GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言


映画、読書、ワイン、旅、駅伝、柔道、スポーツ観戦、趣味の世界
by zoompac

カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

映画 「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」_世代交代を感じた映画

f0090954_06503383.jpg孫君・孫嬢が夏休みのお泊りにやってきました。 いつもは通勤時間となるやや混みこみの電車に乗って、109シネマズ木場に行ってまいりました。

1本目は、孫嬢のリクエストのアニメ「メアリと魔女の花」、続いて2本目が孫君のリクエストのこの「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」でした。

小5の孫君は気合が入っていました。夏休みのこの映画鑑賞に備えて、学校の図書館で「パイレーツ・オブ・カリビアン」を2巻ほど借りて読んだそうです。 映画のシーン等の挿絵もあったそうで、実際の映画で確認ができたことを喜んでいました。

ただ、主人公のジャック・スパロウは読書で思い描いていたイメージと違って「あまり格好良くなかった」そうです。

今回帰ってきたジョニー・デップ演じる金歯がぎらりのジャック・スパロウもまた一段とおふざけの度合いを増していましたね。

最初は怖そうだからと観ることを躊躇していた小1の孫嬢は、このおふざけジャックがいたく気に入ったようで、「全然、怖くなかったよ~!」だそうです。むしろ、「メアリと魔女の花」で動物等が魔法で姿・形を変えられるシーン等があって、そちらのほうが怖かったと言っていました。

私は、呪われた海の死神サラザールが怖かったです。 というか、彼の登場したシーンは孫嬢がビビりはしないかと心配で、余計恐怖を覚えました。

半分、骨と皮だけになったサメ3匹が、ジャック達が乗ったボートを襲うシーンも結構迫力がありました。

「王様のブランチ」の映画コーナーでも取り上げられていましたが、あのシーンで海にダイビングし岸まで泳ぐ演技のカヤ・スコデラリオは、ハードな役柄のため骨折した肩をコルセットで固めていたそうですが、そのせいで?露出が少なかっただけで演技に不自然さはありませんでした。

こういう映画を孫君・孫嬢と観ると映画に登場するキャラクターの世代間の差にも敏感になりますね。

キレのよいアクションや花のある見せ場は若いもんに任せ、ジャック(ジョニー・ディップ)、バルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)、サラザール(ハビエル・バルデム)のオジサン達は権謀術数に励んでいるようにみえました。

ウィル・タナー(オーランド・ブルーム)とエリザベス・スワン(キーラ・ナイトレイ)の息子ヘンリー・タナー(ブレントン・スウェイツ)とカリーナ・スミス(カヤ・スコデラリオ)の新しい世代の物語の始まりのようにも見えました。

私は、エンドロールを最後まで観ずに立ち上がったのですが、次回予告かと思わせる映像が映し出されたそうです。 これからこの映画を観られる方はお見落としなく!

それにしても、ウィル・タナーとエリザベスの息子のヘンリー・タナーが活躍する映画を孫嬢、孫君観るとさすがに世代交代を感じますね。 世代交代の感が強かった映画出演のキャラクター達ということだけでなく、映画観戦者の立場からも。


by zoompac | 2017-08-11 06:50 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)
<< 村尾三四郎、三冠となった団体優... 読書「翔ぶが如く 1巻」司馬遼... >>
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC