GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言

カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2017年 06月 20日 ( 1 )

読書 「月の満ち欠け」佐藤正午_直木賞ノミネートされてもいい作品だと思うのだけど・・・

f0090954_05553211.jpg佐藤正午といえば、宝くじにあたってしまったことから運命が大きく狂いだす女の物語を書いた「身の上話」が面白かったです。2009年9月12日に感想分をブログにアップしています。http://zoompac.exblog.jp/11917149/
後の2013年に戸田恵梨香主演の「書店員ミチルの身の上話」ってタイトルのNHKドラマになりました。

その著者が5年ぶりに出した「鳩の撃退法」って作品で選考委員の筒井康隆等に激賞され山田風太郎賞を受賞していました。

読もう読もうと思いながら、上下二巻というプレッシャーから積読の月日が経ち、2017年4月に本屋でこの手頃な厚さの一冊本を見つけて喜び勇んで読み始めました。

やはり面白い、引き込まれていきました。

この小説の目次をみると、13章の物語が、5編に分類されていて、その5編は、午前11時から午後1時までの2時間の間に組み込まれています。

この小説の大きな時間軸は、小山内堅(つよし)という初老の男が東京駅のホテルの2階にあるカフェで一組の母娘と対面している午前11時から午後1時過ぎまでの2時間余りなのです。

小山内は八戸から上京してきたのですが、有名な女優の母親ではなく彼女の7歳の娘「るり」に会うためでした。

小山内の娘「瑠璃」は15年前、18歳のとき交通事故で亡くなっており、この7歳の「るり」はその「瑠璃」の生まれ変わりだと言うのです。

何かの書評でこの小説は人形の中から人形が出てくるマトリョーシカのようだって表現が使われていたと記憶しているのですが、東京駅のカフェにいる女優緑坂ゆいの7歳の娘の「るり」、そして15年前18歳で亡くなった小山内の娘の「瑠璃」、さらに小山内瑠璃の前世の正木瑠璃の人生にも触れていくのです。

三角(みすみ)という当時学生の恋人だった20歳台後半(29歳?)の人妻正木瑠璃が死んだ年に小山内瑠璃が生まれ、小山内瑠璃が死んだ年に希美という名の娘が産まれています。希美は本来「瑠璃」という名を持つはずでした。そして正木瑠璃の夫はその希美の両親の経営する会社というか店で働いていたのです。おそらく、「るり」は希美の生まれ変わりでしょうね。

事の始まりはこの三角と人妻正木瑠璃の恋物語からです。この恋の記憶が生まれ変わった瑠璃に引き継がれていくのです。

三角の恋人の瑠璃は、三角にかつてこう語っています。「神は、最初の男女に、種子を残して樹木のように死んでいく道と月の満ち欠けのように死んでも何回も生まれ変わる道を与えた」と。 そして彼女は「月のように死ぬ」という言葉を残して電車に撥ねられて亡くなるのです。

これ以上話すと完全にネタバレになってしまうし記憶もやや曖昧なので、ここらで止めておきますが、希美を含めて4人の瑠璃に纏わる不思議な物語に二組の恋物語が仕組まれています。(ここまででもずいぶんなネタバレになっています。平にご容赦!)

次から次へ瑠璃が出てきますが、「瑠璃も玻璃も照らせば光る」という言葉に導かれた瑠璃の恋物語だけに気を取られていると主人公小山内同様足を掬われてしまいますよ。小山内は気づきましたけどね。

希代の大嘘つき作者の詐術にまんまと騙されて楽しい読書タイムをお過ごしください。いくつもの人生を俯瞰(ふかん)して、語る時間と視点を変えてモザイク状に物語が巧緻に綴(つづ)られています。

伏線が多くてフラッシュバックの時間も人間関係も複雑ですが、大雑把に読んでも、素敵な二つ恋物語が浮き出てきます。楽しめます。一粒で二度おいしいってやつですね。

それにしても、小学校に今年入学した孫娘が、突然、前世の記憶を蘇らせ、黛ジュンの「夕月」とかはもったらどうしましょう。

まだ直木賞にノミネートもされていないうちから予想するのも変ですが、この作品はノミネートされると思いますし、ノミネートされたら受賞の可能性も高いと思います。完成度の高い小説です。

と思って、「直木賞のすべて」って非公式直木賞応援HPを開けてみましたが、一般読者が直木賞を予想する作家・作品リストの中に佐藤正午の「月の満ち欠け」は無かったですね。何かの間違いであればいいのですが。

一両日中に直木賞ノミネート作品が発表されると思います。 今、伊東潤の「城をひとつ」を読んでいますが、伊東潤氏にもそろそろ「直木賞をひとつ」となって欲しいです。

追伸

今朝、「直木賞のすべて」に直木賞候補が発表されていました。 伊藤潤氏の作品はノミネートされていませんでしたが、佐藤正午氏の「月の満ち欠け」はノミネート作品の中に入っていましたね。本命だと思いますよ。



by zoompac | 2017-06-20 05:56 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC