GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言

カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2017年 08月 28日 ( 1 )

映画 「ラストエンペラー」_浅田次郎著作の「天子蒙塵」を興味深く読むためにうってつけの映画!

f0090954_06065660.jpg「ラストエンペラー」(The Last Emperor)は、1987年公開のイタリア、中華人民共和国、イギリス合作による、清朝最後の皇帝で後に満州国皇帝となった愛新覚羅溥儀の生涯を描いた歴史映画です。

この映画の歴史的背景を軽く振り返っておきます。

朝鮮の支配を巡り1894年に日清戦争が起きますが、この戦争に負けたこと、その後義和団という排外運動が鎮圧され、日・露等八か国の連合軍により首都北京が1901年に列強の手に落ちることによって、清王朝の半植民地化が決定づけられます。

そんな中、民族資本家の孫文が外国で成功していた民族資本の華僑に呼びかけその勢力を結集、1905年に東京で中国同盟会を立ち上げ、民族独立、民権伸長、民生安定の三民主義を揚げ、近代化をを主張します。

清朝、最後の皇帝愛新覚羅溥儀は、その1年後の1906年に、3歳で清朝第12代皇帝にして最後の皇帝となるのです。 孫文の民族資本の革命運動が全国に拡大し、武装蜂起に繋がった辛亥革命の起きた1912年、宣統帝溥儀が退位し清朝が滅亡するのです。

映画では、しかし溥儀は紫禁城の外のことは何も教えられず、彼が紫禁城から追放されるのは1924年なのです。

ピーター・オトゥール演じる英国人(厳密にはスコットランド人)レジナルド・ジョンストンが溥儀の家庭教師となるのは1919年ですし、溥儀が正妻、第二夫人と結婚するのは1922年です。 そのときの溥儀は紫禁城の主でしたが、もはや中国国家の主ではありませんでした。

今、浅田次郎の「天子蒙塵」を読んでいます。というか、浅田次郎の「天子蒙塵」を興味深く読むために、この映画 「ラストエンペラー」を観たというのが実のところです。

一巻では、ラストエンペラー溥儀の離婚劇が離別する側妃・文繍の視点から描かれています。映画ではよくわからなかった宮中でのしきたりや人間関係がよくわかります。

映画では、結婚したばかりの溥儀が正妻と布団の中でいちゃいちゃしていたところに側室の文繍がまるでお遊びのような感じで私も仲間に入れてと布団にもぐり込んでいわゆる3Pのシーンが印象的でしたが、「天子蒙塵」では、正室、側室の家柄のことや、正室と側室の分岐となった要因等がまことに興味深く語られています。

まだ三分の一しか読んでいないのですが、映画で一通りの展開は頭に入っているので、これからの展開が楽しみです。

映画では坂本龍一の演じた片腕の甘粕正彦大尉や川島芳子(清朝の皇族・第10代粛親王善耆の第十四王女。川島家の養女となり、諜報活動に従事した事で有名です。映画では甘粕の愛人のようにも捉えられていました。)が強烈なカリスマ性を発揮していたことも大変印象に残りました。満州国は日本軍の傀儡政権だったってことですね。「天子蒙塵」の二巻では、その謀略に石原莞爾や後の総理大臣吉田茂ら日本人が絡んでくるようです。

東亜という日(日本)、満(満州)、支(支那)を核にして、南方の国々も満州化(日本の傀儡、植民地化)しようとした大東亜共栄圏構築に向けて、大東亜戦争の足音が迫ってくる中、この物語の展開から目が離せなくなってきそうです。

ちなみに、「天子蒙塵」とは、天子が塵をかぶって逃げ出すことです。 紫禁城脱出のときのイメージでしょうか。

by zoompac | 2017-08-28 06:08 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC