GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言


映画、読書、ワイン、旅、駅伝、柔道、スポーツ観戦、趣味の世界
by zoompac

カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
お読みになってなかったの..
by machi at 19:34
コメント、ありがとうござ..
by zoompac at 08:00
南陽からの移籍組は渡邊、..
by 田中 at 12:45
どういたしまして! ブ..
by zoompac at 09:58
情報ありがとう
by 駅伝ファン at 00:51
tarukosatoko..
by zoompac at 06:43
この本、読みましたよ。い..
by tarukosatoko at 08:27
遅ればせながら、新年おめ..
by desire_san at 12:11
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 19:18
宇和島をチェックしていて..
by シギー at 00:26
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

読書「静粛の嵐 小説フランス革命15」

f0090954_542944.jpgアガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった(And Then There Were None)」ではないですが、これまでの小説フランス革命を賑わせてきた登場人物たちが次々と断頭台の刃の餌となって消えていきます。

この喪失感は、「水滸伝」でも味わいましたね。梁山泊の英雄、豪傑達を途中から恐ろしい勢いで退場させていきますよね。あの晁蓋があの柴進が、そして宋江までがって感じで、誰もいなくなってお終いって小説でした。

この小説フランス革命15巻でも、飛ぶ鳥を落とす勢いのコルドリエ派のエベールは16巻で、古株のダントン、デムーランも17巻で処刑され、宋江の死で梁山泊が滅んだように、この小説フランス革命も18巻でいよいよロベスピエールとサン・ジェストが処刑され、誰もいなくなったところで幕引きとなる予定です。

下品な言葉をストレートにぶっつけて人気の寵児となった「デシューヌ親爺」の新聞発行人エベールに対抗して、コルドリエ街にいた古株をお忘れなくということでデムーランが「コルドリエ街の古株」という新聞で巻き返しを図ります。

パリの人民の人気に支えられていたエベールの権力を削ぐために、革命の生き証人デムーラン、ダントン、ロべスピエールの三人が結集するのです。

さもなければ、この古株達もエベールに抹殺されかねない勢いなのです。 同じ方向を向いていたはずの連中が新旧の世代交代かってところで古株が新たに台頭してきたコルドリエ派に反撃開始というところで第15巻が終わっていました。結構、スリリングな展開ですよ。この第15巻でマリー・アントワネットも処刑され、対外戦争での和解の芽は摘み取られてしまいました。そろそろナポレオンが登場してくるはずです。

フランスは国内で内ゲバ調の権力争い、国外ではオーストリア等を中心とした対外戦争を繰り広げていて、前門の虎、後門の狼状態で火の車なのです。 フランス革命の着地はどのようになるのでしょうか?
by zoompac | 2016-09-05 05:42 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)
<< NHKBS映画 「ガス燈」 罠だらけのサバイバル工程別総合... >>
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC