GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言


映画、読書、ワイン、旅、駅伝、柔道、スポーツ観戦、趣味の世界
by zoompac

カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

10月の読書・映画等の総括

読書(6冊)
161003 「怒り(下)」吉田修一
161009 「小説『怒り』と映画『怒り』」 吉田修一ほか
161014 「切り捨てSONY」 清武英利
161023 「城塞(中)」 司馬遼太郎
161026 「危険なビーナス」 東野圭吾
161029 「坊ちゃんの時代(5)_不機嫌亭漱石」関川夏央、谷口ジロー

ヒト・モノ・カネとは企業を語るうえでの必須の三要素ですが、カネのためにヒトを犠牲にしてきたSONYの残念なトップの舵取りと誤った船長の舵取りに翻弄される「技術のSONY」の創業者社長の訓戒を励みに仕事に取り組もうとしている社員達の着地点なきストーリーが描かれていました。 「しんがり」という山一證券廃業のドラマと違って、SONYの物語は未だフィナーレを迎えていないって印象が残りました。

司馬遼太郎の「城塞(中)」は、主に大阪冬の陣の真田幸村を中心とする豊臣方の浪人衆の奮闘が描かれていました。家康の知略対豊臣方浪人衆の武略って構図でしょうか? しかしアメとムチを使い分ける家康の仕打ちは、知略というよりほぼ詐術によるだまし討ちと言ったほうが近いかもしれません。 豊臣方の意思決定のプロセスが淀君にあることを内通者を通じて知り尽くした狸親父家康が豊臣方の女性トップの心理を操る様を見事な筆致で描ききっていました。

映画(4本)
161004 NHKBS映画 「シックス・センス」
161006 映画 「怒り」
161013 映画 「ハドソン川の奇跡」
161025 映画 「ジェイソン・ボーン」

役者に注文を付け役になりきるよう追い込むタイプの李相日(リ・サンイル)監督の「怒り」と役者にほとんど注文をつけずリハーサルもほとんどないというクリント・イーストウッド監督の「ハドソン川の奇跡」を観ました。

「怒り」は原作も読みかなりの準備をして満を持しての観劇でしたが、軍配はクリント・イーストウッドXトム・ハンクスの「ハドソン川の奇跡」でしたね。

ちょうどWOWOWドラマの「沈まぬ太陽」(山崎豊子の同名小説が原作)を観終わったばかりだったので、日航機の御巣鷹山墜落事故の惨劇と不謹慎ながら比べてしまいました。

機械もコンピューターも作動しなくなって鉄の塊と化した飛行機の操縦という極限状況で乗客・乗員全員の命を救ったのはベテランパイロットの咄嗟の判断と熟練の技術でした。

人間の叡智はまだまだコンピューターには負けないぞ! というかコンピュータに判断させるにせよ、どんな情報をどんな形で入れるかによってコンピューターの出す結果も180度違ってしまうということに気づきにくくなっている世の中が怖いです。

TVドラマ(3本)
161017 NHK海外ドラマ 「戦争と平和」
161019 NHK海外ドラマ 「クイーン・メアリー」
161030 TVドラマ 「べっぴんさん」が面白くなってきました!

今、私が楽しみに観ているTVドラマ3本についてです。
by zoompac | 2016-11-01 05:44 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)
<< 10月のスポーツ記事の総括 松山大が立命大6連覇を阻止して... >>
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC