GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言

カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
村尾選手の居た灘中は姫路..
by yy at 13:17
お読みになってなかったの..
by machi at 19:34
コメント、ありがとうござ..
by zoompac at 08:00
南陽からの移籍組は渡邊、..
by 田中 at 12:45
どういたしまして! ブ..
by zoompac at 09:58
情報ありがとう
by 駅伝ファン at 00:51
tarukosatoko..
by zoompac at 06:43
この本、読みましたよ。い..
by tarukosatoko at 08:27
遅ればせながら、新年おめ..
by desire_san at 12:11
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 19:18
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2017年 05月 15日 ( 1 )

潜入捜査官映画_私が観た傑作5作品

f0090954_06342648.jpg潜入捜査官という存在そのものがドキドキで、このテーマを扱った映画作品はたくさんあります。 これまで、私が観た映画から5作品を選んでみました。

①インファナル・アフェア
私の観た中では、香港映画のインファナル・アフェアがベストですね。若き日のトニー・レオンとアンディ・ラウがとにかく恰好いいし、話の展開がまさに仁義なき戦いで度肝を抜かれます。インファナルとは「地獄の」という意味で、アフェアは「出来事」ですが、香港映画での表題は「無限道」になっていました。「無間地獄」ってやつですね。ちなみにシリーズ2作目は「無間序曲」、三作目が「終極無限」になっていました。第三作目には、中国の大物俳優チェン・ダオミンまで登場して、またまたとんでもない仕掛けが用意されていました。

猥雑な香港の街のにおい、もっと言えば なまあたたかい血のにおいを感じさせられる一方で仏教感の漂う映画でした。香港、中国にまたがる黒社会の描き方もその駆け引きの心理描写も見事で、まさに タイトルの 「無限地獄」がぴったりくる映画です。

登場人物のほとんどが死に絶えたシリーズ3作目を観てはじめてホントの「地獄」の意味を実感するという仕掛けにも感心しました。

ちなみに、無間地獄とは大悪を犯した者が、死後絶えることのない極限の苦しみを受ける地獄のことで、仏教で説かれている八大地獄の八番目にある最も恐ろしいとされる地獄のことです。

②ディパーテッド
ディパーテッドは、死んでしまった人という意味で、潜入捜査官としてそのボスが亡くなったりしたら誰もその人が警官だったなんてわからないという、まるでインファナル・アフェアのトニーレオンの役を暗示するような題名ですね。
①のリメイク作品に関わらず、アカデミー作品賞を獲得してしまったという作品です。それだけオリジナルが優れていたということにもなりますが、本作は登場人物などに変更を加え、よりアメリカナイズされたダイナミックな作品になっています。そうそうたるキャスト(監督・製作はマーティン・スコセッシ。出演はレオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、ジャック・ニコルソン、マーク・ウォルバーグ。)が集結し、雰囲気も華やか。良くも悪くもアメリカ的な映画に変身しています。「男は死ぬまで正体を明かせない」というキャッチコピーが「デパーテッド」の意味をよく表しています。
マサチューセッツ州ボストン南部を舞台に、警察に潜入したアイルランド系ギャング組織への内通者の男とアイルランド系ギャング組織に潜入した警察官の数奇な運命を描いたサスペンス映画でした。

③フェイク
ジョニー・デップ演じるFBI捜査官が偽名を使ってマフィアの中に入って捜査をする映画です。サスペンスというよりは、男と男のせつない友情ドラマという趣きの強く、最後までその警官を仲間と信じつづけたマフィア役のアル・パチーノがお人好し過ぎて逆になんともやるせなさを感じる映画でした。
ちなみに、1997年に制作されたこのアメリカ映画は、マフィアのボナンノ一家に「ドニー・ブラスコ」の変名で6年間潜入し、彼らの大量摘発に貢献した連邦捜査局(FBI)の特別捜査官、ジョー・ピストーネ(英語版)の実録手記「Donnie Brasco: My Undercover Life in the Mafia」に基づいたものです。この潜入捜査が発覚後、しばらくマフィアから懸賞を懸けられ、潜伏を余儀なくされた実話であったことが印象に残った映画でした。

④フェイスオフ
去年のTVドラマですが、栗山千明主演で『コピーフェイス〜消された私〜』(コピーフェイス〜けされたわたし〜)というTVドラマがNHKで放映していました。こちらは、女性記者が飛行機事故か何かで誤って亡くなった他人の顔に整形手術で変えられる話です。その顔が、たまたま彼女が取材していた有名な整形病院の社長夫人の顔だったので、その顔のまま夫人に成りきり潜入調査をするという筋立てでした。

映画「フェイスオフ」は、息子殺しのテロリスト(ニコラス・ケイジ)の行方を執念深く追っていたFBI捜査官(ジョン・トラヴォルタ)が、やがて彼が弟とともに空港から逃亡を図るとの情報を掴み、罠を張って激戦の末逮捕するところから話が始まります。ついに宿敵を逮捕したのですが、テロリストは意識不明状態となっています。そんな最中そのテロリストがロサンゼルスに細菌爆弾を仕掛けていたことが判明しました。情報のカギはテロリストの弟ですが、彼は話をはぐらかし、爆弾の在り処を聞き出すことができません。苦慮した末FBI捜査官はテロリストの顔を自分に移植してなりすまし、弟が収監されている刑務所に入獄して兄として情報を聞き出すことを決意します。しかしそこに腰を抜かす程びっくりの大どんでん返しが起きます。ネタバレ容赦!なんとテロリストがFBI捜査官の顔で現れるのです。しかも、彼は自分で仕掛けた爆弾をFBI捜査官に成りきって自ら解除し英雄となっていました。

刑務所を出ることもできず、自分の顔や地位、家族までも奪われたFBI捜査官は、自分に成りすましたテロリストに復讐をはたすべく脱獄し戦いを挑むことになります。これって死んでしまって存在しないのと同じという意味で究極のデパーテッド状況ではないでしょうか? 4番目にランクしましたが、この映画、結構いけていました。

⑤北北西に進路をとれ
アルフレッド・ヒッチコック監督の映画で、その後の映画007シリーズに影響を与えた作品です。 オトリ捜査のため架空にでっち上げられたスパイと間違われてギャングから狙われた男(ケーリー・グラント)が、そのギャングの中に政府機関から潜入捜査官として送り込まれた女性(エヴァ・マリー・セイント)と協力してギャングに立ち向かう話でした。彼女は、ギャングの持つあるものを盗み出すため潜入していたのですが、ギャングから疑われはじめていたのです。その架空のスパイを登場させてギャングを攪乱しようと思っていたのですが、そのスパイと間違われた男の出現にまさにギャングは攪乱させられて、無事その勘違いされた男と女潜入捜査官とで目的達成一件落着という映画でした。
歴代大統領の顔が岩に刻まれた巨大なモニュメントのある岩場でギャングとの修羅場を無事切り抜けた後、画面が切り替わって、寝台車のベッドの上でその男と女潜入捜査官が抱き合うシーンでチャンチャンと幕になる最後がとても印象に残った映画でした。


by zoompac | 2017-05-15 06:35 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC