GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言


映画、読書、ワイン、旅、駅伝、柔道、スポーツ観戦、趣味の世界
by zoompac

カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

NHKBS映画 「ナバロンの要塞」

f0090954_09052494.jpgケーリー・グラントのお次は、グレゴリー・ペックです。

この「ナバロンの要塞」は、ト-マス・エドワード・ローレンス(アラビアのロレンス)がベドウィンと組み、オスマントルコ帝国の一大拠点であるアカバの大砲がすべて海に向いていることから砂漠を越え奇襲し、アカバを制圧した物語を彷彿させます。

違いは、アラビアのロレンスの活躍が第一次世界大戦下(「ナバロンの要塞」 は第二次世界大戦下)ということと、「ナバロンの要塞」での相手はトルコと手を組もうとしていたドイツ軍であり、そのナバロンの要塞の海に向いた巨大大砲の破壊工作を行ったのは6人の少数精鋭部隊(ローレンスのアカバ攻撃部隊はローレンスと約50人のベドウィン)でした。 そして、敵が自然の防御に安心していた攻撃側の障害も、片や縦断が困難である南北230キロのネフド砂漠に対して、「ナバロンの要塞」ではナバロン島南部の400フィートの絶壁でした。 「ナバロンの要塞」の舞台はエーゲ海に浮かぶナバロン島です。
役者も「アラビアのロレンス」でロレンスの上官を演じたアンソニー・クエイルやベドウィンの族長を演じたアンソニー・クイーンの二人が、この「ナバロンの要塞に出演していました。

ナバロンの要塞が1961年の映画で監督は「北西戦線」のJ・リー・トンプソン、アラビアのロレンスは1962年の映画で監督はデヴィッド・リーンです。 主役は、ナバロンがグレゴリー・ペック、アラビアのロレンスがピーター・オトゥールです。

エーゲ海の制海権を得てトルコと手を組もうとするドイツ軍を阻止せんがため、同じエーゲ海のケーロス島に派兵された英軍2000人の命が危機にさらされます。(このエーゲ海は、塩野七生の「海の都の物語」でのオスマン・トルコ艦隊とヴェネツィア艦隊の制海権を巡っての激戦地でした。こちらは15世紀半ばの話です。)

英軍救出の試みは度々なされますが、途中に睨みをきかすナバロン島の断崖の洞窟に据えられた独軍の2門の大砲のためことごとく失敗に終わります。

そこで作戦幕僚フランクリン少佐(アンソニー・クェイル)が1つの提言をするのです。

ナバロン島南部の400フィート絶壁をよじのぼり潜入するという途方もない作戦でした。

その作戦に選ばれたのは登山家のキース・マロリイ大尉(グレゴリー・ペック)、元ギリシャ軍大佐スタヴロウ(アンソニー・クイーン)、科学者のミラー伍長(デヴィッド・ニーヴン)、ナイフの名人ブラウン無線兵(スタンリー・ベイカー)、ナバロン島生まれのパパディモス1等兵(ジェームズ・ダーレン)の5人でした。

自ら5人を率いたフランクリン少佐は漁船に乗り嵐の夜、ナバロン島に向いました。少佐は負傷しましたが一行は絶壁をよじのぼり島に上陸し、以後はマロリイを作戦実行隊長とし、島の反ドイツ軍勢力と接触し、ナバロンの要塞破壊活動を行うというストーリーです。 戦争映画というより冒険映画って要素が強く、危機に次ぐ危機の連続ですが、ラストはすっきりする映画でした。

「アラビアのロレンス」との違いがもう1つありました。 アラビアのロレンスが史実に基づいた作品であるのに対して、「ナバロンの要塞」は、イギリスの作家アリステア・マクリーンが1957年に発表した戦争小説を原作にしています。 史実ではなくフィクションです。

本作の成功により、1978年にマロリー、アンドレア、ミラーの登場する続篇「ナヴァロンの嵐」も映画化されています。 ただ原作にあったアンドレアは映画では登場していないそうです。冒頭でアンドレアとマリアの結婚シーンがあるだけです。 舞台はユーゴスラビア、ボスニア・ヘルツェゴビナに変わり、 演ずる俳優も総入れ替えになっていました。

by zoompac | 2017-02-05 09:06 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)
<< 別府大分マラソン2017で中本... 恵方巻を食べながら、NHKBS... >>
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC