來、永山絢斗、成海璃子、小日向文世、安田成美等です。

by zoompac | 2017-04-23 07:30 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

落語の「米朝一門会」と緊張の「米朝関係」

f0090954_07044350.jpg米朝一門会@紀伊国屋ホール(新宿三丁目)に行ってきました。

桂ざこば(演目は一門笛)、桂南光(鹿政談)に米朝さんの息子さんの桂米團治(蛸芝居)の噺を楽しみました。 若手では、桂りょうば(桂枝雀の長男、演目は強情灸)と桂雀太(2016年のNHK新人大賞受賞者で受賞演目の代書)が出演していました。

雀太の「代書」と米團治の「蛸芝居」がよかったです。

雀太の「代書」のマクラで、NHKドラマの「ツバキ文具店」(鎌倉在住の代書屋の物語で、主人公ポッポちゃんを多部未華子が演じています)に触れてくれたことも嬉しかったですね。今、小川糸の原作を読んでいましたので。

観客の中に、近藤正臣の姿もありました。

落語は、究極の「緊張の緩和」たる「笑い」を誘うものですが、笑いをふりまく「米朝一門」とは対極の緊張を強いる「米朝」の太文字が最近の新聞で目につきます。

落語の「米朝」は腹を抱えて笑ってすむのですが、新聞を賑わす「米朝」はキナ臭いですね。

20日木曜日の日経の朝刊に掲載された英Financial Timesのコメンテーターの翻訳記事「米朝首脳 誤算のリスク」を興味深く読みました。

1950年の朝鮮戦争勃発は、米国の政府高官の不用意な発言とその発言を鵜呑みにして行動を起こした北朝鮮政府の状況判断ミスがきっかけになったと分析していました。 そして、今再び朝鮮半島(今度は日本も含む?)は朝鮮戦争の二の舞となりかねない紛争突入の危険が高い状況であると警鐘を鳴らしていました。

当時のアチソン国務長官が1950年1月に行った記者クラブの講演会で、彼はアジアにおける米国の「防衛線(アチソン・ライン)」に言及し、無頓着にも朝鮮半島はその防衛線の外にあると示唆したのです。

北朝鮮の当時の指導者だった金日成氏は、この発言から米国は明らかに韓国を防衛しない方針だと読み取り、それから5カ月後の6月に北朝鮮の大軍が北緯38度線を越え韓国侵攻という行動を起こしたのです。

しかし、米国は参戦しました。結果的には、金氏は大きく読み違えをしたということになります。

この朝鮮戦争で、少なくとも何十万人もの命が失われ、後に米軍と中国軍が直接衝突する事態にまで発展しました。

しかも、この戦争は公式には未だに終結していません。今日に至るまで正式な平和協定が結ばれないまま、朝鮮半島の和平は停戦協定のもとで保たれているにすぎないのです。

祖父の軍国主義と孤立主義、偏執的な面を受け継いでいると言われる孫である現在の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)委員長が、祖父と同様、予想外の動きに出る危険があることを否定できません。

北朝鮮はまだ、米西海岸を射程に入れた核弾頭搭載ミサイルの開発を終えていませんが、韓国や日本に核弾頭を落とせるミサイルは保有しているようです。加えて、北朝鮮国境から35マイルほど(約56キロ)しか離れていない韓国の首都ソウルは、通常兵器による集中砲火を浴びれば壊滅する危険が高いですし、対韓国のみならず日本に対しても北朝鮮が化学兵器を使用する可能性があることも否定できません。

トランプ氏は、中国に対して貿易不均衡のカードを引っ込めるアメで、中国をして同国のいわば属国である北朝鮮に「核開発を諦めさせる」選択をしました。その背後で、習近平訪米中にシリア攻撃を仕掛け、北朝鮮への攻撃も辞さない構えをとっています。演習と銘打って、「極めて強力な艦隊」を、朝鮮半島に送りこむなど一触即発の構えです。

しかし、あまり脅しが効きすぎると、トランプ政権の強気が裏目に出て、金正恩政権が先制攻撃に打って出るかもしれませんし、トランプ大統領も意外性の人ですから「断固たる行動」と銘打って先制攻撃を選択する可能性があります。

金正恩政権とトランプ政権の心理的なチキンレース(我慢比べ)に耐えきれなくなったどちらかが行動を起こして、韓国と日本が巻き込まれて修羅場となるというシナリオだけはなんとか避けて欲しいですね。

国際問題としての「米朝」関係の緊張が増す中で、束の間の「緊張の緩和」の笑いの渦に巻き込まれた「米朝一門会」でした。

by zoompac | 2017-04-22 07:05 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

映画 「ライオン」_25年目の母を訪ねて三千里

f0090954_06051134.jpg最後の最後にこの映画の題名が何故「ライオン」なのかがわかる仕掛けになっています。ネタばらしはしません、映画を観てのお楽しみ!

1986年、インドのスラム街で暮らす5歳の少年サルーは、兄と仕事を探しにでかけた先で停車中の電車で眠り込んでしまい、家から遠く離れた大都市カルカッタ(コルカタ)まで運ばれます。そのまま迷子になったサルーは、やがて養子に出されオーストラリアで成長して、2012年に25年ぶりに家を見つけ母親との再会を果たすという実話に基づいた物語でした。

「キャロル」のルーニー・マーラ、ニコール・キッドマンら豪華キャスト共演で、主人公のサルーを「スラムドッグ$ミリオネア」、「マリーゴールドホテル」のデヴ・パテルが演じていました。 5歳時のサルーを演じた5歳の俳優サニー・パワールの演技も見事でした。

老け役のニコール・キッドマンの首元の皺が演技なのかすっぴんなのかがとても気になりました。

幼かったサルーが自分のかって住んでいた町「ガネッシュ・タライ」をガネストレイと記憶していたため、Google Erathを使ってもなかなかたどり着けなかったのですが、ある日、天からの啓示のように道筋が露わになったのです・・・。 潜在意識に隠れていた6歳の頃の遠い記憶が突然蘇ったような不思議で感動的な瞬間でした。

インドで迷子になった5歳の少年が、25年後にGoogle Earthとかすかに残る記憶で故郷を探し当てたという実話をもとにしたストーリーです。 泣くもんかと歯を食いしばって観ていましたが、涙腺は自然に緩んでしまいました。


by zoompac | 2017-04-21 06:06 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

読書「騎士団長殺し 第2部遷ろうメタファー編」村上春樹

f0090954_05393388.jpg第2部に入ったら、大きなダレ場がやってきます。

まるで、アリス・イン・ワンダーランドで不思議の国に迷い込んだような、そして落語の「地獄八景亡者戯」でのあの世に迷い込むような展開が私にとっては大きなダレ場と思えて仕方ありませんでした。

ただ、本の副題にあるイデアとメタファーにみちた冒険の描写になっているようなので、しぶしぶ読み進めました。後で戻り読みをするのも嫌なので・・・・。

と、思っていたら、第59章の「死が二人を分かつまでは」でちゃんとまとめてくれていました。 行方不明となった秋川まりえが何処にいたのかという種明かしが語られているのですが、その時間帯に非現実世界を彷徨っていた「私」のこともダイジェストで説明が加えられていました。

55章の「今が時だ」~55章の「それは明らかに原理に反したことだ」は読み飛ばしても大丈夫だったと思いました。

ただ、落語の「地獄八景亡者戯」の三途川の渡しのような男に川を渡るのを手伝ってもらうシーンが後々重要なポイントになるかもしれないとも思えます。

その渡し守が「白いスバルフォレスターの顔のない男」に似ていたことやそこで渡し賃として秋川まりえが携帯に付けていた「ペンギンのフィギュア」(私が非現実世界に入り込んだとき拾ったもの)を取られたこと等が気になります。 (「白いスバルフォレスターの顔のない男」が私に肖像画を描いてもらうとすれば、そのときの報酬がその「ペンギンのフィギュア」になりそうなのです。)

この第2部では、第1部の冒頭でタネ明かしされた、「その当時、私と妻は結婚生活をいったん解消しており、正式な離婚届に署名捺印もしたのだが、そのあといろいろあって、結局もう一度結婚生活をやり直すことになった。」という一文に沿った形でストーリーを着地させてくれましたが、「白いスバルフォレスターの顔のない男」や、「ペンギンのフィギュア」の行方等、いろいろ疑問は残ります。

冒頭から、この現実と非現実の境界線が曖昧な物語のアウトラインを説明してくれたり、ダレ場をかいつまんで要約してくれたり、村上春樹氏にしては、読者にやさしい配慮が感じられた作品でした。相変わらずの筆力で、謎が謎を呼び、読者をぐいぐい引き込んでくれています。

なんといっても最大の疑問は、謎の資産家・免色渉の正体ですよね。 名前が、2013年4月に出た村上春樹の「色彩を持たない多崎つくると、巡礼の旅」を彷彿させます。

この「騎士団長殺し」の第三部?で、モヤモヤがすっきりすることを願っています。


by zoompac | 2017-04-20 05:39 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)

複雑なアジアの匂いを感じた映画 「バンコック・ナイツ」

f0090954_05484028.jpg新宿三丁目にある「テアトル新宿」で観ました。

この映画は、五つ星ばらまき映画評論家の中条省平氏が、日経のシネマ万華鏡で例によって絶賛の五つ星でしたので、眉にしっかり唾をつけて観ました。

思い切り中条バブル評価を割り引いて観たのですが意外とよかったです。

3時間の長丁場映画だったのですが、オート三輪車の「トゥクトゥク」の疾走感等が爽やかでダレ場は意外と少なかったです。

インドネシアに約3年赴任していた経験や約3ヶ月カンボジアのプノンペンで生活した経験もあって、この映画で東南アジア特有の匂いとか色合いとかに共感するシーンもたくさんありました。 郷愁を掻き立てられた掘り出し物の映画でした。

「サウダーヂ」で話題を集めた映像制作集団「空族」の富田克也氏が監督・脚本を手がけ、バンコクの歓楽街で働くタイ人娼婦と日本人の男たちが織り成す、失われた楽園を取り戻すための旅を描いたロードムービーといったところでしょうか。

バンコクにある日本人専門の歓楽街タニヤ通り。タイの東北地方イサーンから出稼ぎに来て5年になるラックは、現在は人気店「人魚」のトップにのぼりつめ、ヒモの日本人男性ピンを連れ回し贅沢な生活を送る一方で、故郷の家族に仕送りをしています。

ある晩、ラックはかつての恋人である元自衛隊員オザワと5年ぶりに再会します。オザワが不動産絡み(日本人の金持ち老人相手に現地妻付き高級介護コンドミニアムの開発調査)で出張の機会を利用して、ラックとオザワはそれぞれの思いを胸に秘めながらバンコクを離れ、ラオスとの国境にあるラックの故郷へ向かいます。

そこで、オザワは日本やバンコックの都会では決して知りえない世界を知ることになるのです。

世界は、未だに戦争の只中にあるという事実と女性の未来を悲観しない図太さとたくましさが切り取られたような映画でした。

ラオスに残る多くのクレーターのような跡が、「ラオス秘密戦争」(北ベトナム軍が南のベトコンへ支援物資を送っていたホーチミン・ルートの破壊爆撃)と言われるアメリカの爆撃の証拠をありありと突き付けていました。

ちなみに、クリント・イーストウッドの「グラントリノ」で描かれるお隣さんは、アメリカへ難民として渡った「ラオス秘密戦争」の戦場地で暮らしていた山岳少数民族のモン族でした。ベトナム戦争が生んだ難民でした。

そのモン族の多くが難民として、雨季と乾季で水嵩の量が大きく変わり川の形が変わることから橋がほとんど架かっていないメコン川を渡って(船で対岸に渡ることになります)タイに逃れました。 彼らが渡ったメコン川の泥水色の流れも懐かしく見させてもらいました。

メコン川はチベット高原に源流を発し、中国の雲南省を通り、ミャンマー・ラオス国境、タイ・ラオス国境、カンボジア・ベトナムをおよそ4200キロにわたって流れ、南シナ海に抜ける、東南アジアで一番長い川(アジアでは7番目、揚子江が1番、黄河が3番、オビ川とかアムール川とかロシア、シベリア方面の川もアジアに含まれています。ちなみにインドのガンジス川はメコン川の2/3くらいの長さです。)

一筋縄ではいかなそうな複雑なアジアの匂いを嗅いだような映画でした。 パクチーとナンプラーの混ざったような空気に包まれて何故か懐かしい反面戦争の爪痕等を目撃すると鼻の奥にツンとくるきな臭さも感じました。


by zoompac | 2017-04-19 05:49 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC