GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言


映画、読書、ワイン、旅、駅伝、柔道、スポーツ観戦、趣味の世界
by zoompac

カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

映画 「聖の青春」

f0090954_07131893.jpg難病と闘いながら将棋に人生を賭け、29歳の若さで亡くなった棋士・村山聖(さとし)の生涯を描いた大崎善生による同名ノンフィクション小説を、松山ケンイチ主演により映画化した作品です。

幼い頃から腎臓の難病・腎ネフローゼを患い、入退院を繰り返した村山聖は、入院中に何気なく父から勧められた将棋に心を奪われていきます。

師匠との出会い、そしてプロ棋士として羽生善治ら同世代のライバル棋士たちと死闘を繰り広げ、まさに命を削りながら将棋を指した村山聖の壮絶な一生が描かれていました。

監督は「宇宙兄弟」の森義隆、脚本を「リンダ リンダ リンダ」(私のお気に入り!)の向井康介がそれぞれ担当しました。

羽生善治と「東の羽生、西の村山」と並び称された村山聖(さとし)を演じる松山ケンイチは、役作りのため20キロ以上も増量しました。 とかく彼の肉体改造が注目されていますが、純粋さと卑屈さが混在する内面的な葛藤も上手く表現していたと思います。

私的には、羽生義治を演じた東出昌大の演技が印象的でした。 羽生が将棋を指しているところをTVで観たことはないのですが、自ら羽生ファンで、望んでその役を獲得した東出というだけあって、東出の仕草や顔の表情に羽生の姿が重なって見えました。東出の演技によると羽生義治の対局のときの癖ってかなりヘンです。集中力のなせる業か目つきがずいぶん怖いです。

この映画の圧巻は、やはり松山演じる村山と東出演じる羽生の対戦場面でしょう。 勝負の時の顔と顔のクローズアップ、そして盤上の指し手と駒のクローズアップ、そしてパチ~ンと響く駒の音、これだけで勝負の緊張感を浮かび上がらせていました。

その勝負が終わった後、場末の食堂で、村山と羽生が語り合うシーンも印象に残りました。1分切りの時間に追われた激しい指し手勝負が終わった後の「つわもの達の夢の後」って感じで、静かに悠久に流れる静かな時間って対比が素晴らしかったです。

この対戦は、羽生は前人未到の7冠達成の後だったのです。 そんな勢いに乗った羽生と対局し、激しい攻防の末、遂に打ち勝った村山聖はその夜、羽生を飲みに誘い、場末の静かな食堂のテーブルで向き合いました。

好きなものは少女漫画、勝負事は競馬、麻雀(マージャン)なんでも、の聖に対して、将棋以外の勝負事はチェス……の羽生で、趣味についての会話こそ噛み合わないのですが、将棋という盤上でのふたつの魂が切り結ぶような闘いの後の、静かな甘美ともいえる二人だけの沈黙の世界を楽しんでいるように見えました。

そして、羽生がおもむろに、「怖くなる時があるんです。深く潜りすぎて、そのうち戻ってこれなくなるんじゃないかって・・・、 私は今日、あなたに負けて死ぬほど悔しい」 と胸の内を明かすのです。

あ~、言っちゃった。これってひょっとしてネタバレですよね。

将棋という映像にするのが困難と思われるテーマを、うまくスポコンもののような形に切りとって、素晴らしい映画に脚色してくれていました。

広島出身の村山聖が、吉野家以外の牛丼を買ってきたお父さんに、「牛丼は吉野家じゃなーと、いけんので。 」「ほーなんか」 「ほーなんじゃ、牛丼は吉野家、シュークリームはミニヨン、お好み焼きはみっちゃん、かつ丼は徳川と決まっとるんじゃ。」 という、ローカル色(吉野家は全国区ですが)豊かな自分の好物を広島弁で父親に語るシーンも微笑ましかったです。

村山聖は、この映画で確かに、羽生善治に怖れられた棋士としてこの世に存在していたことを、将棋に詳しい人以外の多くの人々に知られることになりました。

私の甥が小さい頃、ネフローゼで顔を晴らしていた記憶も蘇って、興味深い映画でした。 彼は今でも元気ですけどね。


by zoompac | 2016-12-13 07:23 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)
<< 映画 「この世の片隅に」_能年... 読書 「熊と踊れ(上)」 アン... >>
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC