GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言


映画、読書、ワイン、旅、駅伝、柔道、スポーツ観戦、趣味の世界
by zoompac

カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2017年 09月 04日 ( 1 )

映画 「おしゃれ泥棒」_衣装も車も会話もおしゃれ満載なパリを舞台のラブコメサスペンス!

f0090954_05422888.jpg午前十時の映画祭8@TOHOシネマズ日本橋で観ました。 8日金曜日まで同劇場で観ることができます。

オードリー・ヘップバーンと言えば、都会で光り輝く作品が多いですね。ローマの「ローマの休日」、ニューヨークの「ティファニーで朝食を」そしてロンドンの「マイ・フェア・レディ」等がそうです。

そういう観点からすれば、パリはこの「おしゃれ泥棒」でしょう。

と、私は思っているのですが、実は、パリを舞台にした、オードリーの映画作品は調べたところたくさんありました。「昼下がりの情事(’57)」、「パリの恋人(’57)」、「シャレード(’64)」、パリで一緒に(’64)」等です。

「おしゃれ泥棒で」の冒頭から目を引くのは、乗馬帽のような白の帽子に白のサングラスに白ずくめの衣装です。白ずくめの魅力的な彼女が乗りこなすのは真っ赤なミニ車です。イタリア製のアウトビアンキですね。(写真)

映画「グラン・ブルー」でジャン・レノ扮するエンゾがボロボロの泥だらけのこの車アウトビアンキを乗り回していましたが、乗る人が違うとここまで雰囲気が違うのですね。 オードリーが乗るともうそれだけでファッションです。f0090954_05431291.jpg

ちなみに、ピーター・オトゥール扮するシモン・デルモットが乗り回していたクリーム色の車は、ジャガーE Typeです。シモンが手に怪我をしたため、オードリー扮するニコルが運転することになったのですが、この車が乱暴なニコルの運転に反応しじゃじゃ馬ぶりの走行を繰り返していました。主人の乱暴な運転ぶりに素直に反応した野生の馬ってイメージのジャガーETypeでしたが、敏感な反応は他に理由があったのかもしれません。 運転するニコルはこのときネグリジェ姿でした。

この映画でも彼女の衣装はジヴァンシィが手がけていましたが、ファッションと言えば、映画の半ばあたりで出てくる昼下がりのホテル”リッツ”のバーだと思うのですが、シモンと待合せをしていたときのニコルの衣装もなかなか印象的でした。

f0090954_05444416.jpg実は、この時彼女はよからぬ相談をシモンに持ち掛けようとしていたのです。その後ろめたい気持ちを隠すかのように彼女はせいぜい地味な格好をして目立たないことを心掛けたつもりだったのでしょう。顔と腕を黒のヴェールで覆い全身黒を基調としたドレス姿に片方だけ白い手袋といういでたちだったのです。本人の意識とは逆に羨望の眼差しの集中砲火を浴びるほどの際立った美しさでした。大人の色香を解き放っての黒ずくめファッションもなかなか印象的でした。

このときのピーターの表情のおかしさったらありません。彼女との待ち合わせだから、当然探します。すまし顔のニコルの顔を2度見ても気づかないのです。3度目にそれとわかったときのピーターの驚愕の表情にこちら(観客の1人)まで心臓がバクバクしてしまいました。彼はこのときニコルとの恋の深淵に真っ逆さまに墜ちていったに違いありません。

1966年のこの映画の12年前に、オードリーを「ローマの休日」で世界的なスターにしたウィリアム・ワイラー監督が、またオードリーの妖精のような魅力に大人の色香(脚線美を強調する場面も多くありました)を上手くブレンドしたコメディ+ロマン+サスペンス映画を世に出してくれました。37歳のオードリーが輝いていました。

ピーター・オトゥールは、「アラビアのロレンス」の影響が大きすぎてシリアスな印象が強いのですが、この映画では軽妙な演技でGood Looking Man(美男)ぶりを披露しています。オードリーとピーターの息もぴったり合っていました。

ヴィーナス像を見事盗み出した後に「私、泥棒したの初めてよ」と言ったオードリーに対して、「僕もだよ」というピーターのおとぼけ表情が最高でしたね。 破顔一笑でした。

by zoompac | 2017-09-04 05:45 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC