GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言

カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
お読みになってなかったの..
by machi at 19:34
コメント、ありがとうござ..
by zoompac at 08:00
南陽からの移籍組は渡邊、..
by 田中 at 12:45
どういたしまして! ブ..
by zoompac at 09:58
情報ありがとう
by 駅伝ファン at 00:51
tarukosatoko..
by zoompac at 06:43
この本、読みましたよ。い..
by tarukosatoko at 08:27
遅ればせながら、新年おめ..
by desire_san at 12:11
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 19:18
宇和島をチェックしていて..
by シギー at 00:26
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:スポーツ( 533 )

高校総体(インターハイ)陸上2017 地区大会での男子注目選手_青森山田の田澤廉

f0090954_05255657.jpg写真は東北大会5000mでピーター・ムワンギを押さえてトップで走った青森山田の田澤廉が兵庫リレーカーニバル2017の男子U18の3000mで優勝した時のものです。

5000mではやはり留学生のレベルが高いですね。

北九州大会
1 13:56.42 NGR ベヌエル モゲニ(2) 大分東明
2 14:23.86 キムンゲ サイモン(2) 東海大福岡

近畿大会
1 14:20.65 ンガンガ ワウエル(1) 興國

中国大会
1 13:51.88 デービッド グレ 世羅高
2 13:52.19 チャールズ ニジオカ 倉敷高

東北大会は、日本人ランナーが留学生を抑えてトップでした。
1 14:06.57 田澤 廉 (2) 青森山田
2 14:07.99 ピーター ムワンギ (3) 仙台育英

他の強力日本人ランナーとしては北信越大会でワンツーフィニッシュの佐久長聖のWエースです。
1 14:13.82 中谷 雄飛(3) 佐久長聖
2 14:16.88 本間 敬大(3) 佐久長聖

1500mでは
近畿ブロックのレベルが頭ひとつ抜けています。特に優勝の高橋がいいですね。
1 3:46.86 高橋 佑輔(3) 兵庫
2 3:48.30 呑村 大樹(3) 大阪
3 3:49.18 ンガンガ ワウエル(1) 興國
4 3:50.03 三浦 拓朗(3) 西脇工

中国ブロックの上位2人も好記録です。
1 3:51.76 フィレモン キプ 倉敷高
2 3:52.75 伊豫田 達弥(2) 舟入高

期待の北関東は、やや見劣りします。
1 3:55.30 湯原 慶吾 (3) 水戸工
2 3:55.49 橋本 龍 (3) 東京農大三
3 3:55.56 入江 亮輔 (3) 春日部共栄
注目の蓮沼は6位、千明は8位でした。
6 3:56.37 蓮沼 直希 (3) 健大高崎
8 3:57.23 千明 龍之佑 (3) 東京農大二

by zoompac | 2017-06-23 05:30 | スポーツ | Comments(0)

高校総体(インターハイ)陸上2017 地区大会での女子注目選手_ルーテル学院の矢田みくに

f0090954_05242957.jpg写真は3000mの南九州ブロックのカマウ・タビタと矢田みくにのゴールシーンです。

去年は矢田みくにがカマウ・タビタを制していました。(写真右下)

1500m
昨年の1500mインターハイの全国大会では、卒業して早稲田に進学した高橋ひなが1位、田中希実が2位、後藤夢が3位と西脇工が1位~3位を独占して話題になりましたが、近畿大会では田中、後藤のワンツーフィニッシュでした。県大会では優勝を須磨学園の樽本知夏に譲りましたが西脇工のWエースが調子を上げて一矢報いました。 県大会では4:19.69で、田中希実(4:19.96)と後藤夢(4:20.09)に競り勝った樽本知夏は地区大会では4:24.39というタイムで4位でした。

田中希実、後藤夢、リンズィーヘレナ 芽衣、高松智美ムセンビ等の名前が、週末の日本陸上選手権のエントリーリストにありました。女子1500mの決勝は2日目土曜日の17:55頃です。

1 4:18.32 田中 希実(3) 西脇工
2 4:19.17 後藤 夢(3) 西脇工
3 4:21.14 大西 ひかり(2) 須磨学園
4 4:24.39 樽本 知夏(3) 須磨学園

この種目では、東北ブロックのヘレン・エカラレと北九州ブロック・大分東明高のマータ・モカヤが頭一つ抜けています。
東北ブロック
1 4:09.67 NGR ヘレン エカラレ (3) 仙台育英
北九州ブロック
1 4:16.80 NGR マータ モカヤ(2) 大分東明
2 4:22.14 廣中 璃梨佳(2) 長崎商
3 4:23.08 御﨑 舞(3) 筑紫女学園

南九州ブロックの神村学園の留学生も強そうです。
1 4:21.06 カマウ タビタ(2) 神村学園

南関東ブロックではこの2人ですね。
1 4:21.06 リンズィーヘレナ 芽衣 (3) 市立金沢
2 4:21.52 小笠原 朱里 (2) 山梨学院

北関東の林英麻はタイムがあまりよくありません。
1 4:26.30 林 英麻 (3) 健大高崎

北信越・長野東の和田有菜も無視できません。
1 4:21.45 和田 有菜(3) 長野東
2 4:21.65 メリー シプコ(3) 開志国際
3 4:29.04 萩谷 楓(2) 長野東

3000m
3000mも留学生対決となりそうですね。仙台育英のヘレン・エカラレ大分東明のマータ・モカヤ、神村学園のカマウ・タビタの三つ巴戦になりそうです。
その三強の一角を、西脇工の田中希実、ルーテル学園の矢田みくに、薫英女学園の高松智美ムセンビ、長野東の和田有菜、山梨学院の小笠原朱里等が崩してくれることを期待しましょう。f0090954_05285632.jpg

ルーテル学園の矢田みくにと山梨学院付属の小笠原朱里が週末の日本陸上選手権5000mでエントリーしています。女子5000mの決勝は3日目日曜日の16:50頃です。

東北ブロック
1 9:00.78 ヘレン エカラレ (3) 仙台育英
北九州ブロック
1 9:01.52 マータ モカヤ(2) 大分東明
2 9:12.62 御﨑 舞(3) 筑紫女学園
3 9:15.30 廣中 璃梨佳(2) 長崎商
南九州ブロック
1 9:00.70 カマウ タビタ(2) 神村学園
2 9:01.53 矢田 みくに(3) ルーテル学院
近畿ブロック
1 9:02.95 田中 希実(3) 西脇工
2 9:09.50 大西 ひかり(2) 須磨学園
3 9:11.78 髙松 智美ムセンビ(3) 薫英女学院
北信越ブロック
1 9:07.03 NGR NHR 和田 有菜(3) 長野東
2 9:07.46 NGR NHR メリー シプコ(3) 開志国際
南関東ブロック
1 9:09.93 NGR 小笠原 朱里 (2) 山梨学院

by zoompac | 2017-06-22 05:29 | スポーツ | Comments(0)

高校生スーパールーキー達(佐々木塁、服部凱杏、馬場勇一郎、林田洋翔)の高校総体地区予選2017の結果

f0090954_05561420.jpg6月10日のブログ記事http://zoompac.exblog.jp/27881781/で「高校生スーパールーキー達(佐々木塁、服部凱杏、馬場勇一郎、林田洋翔)の高校総体県予選2017の結果」を書き込みましたが、県大会に続いて地区大会の記録も追ってみました。

岩手の県大会男子1500mを3:57.12の好記録でぶっちぎりの優勝をしていた盛岡第一の佐々木 塁は故障したのでしょうか、予選こそ3:58.99で走っていましたが、東北大会の決勝では4:02.48で8位に沈んでいました。(写真は県大会での佐々木塁)

一方、長野県の県大会の1500mを欠場していた佐久長聖の服部凱杏は、北信越大会で3:55.57の記録で2位に入っていました。

愛知・中京大附中京高の馬場勇一郎は県大会では1.58.74のタイムで6位と不本意な結果でしたが、東海の地区大会では1:56.68で3位に入っていました。

長崎・瓊浦の林田 洋翔は、1500m、5000mとも県大会ではスーパールーキーとして1位でテープを切りました。北九州地区大会ではその県大会よりいい記録で走りましたが、1500mが3:57.71で2位(1秒差)、5000mは14:50.54で6位でした。

留学生に対抗するには林田の5000のタイムではちょっと厳しいですね。

男子5000m北九州ブロック
1 13:56.42 NGR ベヌエル モゲニ(2) 大分東明
2 14:23.86 キムンゲ サイモン(2) 東海大福岡
3 14:28.52 小野 知大(3) 鶴崎工
4 14:49.64 平 駿介(2) 白石
5 14:50.44 森 凪也(3) 福岡大附大濠
6 14:50.54 林田 洋翔(1) 瓊浦

女子では、
千葉県大会3000mを9:34.58で走って1位だった成田高の風間歩佳が、南関東大会を9:28.72で走って3位でした。ちなみにこのブロックの優勝は山梨学院大付属高2年の小笠原 朱里でした。

南関東地区大会
1 9:09.93 NGR 小笠原 朱里 (2) 山梨学院
2 9:27.49 吉村 玲美 (2) 白鵬女
3 9:28.72 風間 歩佳 (1) 成田

桂中から立命館宇治高に進学した曽根野乃花は京都府大会も3000mを9:57.68で走り7位とふるいませんでしたが、近畿地区大会では名前がありませんでした。というか近畿地区大会の上位35校に名門立命館宇治の名は9:35.59で走って9位の西澤 咲乃(3)、ただ1人でした。

四国ブロックの新居浜西の西原愛華は、1500mを4:36.39で走って6位、3000mを9:45.64で走って3位でした。

中国ブロックの倉敷高校の山本 晏佳吏は、3000mを9:33.03で走って8位でした。

by zoompac | 2017-06-21 05:57 | スポーツ | Comments(0)

2017 日本学生陸上競技個人選手権大会_女子_3000mSC松山大の高見澤安珠の調子が上向き!

f0090954_05590865.jpg2017年6月9日~11日@平塚で行われた2017 日本学生陸上競技個人選手権大会_女子の結果です。(写真は3000mSC優勝の松山大高見澤安珠です。)

1500m
東海インカレで2位に8秒差の4:23.17の大会新で優勝した名城大2年の向井智香でしたがこの大会は9位でした。
1 4:22.24 上田 未奈 (3) 城西大
2 4:22.75 工藤 杏華 (1) 日本体育大
3 4:23.21 青木 和 (3) 名城大
4 4:23.84 樺沢和佳奈 (1) 慶應義塾大
5 4:24.88 出水田眞紀 (4) 立教大
6 4:25.40 清水 真帆 (4) 大阪学院大
7 4:28.33 土田 佳奈 (2) 東京農業大
8 4:28.50 藤原 瑠奈 (1) 松山大
9 4:29.91 向井 智香 (2) 名城大f0090954_05594921.jpg

3000mSC
オリンピアンの高見澤がさすがの強さですね。 今年5月の中国四国インカレでは10:29.16のタイムで復調途上って感じでしたが、来週の日本選手権に合わせて上げてきました。 ちなみに去年の高見澤は転んで激闘の末積水化学の森智香子に逆転して日本選手権を連覇してリオ五輪の切符を手に入れています。(写真右)そのときの優勝タイムは日本歴代2位の9:44.22でした。

森智香子も今週末の日本選手権に向けて東日本実業団で10:01.83で優勝するなど来週の決戦に向けてエンジンがかかってきています。 この二人に兵庫リレーカーニバルを9:50.72で制したスズキ浜松ACの三郷実沙希(2014年の女王が3年ぶりの奪還を狙います)の三つ巴となりそうです。
1 10:01.21 高見澤安珠 (4) 松山大
2 10:14.03 岡田 佳子 (2) 松山大
3 10:15.41 信岡 桃英 (2) 京都産業大
4 10:25.74 佐藤 由依 (4) 順天堂大
5 10:27.92 金杉 侑香 (2) 日本体育大
6 10:28.39 藪田 裕衣 (4) 京都産業大

5000m
1 16:00.39 加世田梨花 (1) 名城大
2 16:06.84 棚池穂乃香 (3) 京都産業大
3 16:12.04 青木 和 (3) 名城大
4 16:15.98 今村 咲織 (4) 順天堂大
5 16:16.08 五島 莉乃 (2) 中央大
6 16:17.33 福居 紗希 (4) 城西大
7 16:21.78 清水 真帆 (4) 大阪学院大

関東インカレ2017の結果
1500m
1 4:26.88 工藤 杏華(1) 日体大
2 4:26.96 卜部 蘭(4) 東学大
3 4:27.26 佐藤 みな実(2) 順大
4 4:27.31 樺沢 和佳奈(1) 慶大

5000m
1 15:56.21 関谷 夏希(2) 大東大
2 15:57.30 細田 あい(4) 日体大
3 15:57.78 五島 莉乃(2) 中大
4 16:04.12 白川 恵理菜(2) 東洋大
5 16:07.45 出水田 眞紀(4) 立大
6 16:12.27 樺沢 和佳奈(1) 慶大

10000m
1 33:12.05 関谷 夏希 (2) 大東大
2 33:12.16 出水田 眞紀 (4) 立大
3 33:13.29 細田 あい (4) 日体大

関西インカレ2017
1500m、3000mSCの薮田、5000m、10000mを制した棚池の京産大勢がタイトル総ナメの大活躍でした。 駅伝女王の立命大が精彩を欠いた印象です。 去年1年を棒に振ったエース太田琴菜の名前が下位に見えます。復調の兆しでしょうか?
1500m
1 4:21.70 藪田 裕衣 (4) 京都産業大
2 4:23.61 佐藤 成葉 (2) 立命館大
3 4:29.49 清水 真帆 (4) 大阪学院大
4 4:32.21 長濱 夕海香 (1) 大阪芸術大

3000mSC
1 10:12.57 藪田 裕衣 (4) 京都産業大
2 10:15.73 信岡 桃英 (2) 京都産業大
3 10:39.56 大井 千鶴 (4) 同志社大
4 10:44.63 脇坂 詩乃 (2) 立命館大

5000m
1 15:55.80 棚池 穂乃香(3) 京都産業大
2 16:05.65 佐藤 成葉 (2) 立命館大
3 16:13.97 高谷 愛奈 (2) 大阪学院大
4 16:23.27 清水 真帆 (4) 大阪学院大
5 16:23.28 太田 琴菜 (4) 立命館大

10000m
1 33:27.32 棚池 穂乃香(3) 京都産業大
2 33:40.81 森 紗也佳 (2) 関西大
3 33:56.14 和田 優香里(4) 立命館大
4 34:16.58 太田 琴菜 (4) 立命館大


by zoompac | 2017-06-19 06:00 | スポーツ | Comments(0)

2017 日本学生陸上競技個人選手権大会でも1500mの館澤亨次が優勝!

f0090954_07275370.jpg第29回 ユニバーシアド競技大会( 2017/台北)の代表選考会を兼ねた日本学生陸上競技個人選手権大会が平塚で2017年6月9日~11日に開催されました。その結果です。

1500mでは東海大2年の館澤亨次が好調をキープしていますね。(写真は、東海大の館澤亨次と木村理来のワンツーフィニッシュです。)

ロンドン世界選手権代表選考会を兼ねた第101回日本陸上競技選手権大会@ヤンマースタジアム長居・大阪が来週の6月23日~25日に迫ってきましたが、1500mの日本選手権連覇を狙う日清食品Gの戸田雅稀の対抗馬1番手に急浮上してきたのが館澤亨次です。

金栗記念では戸田に敗れて2位でしたが、戸田が不出場のゴールデンゲームズinのべおかでは3:43.16の自己新で優勝しました。
関東インカレに続いて、この学生陸上でも優勝して好調を維持しています。

3000mSCではリオ五輪代表の順大3年の塩尻和也が注目ですね。

学生陸上男子1部の結果です。

1500m
1 3:47.18 館澤 亨次 (2) 東海大
2 3:47.66 木村 理来 (2) 東海大
3 3:48.15 河村 一輝 (2) 明治大
4 3:49.68 神谷 天地 (4) 関西学院大
5 3:50.89 阪口 竜平 (2) 東海大

5000m
1 14:02.64 阪口 竜平 (2) 東海大
2 14:03.37 橋詰 大慧 (3) 青山学院大
3 14:04.54 小野田勇次 (3) 青山学院大
4 14:08.62 館澤 亨次 (2) 東海大
5 14:11.84 田村 和希 (4) 青山学院大
6 14:16.90 森田 歩希 (3) 青山学院大
7 14:18.13 中村 駆 (2) 東洋大
8 14:19.12 松井 将器(M2) 東京工業大
9 14:20.81 鈴木 塁人 (2) 青山学院大
青山学院大の中村 友哉 (2)、下田 裕太 (4)、吉田 圭太 (1)
東海大の鬼塚 翔太 (2)、塩澤 稀夕 (1)、關 颯人 (2)
神奈川大の鈴木 健吾 (4)等は欠場でした。

ついでに備忘録として、
関東インカレ2017(2017年5月25日(木)~28日(日)@日産スタジアム/日産スタジアム付設ハーフマラソンコース)の結果も付しておきます。

1500m
東海大が強いですね。2年生の館澤の強さは貫禄ですし、1年生の塩澤も5位入賞でスーパールーキーの片鱗をみせています。2年生の木村も7位入賞です。
1 3:46.25 館澤 亨次(2) 東海大
2 3:47.14 河村 一輝(2) 明大
3 3:47.43 小林 航央(3) 筑波大
4 3:48.26 森田 佳祐(4) 筑波大
5 3:48.78 塩澤 稀夕(1) 東海大
6 3:49.48 堀 龍彦(4) 東洋大
7 3:49.56 木村 理来(2) 東海大
8 3:49.73 前田 恋弥(3) 明大

5000m
ワンブィが5000mと10000mを2年連続の2冠達成でした。
順大の塩尻、栃木も5000m、10000mの2種目で入賞していますね。
法大の坂東も元気です。
5000mでは東海大の2年生トリオの鬼塚(2位)、關(6位)、西川(7位)が入賞を果たしています。
1 13:43.97 パトリック マゼンゲ ワンブィ(3) 日大
2 13:46.49 鬼塚 翔太(2) 東海大
3 13:47.26 坂東 悠汰(3) 法大
4 13:47.58 塩尻 和也(3) 順大
5 13:58.04 栃木 渡(4) 順大
6 14:00.65 關 颯人(2) 東海大
7 14:09.52 西川 雄一朗(2) 東海大
8 14:13.56 中島 公平(3) 城西大
9 14:20.99 堀 龍彦(4) 東洋大

10000m
1 28:21.65 パトリック マゼンゲ ワンブィ(3) 日大
2 28:23.90 ドミニク ニャイロ(3) 山梨学大
3 28:35.44 塩尻 和也(3) 順大
4 28:40.13 坂口 裕之(3) 明大
5 28:44.87 坂東 悠汰(3) 法大
6 28:45.80 栃木 渡(4) 順大
7 28:50.64 山本 修二(3) 東洋大
8 29:02.86 松尾 淳之介(2) 東海大
9 29:17.37 太田 智樹(2) 早大

ハーフマラソン
トラックでワンブィに勝てないニャイロですが、ハーフでは貫禄の2連覇でした。
1 1:03:22 ドミニク ニャイロ(3) 山梨学大
2 1:04:33 山本 修二(3) 東洋大
3 1:04:34 城越 勇星(4) 日体大
4 1:04:46 金子 元気(3) 城西大
5 1:04:49 石田 康幸(4) 早大
6 1:04:49 安井 雄一(4) 早大
7 1:04:53 春日 千速(4) 東海大
8 1:04:57 相澤 晃(2) 東洋大
9 1:05:29 湯澤 舜(3) 東海大


by zoompac | 2017-06-18 07:30 | スポーツ | Comments(0)

男子高校総体2017陸上県大会の結果_5000mは留学生、1500mは兵庫県勢対北関東勢の争いか

f0090954_06360644.jpg5000mはインターハイ全国大会2連覇を狙う、岡山県倉敷高校3年のチャールズ・ニジオカ(13:47.40)が好調を維持しているようです。広島県の世羅高3年のデービット・グレ(13:57.22) も県大会を圧勝でした。
この二人に、大阪・興國のンガンガ ワウエル(14:28.90)、宮城・仙台育英のピータームワンギ (14:16.39)等を加えた留学生同士の争いになりそうです。

日本人選手としては、長野・佐久長聖の中谷雄飛が今季日本人リストの1位で注目されますが、県大会での優勝タイムは14:33.80で平凡な出来でした。 コースも試合の天候条件も違うので単純な比較はできませんが、県大会の記録でみると兵庫県・西脇工の三浦 拓朗(14:27.59)のほうがいいです。

1500mは、兵庫大会のレベルが高かったですね。兵庫の高橋佑輔(3:47.82)と西脇工の三浦拓朗(3:50.36)が共に大会新のハイレベルな争いをみせてくれました。(写真は高橋佑輔です。)

群馬・健大高崎の蓮沼 直希(3:53.24)や栃木・佐野日大の樋口翔太(03:56.19)もいい記録で県大会をトップ通過しています。

スーパールーキーの長崎・瓊浦の林田 洋翔(3:58.38)や岩手・盛岡一の佐々木 塁(3:57.12)がどこまで通用するかも楽しみです。

岡山県
男子1500m
1 3:56.52 フィレモン キプラガット(1) 倉敷
2 4:03.47 寺岡 秀真(3) 興譲館
3 4:03.61 土倉 稜貴(3) 水島工

男子5000m
1 13:47.40 NGR チャールズ ニジオカ(3) 倉敷
2 14:44.31 名合 治紀(3) 倉敷
3 15:10.70 北野 太翔(3) 倉敷
4 15:21.33 丸山 孔希(2) 興譲館

広島県
男子1500m
1  03:53.32 小林青(3) 祗園北 Q GR
2  03:54.53 伊豫田達弥(2) 舟入 Q
3  03:57.48 岡田燎(3) 安古市 Q
4  03:59.36 中原昇斗(3) 広島皆実 Q
5  04:00.86 田村颯斗(3) 舟入 Q
6  04:01.05 植野樹(3) 広島皆実 Q
7 04:01.10  植野泰生(1) 世羅

男子5000m
1  13:57.22  グレ(3) 世羅 Q
2  14:41.94  伊豫田達弥(2) 舟入 Q
3  14:50.49  梶山林太郎(2) 世羅 Q
4  14:53.66  前垣内皓大(2) 世羅 Q
5  15:09.12  宮本大紀(3) 舟入 Q
6  15:09.28  田中将文(3) 府中 Q
7  15:14.01  浅野成海(3) 広島皆実

兵庫県
1500m1位の高橋は800mでも優勝、1500m2位の三浦が5000mを制しています。今年の西脇工は期待がもてそうですね。

男子1500m
1 3:47.82 高橋 佑輔(3) 兵庫
2 3:50.36 三浦 拓朗(3) 西脇工
3 3:54.31 井上 大輝(3) 須磨学園
4 3:55.54 出口 航輝(3) 西脇工
5 3:55.95 岩本 忠成(3) 姫路西
6 3:57.52 閑念 拓臣(3) 西脇工

男子5000m
1 14:27.59 三浦 拓朗(3) 西脇工
2 14:45.38 林田 聖(3) 西脇工
3 14:50.75 小野寺 陣(2) 報徳
4 14:57.67 大西 峻平(3) 西脇工
5 14:59.27 井上 大輝(3) 須磨学園

大阪府
男子1500m
1 3:54.28 ンガンガ ワウエル(1) 興國
2 3:54.71 藤本 浩太郎(3) 清風
3 3:54.91 能島 翼(3) 興國
4 3:56.09 呑村 大樹(3) 大阪

男子5000m
1 14:28.90 ンガンガ ワウエル(1) 興國
2 14:48.20 呑村 大樹(3) 大阪
3 14:52.08 小島 慎也(2) 大阪
4 14:58.70 能島 翼(3) 興國

群馬
世界クロカン代表の千明龍之佑が5位です。群馬県の1500mのレベルの高さがすごいというべきでしょうか?

1500m
1 3:53.24 蓮沼 直希(3) 健大高崎
2 3:54.02 丸山 脩太(3) 前橋育英
3 3:54.07 西川 魁星(2) 市立太田
4 3:54.87 腰塚 遥人(3) 桐生工
5 3:55.68 千明 龍之佑(3) 農大二

5000m
1 14:40.22 千明 龍之佑(3) 農大二
2 14:55.22 蓮沼 直希(3) 健大高崎
3 14:55.22 大澤 佑介(2) 樹徳
4 14:56.63 赤坂 匠(1) 樹徳
5 14:57.83 栗原 啓吾(3) 農大二

栃木
3分49秒56の記録を持つ3年前の全中1500m、3000mの覇者大谷陽ですが、結果は3位でした。

1500m
1 03:56.19 樋口翔太(2) 佐野日大高 Q
2 03:59.45 人見昂誠(3) 佐野日大高 Q
3 04:01.79 大谷陽(3) 佐野日大高 Q

5000m
1 14:51.85 樋口翔太(2) 佐野日大高 Q
2 14:54.44 小野恵崇(2) 那須拓陽高 Q
3 14:54.59 石川龍之介(3) 那須拓陽高 Q
4 14:54.75 島津綾(3) 白鴎大足利高 Q
5 14:55.31 人見隆之(3) 那須拓陽高 Q
6 15:01.87 柏木滉平(2) 白鴎大足利高 Q
7 15:12.83 大谷陽(3) 佐野日大高

茨城
1500m
1 3:53.67 福島 正訓 (3) 水城
2 3:55.75 山谷 昌也 (2) 水城
3 3:55.91 湯原 慶吾 (3) 水戸工
4 3:56.03 小林 竜也 (2) 水城

5000m
1 14:35.67 湯原 慶吾 (3) 水戸工
2 14:48.09 鈴木 聖人 (3) 水城
3 14:59.13 前田 義弘 (2) 東洋大牛久
4 14:59.36 福島 正訓 (3) 水城

千葉
1500m
1 3:58.78 原田 凌輔 (3) 専修大松戸
2 3:59.02 笹谷 亮太 (3) 成田
3 4:00.84 中光 捷 (3) 専修大松戸

5000m
1 14:46.43 飯田 貴之 (3) 八千代松陰
2 14:47.89 安田 博登 (2) 市立船橋
3 14:48.27 原田 凌輔 (3) 専修大松戸

長野県
男子1500m
1  4:08.24 松崎 健悟(3) 東海大諏訪
2  4:08.33 富田 陸空(1) 佐久長聖
3  4:09.14 清水 拓斗(3) 長野日大
4  4:10.88 髙橋 勇輝(3) 長野日大
5  4:11.39 児玉 拓矢(3) 諏訪二葉
6  4:12.19 鈴木 芽吹(1) 佐久長聖

男子5000m
1  14:33.80 中谷 雄飛(3) 佐久長聖
2  14:39.93 本間 敬大(3) 佐久長聖
3  14:41.36 丸山幸輝(3) 佐久長聖

by zoompac | 2017-06-17 06:39 | スポーツ | Comments(0)

高校総体(インターハイ)陸上2017 女子1500m/3000m県大会の結果(兵庫、大阪、、京都、その他)

f0090954_06500528.jpgぼやぼやしていたら、高校総体(インターハイ)の都道府県大会が一通り終わってしまい、今週末には各ブロック大会が開催される予定です。(写真は、兵庫県大会の1500mを制した、須磨学園の樽本知夏です。)

取り急ぎ、女子1500mと3000mの県大会の結果を備忘録用にかき集めました。 年末の高校駅伝に向けての備忘録でもあります。

群馬、千葉、山梨県の記録は、5月26日のブログ記事「高校総体女子陸上3000m、群馬は林、山梨は小笠原、千葉は1年の風間が優勝!」を見てください。

兵庫県高校総体(インターハイ)2017 結果

やはり兵庫県はレベルが高いですね。
西脇工と須磨学園のどちらが駅伝代表校でも全国大会で上位を狙えそうです。
田中希実が9分10秒切りの好記録で頭一つ抜けています。

3000mの全国的な記録では留学生が強いです。連覇を狙う宮城・仙台育英3年のヘレン・エカレラが、9:06.11と順調ですが、大分・東明高2年のマータ・モカヤが8:56.92という県大会新記録で走っています。 都道府県大会で唯一の9分切ですね。 田中希実がこの留学生2人に次ぐ好記録でした。 コースが違うので一概にタイムの比較はできませんけどね。

女子3000m
1 9:09.35 田中 希実(3) 西脇工
2 9:17.01 大西ひかり(2) 須磨学園
3 9:26.73 荒井 優奈(2) 須磨学園
4 9:28.88 太田 麻衣(3) 須磨学園
5 9:35.93 橘田 薫(2) 小野
6 9:45.96 礒野 恵梨(3) 西脇工
7 10:00.46 南 茉里奈(2) 西脇工

去年のインターハイ全国大会1500m2位、3位の田中希実、後藤夢を須磨学園の樽本知夏が破る大波乱の結果でした。 自己新で優勝した樽本の実力が本物かどうか、6月15日~18日の近畿大会が楽しみです。

この1500mを全国的にみると、大分・東明高2年のマータ・モカヤが4:15.91、広島・世羅高2年のナオミ・ムッソーニが4:16.16、宮城・仙台育英3年のヘレン・エカレラ(昨年の国体チャンピオン)が4:18.29と留学生3人が群を抜いています。

女子1500m
1 4:19.69 樽本 知夏(3) 須磨学園 
2 4:19.96 田中 希実(3) 西脇工
3 4:20.09 後藤 夢(3) 西脇工
4 4:22.10 大西ひかり(2) 須磨学園

大阪府

大阪は薫英女学院が強いです。
高松智美ムセンビも好調そうです。

女子3000m
1 9:14.19 高松 智美ムセンビ(3) 薫英女学院
2 9:27.63 竹内 ひかり(3) 薫英女学院
3 9:31.46 村尾 綾香(2) 薫英女学院
4 9:31.73 松本 奈々(3) 大体大浪商
5 9:35.06 柳谷 日菜(3) 大阪桐蔭

女子1500m
1 4:29.39 髙田 晴香(2) 薫英女学院
2 4:29.69 竹内 ひかり(3) 薫英女学院
3 4:29.78 柳谷 日菜(3) 大阪桐蔭
4 4:30.39 西出 優月(3) 大塚

京都

京都は駅伝常連校の立命館宇治に黄色信号ですね。 代表争いは桂、京都外大西、立命館宇治の三つ巴になりそうです。

女子1500m
1 4:32.54 長谷川 詩乃(3) 桂
2 4:32.55 西内 彩恵(3) 立命館宇治
3 4:34.40 谷口 真菜(3) 京都外大西
4 4:34.73 荒平 詩織(3) 京都外大西
5 4:35.31 上西 古都(3) 桂
6 4:40.31 又村 菜月(3) 立命館宇治

女子3000m
1 9:42.03 長谷川 詩乃(3) 桂
2 9:48.39 林 樹里(3) 京都外大西
3 9:49.04 谷口 真菜(3) 京都外大西
4 9:49.36 西澤 咲乃(3) 立命館宇治
5 9:54.26 吉田 志織(2) 京都光華
6 9:55.66 八木 あかり(3) 桂
7 9:57.68 曽根 野乃花(1) 立命館宇治

岡山県
全国高校駅伝常連校の興譲館と倉敷が肉薄の代表校争いとなりそうです。

女子1500m
1 4:25.68 金光 由樹(2) 操山
2 4:26.54 レイチェル ムッゾーニ(2) 倉敷
3 4:26.69 金丸 芽生(3) 興譲館
4 4:27.45 三宅 紗蘭(3) 玉野光南
5 4:29.56 山本 晏佳吏(1) 倉敷
6 4:39.35 的塲 麻歩(3) 興譲館

女子3000m
1 9:23.92 レイチェル ムッゾーニ(2) 倉敷
2 9:24.26 三宅 紗蘭(3) 玉野光南
3 9:25.36 金光 由樹(2) 操山
4 9:26.91 室田 杏子(3) 興譲館
5 9:27.42 山本 晏佳吏(1) 倉敷
6 9:34.29 青木 未晴(3) 興譲館
7 10:01.33 安達 花音(3) 興譲館
8 10:10.73 山下 夏実(1) 倉敷

長野県

長野は長野東が圧倒的に強いですね。和田有菜も安定した強さをみせています。

女子3000m
1 9:29.43 和田 有菜(3) 長野東
2 9:52.71 小林 成美(2) 長野東
3 9:53.05 松澤 綾音(3) 長野東

女子1500m
1 4:28.19 和田 有菜(3) 長野東
2 4:30.24 萩谷 楓(2) 長野東
3 4:35.67 藤岡 緩奈(2) 東海大諏訪
4 4:35.68 山口 真莉恵(3) 文化学園長野
5 4:39.31 高安 結衣(2) 長野東

福岡県
筑紫女学園の御崎舞はさすがの強さですが、上位選手に北九州市立の選手がひしめいています。

女子3000m
1 9:18.75 御﨑 舞(3) 筑紫女学園
2 9:25.11 林田 美咲(3) 北九州市立
3 9:25.14 菅田 雅香(2) 東海大福岡
4 9:31.08 松本 夢佳(2) 北九州市立
5 9:31.58 野末 侑花(2) 北九州市立

女子1500m
1 4:22.07 御﨑 舞(3) 筑紫女学園
2 4:22.12 菅田 雅香(2) 東海大福岡
3 4:28.18 野末 侑花(2) 北九州市立
4 4:30.74 林田 美咲(3) 北九州市立

熊本県

去年の駅伝代表高の熊本信愛女学園の選手が上位にいませんね。 ルーテル学院の矢田みくにが大会新で1位でした。

3000m
1 9:14.17 矢田 みくに(3) ルーテル学院
2 9:41.78 境田 真夕(2) 千原台
3 9:42.41 堤 好伽(1) 有明
4 9:43.44 飯沼 こころ(3) 有明
5 9:47.90 岡本 佳奈絵(3) ルーテル学院
6 9:50.29 黒田 澪(2) ルーテル学院

1500m
1 4:29.60 堤 好伽(1) 有明
2 4:29.82 岡本 亜依里(2) ルーテル学院
3 4:35.21 境田 真夕(2) 千原台
4 4:36.20 飯田 怜(3) ルーテル学院
5 4:42.05 田浦 英理歌(3) ルーテル学院

鹿児島県
3000m
1 9:13.36 カマウ タビタ(2) 神村学園高
2 9:24.23 原田 まつり(2) 樟南高
3 9:37.29 中尾 友梨奈(2) 神村学園高
4 9:40.20 平田 歩弓(2) 神村学園高

1500m
1 4:26.55 カマウ タビタ(2) 神村学園高
2 4:29.37 久田 ちひろ(3) 神村学園高
3 4:33.18 平田 歩弓(2) 神村学園高

長崎県
和製ラドクリフの長崎商2年の和製ラドクリフ・廣中璃梨佳も健在です。

3000m
1 廣中璃梨佳 (2) 長崎商 9:13.42
2 森林 未来 (3) 諫早 9:23.55
3 柴原 佑紀 (3) 長崎南 9:29.00
4 岡本 海愛 (3) 諫早 9:30.27
5 吉塚有紀子 (2) 川棚 9:36.73
6 濵添 麻那 (1) 長崎商 9:40.02
7 本田 純麗 (3) 長崎商 9:56.31

1500m
1 廣中璃梨佳 (2) 長崎商 4:20.77
2 柴原 佑紀 (3) 長崎南 4:29.16
3 吉塚有紀子 (2) 川棚 4:31.27
4 迎  美夢 (1) 川棚 4:35.82
5 松田 純香 (3) 諫早 4:36.19
6 松木 葵依 (1) 長崎商 4:36.41
7 安永 衣織 (1) 川棚 4:36.45

by zoompac | 2017-06-15 06:08 | スポーツ | Comments(0)

原沢久喜が決定戦のエース対決を制して日本中央競馬会が実業柔道団体戦を連覇!

f0090954_05571056.jpg団体戦で実業柔道日本一を争う第67回全日本実業柔道団体対抗大会は6月4日、アルビス小杉総合体育センター@富山県射水市で最終日の競技が行われ、最高峰カテゴリである男子第1部は日本中央競馬会が2年連続4度目の優勝を果たしました。

決勝で最大のライバルと目された旭化成Aと対戦した日本中央競馬会は、1-1で5戦を終えて迎えた代表決定戦のエース対決となりました。

その決勝戦では、学生時代からのライバル原沢久喜(日大卒)が全日本選手権の覇者・王子谷剛志(東海大卒)を大外返「一本」で下して優勝を決めました。

原沢は実は王子谷が大の苦手で、これで彼の王子谷との対戦成績は3勝6敗2分けとなりました。

リオ五輪銀メダリストの原沢は五輪後の公式戦でなかなか結果を残せませんでしたが、ライバル王子谷に一本勝ちして一矢報いました。 やっとエンジンがかかってきましたね。

8月の世界柔道@ブダペストに、王子谷と共に代表選出されています。二人でフランスの王者リメールを倒して日本に悲願の100㎏超級の金メダルを持ち帰って欲しいです。

決勝戦の備忘録

こうしてみると旭化成Aの面々はすごいですね。 永瀬、羽賀、王子谷と世界代表3人擁しています。比べて日本中央競馬会は原沢1人です。団体戦の面白いところです。

日本中央競馬会  ①代-1  旭化成A
(先)原沢久喜× 引分 ×垣田恭兵
(次)高木海帆〇 内股(3:30) △永瀬貴規
(中)長島啓太△ 反則(3:51) 〇尾原琢仁
(副)池田賢生× 引分 ×王子谷剛志
(大)レイズカヨル× 引分 ×羽賀龍之介
(代)原沢久喜〇 大外返(1:25) △王子谷剛志

by zoompac | 2017-06-12 05:57 | スポーツ | Comments(0)

高校生スーパールーキー達(佐々木塁、服部凱杏、馬場勇一郎、林田洋翔)の高校総体県予選2017の結果

f0090954_06184849.jpg昨年の陸上中距離のスーパー中学生だった岩手の佐々木塁(盛岡第一)、長野の服部凱杏(佐久長聖)、愛知の馬場勇一郎(中京大附中京高)、長崎の林田洋翔(瓊浦高)達の高校総体(インターハイ)2017、県大会の足跡を追ってみました。

写真は長崎・瓊浦高(けいほこう)の林田洋翔です。

岩手高校総体(インターハイ)結果

男子1500m
1  3:57.12 佐々木 塁(1) 盛岡第一 Q
2  4:01.11 池田 丈礼(3) 盛岡北 Q
3  4:01.22 山崎 洸真(3) 専大北上 Q
4  4:01.53 及川 瑠音(2) 一関学院 Q
5  4:01.58 松川 雅虎(2) 花巻東 Q
6  4:01.65 澤田 大輝(3) 一関学院 Q

長野県高校総体(インターハイ)結果
長野佐久長聖に進学した服部凱杏の名前は1500m予選を棄権していました。
4月後半の兵庫リレーカーニバルの3000mで、2年、3年に混ざって1年ながら4位の成績で走って調子よさそうだったのですが残念です。

男子1500m
1  4:08.24 松崎 健悟(3) 東海大諏訪
2  4:08.33 富田 陸空(1) 佐久長聖
3  4:09.14 清水 拓斗(3) 長野日大
4  4:10.88 髙橋 勇輝(3) 長野日大
5  4:11.39 児玉 拓矢(3) 諏訪二葉
6  4:12.19 鈴木 芽吹(1) 佐久長聖

男子5000m
1  14:33.80 中谷 雄飛(3) 佐久長聖
2  14:39.93 本間 敬大(3) 佐久長聖
3  14:41.36 丸山幸輝(3) 佐久長聖

愛知
1分52秒43の800mの中学生記録を打ち立て鳴り物入りで中京大附中京高に進学したスーパールーキー馬場 勇一郎にとってはほろ苦いデビュー戦となりました。 どこか故障があるのでしょうか?
800m
1 1.56.79 鳥居 風樹 (2) 中京大附中京高
2 1.57.36 宇野 佑亮 (3) 岡崎城西高
3 1.58.31 筒井 航佑 (2) 時習館高
4 1.58.48 大上 颯麻 (2) 豊川高
5 1.58.61 柳本 匡哉 (1) 豊川高
6 1.58.74 馬場 勇一郎 (1) 中京大附中京高

長崎
林田 洋翔は1500m、5000m共に1着でした。さすがですね。

1500m
1  3:58.38 林田 洋翔 (1) 瓊浦

5000m
1 14:59.81 林田 洋翔 (1) 瓊浦
2 15:01.61  花尾 恭輔 (1) 鎮西学院
3 15:02.06 近藤 亮太 (3) 島原
4 15:06.20  扇   育 (2) 松浦
5 15:09.36  林田 快豪 (3) 瓊浦

有力女子のルーキーの中では、千葉・成田高に進学した風間 歩佳が県大会の3000mを1位で走っていました。
中学校の3000mの記録ランキング順で並べると次のようになります。右側が高校1年生での県大会記録です。
全中3000mランキング1位 風間歩佳 千葉・船橋旭中→千葉・成田高(3000m 1位 9:34.58)
全中3000mランキング2位 曽根野乃花 京都・桂中→京都・立命館宇治高(3000m 7位 9:57.68)
全中3000mランキング3位 西原愛華 愛媛・新居浜西中→愛媛・新居浜西高(1500m 3位 4:37.28)
全中3000mランキング4位 山本晏佳吏 岡山・琴浦中→岡山・倉敷高(3000m 5位 9:27.42、1500m 5位 4:29.56)


by zoompac | 2017-06-10 06:20 | スポーツ | Comments(0)

バドミントンの桃田賢斗_復帰戦の日本ランキングサーキット大会で優勝!

f0090954_05020755.jpg違法賭博問題による試合出場停止処分を解除されたバドミントンの桃田賢斗(NTT東日本)が5月31日復帰戦を優勝で飾りました。

さいたま市記念総合体育館で行われた日本ランキングサーキット大会の男子シングルス決勝で日本代表の上田拓馬(日本ユニシス)を2―1で下しました。

どちらが勝ってもおかしくない接戦でした。試合をみながら、ところどころまだ試合勘が戻っていないのかなと思わされたりもしましたが、そこは天性の勝負勘の持ち主なのでしょうね。きっちり結果を出しました。

相手のショットがアウトになったのを見届けると、桃田はゆっくり両手を突き上げ、コートに崩れるように突っ伏しました。1時間半の激闘を制し、勝負所で自ら鼓舞し奮い立たせたのは「つらい時期に支えてくれた方々との思い出」だと語ってくれました。 涙にむせぶ優勝シーンとなりました。

もともと世界ランキング2位まで上った選手です。リオ五輪を目の前にして出場停止処分という地獄をみました。真っ逆さまに落ちるのはあっという間ですが落ちた底から這い上っていくにはまだもう少し時間がかかりそうです。

7月には国際大会に復帰予定です。

日本バドミントン協会の上松芳則選手強化本部長から特例の承認を受け、自費でカナダ・オープンと全米オープンにエントリーしました。

日本代表以外の選手の国際大会自費参加は原則、前年の全日本総合選手権に登録した選手のみ申請できるのだそうです。出場停止処分中だった桃田は昨年の大会に出ていませんが、上松選手強化本部長は「実績と将来性を評価して特別に許可した」と語っていました。

全米オープンは、世界のトップ選手が集うスーパーシリーズ(SS)の一つ下の格付けの大会で、カナダ・オープンはさらに一つ下の大会です。

世界ランキングのポイントがない桃田はまず格下の大会でポイントを稼ぎ、2020年東京五輪に向けて世界ランキングを上げることを目指さなければならないようです。

同日(5月31日)、さいたま市で開かれた日本代表スタッフの会議は、桃田の代表復帰を当面見送ることを決めました。復帰は早くても12月の全日本総合選手権を経て来年1月になる見込みとなりそうです。日本協会の規定で、SSは日本代表の選手しか出場できません。

S Sの大会に参加できて好成績をあげれば世界ランキングのポイントも一気に稼げるはずです。 日本代表スタッフ会議はまだ桃田には試練を与えようということでしょうか? それとも東京五輪に向けてじっくり力をつけて欲しいという親心なのでしょうか?

いずれにせよ、リオ五輪代表が確実視されたなかで試合出場停止処分という厳しい処分を下された桃田賢斗の再生の途はまだまだ続きます。

願わくは今年の暮れの全日本総合選手権で好成績をあげて来年早々代表復帰を果たしS Sクラスの国際大会で活躍する彼の姿を早くみたいです。

by zoompac | 2017-06-09 05:27 | スポーツ | Comments(0)
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC