GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言


映画、読書、ワイン、旅、駅伝、柔道、スポーツ観戦、趣味の世界
by zoompac

カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
お読みになってなかったの..
by machi at 19:34
コメント、ありがとうござ..
by zoompac at 08:00
南陽からの移籍組は渡邊、..
by 田中 at 12:45
どういたしまして! ブ..
by zoompac at 09:58
情報ありがとう
by 駅伝ファン at 00:51
tarukosatoko..
by zoompac at 06:43
この本、読みましたよ。い..
by tarukosatoko at 08:27
遅ればせながら、新年おめ..
by desire_san at 12:11
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 19:18
宇和島をチェックしていて..
by シギー at 00:26
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

NHKBS映画 「ローマの休日」

f0090954_691574.jpg昨日の映画ブログ記事「ロイヤルナイト 英国王女の秘密の外出」でも触れましたが、その「ロイヤルナイト」に出てきたマーガレット王女のある噂が下敷きとなってこの映画「ローマの休日」の脚本が書かれたこととその脚本を書いた故ダルトン・トランボの波乱万丈の生涯を描いた映画「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」の公開が近いことで、この懐かしい映画を鑑賞することにしました。

この「ローマの休日」については多くを語る必要はありませんね。アメリカ映画初出演となるオードリー・ヘプバーン(当時24歳?)と名優グレゴリー・ペック(当時38歳)共演のロマンティック・コメディです。ヨーロッパを周遊中の某国の王女アン(ヘプバーン)は、常に侍従がつきまとう生活に嫌気が差し、滞在中のローマで大使館を脱出し、偶然出会ったアメリカ人新聞記者ジョー(ペック)と一泊後、朝から深夜まで丸々1日のラブストーリーを繰り広げる物語です。

監督は巨匠ウィリアム・ワイラーです。 彼は、「主役はスターである必要はない。アメリカ訛りのない、王女の風格のある女性が欲しい」として、苦労して、当時無名に近いオードリーをスクリーンテストで発掘したのです。ハリウッドデビューとなった新人オードリーがいきなりアカデミー主演女優賞に輝くという大ホームランの映画でした。

ローマの観光案内という趣も楽しいこの映画で私の好きなシーンは、「真実の口」のシーンです。グレゴリー・ペックが腕を突っ込んだ途端、腕が噛み千切られたような仕草にオードリーが慌てふためく姿がかわいいですね。監督はオードリーに知らせずに、いわばその場のハプニングの一発撮りだったようです。びっくりした後の破顔一笑の笑顔は、まさに魅力炸裂ですね。

偶然飛び込んだ美容室で髪をバッサリ切って短髪にするシーンも印象に残っています。

監督も、スクリーンテストを終えて、緊張から解き放たれて破顔した時の笑顔に魅了されて、彼女に白羽の矢を立てたようです。 しかし、あのショートカットに変身するシーンはよくぞ取り入れてくれたと感心しています。 トランボとワイラーで相談しながら作ったと言われる映画だけあってメルヘン漂う素敵でおしゃれな映画に仕上がりました。

この作品は、54年のアカデミー賞で、オードリーの主演女優賞以外に、脚本賞、衣装デザイン賞も受賞しました。

当時の脚本賞を受賞したのはイアン・マクレラン・ハンターということでしたが、後に、この作品はもともとダルトン・トランボが執筆したものだということが判明します。 トランボは当時の赤狩りでハリウッドを追われたため、名義をイアンに借したものだったのです。。アカデミー賞選考委員会は1993年にダルトン・トランボへ改めて1953年度最優秀原案賞を贈呈しました。

そのあたりの話は、7月22日公開の映画「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」でじっくり観てみたいと思っています。 「ローマの休日」制作の裏話も期待しています。
by zoompac | 2016-07-03 06:09 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)
<< 読書 「暗幕のゲルニカ」 原田マハ 映画 「ロイヤルナイト 英国王... >>
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC