GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言


映画、読書、ワイン、旅、駅伝、柔道、スポーツ観戦、趣味の世界
by zoompac

カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

読書 「カイコの紡ぐ嘘(上)」 ロバート・ガルブレイス

f0090954_05253980.jpg私立探偵コーモラン・ストライクと秘書兼助手のロビン・エラコットの間に育ちゆくほのかな恋愛感情(信頼感情)のようなものが微笑ましいですね。

1作目のファッション界を舞台にした殺人事件に続き、2作目は出版会を舞台にした殺人事件が起こります。

その事件解決のミステリーの展開より、圧倒的にコーモラン・ストライクとロビン・エラコットの仲がどうなるのかに興味津々です。ロビンには婚約者がいるのです。結婚が秒読みになって、ロビンが婚約者マシューに相談することなくコーモラン・ストライクに招待状を渡したことから喧嘩になります。

『口論はたちまちエスカレートした。結婚式に勝手にストライクを招待したこと。ロビンの仕事に関するマシューの冷笑的な態度。 このままでは結婚生活が思いやられること。互いに我慢していること。ふたりの関係の本質がたちまちのうちに引きずり出され、検証され、非難と反論の対象となったことに、ロビンは愕然とした。それでも自分は引きさがらなかった。彼女にとって大切な男に対するお馴染みの不満と怒りに完全に支配されていた。なぜ今の仕事がロビンにとってそこまで重要な意味を持つのか、少しも理解してくれないマシュー。ロビンの潜在的な能力に気づかずにいるストライク。(とはいえ、ストライクは死体を発見してすぐに連絡をくれた。電話のやり取りの中で、ロビンはさりげなくこう尋ねた。「ほかに誰に話した?」するとストライクは、それがロビンにとってどれほどの意味を持つか察した様子もなく答えた。「誰にも。きみだけだよ」』

ロビンは、マシューとストライクを引き合わせます。 彼女にとって大事な生活の伴侶となる予定の男性と職場での上司に面通しをし、よりよい人間関係を通じて気まずくなったマシューとの関係修復を図ったのでした。

しかし、ロビンには、夕食での会見のストライクのマシューに対する反応が気に喰わないようです。

『マシューを褒めたらなかったらしい。だが、善人面をこの先も続けるのはつらい。・・・・しかし、この件に関してストライクの考えは半分しか当たっていなかった。彼の反応にロビンが意気消沈したのは事実だ。本当にマシューに好感を抱いたのならストライクは「いい人だね」などというお決まりの返事をしなかっただろう。ロビンを怒らせ、傷つけたのは、ストライクが新しく人を雇おうと言ったことだった。・・・・これまで自分では秘書以上の働きをしているつもりでいた。・・・・・ストライクも同じように考えてくれているものとロビンは思っていた。・・・・・新しい従業員はきっと女だろう。そしてロビンはふたりの探偵の秘書兼受付嬢になり、デスクを離れて活躍するチャンスは永遠に失われるだろう。ストライクの下で働くことを選んだのは、そんなことのためではない。はるかに条件の良い就職先を蹴って婚約者とも何度も言い合いをする羽目になっているのはそんなことをするためではない。』

なんて具合です。

本題のミステリーの謎解きのほうも結構微妙な人間関係のもつれの描写が多いのですが、圧倒的な私のお気に入りは上記のような探偵コーモラン・ストライクと秘書兼相棒のロビン・エラコットの男と女のすれ違い心理描写です。事件が解決しようがしまいがいつまでも読んでいたいこの二人の物語です。

離婚したばかりのストライクと結婚間近のロビンの展開はどうなるのでしょうか?

もう一つの私のお気に入りポイントは、ストライクは片足を戦争で失っており、義足だということです。

膝痛から人工関節の施術を受けた私には、彼の脚の痛み方が他人事のように思えません。

コーモランという名前もいいですね。

セント・マイケルズ・マウント島に住んでいるのでしたね? 巨人のコモーランは。そこでジャックに殺されました。豆の木で有名なジャックに。

「これこそは、巨人コーモランを殺した、真に勇敢なコーンウォールの男である」J・ジェイコブズ(『巨人退治のジャック』より)

by zoompac | 2016-12-05 05:26 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)
<< 小さな巨人永山竜樹_柔道GS東... 11月のスポーツ記事の総括 >>
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC