GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言


映画、読書、ワイン、旅、駅伝、柔道、スポーツ観戦、趣味の世界
by zoompac

カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

落語の「米朝一門会」と緊張の「米朝関係」

f0090954_07044350.jpg米朝一門会@紀伊国屋ホール(新宿三丁目)に行ってきました。

桂ざこば(演目は一門笛)、桂南光(鹿政談)に米朝さんの息子さんの桂米團治(蛸芝居)の噺を楽しみました。 若手では、桂りょうば(桂枝雀の長男、演目は強情灸)と桂雀太(2016年のNHK新人大賞受賞者で受賞演目の代書)が出演していました。

雀太の「代書」と米團治の「蛸芝居」がよかったです。

雀太の「代書」のマクラで、NHKドラマの「ツバキ文具店」(鎌倉在住の代書屋の物語で、主人公ポッポちゃんを多部未華子が演じています)に触れてくれたことも嬉しかったですね。今、小川糸の原作を読んでいましたので。

観客の中に、近藤正臣の姿もありました。

落語は、究極の「緊張の緩和」たる「笑い」を誘うものですが、笑いをふりまく「米朝一門」とは対極の緊張を強いる「米朝」の太文字が最近の新聞で目につきます。

落語の「米朝」は腹を抱えて笑ってすむのですが、新聞を賑わす「米朝」はキナ臭いですね。

20日木曜日の日経の朝刊に掲載された英Financial Timesのコメンテーターの翻訳記事「米朝首脳 誤算のリスク」を興味深く読みました。

1950年の朝鮮戦争勃発は、米国の政府高官の不用意な発言とその発言を鵜呑みにして行動を起こした北朝鮮政府の状況判断ミスがきっかけになったと分析していました。 そして、今再び朝鮮半島(今度は日本も含む?)は朝鮮戦争の二の舞となりかねない紛争突入の危険が高い状況であると警鐘を鳴らしていました。

当時のアチソン国務長官が1950年1月に行った記者クラブの講演会で、彼はアジアにおける米国の「防衛線(アチソン・ライン)」に言及し、無頓着にも朝鮮半島はその防衛線の外にあると示唆したのです。

北朝鮮の当時の指導者だった金日成氏は、この発言から米国は明らかに韓国を防衛しない方針だと読み取り、それから5カ月後の6月に北朝鮮の大軍が北緯38度線を越え韓国侵攻という行動を起こしたのです。

しかし、米国は参戦しました。結果的には、金氏は大きく読み違えをしたということになります。

この朝鮮戦争で、少なくとも何十万人もの命が失われ、後に米軍と中国軍が直接衝突する事態にまで発展しました。

しかも、この戦争は公式には未だに終結していません。今日に至るまで正式な平和協定が結ばれないまま、朝鮮半島の和平は停戦協定のもとで保たれているにすぎないのです。

祖父の軍国主義と孤立主義、偏執的な面を受け継いでいると言われる孫である現在の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)委員長が、祖父と同様、予想外の動きに出る危険があることを否定できません。

北朝鮮はまだ、米西海岸を射程に入れた核弾頭搭載ミサイルの開発を終えていませんが、韓国や日本に核弾頭を落とせるミサイルは保有しているようです。加えて、北朝鮮国境から35マイルほど(約56キロ)しか離れていない韓国の首都ソウルは、通常兵器による集中砲火を浴びれば壊滅する危険が高いですし、対韓国のみならず日本に対しても北朝鮮が化学兵器を使用する可能性があることも否定できません。

トランプ氏は、中国に対して貿易不均衡のカードを引っ込めるアメで、中国をして同国のいわば属国である北朝鮮に「核開発を諦めさせる」選択をしました。その背後で、習近平訪米中にシリア攻撃を仕掛け、北朝鮮への攻撃も辞さない構えをとっています。演習と銘打って、「極めて強力な艦隊」を、朝鮮半島に送りこむなど一触即発の構えです。

しかし、あまり脅しが効きすぎると、トランプ政権の強気が裏目に出て、金正恩政権が先制攻撃に打って出るかもしれませんし、トランプ大統領も意外性の人ですから「断固たる行動」と銘打って先制攻撃を選択する可能性があります。

金正恩政権とトランプ政権の心理的なチキンレース(我慢比べ)に耐えきれなくなったどちらかが行動を起こして、韓国と日本が巻き込まれて修羅場となるというシナリオだけはなんとか避けて欲しいですね。

国際問題としての「米朝」関係の緊張が増す中で、束の間の「緊張の緩和」の笑いの渦に巻き込まれた「米朝一門会」でした。

by zoompac | 2017-04-22 07:05 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)
<< 小説 「八朔の雪_みおつくし料... 映画 「ライオン」_25年目の... >>
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC