GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言

カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2017年 11月 22日 ( 1 )

読書「自壊する帝国」佐藤優_博覧強記な佐藤優のソ連崩壊目撃体験談!

f0090954_05400803.jpg「博覧強記」とは佐藤優のことを言いえて妙な言葉だと思います。

1年半に亘って独房入りとなった「国家の罠」の前日譚という位置づけのルポタージュという印象を持ちました。

ソ連は1991年12月に崩壊しました。

佐藤優は1987年にモスクワの日本大使館に着任しました。 そのときの彼の肩書は「在ソビエト社会主義共和国連邦日本国大使館三等理事官」でした。

ソ連崩壊後4年経った1995年に離任したときの官職は「在ロシア連邦日本国大使館二等書記官」に変わっていました。

そのソ連崩壊前後の状況を佐藤優が独自に作りあげた人脈を駆使して書き込んだ人間ドラマとして読むことができます。その人脈形成に役立った武器が彼の修めた神学というところが興味深かったです。付け焼刃的なかじり知識ではなく体系立てて修めた学問の力を知ることができました。

彼の観察力の鋭利さは「国家の罠」で実証されていますが、同じような日記とも思える手法がこの「自壊する帝国」にも使われています。

あくまでも佐藤優の目を通しての話で、同志社大学神学部から何故外務省に入ったのかといういきさつから、ソ連・ロシアで27歳から35歳の8年間の彼の後期青春時代の物語という趣もあります。

大宅壮一ノンフィクション賞・新潮ドキュメント賞を受賞した作品で、国家とは宗教とは民族とは、ユダヤ人問題に遠隔地ナショナリズムそしてバルト三国(エストニアとラトビアはプロテスタント、リトアニアはカトリック)とソ連の歴史等について佐藤氏の解説と分析について考えさせられる事項の多い本でした。

美食家佐藤優の一面も顔を覗かせ、キャビア、イクラ、チョウザメの燻製のオープンサンドウィッチの「ブッテルブロード」、サーモンをのせサワークリームを塗ったパンケーキの前菜「ブリンヌィ」、チョウザメの串焼きの「シャシリック」、ウクライナ風餃子「バレンニキ」、メレンゲケーキ「鳥のミルク」、チョコレート・ケーキ「トルト・ブラガ」等々。

神戸にあるプリントかチョコレート菓子で有名な「モロゾフ」も帝政ロシア時代のモロゾフ財閥の一族の1人が日本に渡って(亡命し)お菓子屋を作ったこと、それを佐藤氏が日本の食文化にロシアが入っている例としてそのチョコレート菓子をロシア人への土産にしていたエピソードも興味深く読みました。食に絡む話は外交の世界でもビジネスの世界でも異国間交流の効果的な小道具になります。

少数民族(先住民族)について語っている個所では、東ドイツのエルベ川沿岸に住むスラブ系民族のソルブ人の話が印象に残っています。急速にドイツ人に同化しているようですが、ギュンター・グラスの小説で映画化もされた「ブリキの太鼓」の舞台とされるのがソルブ人居住地区だったそうです。

体の成長ががブリキの太鼓を与えられた3歳児で止まり精神年齢が大人の精神病院の住人オスカルの回想録で、彼の眼を通し、ナチ党政権前後におけるダンツィヒ自由市の小市民的心性、戦前・戦中・戦後の遍歴などが描かれているようですが、このダンツィヒ自由市のモデルがソルブ人居住地区なのだと思います。

この「自壊する帝国」は私が思い描いていた内容とは違い、あくまでも佐藤優氏の体験談でした。 佐藤氏はあとがきで、ソ連崩壊についてのもっとアカデミックな内容の本を求めている人には「国家の崩壊」という共同出筆の本がお勧めだと言っていました。

by zoompac | 2017-11-22 05:40 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC