GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言


映画、読書、ワイン、旅、駅伝、柔道、スポーツ観戦、趣味の世界
by zoompac

カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
お読みになってなかったの..
by machi at 19:34
コメント、ありがとうござ..
by zoompac at 08:00
南陽からの移籍組は渡邊、..
by 田中 at 12:45
どういたしまして! ブ..
by zoompac at 09:58
情報ありがとう
by 駅伝ファン at 00:51
tarukosatoko..
by zoompac at 06:43
この本、読みましたよ。い..
by tarukosatoko at 08:27
遅ればせながら、新年おめ..
by desire_san at 12:11
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 19:18
宇和島をチェックしていて..
by シギー at 00:26
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

読書 「坊ちゃんの時代(5)_不機嫌亭漱石」関川夏央、谷口ジロー

f0090954_7194699.jpg9月から10月にかけて土曜日のNHK4~5回の連載ドラマとして放映されていた「漱石の妻」を面白く観ました。

夏目漱石役は長谷川博巳、妻役は尾野真千子でした。長谷川博美が神経質そうな漱石の顔の表情を片方の眉を吊り上げることで上手く表現していました。

「ソクラテスの妻」とかにたとえられて悪妻とのレッテルを貼られた妻鏡子ですが、TVドラマではむしろ漱石の気難しさ、神経症からくるDVのような暴行等が強調されていました。

妻の立場、夫の立場から見る「夫婦」のあり方はこうも違うものなのですね。f0090954_723179.png

この「坊ちゃんの時代(5)_不機嫌亭漱石」では、漱石が伊豆で大喀血し危篤に陥ったいわゆる「修善寺の大患」がヤマ場になっています。NHKドラマでは最終回でのヤマ場でした。

漱石はこの時、30分仮死状態となって幽境の世界を彷徨っていたのだそうです。

「坊ちゃんの時代」の中では、瀕死の夏目漱石の夢の中に石川啄木が登場し、したり顔で「坊ちゃん」に出てきた献身的な婆や「キヨ」は「きょう」と呼んでいた奥さんの「鏡子」がモデルではないかと漱石に問いかけるシーンがありました。

TVドラマでは、奇跡的に回復した漱石と連れ立って旅をした山あいの地で、鏡子夫人が漱石に、坊ちゃんに登場するキヨって私のことでしょうと尋ねるシーンが印象的でした。

漱石の小説には実際モデルとなった女性が多くいたようです。「草枕」の那美は「前田つな子」、「三四郎」の美禰子のモデルは「平塚らいてう」、そして「それから」、「門」、「こころ」には、漱石の友と結婚した「大塚楠緒子(くすおこ)」の影が投影されていたようです。その彼女が35歳で亡くなったときに漱石が詠んだ有名な歌が、「あるほどの菊なげ入れよ棺の中」です。

また、樋口一葉とも親同士が東京府庁の同僚で親同士で婚約の約束を交わしていたエピソードや、漱石が病床で詠んだ「秋風やひびの入りたる胃の袋」という面白い句も紹介されていました。

ただ、この「坊ちゃんの時代(5)_不機嫌亭漱石」で、登場する鏡子夫人は、漱石が吐血するシーンや看病するする姿が描かれているのですが、後ろ姿シーンが多く、顔が描かれていないのが、何か意図があってのことなのか、やや不思議な感じでした。
by zoompac | 2016-10-29 07:23 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)
<< TVドラマ 「べっぴんさん」が... 松山大が立命大の6連覇を阻むか... >>
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC