GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言


映画、読書、ワイン、旅、駅伝、柔道、スポーツ観戦、趣味の世界
by zoompac

カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

映画 「シアター・プノンペン」

f0090954_7574073.jpg今から5年前の2011年の年末の3ヶ月、カンボジアのプノンペンに暮らす経験を積みました。

街には50歳を超える老人がほとんどいなくて、若い世代の街、若い世代のオフィスという印象が強かったです。

クメールルージュによる狂気の大虐殺を深く知ろうとしない若い世代の一人、カンボジアの首都プノンペンに暮す女子大生ソポンは、ある日、映画館で1970年代のポル・ポト政権下に作られた古い映画の存在と、そこに若き日の母が出演していたという事実を知ることになります。

しかし、母は自分が女優であったことを全く語ろうとしません。その映画をどうしても見たいと思うソボンは映画のフィルムを探し始め、「失われた最終巻」を補うため自分が出演して映画を完成することになり、父と母のなりそめにたどり着くといったストーリーでした。

途中まで、カンボジア版「ニューシネマパラダイス」かと期待で胸が膨らみましたが、恐怖の内戦時代の傷はそのようなヤワな物語を作ることを許さなかったようですね。

ちょっと粗削りで映画としての完成度は低かったですが、ポルポト時代の前から女優として活躍した数少ない生きる伝説というべき女優ディ・サンヴェットの演技がソボンの母の生きざまとも重なって印象に残りました。ちょっと岡田茉利子に似たディ・サンヴェッドはこの映画出演を断っていたそうですが、つらい記憶の殻を打ち破って、出演してくれました。ポル・ポト時代に蹂躙された母国の映画史を発掘していくという側面をもつこの映画に華を添えてくれました。

これが初監督作となるカンボジアの新鋭女性監督ソト・クォーリーカーが手がけ、2014年・第27回東京国際映画祭「アジアの未来」部門で国際交流基金アジアセンター特別賞を受賞した作品でした。

クメールルージュの狂気を題材とした映画作品としては、1984年の「キリングフィールド」が有名です。英国映画ですが、カンボジア内戦を取材してピューリッツア賞を受賞したシドニー・シャンバーグの体験を映画化にしているだけあってわかりやすい映画でした。アカデミー賞、助演男優賞、編集賞、撮影賞の3部門に輝く名作です。その狂気の沙汰には圧倒されますよ! 殺戮シーン満載で気分が悪くなるシーンの連続ですが、そんな世界から逃げ切って生き残ったあるカンボジア人のサバイバル物語です。
by zoompac | 2016-07-31 07:56 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)
<< インターハイ女子1500mの金... 読書 「小説フランス革命14 ... >>
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC