GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言

カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
お読みになってなかったの..
by machi at 19:34
コメント、ありがとうござ..
by zoompac at 08:00
南陽からの移籍組は渡邊、..
by 田中 at 12:45
どういたしまして! ブ..
by zoompac at 09:58
情報ありがとう
by 駅伝ファン at 00:51
tarukosatoko..
by zoompac at 06:43
この本、読みましたよ。い..
by tarukosatoko at 08:27
遅ればせながら、新年おめ..
by desire_san at 12:11
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 19:18
宇和島をチェックしていて..
by シギー at 00:26
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2017年 04月 15日 ( 1 )

中途半端映画_「ゴースト・イン・ザ・シェル」

f0090954_07034103.jpgこの手のごちゃごちゃ漫画が苦手で読んだことはありませんが、原作は士郎正宗のコミックを押井守監督が映画化したSFアニメの傑作「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」で、映画「マトリックス」にも多大な影響を与えたモノらしいです。

原作を知らないので頓珍漢なコメントかもしれませんが、この映画は一貫性に欠けた印象が強かったです。上半身を大きく後ろに仰け反らせながら「ちゅ〜〜と(中途)半端やなぁ〜!!」とツッコミを連発したくなる映画でした。

他の登場人物は、桃井かおりも含めて英語を話しているのに、何故ビートたけしだけが日本語でしゃべって英語字幕なんだぁ?

映画観ている英語勉強中の青少年のやる気を削ぐんじゃねえっうの! 役者として出演受けたんだったら英語くらい、猛特訓でしゃべれよ! 「馬鹿野郎、このやろう!」と威勢のいい罵声がトレードマークのタケシにしては情けない役の日本語セリフでした。相手が英語でしゃべっているもんだから、間のとり方がマヌケで早口で独り言をしゃべっている感じ、ホンマに情けないったら、「なんだぁ、このやろ~‼」

スカジョがサイボーグと人間のハイブリッドで秘密作戦部隊公安9課の「少佐」という設定でした。その裸モドキのボディスーツもどうにかなりませんかねぇ。戦闘モードでは裸になるのに、日常でタンクトップや下着を着ける意味がよくわかりませんでした。どうせ義体なんだったらすっぽんぽんにバタフライだけで統一したほうが潔かったんじゃないかなぁ? 上半身を大きく後ろに仰け反らせながら、再び、「ちゅ〜〜と(中途)半端やなぁ〜!!」f0090954_07041856.jpg

ゴースト・イン・ザ・シェルのゴーストは「魂」とか「心」という意味で使われていたのですが、体が義体化されて、意思決定も電脳化という世界で、人間性の象徴ともいえる魂とか心がゴーストと呼ばれるような世界にはなって欲しくないですね。

「電脳」「人工知能」のソフト面、「義体」「ロボット」のハード面、さらに「サイバー空間」などの都市・環境面で、高度な技術が育っているのですが、それを運用するのはときに感情などによって合理性を失う「心」であるというこの手のテーマは、「ロボコップ」等でもやっていたテーマですね。古くは、「鉄腕アトム」でも。

映像は、都市空間が摩訶不思議な雰囲気を醸し出していました。蜘蛛足芸者ロボットも「フジヤマ・ゲイシャ」的で悪趣味満載でした。タランチーノ監督の「キルビル」の変な和式接待の場面の焼回しにみえました。

スカジョに釣られて観た、私にとっての期待外れ三部作(何の期待じゃ?)の1つが誕生しました。1に「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」(全裸のスカジョの下半身が明らかに別人合成にみえる!・・・みえるじゃなくて合成なんだろうけど、いずれにせよ画面が暗すぎぼやけ過ぎで期待外れ!)、2に中途半端な「LUCY/ルーシー」、そして3にこの「たけし」の浮いた日本語セリフにがっかりの「ゴースト・イン・ザ・シェル」です。


by zoompac | 2017-04-15 07:14 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC