GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言


映画、読書、ワイン、旅、駅伝、柔道、スポーツ観戦、趣味の世界
by zoompac

カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

WOWOW映画 「リプリー」

f0090954_8334020.jpgなりすまことを英語で、pretend、 impersonate、 masquerade、spoofと言います。 IT用語のなりすましはspoofですね。 spoofing prevention methodとかで使われます。

天才的ななりすまし師トム・リプリーが登場するこの映画「リプリー」は、ニノ・ロータが手掛けた音楽が印象的な、アラン・ドロン主演の1960年のフランス・イタリア合作映画「太陽がいっぱい」の1999年のリメイク版アメリカ映画です。

トム・リプリーにマット・デイモン、ディッキー・グリーンリーフにジュード・ロウ、マージ・シャーウッドにグウィネス・バルトロー、フレディ・マイルズにフィリップ・シーモア・ホフマンという豪華出演に加え、太陽がいっぱいには登場しなかったキャラクターにケイト・ブランシェットまでもが加わっています。

こちらの「リプリー」のほうが、より原作に忠実なプロットになっているということです。 確かに映画の開始は、「太陽がいっぱい」では省略されていた、ディッキーの両親との出会いから、信頼されて、息子ディッキーをイタリアから連れ帰ってくれと頼まれるシーンからのスタートとなっていました。 リプリーが来ていたプリンストン大学のジャケットもある意味両親の目をひくための小道具だったのですね。彼らの息子が ジャズ好きということを両親から教えてもらったリプリーはジャズの知識を短期間にインプットします。

「太陽がいっぱい」では、ディッキーを海上で殺害して、それに感づいたディッキーの友人フレディを殺害します。 舞台もナポリ近辺の漁村が中心でした。 一方、「リプリー」は登場人物が増えた分、最後に「そこまでやるの~!?」という3人目の追加殺人犠牲者が出ます。 舞台も、ナポリ近郊のモンジベッロ、 ローマ、ヴェネチア、サンレモとなっていました。 ネタばれになってしまいますが、ディッキー殺害現場も、殺害のときのボートの大きさも「太陽がいっぱい」と「リプリー」では異なります。

映画を通じて、ジャズ曲「My funny Valentine」と「You don't know what love is」 が重要なキーになっていました。

バレンタインというのは男の人で、マット・ディモンが演じるトム・リプリーも最初にこの曲を聴いたとき、なんじゃいこの音楽は、男が歌っているのか女が歌っているのかわからへん・・・(大阪弁は余計ですが)という独り言をはいています。

この「マイ・ファニー・バレンタイン」はチェット・ベイカーのバージョンが有名ですが、確かに歌詞の内容からすると、男が歌うと同性愛の詩になってしまうのです。

マット・ディモン自身もやや裏返った声で、映画で熱唱し、ディッキーにすっかり気に入られてしまうのです。 マット・ディモンの歌は、吹き替えかもしれませんが、実に熱唱でしたよ。

この曲はやがてリプリーのディッキーに対する想いの曲って感じに収まります。 ディッキーのもう一つ好きな曲が「You don't know ・・・・」です。 映画の中盤でジュード・ロウがサックスで演奏するシーンがありますが、 ショッキングな幕切れとなった映画のエンド・ロールにも流れます。 ディッキーのことを歌ったのか、リプリーのことを歌ったのか、人によって感じ方は違うかもしれません。

アラン・ドロンの「太陽がいっぱい」ではやや薄味だったゲイ・ティストがこちらでは色濃く出ていましたね。ジュード・ロウのヌードシーンも出てきていましたよ。 グイネス・バルトローとケイト・ブランシェットの露出は残念ながら・・・皆無でした。(笑)
by zoompac | 2016-09-20 08:34 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)
<< 映画 「君の名は」 DVD映画 「太陽がいっぱい」 >>
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC