GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言


映画、読書、ワイン、旅、駅伝、柔道、スポーツ観戦、趣味の世界
by zoompac

カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
お読みになってなかったの..
by machi at 19:34
コメント、ありがとうござ..
by zoompac at 08:00
南陽からの移籍組は渡邊、..
by 田中 at 12:45
どういたしまして! ブ..
by zoompac at 09:58
情報ありがとう
by 駅伝ファン at 00:51
tarukosatoko..
by zoompac at 06:43
この本、読みましたよ。い..
by tarukosatoko at 08:27
遅ればせながら、新年おめ..
by desire_san at 12:11
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 19:18
宇和島をチェックしていて..
by シギー at 00:26
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

映画 「ガール・オン・ザ・トレイン」で「ガール」について考えました。

f0090954_07343612.jpg「プラダを着た悪魔」(メリル・ストリープ扮する鬼編集長のアシスタント役で、アン・ハサウェイ演じる新米アシスタントの指導にあたっていました)「砂漠でサーモンフィッシング」(私の好きな作品です)「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のエミリー・ブラント主演で、世界中でベストセラーとなった同名のミステリー小説を映画化した作品です。

原作の舞台はイギリスなのですが、この映画の舞台は、アメリカ・ニューヨークのマンハッタンにあるグランド・セントラル駅からハドソン川に沿って北上する路線であるハドソン線になっていました。 ロバート・デニーロとメリル・ストリープの「恋におちて」の舞台となった有名な通勤路線です。

監督は、「ヘルプ 心がつなぐストーリー」のテイト・テイラーです。

夫と離婚したレイチェル(エミリー・ブラント)は、毎朝通勤電車の窓から見える、見ず知らずの「理想の夫婦」の姿に、別れた夫との幸せだった日々を重ねていました。

ある朝、通勤電車の窓からレイチェルの目に飛び込んできたのは、「理想の夫婦」の妻の不倫現場でした。そして、その女性は間もなく死体となって発見され、唯一の目撃者として、レイチェルに周囲から疑惑の目が向けられてしまうのです。

映画を観れば何故レイチェルが疑われたのかすぐにわかります。 レイチェルもお酒依存症で酔うと自分を見失ってストーカー紛いのこと行うちょっと脆くて危ないキャラクターなのです。

この映画を観終わった後の私の感想を一言で表すと、「隣の芝は青い」(The grass is greener on the other side.)です。

主人公レイチェルのエミリー・ブラントの他、「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」のレベッカ・ファーガソン、「マグニフィセント・セブン」のヘイリー・ベネット等、キレイどころのお姉さん3人が揃い踏みの映画でした。 ヘイリー・ベネットのスッポンポンのワン・カットの目の保養シーンがありますよ。

話は変わりますが、映画ジャーナリストの金原由佳さんが、30代のバツイチのレイチェルが何故「ガール」なのかってことについて面白いことを言っていました。

2000年代に入ってからの米国映画の傾向として、特にミステリーの分野では、事件に巻き込まれる女性に対して、年齢に関係なく、「脆く、儚く、危なっかしい」イメージとして「ガール」という言葉を当てているようなのです。そういわれれば、30代の人妻の失踪劇で大ヒットした「ゴーン・ガール」のタイトルにも納得できますね。

脆く、儚く、危なっかしい女性は、年齢に関係なく「ガール」です。日本風に言うと、「女子力」とか「女子会」の「女子」でしょうか、こちらは、脆く、儚いというニュアンスはなく、なんでも頑張る、元気な女性ってニュアンスが前面に出ているように思います。

日本語の「ガール」で山ガールって言えば、これも脆さも儚さもないですね、年齢不問ってことだけでしょうか。

そういえば、最近、会社の就業規則が、産休ということに配慮したからでしょうか、女子従業員から女性従業員に表記が変更されていました。

この「女子」って言葉はせいぜい高校生くらいまでだろーって固定観念を打ち破って年齢不問になってきたものの、まだまだお産を1つの区切りと考えたのでしょうか。

世の中では40代、50代の女性でも女子力アップにいそしんでおられる方は多いですよね。

そのうち還暦という壁も突破して、ひ孫と遊ぶ80歳女子という言葉も違和感なく使われる日がくるかもしれません。  

by zoompac | 2016-12-16 07:34 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)
<< 最強の齧歯類 (げっしるい)8... 映画 「ブルーに生まれついて」... >>
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC