GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言


映画、読書、ワイン、旅、駅伝、柔道、スポーツ観戦、趣味の世界
by zoompac

カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

読書 「陸王」池井戸潤

f0090954_5185016.jpg読み始めた時の私の感想は、「パターンは相変わらずの池井戸節でややマンネリ化したところも鼻につきますが、故障上がりのランナーの思い等実業団駅伝に絡んだエピソード満載で興味が掻き立てられています。」でした。

読み終えて、修正をしたいと思います。

今回の物語は、人の夢と想いが繋がっていく様が巧みに描かれていて、その色彩が鮮やかで、今までの一本調子の勧善懲悪的な池井戸節の臭みが抜け程よい味付けに変わっていました。

進化する池井戸潤、恐るべしです。私の中で彼の作品のベストは未だに「空飛ぶタイヤ」ですが、この「陸王」には、彼の新境地の世界を覗かせてもらいました。

大手企業の強引ないやらしさ、銀行員の慇懃無礼ないやらしさの描写は相変わらず上手く描かれていましたが、この度の小説の主人公は倍返しとかという力技で応酬する強烈な個性の持ち主ではありませんでした。

主人公の宮沢は、いつも資金繰りに困っている、ごく普通の悩める中小企業の社長です。だからこそ、応援したくなってしまうし、人が助け舟を出してくれます。下町ロケットの熱い社長からギラギラしたしたものを取り去ったようなアンチ・ヒーロー型の人物でした。

強烈な個性はむしろ脇を固めている連中です。劉備玄徳(宮沢)の補佐役の関羽(シューズマイスターの村野)と張飛(シルクメール開発特許保持者の飯山)みたいな形で、・・・・。これに就活疲れの息子の大地が意外な活躍をするって憎い味付けになっています。

皆の想いが、自ら先陣を切るリーダシップはないけれど、大きな袋のような度量を持った宮沢の下に繋がって一つになって、時代に受け入れられる商品を開発していくという、まことに暑い夏に一風の清涼感をいただける実にさわやかな物語に出来上がっていました。

この小説に登場する埼玉県行田市にある足袋製造会社「こはぜ屋」と、その会社が新商品として開発したランニングシューズの「陸王」は、架空の話かと思っていましたら、モデルが存在しました。びっくりぽんだす。

実際に行田市にある「きねや足袋」という会社が、ランニング足袋「MUTEKI」を作って売っているんですね。著者の池井戸潤氏も「きねや足袋」を取材されたようです。

それでは、ノンフィクションかというと、そこはやはりフィクションの世界なのですよ。ソールの部分はさすがに天然ゴムで、小説「陸王」で登場する蚕の屑から作られる画期的な素材ではないようですし、プロのシュー・フィッターの存在も架空のようです(モデルは、瀬古や谷口、高橋尚子やイチロー等の靴の面倒をみた伝説のシューフィッター三村仁司ではないかという憶測もありますが。)

あの強烈な個性の飯山の役は、平田満にやらせたいですね。息子大地は坂口健太郎かな? 社長の宮沢は堤真一で、村野役は石丸幹二って感じでどうでしょうか? 今更ながら、池井戸潤の小説にはこれっといった女性がでてこないですねぇ。縫製担当のおばさん連中のボス役にあき竹城あたりをいれておけば万全ですね。

どうせTVドラマか映画化されるでしょうが、一人くらい当たって欲しいですね。
by zoompac | 2016-08-05 05:19 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)
<< WOWOW映画 「刑事物語3 ... 7月の日商簿記1級受験勉強に関... >>
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC