GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言


映画、読書、ワイン、旅、駅伝、柔道、スポーツ観戦、趣味の世界
by zoompac

カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

読書 「本日はお日柄もよく」

f0090954_08432708.jpgWOWOWドラマで全4話が放映中(毎週土曜日夜10時)ですが、ドラマの脚本と原作の筋立てには微妙な違いがあります。私には原作のほうが断然面白いですね。文章のほうが言葉の含蓄を吟味できます。ドラマのほうが演説と聴衆の反応を表しやすいという利点もありますが・・・。

まだ日本では珍しい仕事である「スピーチライター」にスポットライトを当てた小説です。

あまりぱっとしない27歳のOL二宮こと葉が主人公で、結婚式で伝説のスピーチライター久遠久美のスピーチを聞いたことがきっかけで、押しかけて彼女の弟子にしてもらい、この馴染みのない仕事に就くことになるというお仕事小説です。こと葉の成長物語でもありました。

一家で鎌倉住まいの「こと葉」はさして文才はないのですが、彼女のおばあちゃんが有名な俳人で、彼女の名づけ親でもありました。 孫の誕生に、「古都の葉の赤くなりしや姫生まる」と詠んだのです。 この古都はもちろん鎌倉のことです。

久遠久美のスピーチは、いきなり、「あれは、2カ月ほど前のことだったでしょうか。 ある夜、厚志君(新郎)が「相談がある」と言って、私に電話してきました。」から始まります。

「実は、好きな人ができた。 -中略-。 結婚しちゃえばいいって。 それって早すぎますか?」

私はすかさず答えました。

「それのどこが相談なの? もう決めているじゃない。」

-中略-

「フランスの作家、ジョルジェ・サンドは言いました。あのショパンを生涯、苦しみながらも愛し続けた彼女の言葉です。」

「愛せよ。人生において、よきものはそれだけである。」

「本日は、お日柄もよく、心温かな人々に見守られ、ふたつの人生をひとつに重ねて、いまからふたりで歩んでいってください。 たったひとつのよきもののために」

この結婚式のスピーチの締めの言葉がこの小説の題名です。

言葉の力に関するエピソードも満載です。

ホワイトハウスの経験者で夫が大統領時代も数々の助言をしていたヒラリー・クリントンがオバマに大統領予備選で負けたのもオバマの聴衆の心を掴む言葉の力だと言っています。

そういう意味では、ヒラリー・クリントンはまたしても言葉の力で去年の大統領選でも負けてしまいましたね。トランプの歯に衣着せぬやや下品ではあるけどホンネの言葉の力に。f0090954_08441952.jpg

この小説で、もう1つ心の琴線に触れた言葉がありました。

「困難に向かい合ったとき、もうだめだ、と思ったとき、想像してみるといい。 3時間後の君、涙がとまっている。 24時間後の君、涙は乾いている。 2日後の君、顔を上げている。 3日後の君、歩き出している。」

この言葉が、学生時代に両親を事故で失った久遠久美をいかに支えたのか、また「こと葉」が、幼馴染の二世議員の立候補者(厚志)の妻に起こった不幸をスピーチ原稿に盛り込み由比ガ浜公会堂での彼の決起集会でいかなる奇跡を起こすのか、そうしたこの小説の起点ともいえる重要な役割を担っています。 言葉が、言葉こそが、人を奮い立たすということが実感できます。

是非、伝説のスピーチ-ライターの久遠久美の結婚式のスピーチと共に、「こと葉」と新人政治家が演説で奇跡を起こす、そんな言葉の魔術の物語をご堪能ください。 お勧めです。 ちなみにドラマは来週土曜日で4話完結です。 久遠久美に長谷川京子、こと葉に比嘉愛未です。

by zoompac | 2017-01-29 08:45 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)
<< 重友梨佐が5年ぶり2度目の復活... 映画 「ザ・コンサルタント」 >>
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC