GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言


映画、読書、ワイン、旅、駅伝、柔道、スポーツ観戦、趣味の世界
by zoompac

カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
お読みになってなかったの..
by machi at 19:34
コメント、ありがとうござ..
by zoompac at 08:00
南陽からの移籍組は渡邊、..
by 田中 at 12:45
どういたしまして! ブ..
by zoompac at 09:58
情報ありがとう
by 駅伝ファン at 00:51
tarukosatoko..
by zoompac at 06:43
この本、読みましたよ。い..
by tarukosatoko at 08:27
遅ればせながら、新年おめ..
by desire_san at 12:11
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 19:18
宇和島をチェックしていて..
by シギー at 00:26
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

NHK海外ドラマ 「クイーン・メアリー」

f0090954_6151645.jpg水曜日11時15分放送のNHKBSドラマ「クイーン・メアリー」も面白いですよ。

「クイーン・メアリー」はBBCを想像していたのですが、制作はアメリカだそうです。そう思ってみると重厚さに欠けた軽いディズニーっぽいお気楽さも漂っていますね。

実際の設定された登場人物はスコットランド人とフランス人なのですが、キャスティングされた俳優さんたちはオーストラリア人、カナダ人、イギリス人達で占められています。

ちなみにブラッディ・メアリーの異名をとったプロテスタント虐殺で有名なクイーン・メアリーはこのメアリー・スチュアートではありません。ブラッディ・メアリーはイングランド女王のメアリー1世(エドワード・メアリー)です。映画「エリザベス」で、病気にかかって他に選択肢がなく渋々王位をケイト・ブランシェット演じる異母妹エリザベスに譲ったあのメアリーです。

一方、メアリー・スチュアートはスコットランド女王です。

幼くしてスコットランド女王となったメアリー・スチュアートは、ヘンリー八世の要望で、ヘンリー八世の後継者となる当時王太子だったエドワード6世と婚約させられた経緯がありました。ヘンリー八世はスコットランドをイングランドの配下に置きたかったのです。今でいう吸収合併ですね。

ヘンリー八世が亡くなるとエドワードの伯父さんがしゃしゃり出て無理やりメアリー・スチュアートを拉致しようとしました。 身の安全のためメアリー・スチュアートは彼女のお母さんの母国フランスに逃れたのです。

ドラマはメアリー・スチュアートとフランス王太子王太子フランソワの結婚前あたりから始まりますが、この背景知識を押さえておくとわかりやすいと思いますよ。

エドワード6世が病弱で早死にしたため、エドワードのお姉さんのメアリー1世がイングランド女王となったのです。ちなみにヘンリー八世は遺言で、王位継承の順位をエドワード6世、メアリー1世、そしてエリザベスと決めていたのです。もともとエドワードは病弱だったのです。(生まれながらの脳梅毒だったという説も)

この頃のイングランドはヘンリー8世が離婚したさにプロテスタントに宗旨変えしてしまいますが、エドワードの後を受けたメアリー1世は敬虔なカトリックでした。 彼女の後を継いだエリザベス1世はもちろんプロテスタントですが、同じイングランドの中でも宗教対立があったこと、プロテスタントの色が濃くなっていくイングランドが、カトリック連合というべきスペイン、フランス、スコットランドに囲まれているという構図も頭に入れておくとこのドラマの背後にある複雑な国際関係がわかりやすいと思います。

ついでながら言ってしまいますと、メアリー・スチュアートはエリザベスの暗殺を企てた罪を問われイングランド女王のエリザベス1世の命で、刑死させられてしまう運命です。

メアリー・スチュアートのお父さんがエリザベスの従兄弟とかで、メアリー・スチュアートとエリザベス1世には血縁関係がありました。 エリザベスは決断したくなかったようですが、メアリーが暗殺を画策した証拠が出てきたうえメアリーもそれを隠そうとしなかったとか・・・。

メアリー・スチュアート亡き後、その子ジェームズがスコットランド王として即位し、また生涯独身で子のいなかったエリザベス1世の死後は、イングランド王位をあわせ継ぐことになりました。以後スコットランドとイングランドは同君連合を形づくり、18世紀のグレートブリテン王国誕生の端緒となったのです。

終生未婚で、子孫を残さなかったエリザベス1世に対し、メアリーの血は連綿として続き、以後のイングランド・スコットランド王、グレートブリテン王、連合王国の王は、すべてメアリーの直系子孫という皮肉な巡り合わせになりました。現、エリザベス2世もメアリー・スチュアートの直系です。

物語は宮廷ラブロマンスという謳い文句でした。

でも、占い師ノストラダムスも出ているし、ちょっとおどろおどろしい幽霊が、メアリーを嫌う王妃カトリーヌの陰謀の毒牙から守ってくれているみたいでワクワクさせられます。 ちょっとオカルトっぽい雰囲気です。

この頃のフランス宮廷って毒殺大流行だったようですね。メアリーも結構きわどいところであの手この手の毒殺や強姦などを回避しています。

日本の歴史物語にたとえると魑魅魍魎と陰陽師が活躍する平安時代ってイメージですが、メアリー・スチュアートの生きた時代は16世紀半ばですから、ちょうど日本にフランシスコ・ザビエルがやってきたり、鉄砲が種子島に届いた頃より少し後の話です。

15歳のメアリーと14歳のフランス王太子が結婚するのが1558年ですが、これは、上杉謙信と武田信玄の川中島の戦いの真っ最中の頃です。織田信長が将軍足利義昭を追放して室町幕府が滅ぶ(1573年)少し前の物語です。

ちなみにこの年にエリザベス1世がメアリー1世からイングランド女王の座を引き継ぎました。

国際情勢もドラマって感じの時代だったのですが、メアリー・スチュアートがフランス皇太子フランソワとの政略結婚の前日譚って感じでドラマがスタートしました。

この後、イングランドの王位継承権を巡って、エリザベス1世の転覆を図ろうする勢力がメアリーに近づいてきたリしてエリザベスとメアリーの確執も深まっていく展開でしょうね。

それにしても、メアリー・スチュアートは、スコットランド、アイルランド系に多い赤毛ってイメージでしたが、ドラマの俳優さんはどちらかといえば黒髪に見えます。
by zoompac | 2016-10-19 06:15 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)
<< 広島黒田博樹投手の鮮やかな引退宣言! 箱根連続出場記録が87回で途絶... >>
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC