GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言


映画、読書、ワイン、旅、駅伝、柔道、スポーツ観戦、趣味の世界
by zoompac

カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

読書 「海の都の物語 4 ヴェネツイア共和国の一千年」 塩野七生

f0090954_07463824.jpgまことに結構な読物でした。

2部構成になっていました。

前半は、「宿敵トルコ」

日本では、1336年に室町幕府が樹立し、その後100年以上が経った1467年~1477年に応仁の乱が起きます。その後は、下剋上が繰り返され、戦国の世の中となります。新興勢力織田信長が由緒ある旧勢力の今川義元の首を桶狭間で打ち取ったのは1560年でした。

小アジアの内奥にトルコのオスマン王朝が誕生したのが1300年頃です。当時、東のモンゴル帝国と西のビザンチン帝国(東ローマ帝国)にはさまれたこのトルコの王朝が大帝国になることを予想した人はほとんどいなかったでしょう。

黒海からエーゲ海に抜ける内海のような場所をマルモラ海といいます。黒海側の狭くなった海峡をボスフォロス海峡と言って、この海峡の北側に位置するのがビザンチン帝国の首都コンスタンチノーブルです。エーゲ海側の狭くなったところダーダネルス海峡といい、マルモラ海は2つの海峡で閉じられた袋状になっているのです。

1354年にオスマントルコはダーダネルス海峡の南側のガリーポリを占拠してしまいます。これで、マルモラ海の北側は依然としてビザンチン帝国領であるものの、南側がトルコに押さえられた格好になって、アジアからヨーロッパに向けて白昼堂々とトルコ艦隊がコンスタンチノーブルの城壁下を進軍することを許すはめになったのです。

交易立国であった当時のヴェネツィアにはこのトルコの西進が脅威でした。通商国として常に商売の相手国と商売経路の安全確保が必要だったヴェネツィアに対して、トルコは自国ファーストの国で、ヴェネツィアとはまったく別の価値観を持っていました。

「良識とは、受け身に立たされた側の云々することなのだ。行動の主導権をにぎった側は、常に非常識に行動する」とは、西進するトルコ帝国の侵略の脅威に直面した15世紀半ば当時のヴェネツィアの外交官の言葉です。アメリカ・ファーストを連呼するトランプ大統領のことが頭にちらつきますね。

本格的にトルコがコンスタンチノーブルの攻撃を仕掛けたのは、スルタン・ムラードが亡くなった後その座を継いだマホメッド2世のときで、1452年からです。彼はアレキサンダー大王を理想像として、「大王は東に進軍したが、自分は西へ向かう」ことを固く心に誓っていました。そのために必要なのがコンスタンチノーブルでした。新興民族オスマントルコと老帝国ビザンチン帝国の対決は、勢いの違いをみるだけで結果は時間の問題でした。

そうした激変のエーゲ海から黒海に抜ける交易ルートがオスマントルコの脅威にさらされてからのヴェネチアの外交、海軍、交易にいたる苦労話が満載でした。

後半は、一変して、ミラノ公国の官史が、まずヴェネツイァへ渡ってから、聖地イェルサレムへ巡礼旅行をしたときの旅行記の紹介でした。日本では応仁の乱の終焉期の1480年の話です。

この頃のヴェネツィアは、交易ルートを保持するための制海権と情報を持った唯一無二の国で、そうした力を利用した観光産業にも力を入れていたのです。

ヴェネツイア湾と呼ばれたアドリア海からイオニア海、そしてエーゲ海に浮かぶクレタ島、トルコ軍と聖ヨハネス騎士団の戦っているロードス島は避け、さらにはキプロス島経由で、ヤッファの港に着き、そこから内陸地のイエルサレムの地へ到着し、しばらく滞在の後、帰途につくといったものでした。

簡単に書きましたが、7か月に渡る旅で、途中、トルコ船に停泊命令をくらったり(トルコとヴェネツイアは友好条約を結んでいましたが、他国人の筆者は気が気ではなかったようです。)、寄港の先々での風物詩や食べ物の楽しい話題も満載で、その時代にタイムスリップしたような感覚で、まことに結構な旅物語を満喫させてもらいました。

by zoompac | 2017-02-11 07:50 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)
<< TsutayaDVD映画「大統... 私のイチ押し、2017年の本屋... >>
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC