GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言

カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
お読みになってなかったの..
by machi at 19:34
コメント、ありがとうござ..
by zoompac at 08:00
南陽からの移籍組は渡邊、..
by 田中 at 12:45
どういたしまして! ブ..
by zoompac at 09:58
情報ありがとう
by 駅伝ファン at 00:51
tarukosatoko..
by zoompac at 06:43
この本、読みましたよ。い..
by tarukosatoko at 08:27
遅ればせながら、新年おめ..
by desire_san at 12:11
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 19:18
宇和島をチェックしていて..
by シギー at 00:26
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2017年 04月 11日 ( 1 )

含蓄深い映画_サラエヴォの銃声」

f0090954_07525947.jpg新宿のシネマカリテで観ました。

観終わったときは、消化不良を感じた映画でしたが、その後サラエヴォ事件の背景などを学んだ後この映画の構成の妙が理解できました。含蓄のある映画でした。

第1次世界大戦の引き金と言われるサラエヴォ事件の簡単な説明から入りましょう。

サラエヴォ事件とは、 1914年6月28日にオーストリア=ハンガリー帝国の皇帝・国王の継承者フランツ・フェルディナントとその妻ゾフィーが、ボスニア州都サラエヴォ(当時オーストリア領、現ボスニア・ヘルツェゴヴィナ領)の病院を訪問する途中で、ボスニア出身のボスニア系セルビア人(ボスニア語版)の19歳の青年ガヴリロ・プリンツィプによって暗殺された事件です。

この事件がきっかけとなって、事件から1ヶ月後、オーストリア=ハンガリーがセルビアに宣戦布告し、 第一次世界大戦が勃発しました。

トルコの支配権が失われたバルカン半島内での領有権を巡って南部のブルガリア対セルヴィアが対立し、ボスニア・ヘルツェゴヴィナを併合しバルカン半島進出に意欲満々のオーストリアがブルガリを擁護し、それに対抗してロシアがセルヴィアを支持しました。 このヨーロッパの火薬庫バルカン半島を巡っての対立構図が、オーストリア=ハンガリー、ドイツ、イタリアの三国同盟とロシア、イギリス、フランスの三国協商との戦いと拡大されたのが第一次世界大戦です。

ボスニア・ヘルツェゴヴィナでは、現在もガヴリロ・プリンツィプをテロリストとみなす意見と、英雄とみなす意見に分かれているそうです。

ボスニア・ヘルツェゴヴィナは1878年のベルリン会議でオーストリアが占領し、その後1908年には正式にオーストリア領に併合されていました。多くのボスニア住民、特にボスニアのセルビア人住民はこれに反発し、セルビアや他の南スラヴ諸国への統合を望んでいたのです。

オーストリア当局はセルヴィアにとって重要な祝日である聖ヴィトゥスの日(Vidovdan)にあたる6月28日をフェルディナント大公のサラエヴォ訪問の当日に設定しました。この日はまた、1389年にセルビアがオスマン帝国に敗北を喫したコソボの戦いの行われた日でもあったため、皇太子夫妻の訪問はセルビア人の神経を逆撫でする結果ともなったようです。

映画は、サラエヴォにある老舗ホテル「ホテル・ヨーロッパ」を舞台に、サラエヴォ事件の100周年記念式典の準備にいそしむ支配人、従業員、VIP、警備員、ジャーナリスト等の群像劇でした。

経営難に陥っているためホテルの支配人は銀行との交渉に余念がなく、給料の支払いが滞っているため従業員はストを予定し、仕事熱心な美しい受付主任はリネン室で働く自分の母親がストの首謀者に祭り上げられたことで頭を痛め、記念式典を前にストを心配した支配人はヤクザを使ってスト破りを画策し、一方で、女性ジャーナリストは100年前の暗殺者と同姓同名の青年と論争をはじめ、次第に混沌を深めるホテルで一発の銃声が鳴り響くといった筋書きでした。

その銃声は、100年前の混沌と対立を深めるバルカン半島の火薬庫が爆発しヨーロッパ全域を戦争に巻き込んだあのサラエヴォの銃声を彷彿させるものでした。

テロが頻発し民族同士の争いが絶えない、現代の世界の縮図は、サラエヴォ事件からなんの進展も学習もなかったのだということを、経営難に陥ったヨーロッパを老舗ヨーロッパホテルに見立てて強烈な皮肉を交えながら、観客に突き付けているような含蓄のある映画でした。


by zoompac | 2017-04-11 07:56 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC