GORILLAZ
GORILLAZ

Would-be ちょい不良親父の世迷言


映画、読書、ワイン、旅、駅伝、柔道、スポーツ観戦、趣味の世界
by zoompac

カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
亡くなっても続く、その愛..
from 笑う社会人の生活
http://www.v..
from http://www.val..
揺らぐこころ
from 笑う社会人の生活
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
「消えた声が、その名を呼ぶ」
from ここなつ映画レビュー
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
美しき三角関係?プラトニ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

WOWOW映画 「シー・オブ・ラブ (Sea of Love)」

f0090954_5413493.jpgサスペンスとしてはイマイチでしたが、主演アル・パチーノとエレン・バーキンの魅力と、ニューヨークの街並み、孤独を抱える人間同士の心のぶつかりあい、そしてジョン・グッドマンのナイスガイぶり等見所の多い映画でした。

アル・パチーノ演じるフランクは、自分の気持ちに正直で、別れた女房にも未練たっぷりで、格好悪いデカなんですが、女心をくすぐる術には長けていますね。

エレン・バーキン演じるヘレンも、謎に包まれた悪女っぽく狂気のおっさん全裸殺人事件のシリアル・キラーっぽい雰囲気が漂っていました。ところが、話が進むにつれ、最初の印象が薄れ、ただの男運の悪い正直なバツイチの若ママかよーって安心すると、またまた連続殺害者の新聞求人広告なんかを冷蔵庫に張り付けていたりして、安心させてくれません。

殺人現場に流れていたドーナツ版の「シー・オブ・ラブ」のレコードを持ち出してきたときは、あー、やっぱりヘレンだったのか・・・と、もうアル・パチーノなんか殺されても仕方ないやと諦め心になってしまいます。

目まぐるしく動く、男心、そして女心、そして真犯人は?? この揺れる?揺すぶられる気持こそが、この映画の醍醐味でしたね。もうフランクは完全にフラれるな・・・て瀬戸際からの、なんというアル・パチーノの粘り腰でしょうか。

目が離せません。目が離せないのは、ヘレン役のエレン・バーキンのパツキンお色気とタイト・スカートのシルエットだけではありません。 深夜の人気のないコンビニかスーパーマーケットで二人で他人のふりをしながらのシーンでの彼女の流し目が生唾ものでした。 f0090954_543665.jpg

フランク役のアル・パチーノのあきらめの悪い食い下がりのセリフがいいですね。

正確な記憶ではありませんが、「俺は孤独な不眠症の男だ」「1日中起きていて、夜の街を彷徨うことも厭わない」「だけど、君が傍にいると、安心して寝られることがわかった」「君のことを考えるとおちおちと寝ていられないんだ、君は俺を深夜の街を明け方まで歩き続けさせたいのか」なんて丸投げの甘えた台詞をわめきちらしていましたよ。

よほどの自信家なのか、単なる自己チューなのか・・・? 「私の知ったこっちゃないわ!」と一言で片づけられたらそれでお終いって感じなんですけど。そこは丸投げ人間独特の嗅覚なのか、口から心を引き付ける言葉の連発銃でした。若干マザコンぽい鼻につくところもありますが・・・・・。

この映画のサスペンスの部分がぬるくて世間の評価はイマイチなんでしょうが、私的には、アル・パチーノのチンピラを追い払う時の眼力も強さがいいですし、囮捜査の対象の女性に惚れて、職責としての捜査と女性へのアプローチという公私混同の板挟みを上手にさばけないダサさが素晴らしいし、疑われた女性がへそを曲げても、めげずに食い下がるセリフがたまらなく心を揺さぶるのです。いい歳こいた駄々っ子ともいえますね。

きわめつきは、ラストシーンで、エレン・バーキン演じるヘレンを必死に口説き続けるアル・パチーノが、通行人にぶつかってこけそうになりながら、再度駆け寄って口説き続けるシーンがありますが、あのエレン・バーキンの破顔一笑は、演技ではなく、本来はNGものだったような気がしてなりません。強烈なアル・パチーノの通行人とのアクシデントとその後の彼のアドリブに思わず吹き出してしまったのではないでしょうか? それにしても、いい笑顔で、幸せな気分にさせてもらいました。最後の音楽というか唄も渋かったですね。終わりよければ、すべてよしという映画でした。真面目で、馬鹿正直なアル・パチーノがバスター・キートンを超えたコメディアンに思えた映画でした。

長いスランプから、お帰りなさいアル・パチーノというこの映画は、1989年の公開でした。この2年あとのセント・オブ・ウーマンで念願のアカデミー賞主演男優賞を獲得しました。
by zoompac | 2016-06-29 05:43 | 読書・映画・音楽 | Comments(0)
<< 読書 「空海の風景 上」 司馬遼太郎 WOWOW映画 「楢山節考」(... >>
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC